« 寺田さん、凄し。 | トップページ | 券、すり替わる。 »

初の雪渋滞。

Dsc07684

さて、もうひとつのブログの続きです。

京丹波にある荒川さんのアトリエを出たのが、
ちょうど、4時。

まわりは、真っ白。
しかし、路面は、まだまだ、大丈夫。

このまま高速に乗って、夕方、京都市内に着けば、
雪はもうないだろうと思っていました。

(それは、甘かった。)

Dsc07683_2

順調に、京丹波の町並みを越え、
高速道路に入ったまでは良かったのですが。

京都市内まで、残り5km.
篠I.Cで、この先、通行止めの表示。

しかたなく、他の車と同様に、篠で降り、
数分に数メートル動くかどうかの渋滞のなか、
いつ、チェーンを巻こうかどうかと悩みながら、
じりじりと時間がだけが過ぎる。

Dsc07682_2

(写真は、早い時間に撮ったもの。)

篠の街中に出た頃には、どっぷりと日が落ち。
いよいよ、道路の凍結が気になりましたが、
まわりを見ても、まだチェーンをしている車は、
少なかったので、このまま沓掛の峠越えに挑戦することに。

ゆるりゆるりと山道を登りだすと、
路側帯に、放置された車が点在。

これは、ヤバいなぁ。

と、思いながら、ハンドルを取られないように
握りしめながら、放置自動車の列を横目で見ながら、
ゆっくりゆっくり上り、ようやく峠の頂上に着く。

Dsc07681_2

峠を越えると、雪も格段に少なくなり、
ある程度スピードも出せ、
後は、スムーズに帰ることができました。

しかし、逆方向へ向う方々は、大変。
京芸のある大原野あたりから、ぎっちり渋滞。
峠を越えたら、越えたで、あの雪が待っている。

それにしても、渋滞の鉄則。
給油は、こまめにしておくことが大切だと
今回も思った次第です。
ギリギリ、チェーンをしないで済みましたが、
雪に向っていく時は、
もっと、覚悟が必要なようです。

夜9時には、着けたので、
通常2時間半ほどの道程を、
約倍の5時間かかったということですが、
とにかく、帰り着けて、ほっとしました。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
コラボ始まる。→keikodollsブログ

|

« 寺田さん、凄し。 | トップページ | 券、すり替わる。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寺田さん、凄し。 | トップページ | 券、すり替わる。 »