« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

縫うことは歩くこと。

Dsc_0174_2

さまざまなモノを編み続ける
池田慎さんと、
さまざまなモノを巻き込み続ける
明界要介さんのふたり展です。

Dsc_0175_2

これだけ、電線を編んでしまって、
ショートしたりしないんだろうかと。
ちょっと、不安になってしまいましたが、
前回より、より複雑に、編み込まれているような気がします。

Dsc_0176_2

こちらは、前回も登場したカップヌードル縫い。

明らかに、縫い方に工夫の後が見えます。

Dsc_0177_2

ついには、木台までも、縫い出してしまいました。

おそるべし、執念です。

次回、鉄まで縫ってしまいそうな勢いです。

Dsc_0178

こちらはこちらで、いろんなものが
巻き込まれております。

もとは、どんなスガタだったのか、
気になるところです。

Dsc_0179_2

2kwギャラリーにて、
3月3日(土)まで開催中です。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

泉洋平展。

Dsc_0118

繊維というか、
細い紐に着彩することで、
立体的に見せたり、
繊細なオブジェのように展開している
泉さんですが。

今回は、少し太さの違う紐を組み合わせて、
重さを感じさせる作品も作られていました。

Dsc_0119

ほかにも、手芸用のサークルをアレンジした幾何学的な作品。

Dsc_0122

平面的なつくりなのに、影を効果的に取り入れた作品。

Dsc_0121_2

新たな展開が見えてきた、いい展覧会でした。

といっても、19日で終了しています。
ニュートロン東京は、22日から塩賀史子さんです。

こちらも、寄れると、うれしいのですが。

copy by man.

| | コメント (0)

浦辻靖弘、家具製作展。

Dsc_0072

いつものようにギャラリーを回っていて、
出会いました。

Dsc_0073

聞けば、浦辻さんは、
これが初個展とのこと。

イラストギャラリーで、
家具の個展とは、不可思議でしたが。
まぁ、
顔の広いオーナーのこと。
なにか思うところがあったのでしょう。

それにしても、
好きなタイプの家具です。

Dsc_0074_2

意図的に錆をつけたフレームといい、
風合いのしっかりとしたオーク素材といい。

写真は撮り忘れましたが、
小さな椅子も、いい座り心地でした。

Dsc_0076_2

こちらは、まだ幼いこどものために
造ったという
ストーブのガード。

うちの田舎にも、
同タイプのストーブがあるので、
ちょっと、欲しくなってしまいました。

天満橋界隈へ行かれる方は、ぜひ、どうぞ。

GALERIE CENTENNIAL

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »