« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

いま、しばらく。

Dsc08096

お伝えしたいアート情報も、
山盛りストックしているのですが、
なにから手をつければ…。
という状態でして。

明日、明後日も、東京で、
こちらのブログは、もう少し、
とどこおりそうです。

みなさま、いましばらくの、ご猶予を。

あーっ。

こいつみたいになりたい…。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
明日は、東京へ。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

水曜日まで、こもります。

Dsc_0040_2

ちょっと、
作業の方が山積みになってきました。

今日から数日、
友達にも助っ人をお願いしています。

というわけで、
そちらの対応に追われそうでして。
こちらのブログ、
しばし、とどこおることが予想されます。

気持ちに余裕ができたら、
すぐ、復活しますので。
それまで、どうぞ、ご容赦を。

それでは、また。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ミシンと格闘。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

カタチになるか。

Dsc_0039

今年のはじめ、
あるギャラリストさんと一緒に、
ある商業施設へプレゼンをさせていただいたのを
覚えていらっしゃるでしょうか。

(無理ですよねぇ。そんな前のこと…。)

ありがたいことに、
先日、そのギャラリーへ作品を観にいった時、
ちょうど、その施設の担当者さんから連絡が入り、
21日の午後3時、ふたたびうかがうことになりました。

ひとつは、奥さんの作品を展示していただくことが
決まりました。
(これは、ほんとうに喜ばしいことです。
 できれば、納品時に写真、撮ってきますので。
 どこに展示されるかも、
 いずれ、もうひとつのブログで告知いたします。)

そして、もうひとつ。

こちらの方は、
キィーズのアートな仕事として、
最重要案件となるものでして。

こちらの商業施設と、
あるイベントをコラボさせようと、
企画書を書いたのですが、
どうやら、動き出しそうな気配であります。

今年、このコラボがうまくいけば、
若き作家さんたちの作品をアピールできる場が、
またひとつ、大阪に生まれるかもしれません。

微力ですが、がんばってみます。

具体的に動き出したら、必ず、ご報告いたしますので。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
髪のエッジ。→keikodollsブログ


| | コメント (0)

大阪は、かなり散る。

Dsc08053

昨日、大阪で打ち合わせがあったので、
ギャラリーも回ってきたのですが。

途中で予期せぬ雨がふり出してしまいました。
(天気予報、雨だったかなぁ…。)

この雨で、大阪の桜は、造幣局を除き、
ほぼ、散ってしまったかもしれませんね。

東北の桜は、これからでしょうか。

それならば、一日でも長く咲き続け、皆を楽しませて欲しいものです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
メイクアップ。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

ローフードとは。

Photo

作家の伊吹拓さんから、
個展のご案内をいただきました。

今回は、フツーのギャラリーではなく、
自社農園でとれる旬の野菜を使った本格イタリアンから、
マクロビオティックスイーツやローフードメニューという
ちょっと、聞きなれない料理たちを食せるレストランDa Maeda
行われるようです。

行って見る価値、食べる価値がありそうです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ドレス生地。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

美しき町。

Photo

作家の泉洋平さんから、
むろまちアートコートにて開催される
「美しき町」という展覧会のご案内をいただきました。

泉さんを含む、総勢6名によるグループ展のようですが、

実は、先日、スタジオ90にて、
今村さんの「つくえ灯台」を見た後、
となりのアトリエスペースに置いてあった
泉さんの出品作品、こっそり見せていただきました。

ほんとうに、彼の作品は、繊細です。
(う〜ん。気になる方は、上のリンクを押してみてください。)

来週、19日(火)からのようなので、
なんとか、都合を合わせて、行って見たいところです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ドレス、はじまる。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

キューブ。

Dsc08012

京都のSHINAで開催中の
ガラス作家 矢野志郎さんの個展風景です。

今回、矢野さんお得意のガラスキューブを
40個、出品されていますが、
これから、何年かかけて、100個を制作し、
どこかの美術館で発表したいと考えているそうです。

Dsc08009_2

木の台座と、ステンレスの台座に置かれていたのですが、
ステンレスは輝きが違いました。

これだけの効果を発揮するとは…、

さっそく、奥さんの東京展でも試させていただきましょう。

Dsc08003_2

それにしても、矢野さんの作品は、完成されています。

ほんとうに、美しい。

Dsc08004

ただ、放ったらかしておくと、
ホコリが付きそうなので、
わが家では、飾らずに納戸にしまったままでした。

(もったいない。)

ちょっと、窓辺にでも置いてみることにしましょう。

個展は、5月8日(日)まで開催しているようなので、
京都へ行かれたら、ぜひ。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
月末までには。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

すでに終了してますが…。

Dsc08034

先日、ギャラリーを回った時。

立花通りに向う途中、
アメリカ村にあるギャラリーパライソの前を通り、
「まだ、開いてないなぁ。」と、思いながら通り過ぎて、すぐ、

「おっ。ひさしぶりっ!」と、
パライソの大将 原田さんとばったり遭遇。

「いまごろ、出勤?もう、開店時間だいぶ過ぎてるでぇ。」
「ごめん。ごめん。いま開けるから、見てってぇなぁ。」

というような、いつものような、たわいのない会話の後、
すごすごと、ひさしぶりに狭い階段を上り詰めると、

Dsc08028_2

パライソさん特有のアンダーグラウンドな世界といいましょうか。

Dsc08027

それはそれは、
コアなファンに支えられた「おんがく」に集う方々の
展覧会が繰り広げられていました。

Dsc08031_2

聞けば、
大阪でも、立て続けにタウン情報誌が休刊、廃刊となったおり、
ライブハウス等の情報をなんとか紙媒体で発信したいという
活動が闇の世界から沸き上がり、
2009年9月から「紙のおとうた通信」という
フリーペーパーを発行しだしたグループが主体となった展覧会だとか。

僕もページをめくってみましたが、
大阪、京都等のライブハウス情報がきめ細かくびっしりと、
掲載されていました。
(これは、音楽ファン、必見です。)

Dsc08029_2

そして、彼らの熱い思いを後押しするように、
ファンたちが、夜ごと集ってくるそうです。

といっても、展覧会は、すでに10日で終了しています。
あしからず。

ただ、「紙のおとうた通信」は、発行し続けるだろうと思われます。
街角でみかけたら、ぜひ、ペラペラしてみてください。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
残すところは。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

つくえ灯台。

Dsc08035

スタジオ90で3日間だけ開催している
今村遼佑さんの「ながめるとみつめるのあいだVol.03」を
キャラさん連れで観に行ってきました。

まぁ、ほんとに。

この写真。

いかがです?

びっくりしました。

Dsc08038_2

ホワイトキューブのギャラリースペースで、
机の角にちっちゃな灯台が、ちょこんとあるだけ…。

こんなに贅沢な空間の使い方をしている作家さんは、
はじめてです。

思い切った展示です。

フツー、どれだけ空間を作品で埋めるか。を、
考えてしまうのですが。
これだけ、引き算をしてしまうとは、
思いも寄りませんでした。

Dsc08037_2

それと、通路にあった
小枝。

なんとも、自然に置いてあったので、
奥さん、見逃していたようです。

展示は、本日まで。

電車では、少し遠いかも知れませんが、
灯台ひとつでも観るだけの価値はあります。
かな?

