« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

ついつい。

ついつい。
目的を持って歩いていたのですが。やはり、ついつい、ふらふらと、ギャラリーに入ってしまいました。特に、大西さん。3年続けて、個展に出くわしました。お互い、びっくりして、話が弾んでしまい、明日は奥さんとうかがうことになりました。

| | コメント (0)

まだまだ先ですが。

Photo_2

今日は、どんなネタにしようかと思いながら、
このチラシをスキャンしたら…。

あらまぁ。
5月20日から、という記載。

まだまだ先のお話でした。

まぁ、せっかくスキャンしたし、このままいきます。

昨年から始まった
アートフェア京都でありますが。

コピーにもあるように、
二年目は二倍で日本最大。
らしいです。

参加ギャラリーを見ても、
京都、大阪、愛知からの出展もありますが、
東京勢が圧倒的に多そうです。

今年は、知り合いのギャラリーも出展しているようなので、
いっちょ、行ってみますか。

まだまだ、かなり先ではありますが…。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
明日から、東京から。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

モトコー。

Dsc07912

神戸ビエンナーレ組織委員会 神戸市が主催する
「モトコー ART train」へ行ってきました。

このイベントは、
以前、にぎわっていた
元町高架下(モトコー)の再活性化を目指して
行われたもののようです。

この猥雑とした雰囲気に誘われて、
若い頃、よく靴を買いに通っていましたが、
その頃と、あまり変わっていないような気も…。

Dsc07911_2

いや。よく見ると、若い人たちがカフェやショップを開いたり、
戦後の闇市的な昔のお店と今風のお店が混在しているようです。
ただ、空家が多いのは、ここ数十年、おなじ。
どうせなら、もっと、元気のある若い人たちに、
破格値で賃貸してあげればいいような気もしました。
(そんなこと、とっくにやっていたら、すいません。)

Dsc07910_2

商店街の現状はさておき、
いきなり見つけました。

ローズ・チュー。

この世界観。モトコーの今に、ぴったりしすぎです。

Dsc07909_2

先日、アートコートで巨大な温室を造られていた
国府理さんも参加されていました。

Dsc07907_2

照明によって光合成を行い、
10分に2分だけ降り注ぐ霧によって、
見事に、植物たちが芽吹いていました。

Dsc07904_2

Oギャラリーeyesではおなじみの
森田麻祐子さんも、独自のメルヘンチックな世界を
繰り広げていました。
(以前、彼女のpost cardが可愛かったので、衝動的に買ってしまい。
 ふと、我に返って、どうしよう。と、思ったのですが、
 ラッキーなことに、友人の娘さんが誕生日だと知り、
 お祝いと一緒にメッセージカードとして同封しました。よかった。)

と、ここらで、みなさんも、ぜひ。
と、終わりにしようと思ったら、
会期は、本日27日19時まででした。

すいません。

本日、神戸へ行かれる予定の方は、ぜひに。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
大詰め。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

「はな」ざかり。

Dsc07917

神戸へ行ってきました。

まずは、PAXREX

今年で、5周年を迎えるそうです。早いものです。

第1弾は、いつも奥さんのdoll撮影をお願いしている奥脇孝一さん。
そして、小林鷹さん、森雅美さんによる「はな」をテーマにした
写真展であります。

Dsc07915_2

それぞれに、ほんとうに美しい作品です。

(僕のテキトー写真では、まったく伝わりませんでした。すいません。)

Dsc07914

神戸の桜もちらほら咲きだしていました。
4月10日(日)まで、開催している模様。

桜見物の行き帰りに、いかがでありましょうか。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
うれしいオファー。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

泉/滝。

_110307_3

先日うかがった主水書房の
華道家 片桐功敦さんから、ご案内をいただきました。

明日、3月26日(土)〜4月3日(日)まで、
滋賀の佐川美術館・樂吉左衛門館ロビーにて、
「泉/滝」と題した桜のいけばなを展示されるそうです。

ご本人ともお話しさせていただき、
面白そうな方だなぁ。と、思っていたのですが。
DMを見ただけでも興味をそそられています。
(なかなかのスケールを感じます。)

