« 玉、玉。 | トップページ | 精華大にて »

永遠の永遠の永遠とは。

Dsc08352

今年、初の美術館は、
国立国際美術館で開催中の
草間彌生「永遠の永遠の永遠」であります。

Dsc08347

メインとなるのは、2004年から描き出している
新しい平面作品だったのですが、
この連作は、死ぬまで描き続けるというだけあって、
恐ろしいほどの存在感で、
観る側に迫ってきます。

Dsc08348_2

ただ、ぼくには、絵画よりも、
言葉(詩)のほうが、よりリアルに入り込んできました。

(このへんが、コピーライター出身だからでしょうか。)

Dsc08350_2

それと、数ヶ所。
撮影okの作品もありました。

こうした試みは、最近増えてきていて、
観る側にも、非常に、うれしいことです。
(榎忠さんの展覧会は、すべてokでした。)

Dsc08344_2

特に、最後の制作風景を写した映像。
以前にも、テレビで放映されたそうですが、
引きつけられました。

観客も、いつも以上に多かったのが、印象に残りました。

いろんな意味で、人を引き寄せるチカラを
お持ちであることは事実です。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

|

« 玉、玉。 | トップページ | 精華大にて »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 玉、玉。 | トップページ | 精華大にて »