« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

大阪、あちこち。

Dsc08374

そろそろギャラリーも開きはじめたため、
先日、大阪を梅田から難波にかけて、
あちこち回ってきました。

まずは、ギャラリー白で開催中の
山本修司さんの作品。

Dsc08373

数年前から、木漏れ日を描き続けていますが、
ここにきて、アングルや構図、色調等、
光の捉え方に変化が見えてきました。

Dsc08372

28日まで、開催しています。

Dsc08367_2

こちらは、難波の
ギャラリーかのこ&編で開催中の
原田要さんの展覧会風景です。

Dsc08366

驚いたのが、一階に展示していた
平面的な作品。

Dsc08368

原田さんといえば、通常、
こちらのような立体物ばかりだったのですが、
原点回帰なのか、
平面的に捉えることに挑戦されたようです。

お話がうかがえなかったのが残念ですが、
次回、お会いした時には、少しお聞きしたいところです。

copy by man.

| | コメント (0)

精華大にて

精華大にて
初めての精華大です。ちょっと遠かったですが、作品は、来たかいがありました。後は、三条界隈回って帰りましょうか。

| | コメント (0)

永遠の永遠の永遠とは。

Dsc08352

今年、初の美術館は、
国立国際美術館で開催中の
草間彌生「永遠の永遠の永遠」であります。

Dsc08347

メインとなるのは、2004年から描き出している
新しい平面作品だったのですが、
この連作は、死ぬまで描き続けるというだけあって、
恐ろしいほどの存在感で、
観る側に迫ってきます。

Dsc08348_2

ただ、ぼくには、絵画よりも、
言葉(詩)のほうが、よりリアルに入り込んできました。

(このへんが、コピーライター出身だからでしょうか。)

Dsc08350_2

それと、数ヶ所。
撮影okの作品もありました。

こうした試みは、最近増えてきていて、
観る側にも、非常に、うれしいことです。
(榎忠さんの展覧会は、すべてokでした。)

Dsc08344_2

特に、最後の制作風景を写した映像。
以前にも、テレビで放映されたそうですが、
引きつけられました。

観客も、いつも以上に多かったのが、印象に残りました。

いろんな意味で、人を引き寄せるチカラを
お持ちであることは事実です。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

玉、玉。

玉、玉。
いい意味で、たまらん
展覧会でした。

ほんま、
パワフルな人生です。

見習いたくはありませんが、
もう少しがんばらねば、
と思ったのは確かです。

明日、
追加で写真アップします。

| | コメント (0)

今日から、始動。

Dsc_0159

みなさま、新年、
明けましておめでとうございます。

本年も、ダラダラと、
お届けしてまいりますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

さて、年末年始。
いかがお過しだったでしょうか?

わが家は、とんでもない事件があったのですが、
それに関しては、ごくごく身内のことのため、
フェイスブックをご覧いただくとして、
こちらは、やはり、artです。

年末、行ってきました。

ギャラリーノマルで開催中の「BOX」展です。

写真は、撮りませんでしたが、
13cm角の透明アクリルボックスを使い、
14名の作家が思い思いの作品に仕上げるという
グループ展で。

さすが、藤本由紀夫さん、今村源さん、名和晃平さんなど、
ミュージアムクラスの作家が出品しているだけあって、
ひとつひとつは、小ぶりながらも、見ごたえ充分。
そして、
ほとんどが、SOLD OUT。
で、ありました。

1月21日(土)までのようです。

ぜひ。

Dsc_0148_2

それと、こちら。
会期ギリギリの日、開始時間ちょうどに行ったのですが、
開いていませんでした。

その日、時間がなかったので、あきらめました。

ギャラリーによっては、そうゆう時もありますが、
無理そうなら、開始時間、はじめから遅めに表記すべきでしょう。ね。

次回から、こちらも、気をつけましょう。か。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ


| | コメント (0)

良き年に。

良き年に。
年末からハプニングが
連続で起こってしまい、
ようやく本日、
初詣に行ってきました。

今年は、いい年にします。
必ず、や。

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »