« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

思ったより。

Dsc07743

行ってみました。
ほぼ2年ぶりぐらいの河川敷です。

わが家から、枚方の河川敷まで、徒歩10分程度。

引っ越してきた頃は、それなりに来ていたのですが、
ご本人が散歩嫌い、飼い主も出不精。
というわけで、ほとんど、来なくなっていました。

Dsc07744_2

ほら。写真の通り、なかなか外では歩こうとしません。

Dsc07739_2

しかし、芝の上に降ろしてみたところ。
匂いをかぎながら、体をなすりつけだし。

Dsc07737_2

昔のことを思いだしたのか、
ついには、自ら、進みだしました。

Dsc07736_2

普段は、家の中で、人間と一緒に
ごろごろしているだけですが。
これが、犬本来のあるべき姿のようです。

Dsc07733

できれば、
少し時間がつくれるときは、
また、連れ出してあげたいものです。

ただし、家からここまでが、歩かないんですよねぇ。
リュックに入れてこないと。
まぁ、しかたないです。
そう、しつけてしまったもんで。

Dsc07740_2

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
どしゃぶりのなか。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

もうすぐ、9歳。

Dsc07719

早いもんで、キャラさんは、この3月で9歳になります。
人間に置き換えると、50過ぎ。
ほぼ飼い主と、同年齢になってしまいました。

(昨日、近所にできたペットショップへリサーチに行ったら、
しっかり、高齢犬用のドッグフード試供品をいただいてしまいました。)

徐々に、徐々に、運動量も減ってきているようです。

本当は、天気のいい今日ぐらい、
どこか連れ出してあげたいところですが…。

ちょっと、河川敷ぐらい、行ってみましょうか。

散歩ぎらいですが…。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ


| | コメント (0)

日の出の勢い。

Dsc07710

もうひとつのブログの続きのような話題をひとつ。

現代アートファンなら、すでにご存じかとは思いますが、
先日、日比谷から移転された高橋コレクション日の出が、
オープンされたそうです。

現在、過去10年間に展覧会への貸し出しが多かった30点を展示し、
高橋コレクションの歴史を振り返っているようです。

会期も、5月14日(土)までと、ロングラン。

東京へ行った際には、必ず、うかがいたいと予定に組み込んでいる最中です。

詳しくは⇒TABLOID GALLERYにて

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
3月末、上京か。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

どこかで見たような風景。

Dsc07717

Oギャラリーeyesで開催中の
西田菜々子展です。

分断されたいくつかの風景をつなぎ合わせて、
ひとつの世界を再構築しているようです。

ほんとうは、どこにもないんですが、
どこかで見たような風景として映るのは、
だれにでも共通認識として捉えられる
場面を結んでいるからでしょうか。

なにはともあれ、面白い風景です。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
重曹パワー。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

あること。

1_2

神戸へ行った、もうひとつの理由。

それが、映像作家 林勇気さんの作品を観るためでありました。

彼の作品は、単発的にグループ展等で観たことはあったものの、
これだけの作品を、一堂に。
というのは、はじめてでした。

彼独特の軽やかな映像世界が、
さまざまな角度から見ることができ、
非常に、面白かったです。

特に、「The outline of everything,2009」は、
見ていると、本当にこの世界は、
線だけでできているような気になり、
知らぬ間に、すっかり、
意識が映像の中に引きずり込まれていました。

森村さんと合わせて、ぜひ、どうぞ。
眺めも、いいです。
兵庫県立美術館

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

うさぎのしぐさ。

Dsc07704

陶磁器で、うさぎを造り続けている山本朱さんの作品です。

いつもながらの、愛くるしい表情をしています。

ギャラリー白のグループ展にて。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
好天。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

神戸

神戸
今日は、ここからスタートです。これだけ有名な方なのに、ここまでまとまった作品群を見たのは、初めてでした。すいません。

| | コメント (0)

まわるつもりでしたが。

Dsc07676

今日は、大阪を少しまわるつもりでしたが、
明日にします。

今年は、京都へはよく行っているのですが、
神戸方面は、さっぱりでした。

ひさしぶりに、一緒にまわってくるつもりです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
再始動。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

木漏れ日の光。

Dsc07699

何度か、撮ってみましたが。

見えます?

光ってるの?

Dsc07698

シルバー・バルーンを2個セットで上げ、
両方が擦れ合うと電流が流れてライトが点滅する。
という仕掛けだそうです。

そもそも、木々の葉が揺れ、そのすきまから、
木漏れ日が降り注ぐ。
そんなイメージが原点にあるそうで、
確かに人工的な木漏れ日なのですが、
なんだか、ものすごく風情豊かな気持ちになります。

(夕方、観てみたかった。)

Dsc07697

アトリエで制作していた
森川さんのインスタレーションも、
なかなかのものです。

Dsc07696

外の世界と、天と地だけで、
つながっている空間。

彼らの発想、そして、スケールには、
恐れ入りました。

アクセス等は、昨日の記事から直接ギャラリーへ、どうぞ。

(展示は、今日までですが。)

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
治まる。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

今回も、面白し。

Dsc07701_2
スタジオ90、行ってきました。
まぁ、ほんとに地味で、写真映えしない光景ですが、
中身の方は、ぎゅっと凝縮された面白さがありました。

いま、帰ってきたところなので、
詳しくは、また、明日にでも。
といっても、明日までですが。

数週間、現場で制作してきて、公開3日間だけ。

面白すぎです。
たまりません。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
一年ぶりのジャムです。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

ながめるとみつめるのあいだ。

Dsc07695_2

今日から京都のスタジオ90にて、
また面白そうな展覧会が開催されるようです。

今回の作家 今村遼佑さんは、1〜3月にかけての3ヶ月間、
スタジオ90をアトリエにして、作品制作を続け、
期間内に3回(予定)ほど、作品を公開するそうです。

Dsc07694_2

その初めての公開日が、本日、そして明後日までの3日間。

3カ月という長い制作期間の割には、極めて短い公開期間です。

彼らのことですから、そこに、意味があるはずです。

もちろん、明日ぐらい。見に行きます。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
東京営業。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

ニッポンを意識する。

Dsc07692

昨日取り上げた「えき」でも、個展を開催されたことのある
山本太郎さんが、イムラアートギャラリー京都にて、
新作を発表されているようです。

山本さんの提唱する「ニッポン画」が、
どう進化されているのか、ぜひ、見ておきたいところです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
うれしいお便り。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

券、すり替わる。

Dsc07691

今朝、用事のついでに、
わが友 長谷川くんの家に寄った時のこと。

「あっ。いま、寺田さん、京都の伊勢丹で、
個展やってはるなぁ。」

「いく?」

「どーしょぅか、迷てんねん。今週いっぱいやろ。」

「いくなら、券あるから、あげるで。」

しばらく、自室でごそごそして出てくると…。

「ごめん。もう、誰かにやってしもてた。
この前、ここで絵本展やったら、券、送ってくれるようになってん。
この次のやったら、あるわ。」

「へーっ。そうなん。まぁ、タダならもろとくわ。ありがとっ。」

というたわいのない会話をして、帰ってきたのですが、
いただいてきたのが、こちら。

「ラファエル前派からウィリアム・モリスへ」展であります。

しっかし。

美術館「えき」KYOTOさん、守備範囲広すぎです。
この前なんか、アニメやってたし。
ゾルバもあったし。現代アートもあったし。
古典、近代などなど、いい意味でなんでもありだし。
なにを企画の基準にしているのかは、
まったくもって理解不可能ですが、
凄いものを感じてしまいました。

トーゼン、もらったからには、行きますとも。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ダウン。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

初の雪渋滞。

Dsc07684

さて、もうひとつのブログの続きです。

京丹波にある荒川さんのアトリエを出たのが、
ちょうど、4時。

まわりは、真っ白。
しかし、路面は、まだまだ、大丈夫。

このまま高速に乗って、夕方、京都市内に着けば、
雪はもうないだろうと思っていました。

(それは、甘かった。)

