« うさぎのしぐさ。 | トップページ | どこかで見たような風景。 »

あること。

1_2

神戸へ行った、もうひとつの理由。

それが、映像作家 林勇気さんの作品を観るためでありました。

彼の作品は、単発的にグループ展等で観たことはあったものの、
これだけの作品を、一堂に。
というのは、はじめてでした。

彼独特の軽やかな映像世界が、
さまざまな角度から見ることができ、
非常に、面白かったです。

特に、「The outline of everything,2009」は、
見ていると、本当にこの世界は、
線だけでできているような気になり、
知らぬ間に、すっかり、
意識が映像の中に引きずり込まれていました。

森村さんと合わせて、ぜひ、どうぞ。
眺めも、いいです。
兵庫県立美術館

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

|

« うさぎのしぐさ。 | トップページ | どこかで見たような風景。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うさぎのしぐさ。 | トップページ | どこかで見たような風景。 »