« いのちの花。 | トップページ | 幻燈夢鏡。 »

殻のない種から

Dsc07782

小吹さんの「アートのこぶ〆」をみて、
これは見ておかなければと思い、
主水書房で開催中の橋本雅也「殻のない種から」へ行ってきました。

Dsc07798_2

なんとも、清らかな白い花たちです。

Dsc07792

しかし、すべてが、猟によって得た一頭の鹿の骨や角でできています。

Dsc07795

赤い血が流れ、肉は食され、骨だけが残った。

それを手にし、真摯に向き合いながら、
作品制作に没頭している作家の姿が脳裏に浮かんできました。

聞けば、まだ、32歳とのこと。
そして、独学で、ここまでの技術を身につけたと。

Dsc07793

また、凝視し続けたい作家が現れました。

語りたいことは山ほどあるのですが、
消化しきれず、
唇寒しになりそうなので、このへんで。

いろんなことを想わせてくれる展であることは確かです。

12日、13日の土日まで開催しています。
まだの方は、よろしければ、ぜひ。
(詳しくは、↑上のこぶ〆、主水書房のリンクから)

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
本日、完成予定。→keikodollsブログ

|

« いのちの花。 | トップページ | 幻燈夢鏡。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いのちの花。 | トップページ | 幻燈夢鏡。 »