ギリギリになりそうですが。
夫婦して、行くつもりです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ようやく、ひと区切り。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

・・・の向こう。

Photo

先日、お伝えした今村遼佑さんが、
GALLERY IND.という僕には初耳のギャラリーにて
4月1日〜24日まで個展を開催されるそうです。

スタジオ90といい、こちらといい、
いままでのワクにはまらないギャラリーが
どんどんできていることは、ヒジョーにうれしいことです。

もちろん、行ってみます。

でも、今村さん、大変です。
2ギャラリー掛け持ちですか…。
すごい。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
延長戦。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

バルーン、続編。

Dsc_7823

前回、見れなかった奥さんを連れて、
スタジオ90で2日間だけ公開していた
今村遼佑「ながめるとみつめるのあいだ Vol.02」へ行ってきました。
(ちょっと、写真失敗しました。すいません。)

写真の風景でも分かるように、前回以上に、地味な展示。
(後から聞いたら、奥さん、この前の僕同様、
「なに、これ?」と、やはり思ったらしいです。)

しかし、お話をうかがうと、前回以上に、面白い。

Dsc_7826

ギャラリーのとなりにアトリエスペースがあるのですが、
その間の壁に穴を開け、
アトリエには、前回と同じ、バルーンが触れ合うと光るLED。

Dsc_7827_2

そして、ギャラリーには、
それらと連動した音の鳴る小道具が仕掛けられていました。
(よく考えます。こんなこと。ほんとに。)

Dsc_7830

次回、ラストの展示。
4月の中ごろを予定されているそうです。

ここから、どう発展するのか。

ここまで来たら、
必ず、見届けたいと思っています。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
出張中。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

見続けること。

Dsc07865

YODギャラリーで開催している
上須元徳展へ行ってきました。

複数の写真をベースに
フリーハンドで描かれているのですが、
ご案内をいただいたときから、
どこかで見たと、思っていました。

Dsc07864_2

そうでした。
ギャラリーwksさんで、2度ほどお見かけした作家さんでした。
(作品ファイルを見て、思い出しました。)

Dsc07863_2

その頃は、面白い視点を持った作家さんだなぁ。
と、思っていたのですが、
ここにきて、一気に開花されたような気がします。

Dsc07862_2

一度見て、いいなぁ。と、思った若い作家さんが、
企画画廊で出展されるようになったのを改めて見ると、
ほんとうにうれしくなります。

これからのますますのご活躍。
期待しています。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
不安の連鎖。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

京を、そぞろ歩く。

Dsc07894_2

行ってきました。
大阪のギャラリズムに参加する
ギャラリストさんたちや、
アートファンと巡る
総勢10人による京都ギャラリーツアーであります。

Dsc07892_2

ギャラリーすずきにはじまり、
虹、16、射手座、同時代、PARC、H2O、ニュートロン京都、
SHINA、小山富美夫ギャラリーと。
途中、時間切れでお別れした方々もいましたが、
なかなかの距離を、僕よりも年上の方々と闊歩。

Dsc07890_2

途中、あまり知られていない民家のなかにあるお稲荷さんに
参拝するなど、普段、ひとりで回っている時には気づかなかった
穴場も、教えていただけました。

Dsc07887

特に、みんなからリーダーと呼ばれていた
楓ギャラリーのオーナー三島さんは、面白い。

作品を見る目の素直さや、ものごとに対する独自の考え方、
さらに、魅力を倍増させる天然すぎる振る舞いなど、
こんなにチャーミングな方だったとは、知りませんでした。

三島さんとおしゃべりできただけでも、参加したかいがありました。
(これからは、ギャラリーまわりで、必ず寄るようにしなければ…。)

Dsc07884_2

夜の飲み会までお付き合いさせていただきましたが、
予想以上に楽しめたのは確かです。

Dsc07883_2

次回は、ギャラリズムが開催される秋ごろ、
大阪周辺を巡るツアーだとか。

もちろん、参加させていただきます。とも。
その時は、このブログでも告知しますので、
みなさんも、ぜひ。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
モデル・ドール、いよいよ。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

今日は、京都ギャラリーツアー。

Dsc07861

えーっ。
今日は、楽しみにしていた
大阪のギャラリストさんたちと巡る
京都ギャラリーツアーの日です。

午後1時、スタートですが、
携帯ブログできそうでしたら、
がんばってみます。

でも、おしゃべり好きな方々ばかりなので、
巻き込まれてしまったら、
また、明日にでも、あらためてご報告いたします。

それでは、行ってきます。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ポルタ、終了。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

インテリア業界との関係、一旦終了。

Dsc07858

この5〜6年ほど、
さまざまなアート作品の流通を行うため、
ある社長さんのご好意で、
インテリア業界のみなさんと
お付き合いさせていただいてきたのですが。

あっちこっちに首だけを突っ込んできた僕は、
身体ひとつでは対応しきれなくなってしまいまして。

やはり、なにを一番にするべきかを考えると、
これからは奥さんのサポートをメインにするべきだと思うに至り、
いままで培ってきたインテリア業界との関係は、
他の会社の方々にお願いすることにしました。

Dsc07853_2

昨日は、その引き継ぎとなるイベントに参加するため、
リーガロイヤルホテルへ行ってきたわけであります。

とはいえ、インテリア業界と
完全にご縁が切れてしまうのかと言えば
そうでもありません。

実際、現在もインテリアデザインとアートを結ぶ企画を
ある商業施設に提案したりしていて。
いままでインテリアの現場で体感してきたことを、
今後は、本来の企画屋として、
活かせていければと考えているわけです。

いろいろお世話になってきた社長さんたちや、
業界の方々とも、最後のごあいさつができました。

インテリア業界のみなさん、
ほんとうに、ありがとうございました。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ストーブ前。→keikodollsブログ

| | コメント (2)

中之島

中之島
今日は、ここから。初めて宴会場、入りました。うーん。どでかい。

| | コメント (0)

Visual Sensation vol.4

Dsc07850

作家のしまだそうさんから、
Visual Sensation vol.4のご案内をいただきました。

これは、昨年まで、
ギャラリーDenを運営していたオーナー手島さんが、
南山城村へ移り住み、
そこを拠点に行いだした活動のひとつです。

Dsc07849

会期中、絵画の展覧会だけでなく、
ダンスパフォーマンスや、コンサートなんかも
開かれるそうです。

ただ、問題が、ひとつ。

会場までは、遠い…。

僕は、とりあえず、車で行こうかと。

みなさん、無理はしないように。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
月末、東京へ。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

荒川さんの作品展。

Photo

奥さんのdollとコラボしていただいている
ガラス作家 荒川尚也さんの作品展が、
京都の「りほう」で、開催されます。
(3/19〜3/27)

3月の前半は、北九州、
来月は、大阪、東京と、
まぁ、休むまもなく、
全国のギャラリーやショップにて作品展が開かれているご様子。

これほどの方に、ほんと、
よく、コラボしていただけたものです。
ありがたいことです。

僕らも、初日には、うかがいたいと思っています。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ドレスパーツ。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

ショーの中身は。

Photo_2

パリ在住の版画家 イシイアツコさんから、
神戸のギャラリーヴィーで開かれる個展
「personal reality show」のご案内をいただきました。
(3/15〜4/2)

どんなショーになるんでしょーか。

(すいません。)

彼女の独特の世界、ひさしぶりに見に行きたいです。

(いつ、行こうかなぁ。)

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
復活。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

幻燈夢鏡。

Dsc07801_2

いつもお世話になっている
京都の「品(SHINA)」さんでは、
ただいま、吉田真 万華鏡展を開催しているようです。

実は、来週、大阪のギャラリーオーナーが主催する
「京都を歩くアートツアー」に参加して、
三条界隈のギャラリーを巡ります。
そのなかに、品(SHINA)さんも入っているのであります。