Dsc07683_2

順調に、京丹波の町並みを越え、
高速道路に入ったまでは良かったのですが。

京都市内まで、残り5km.
篠I.Cで、この先、通行止めの表示。

しかたなく、他の車と同様に、篠で降り、
数分に数メートル動くかどうかの渋滞のなか、
いつ、チェーンを巻こうかどうかと悩みながら、
じりじりと時間がだけが過ぎる。

Dsc07682_2

(写真は、早い時間に撮ったもの。)

篠の街中に出た頃には、どっぷりと日が落ち。
いよいよ、道路の凍結が気になりましたが、
まわりを見ても、まだチェーンをしている車は、
少なかったので、このまま沓掛の峠越えに挑戦することに。

ゆるりゆるりと山道を登りだすと、
路側帯に、放置された車が点在。

これは、ヤバいなぁ。

と、思いながら、ハンドルを取られないように
握りしめながら、放置自動車の列を横目で見ながら、
ゆっくりゆっくり上り、ようやく峠の頂上に着く。

Dsc07681_2

峠を越えると、雪も格段に少なくなり、
ある程度スピードも出せ、
後は、スムーズに帰ることができました。

しかし、逆方向へ向う方々は、大変。
京芸のある大原野あたりから、ぎっちり渋滞。
峠を越えたら、越えたで、あの雪が待っている。

それにしても、渋滞の鉄則。
給油は、こまめにしておくことが大切だと
今回も思った次第です。
ギリギリ、チェーンをしないで済みましたが、
雪に向っていく時は、
もっと、覚悟が必要なようです。

夜9時には、着けたので、
通常2時間半ほどの道程を、
約倍の5時間かかったということですが、
とにかく、帰り着けて、ほっとしました。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
コラボ始まる。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

寺田さん、凄し。

Photo

奥さんの大先輩。
(そう言うと「そんな年齢ちゃう。」と、
ご本人に怒られそうですが…。)

寺田順三さんが、京都 伊勢丹の
美術館「えき」KYOTOにて、
展覧会を開催されているようです。

独特のレトロな雰囲気のイラストを描き続け、
あっちこっちでご活躍のご様子。
いちファンとして、喜ばしい限りであります。

来週、どこかで、時間がつくれるといいのですが。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
14日は、京丹波へ。→keikodollsブログ

| | コメント (2)

この一瞬を永遠のものに。

Dsc07670

@KCUAで開催中の
三瀬夏之介さんの個展
「だから僕はこの一瞬を永遠のものにしてみせる」へ行ってきました。

正直に言うと、
いままで三瀬さんの絵は、分からないまま観てきました。

見た瞬間、迫力に圧倒されてしまう。
というか、
まず、画面のでかさに驚かされる。

そして、のぞき込んでいくと、
山があり、宇宙があり、顔があり、いろんなものがないまぜになって、
巨大な世界がカタチ造られている。

どこに、彼の意識があるのか。
分からないまま観てきました。

でも、今回。

彼が書いた文章を読ませていただくと、
新しい「日本画」を描きたいという意識ではなく、
ご自身が「日本人」としてあり続けるために問い続けている。
そんな根源的な問題提起をされているように思えてきました。

まぁ、僕の読解は、そこぐらいまでです。

いつか一度、機会があれば、
三瀬さんのトークイベント、拝聴してみたいです。

奥深さと大きさを合わせ持った作品たちでした。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
14日次第。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

京芸の作品展。

Dsc07677

毎年、行こう行こうと思いながら、
いままで機会を逃していた京都市立芸術大学作品展を観に、
京都市美術館へ行ってきました。

Dsc07675

インスタレーションあり、工芸あり、
油画あり、日本画あり、立体あり、デザインあり。
と、まぁ、盛りだくさん。

中には、すでに、プロとしてやっていけそうな方々もいる。

なるほど、ウワサ通りの高水準です。

Dsc07672

特に、気になったのは、こちらの茗荷恭平さんの作品。

京都の町中をリサーチした成果を展示していましたが、
なかなかの目立ちようでした。

Dsc07674

他にも、河股由希さんの写真かと見まがう版画作品。
八木修平さんの色彩豊かな作品。
などなど、取り上げだしたら、切りがないぐらいの才能と出会えました。

これからも、
できるだけ時間を合わせて、見に行きたいと思います。
次回は、なんとか、校内も。

それと、小吹さんが詳しくレポートされています。
気になる方は、そちらを、どうぞ。
アートのこぶ〆

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
京都一周。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

高島屋にて。

Dsc07648

昨年の暮れ、Gallery Fukudaのオーナーさんに聞いてから、
一度、行きたいと思っていた高島屋へうかがうことに。

9Fのエレベーターホールに降り立つと、
いきなりありました。

Dsc07650

大分出身の作家 国本泰英さんの作品です。

Dsc07649

レストラン街だけに、たくさんのコックさんが
ならんでいます。

難波の高島屋へ行かれることがあれば、お立ち寄りください。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
解体。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

現場で、観てください。

Dsc07646

ギャラリーノマルで開催中の
豊富春菜展「dorps」です。

はじめから言っておくと、
この作品の良さは、写真では伝わらないでしょう。
行って観ることを、強くおすすめします。
特に、美術関係者は見ておくべきです。
今後、アートフェア等で、人気を博すはずですから…。

Dsc07644

一見、花のペインティングに見えると思うのですが、

Dsc07642

実は、すべて、色をつけたエポキシ樹脂で描かれている。
というか、少しずつ、液を垂らして、重ね合わせている。
と言った方が、いいようです。

Dsc07643

カラーのものもたくさんあるのですが、
特に、モノクロタイプの作品が、目を引きました。
(上下の写真の作品とも、初日に売れたそうです。)

Dsc07645

こうゆう作品に出会ってしまうから、
ギャラリーまわりは、止められません。

Dsc07641

もう一度、言います。
この作品は、現場でご覧になることを
強くおすすめします。

Dsc07639


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
計算ミス。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

一番乗り。

Dsc07652

乙画廊にて開催している
本田征爾さんの展へ行ってきました。

なんと、一番乗りだったようで、
お目当ての立体作品、
選び放題でありました。

Dsc07653

お手ごろプライスだったので、
もちろん、一点、選ばせていただきました。

彼の立体は、ほんとうに、
ユニークで面白い。

Dsc07651

色とりどりの不思議ワールドを描いた平面作品も、
たくさんあります。

年を追うごとに、
スケールアップしていくようで、
これからも、注目したい作家さんであります。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
いよいよ、原形。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

若き、可能性。

Dsc07602

中井幸子さん、藤川奈苗さん、山内亮さん、
車史噯さん、春菜さん、星川あすかさんという
6人の若きペインターを集めた
ギャラリー白の「スーパー絵画vol.3」です。
(すいません。3人分しか撮りませんでした。)

Dsc07601

なにがスーパーなのか、
分からないところもありますが、
それぞれに個性ある作家さんたちであることは確かです。

Dsc07600

今週いっぱい開催中です。
梅田界隈へお出かけの際、
よろしければ、どうぞ。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
明日、奈良へ。→keikodollsブログ

| | コメント (2)

愛の秘密工作室。

Dsc07603

行ってきました。
ヘップファイプのHEP HALLで開催中の
愛の秘密工作室」であります。

1_3

現代美術二等兵、こけしマッチ制作所、木内貴志さんなどなど、
7組のひとクセある作家たちが、
それぞれの思考で『愛』を捉え、
さまざまなカタチにして表現しています。

2

まぁ、これは、あーだ、こーだ、語るより、
見れば面白い。そんな展覧会です。

もちろん、クオリティも高い。

梅田へ行かれたら、ぜひ、どうぞ。
バレンタインの前日までやっています。

Dsc07604

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
少しずつ。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

中野さん、行ってきました。

Dsc07615

新しく北堀江にできた
SYSTEMA GALLERYへ行ってきました。

秋田在住の作家 中野修一さんからご紹介いただいたので、
まずは、彼の作品を探してみると、

Dsc07614_2

ありました。これですね。
いつにも増して、悠々と空を泳いでいます。

Dsc07613_2

展覧会そのものは、
ギャラリーのお披露目にもなっているため、
オーナーが選抜した
国内外50名の作家による種々さまざまな作品を
一堂に会しての展になっています。

Dsc07612_2

ひとつひとつ、見て回ると、
ありました。
関西では、その名の知れた稲垣由起子さん。

Dsc07608_2

そして、わが枚方の期待の星 山田七菜子さん。

Dsc07606

知っている作家さんたちがいて、ちょっと、
うれしくなってしまいました。

Dsc07609_2

SYSTEMA GALLERYそのものは、
大小4スペースあるようで、
かなり格安でレンタルできるようです。

近くにプチボワさんもありますが、
大阪の中心街からは離れています。
若き作家さんたちの腕試しに、いいスペースかも知れません。

(芳名帳を見たら、すでに、知り合いも回ってきていました。)

これからが、楽しみなギャラリーです。
がんばってください。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
14日、予定。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

はかなきもの。

Dsc07616

昨日、いの一番に寄らせていただいたのは、
TEZUKAYAMA GALLERYで開催中の
小松孝英「儚-Ephemeralbess-」。

Dsc07622_2

DMをいただいてから気になっていたのが、
この速水御舟へのオマージュと題された作品。

炎に吸い寄せられる蛾たち、
そして、燃え落ちる虫たち。

Dsc07618_2

その対となるのが、
水をテーマにした作品。
美しい蝶たちが集う、清らかな滝の風景。

Dsc07617_2

技法やバックボーンは、直接、ギャラリーにて
お聞きいただくとして。

Dsc07620_2

他にも、外来種の蝶や動植物ばかりを描いた作品もあったのですが、
僕が引き寄せられたのは、どうやら、
そのコンセプトメイクやテーマ設定の明解さだったようです。
もちろん、技量も、すばらしい。

日本画的なものを描かれる現代美術作家も多くなってきましたが、
これだけ、対象物をじっくりと観察しながら描いている作家は
少ないような気がします。

Dsc07619

本日、ルーシー・リーを見に行く奥さんにも、
足を伸ばした方がいいと、言っておきました。

みなさんも、ぜひ。
これは、太鼓判です。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ねじロック。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

ひとまわり。

Dsc07584_2

今日は、大阪市内を、ぐるっと、ひとまわりしてきます。
まずは、南方面から攻めて、北方面へ。

では、では。

いろいろ、撮ってきますので。

写真は、キャラさんの風邪が治りかけたので、
先日、義母さんが暮らすホームへ行った時のものです。

大阪は、昨日ぐらいから、少し暖かくなってきたので、
そろそろ、外へ連れ出してあげたいところです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
新作、開始。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

トリミング。

Photo

今週末から、ギャラリーノマルにて、
7年ぶりとなる豊冨春菜さんの個展が開催されるそうです。

DMを見ただけでも、その大胆なトリミングと、
油彩による加筆等が見てとれ、
なかなか興味をそそられています。

できれば、Fabreさんとセットで見に行きたいところです。
来週、ぐらいかなぁ。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
本日こそ、発送。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

箱夢遊び。

Oto_2

乙画廊にて、本田征爾さんが、個展を開きます。

昨年、はじめてお会いした作家さんなのですが、
石塑粘土で造ったオブジェが目に留まり、
購入させていただこうと思ったら、
すでにかなり売れていたので、あきらめたのを覚えています。

今年は、早めにうかがいたいもんです。
2月7日ということは、来週からですね。

忘れないように、メモしておかないと。

最近、物忘れがひどくて。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
発送準備。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »