« さむさむ | トップページ | ふたたび。 »

新しい風景が、見える。

Dsc07565

番画廊で開催中の
皮革を使った造形作家 才木寛之さんの展覧会へ行ってきました。

いままで、グロテスクともとれる生命の塊的な
オブジェが多かったのですが、
今回は、レリーフというか、壁掛けスタイルの新作を
数多く発表していました。

Dsc07567_2

「渓谷」と題されたその内容は、
特にレリーフの方がしっくりときます。
あえて四角いカタチに
デザインされた彫りを入れることで、
彼特有のエロティックなラインが際立ってきました。

Dsc07563_2

製法は、球体のオブジェと同じなのに、
はるかにこちらの方が洗練された印象が残ります。

Dsc07564

出すところへ出せば、引く手あまたになりそうなのですが。
いかがでしょうか。
東京方面の方々。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

|

« さむさむ | トップページ | ふたたび。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さむさむ | トップページ | ふたたび。 »