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
まだ見ぬもの。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

プレイ。

Dsc08023

TEZUKAYAMA GALLERYにて開催している
大江慶之 個展「プレイ」を観てきました。

ほんとうは、当日、いの一番に観に行ったので、
もっと早くご紹介したかったのですが、
今日になってしまいました。すいません。

Dsc08022

彼の作品で特徴的なのが、
顔が花になっていたり、鏡になっていたり。

以前の作品は、子どもの顔も造っていたようですが、
この数年は、こうしたアンバランスなモノに置き換えることで、
観る人によって、いかようにも捉えることができるようにしているようです。

Dsc08024_2

圧巻は、会場の中央に設置された
こちらの作品。

彼のこだわりようが、ひしひしと伝わってきました。

一見、造花を挿しているだけに見えるかもしれませんが、
花びらの一枚一枚にまで丁寧な着彩をほどこした後が見え、
それはそれは、大変な労力をかけていることをうかがいしることができます。

Dsc08026

他にも、「子ども」を媒介にすることで、
トカゲのしっぽ切りなど、毒気をうまく見せている作品もありました。
聞けば、まだ31歳とのこと。
これからがすごく楽しみな作家さんと出会うことができました。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ドッグ。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

PHOTO CROSS。

Dsc08021

本田かなさんの個展、
PHOTO CROSSへ行ってきました。

運良く、本田さんともはじめてお話ができました。
(ありがたい。)

Dsc08018

以前からおそらくそうだろうと思っていたのですが、
彼女の編み上げる写真コラージュは、
立体作品を制作する行程に似ているのではないかと。

そう思いながら、お話をうかがってみると、
「ラフな素描的なものは描くものの、
 後は、いくつもの写真を手にしながら、
 イメージを広げて、造り上げていく…。」とのこと。

Dsc08019

聞けば、愛車をさまざまな角度から写真で撮り、
立体化させようとしたこともあったとか。

その時は、失敗してしまったそうですが、
モチーフのカタチにこだわらず、
デフォルメしてしまえば、
彼女の作品は3D化できるような気がしています。

Dsc08017

それと、本日、
午後1時からライブが行われるそうです。
お近くの方は、よければ、覗いて観てください。

CPUギャラリー(西区・京町堀1-14-32 セイケンビル1F)

あっ。
もひとつ、それと。
個展のタイトルにもなった「PHOTO CROSS」は、
今回、出版された写真集のタイトルでもあります。

Dsc08020

もちろん、僕も、購入させていただきました。
(PAXREXのオーナー Yさん、約束、守りましたよぉ。)

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
11日、引き取りに。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

二都巡り。

Dsc_0044

今日は、大阪、京都をぐるっと回るつもりです。

まずは、TEZUKAYAMA GALLERYあたりから、
最終、京都のSHINAあたりまで、何軒回れますでしょうか。

本日、大阪は、雨。

桜、持ちこたえるとは思うんですが。

雨に濡れる桜も、見てきましょうか。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

川城さんの赤。

Kawasiro

以前、東京でお会いした時に、
いきなりキャラさんのファンになっていただいた
作家 川城夏未さんの個展が、
地元 神奈川県にある
元麻布ギャラリーカフェ茅ケ崎で開催されるようです。

独自の赤の世界を描き続けておられるのですが、
今回は、どんなものなのか、
ぜひ、観てみたいと思っています。

が、

神奈川県茅ケ崎。

う〜ん。
無理か…。

と、

思っていたら、モデル・ドールの納品を、
月末に予定していました。

すべては、奥さん次第ですが、
間に合えば、ちらっと、覗いてまいりましょう。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ヒートン、トン。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

花鳥のうつわ。

1_3

昨日に引き続き、
奥さんとコラボ作品でご協力いただいた作家さん。
陶芸家 原田千恵子さんの展覧会です。

赤穂にある
あれやこれ屋&MaChaiという
雰囲気のよさげなお店で二人展を開催されるようです。

行きたいのはやまやまですが…、
赤穂方面は、いまのところ、ちょっと…。

すいません。

しかしながら、お近くにお住まいの方は、ぜひに。
ほんとうにキレイなうつわたちです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
まもなく、肌着彩。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

CUBE。

Photo

奥さんのコラボ作品でお世話になった
ガラス作家 矢野志郎さんが、
京都のSHINAで個展を開催します。

今回、彼のシャープな持ち味を生かした
40種にもおよぶ「CUBEシリーズ」を発表されるそうです。

作家在廊日は、4月8日(金)のみですが、
もちろん、うかがうつもりです。
(僕だけですけどね。)

ひさしぶりにお会いできれば、うれしい限りです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
順調に、進行中。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

小さな喜び。

Dsc07986

今村遼佑さんの展覧会を観に、
GALLERY IND.へうかがってきました。

どうです。
上の写真。

ほんとうに小さな作品ばかりです。

Dsc07987_2

ちいさなちいさな街灯、
ちいさなちいさな灯台。

しかし、
どれもこれもが、愛くるしい。

という表現があたっているのかどうかは分かりませんが、
持ち帰って、そっと、部屋のスミに置いて、眺めていたいような
そんな気持ちにさせてもらえる作品たちです。

Dsc07981_2

Dsc07978_2

他にも、越後妻有で見つけた土管の
両面から撮った写真や、

Dsc07979_2

キッチンの奥に潜んでいる写真などなど。

Dsc07977_2

机の奥のものを探しあてた時のように、
自分だけの宝物を見つけ出す、密やかな楽しみも与えてくれます。

Dsc07985_2

ますます、ファンになってしまいました。

9日からはじまるスタジオ90での最終章。

ぜひ、観にいきます。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
三所三様の東京展。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

桜の滝。

6

華道家 片桐功敦さんの作品を観るために、
佐川美術館へ行ってきました。

樂吉左衞門館へとつながる
薄暗い階段を下りていくと、

5

ありました。

そうですね。
目測で、5〜6メートルはあるでしょうか。

(実際は、7mあったそうです。ごめんなさい。)

2

まず、その大きさに圧倒されました。

そして、近づいていく。

と、

4

さまざまな桜が、木枝とともにからみあいながら、
天を目指すようにつらなり、花咲いている。
ロビーの重厚な雰囲気とも相まって、
荘厳な桜のいけばなとして、存在しています。

Photo

片桐さんがやるからには、
これぐらいのスケールはあるだろうと思っていたのですが、
実際に目の当たりにすると、あっさり
その迫力に呑み込まれてしまいました。

また、凄いものを見せていただきました。

会期は、今日までですが、
お時間ある方は、ぜひに。

それと、
先日、逝かれた佐藤忠良さんの追悼展も、
見ごたえありました。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
FRP成形、完成間近。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

東京現美、再開。

Dsc07926

今回の東京出張でもっとも楽しみにしていた
東京都現代美術館で開催中の
田窪恭治展へ行ってきました。

地震の影響で、先日まで点検のため閉まっていたので、
どうなることかと思っていたのですが、
運よく開いていて、良かったです。

内容はというと、
以前、日曜美術館でも紹介されていた
ノルマンディの「林檎の礼拝堂」に関連した作品や、
香川県の「こんぴらさん」のアートプロデュースの模様など、
「風景芸術」をテーマとした
スケールの大きな展示になっており、
想像以上に見ごたえがありました。

ひさしぶりに一本筋の通った王道の芸術作品を
目の前にしたような気がします。

さらに、MOTアニュアル2011も、面白かった。
(奥さん、こっちは見なかったそうです。
 僕が言ったら、悔しがっていました。
 会期中、もう一回、来るかも知れません。)

特に、木藤純子さんの桜の木。八木良太さんのカセットテープ。
一瞬にして、ファンになってしまいました。

昨日も書きましたが、
これから、行かれる方は、
ぜひとも、セット券で、ご覧ください。

なかなかおトクな気分になれます。

(常設は、まぁ、もういいでしょ。)

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
桜便り。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

桜、咲く。

Dsc07952

東京、桜が、ちらほら咲き出していました。

大阪、どうでしょうか。

本日、回ってきます。

それはそうと、
昨日、回った中では、
東京都現代美術館で開催中の
田窪さん、MOT、見ごたえ充分でした。

こちらは、セット券がおすすめです。

ご紹介は、また後日。

すいません。

明日も、滋賀。と、慌ただしくて。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
また後日。→keikodollsブログ


| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »