« 里山のカタチ。 | トップページ | 南山城村の秋。 »

死のカタチ。

Dsc06955

「この樹の死たわワタ始ノ器ノコ」
という、いつものように回文タイトルの今村源さんの展覧会。
ただし、赤を使用されたDMを見るのは初めてだったので、
なにやら、いつもより、少し怖そうな印象を持っていました。

Dsc06958

うれしいことに、ご本人もおられ、
お話をうかがいながら、観ることができました。

Dsc06957_2

作品そのものは、今村さん特有の世界の延長線上にあるものなのですが、
いつも以上に、「死」を連想させるものが
ちりばめられていました。

Dsc06956_2

たとえば、この真っ白なキノコ。
実は、ひとくち食べただけでも致死量に達するという
実際に存在する猛毒のキノコを想定して制作したそうです。

Dsc06958_3

今村さんが制作し続けている一心寺のお骨仏を観た時から、
他の作家とのバックボーンの違いを感じていたのですが、

Dsc06959_2

この展覧会では、いままでよりも少し深く、
見える作品に隠された見えない想念のようなものを
観せていただいたような気がしました。

信濃橋画廊5にて、来週いっぱい開催しています。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
アニマル、ほぼ完成。→keikodollsブログ

|

« 里山のカタチ。 | トップページ | 南山城村の秋。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 里山のカタチ。 | トップページ | 南山城村の秋。 »