でも、今日も、京都には行くので、
寄れそうなら寄ってみたいところです。

打ち合せが長引きそうなら、来週に持ち越しですが…。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
みたび、京丹波へ。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

殻のない種から

Dsc07782

小吹さんの「アートのこぶ〆」をみて、
これは見ておかなければと思い、
主水書房で開催中の橋本雅也「殻のない種から」へ行ってきました。

Dsc07798_2

なんとも、清らかな白い花たちです。

Dsc07792

しかし、すべてが、猟によって得た一頭の鹿の骨や角でできています。

Dsc07795

赤い血が流れ、肉は食され、骨だけが残った。

それを手にし、真摯に向き合いながら、
作品制作に没頭している作家の姿が脳裏に浮かんできました。

聞けば、まだ、32歳とのこと。
そして、独学で、ここまでの技術を身につけたと。

Dsc07793

また、凝視し続けたい作家が現れました。

語りたいことは山ほどあるのですが、
消化しきれず、
唇寒しになりそうなので、このへんで。

いろんなことを想わせてくれる展であることは確かです。

12日、13日の土日まで開催しています。
まだの方は、よろしければ、ぜひ。
(詳しくは、↑上のこぶ〆、主水書房のリンクから)

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
本日、完成予定。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

いのちの花。

Dsc07781

凄いものを見てきてしまいました。

明後日、ご報告します。
うまく整理して、書けるといいんですが。
本当に、感動しました。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ


| | コメント (0)

少しだけ。

Dsc07769_2

昨日、打ち合せの前後に、
少しだけ回ってきました。

気になったのは、
oギャラリーeyesの岡田美紀展。
動きのあるダイナミックな風景を描かれています。

そして、The Third Gallery Aya
福重明子展。
大阪では、初個展らしいのですが、
ノルウェーでの滞在体験から描かれた風景画の
その繊細な筆致には、驚かされました。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
少しずつ。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

うつる。

Dsc07762

ギャラリー編で、3月7日(月)から開催される
清水志郎さんの陶展「うつる」です。

もうひとつのブログで、少しだけ触れた
清水さんの酒器で日本酒を楽しめる会が催されます。

++++++++++++
日本酒の会
++++++++++++

日時:3/12(土)13:00-、3/17(木)18:00-
協力:五鉄 大阪北新地

※要予約です。
申し込み先は
06-6214-2595 まで。

下記のうち、4〜5種類を楽しめるようです。

・うごのつき 無濾過生原酒 広島のお酒
・尾瀬の雪解け 無濾過生詰原酒 群馬のお酒
・陸奥 八仙無濾過生原 青森のお酒
・豊盃 純米吟醸 青森のお酒
・白神 無濾過 純米吟醸 青森のお酒
・早瀬浦 純米吟醸酒 福井のお酒
・三十六人衆 純米大吟醸 山形のお酒

お好きな方は、ご一緒に、いかがでありましょうか。
僕らは、12日(土)に申し込みました。

キャラさんも、行きます。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日明日。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

golemたち。

Dsc07753

ギャラリーwksで開催中の
福永宙さんの展覧会です。

Dsc07752_2

ここ数年、いろいろご案内をいただきながら、
足を運べていなかったのですが、
ひさしぶりに見た福永さんの作品。
がらりと様相が変わっていて、
いい意味でびっくりしました。

タイトルのゴーレム(ヘブライ語: גולם‎, golem)は、
ユダヤ教の伝承に登場する自分で動く泥人形ですが、
そこから着想をえているようです。

Dsc07750_2

その素朴なカタチもさることながら、
構造物としても、発展していけそうな
スケールを秘めた存在感があります。

Dsc07747

どこかの自然公園に、巨大なゴーレムたちがいたら…。

そんな想像をしてしまいました。

これからの益々の発展に、期待大です。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
寒のもどり。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »