« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

おタヌさん。

Dsc06736

朝、水をまいていると、
おタヌキさんが排水溝のそばで横たわっておりました。

2年前には、隣のマンション前におおネコさん。

これで、葬らせていただいたのは2頭目となります。
(でも、チョロじいを入れると、3頭目か…。)

ちょっと、慌てましたが、

要領が分かっているだけに、
新聞紙にくるみ、ビニール袋に入れ、
ダンボール箱に納めて、すぐに出棺の準備が整いました。

後は、市役所の方に引き取っていただけば完了です。

そういえば、前回も夏真っ盛りでした。

そういえば、チョロじいなんて、お盆真っ盛りでした。

う〜ん。
なんか、動物の霊がついているのでしょうか。

特に、奥さん。
(いや、2回とも見つけたのは、僕か…。)

門真にいた頃は、空から、カラスが落ちてきましたから。

来年も続くようなら、いよいよです。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
次の作業。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

晩夏のうつわ。

Dsc06733

かなり前に、べ・サンスンさんの個展で
知りあった作家 稲垣大さんの展覧会であります。

もう始まっていますが、
9月5日まで阪急桂駅のちかくにある
HOUSE OF ART GALLERYにて開催とのこと。

僕らも、できれば4日あたりに周辺を
回ろうかと思ったりしているところです。
(まだ、確定ではありませんが…。)

あっ。それと、
稲垣さん。
小吹さんの住所、僕の自宅になっていますが、
違いますからね。
一緒に暮らしては居ませんからね。
そうですね。
「勝手にリコメンド」もしくは「こぶ〆」に、
一度、メールを送られてはいかがでしょうか。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
首の支え。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

照山さんは、奈良で。

Dsc06732_2

独特の風景世界を描き続ける照山淳也さんが、
奈良にて展覧会をされるようです。

ちょっと、保管が悪くてすいません。
いまごろ、気づいてしまいました。

奈良駅から、すぐのようですので、
お近くのアートファンの方、ぜひ。

アートスペース上三条
奈良市上三条町4
0742-23-0114


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
5年目にして。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

見たいものはあれど。

Dsc06718

行きたい展覧会もあるのですが、
ちょっと、東京から帰ってくるまで、
身動きが取れそうにありません。

変わりに、
向こうへ行ったら、
時間を見つけて銀座辺り、
回ってこようかと目論んでいます。

今日は、とりあえず、
こいつを横目に作業に入ります。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
あと、3日。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

京都のうれしいマップ。

Dsc06714

この数年、京都では、
市内のギャラリーが協力しあい
このお手軽なアートマップを発行しています。

以前にも書きましたが、
これは、実にいいです。
僕は、毎年、新しいものを見つけては、
バッグに忍ばせています。

Dsc06712_3

ただ、今回。
このエリアに入りきらないギャラリーも
そこそこあることに気づきました。

ギャラリー間の協力関係の問題もあるため、
それはそれで、しかたないかもしれませんが、
空きスペースにコマをつくり、
各地のギャラリーをピンポイントで紹介することも
ご検討いただければありがたい。
と、思った次第です。

Dsc06711

継続こそ力なり。

大変でしょうが、ぜひ、発行し続けてください。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
来週の今ごろ。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

もうギャラリズム。

Dsc06710

毎年、秋に行われていたギャラリズムが、
今年は、えらく早い時期に行われるようです。

大阪府の予算削減の影響など、
以前に比べると、スケールダウンしていますが。
それでも、初見の作家 作品が多く見られる
貴重な展覧会であることは変わりません。

Dsc06709

今回は、山本修司さんや四塚祐子さんなどのベテランから、
若手まで、幅広く揃っているようです。

できれば、初日。
小吹さんのアートナビに参加したいものです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
会う時は会う。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

PRODUCT。

Dsc06708

数日、暑さに頭をやられていましたが、
復活しました。

今日からは、また、ぼつぼつと、
おすすめアート情報であります。

こちらは、ギャラリーノマルで開催される
「PRODUCT」。

現代アートが、どう、デザインプロダクトに挑んでいるのか。
ヒジョーに楽しみな展です。

今年は、日本各地でアートイベントが目白押しだったり、
最先端のデザインにアートがどんどんからんでいたり、
日本でも現代アートが活況を見せています。

これからも、進化していくはずです。

まだまだ、見続ける必要がありそうです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
次から次。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

巨大野菜でも。

Dsc06684

ひさしぶりに巨大野菜シリーズです。

今年は、天草も暑かったせいか、
ナスがこんなに大きく育ちました。

まだまだ元気な両親に感謝です。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

今日も、暑し。

Dsc06703

朝、少しだけ、涼しい風が部屋のなかへ
入ってきたので、
処暑とは上手く言ったもんだ。と、
思っていたのですが。

ぐんぐん気温があがり、
汗だくになり、
老朽化した思考回路は、
オーバーヒートしております。

なんも考えられないでは、商売にならない。
これから、クーラー入れて作業します。

いつまで続くやら、この暑さ。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
大荷物→keikodollsブログ


| | コメント (0)

小さな花。

Dsc06700

基本的に、
わが家の植物は、

1.18年前、両親が大阪から天草に引っ越した後に
 残された植物たちを引き取ったもの。

2.水やりはするものの。長期出張等があるため、
 過酷な環境下でも生き延びられるもの。
 
というわけで、生き残ってきたのは、
芝生などの雑草系、
自分で水を蓄えられるサボテン系などであります。

しかし、
数年前、友人の子どもから朝顔の種をもらい受け、
興味本位にバラ蒔いていたところ。
この2〜3年、花そのものは小さいのですが、
野生種のように、自生しだしました。

(はい。一回、蒔いただけで、後はほったらかしです。)

Dsc06701

つるもしっかりと、巻き付きだしています。

今年、
種を収穫してみましょう。
そして、
来年、
もっと、しっかり咲かせてみましょう。

けなげに咲く姿をみていると、
そんな気持ちになってきました。

Dsc06702

来年の初夏まで、忘れていなければいいんですが…。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
堅牢な土台。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

土間ベッド。

Dsc06697_2

連日、連夜、うだるような暑さの中、
みなさま、体調のほうは、いかがでしょうか。

わが家は、午前中、なんとか扇風機だけで
耐えていますが。
さすがに午後からは、クーラーつけて作業しています。

そんななか、キャラさんが、
玄関の土間で寝るようになったのを
先日、はじめて気づきました。

これまでは、玄関のフロアマットの上辺りで昼寝していたのですが。
この2週間ほどは、いよいよ玄関の土間に降り、
ひんやりとしたタイルに身体を預けて寝ています。

Dsc06696_2

先日、気になったので
昼間、家族全員が外出している知り合いの飼い主さんに聞いてみると、
留守番しているわんこやネコのために、
冷風器や、クーラーをつけてあげているそうです。

それぐらいしてあげないと、もたないでしょう。
特に、今年の夏は、厳しいですからね。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
棚卸し、なるもの。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

奈良かしら。

Dsc06695

滋賀の画家 福村真美さんから、
画廊 編で開催される個展の
ご案内をいただきました。

DMを見ると、なにやら鹿のような生き物が…。

いままで、滋賀の風景を描き続けていただけに
なにか心境の変化でもあったのでしょうか。

ひさしぶりに、ミナミ方面へ向かってみましょう。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

沖縄の天空。

Dsc06693_2

70歳を過ぎてもなお創作意欲が衰えない
沖縄のガラス作家 稲嶺盛吉さんの展が、
京都の品で開催されています。

今回は、魚の骨をすりつぶして混ぜてみたりと、
新しいことにも果敢に挑戦されていました。

こうゆう先生には、ほんと、アタマが下がります。

いつまでも、お元気で、創作してください。
来年も、必ず、見に行きますので。

あっ。
いまも、もちろん、やってます。
29日(日)まで、絶賛、開催中です。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
同時並行。→keikodollsブログ


| | コメント (0)

幻獣たちの宴。

Dsc06692_2

前々から気になっていた
江本創さんの幻獣たちを観てきました。

おそらく、小さなウロコの一枚一枚も、
丁寧に切り取りながら、貼り付けたんだろうと。
その制作現場を想像しながら、
一点一点と向き合ってきました。

Dsc06691

「標本」というスタイルだからでしょうね。
ここまで、リアルさを感じるのは。

非常に、面白かったです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
3都市、できるか。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

週末、公開。

Dsc06687

いよいよ、あいちトリエンナーレが始まります。

僕らも、どこかの時点で、行って見たいのですが。
9月の東京出張の行き帰りに…。
とも、思ったのですが、
それでは、あまりにも片手間的。

これだけのスケールは、
じっくり、腰を据えて向き合う方が良さそうだと
考え直しました。

まる一日、都合、つけてみましょう。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
赤の季節。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

食欲の女。

Dsc06670

お墓参り⇒ギャラリーまわり⇒dollの素材探し、
と、予定していたルートを暑さにめげず、
回ってまいりました。

ごほうびは、こちら。
といっても、ご同行いただいた彼女の
犬一倍旺盛な食欲を満たすものをメインに
僕らがチョイスしなければいけません。

Dsc06668

できるだけソースのかかっていない野菜もの。
特に、お肉は煮込みより素焼きに近いものなど。

しかたがありません。

自分でもバッカじゃないの!と思うぐらい
バカ親ですから…。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ceramics→keikodollsブログ

| | コメント (0)

日影の女。

日影の女。
京都も暑いですが、風がある分、まだガマンできそうです。後は、何を食べるかですね。彼女の興味は。

| | コメント (0)

お盆。

Dsc06601

全国的に、お盆でありますが。

わが家でお盆というと、まず思いだすのが、
チョロじいの命日であります。
3年前の本日 8月14日でありました。

早いもんです。

お昼から、
いただきものではありますがフルーツを持って、
チョロじいの体毛と首輪が保管されている
義母さんの部屋にある仏壇に手を合わせて来ようと思っています。

明日は、明日で、
義父さんの眠る京都のお寺へも行かなければ…。

今年は、お盆らしいお盆を迎えるつもりです。

(でも、ちょっとだけ、アートも見てきますけどね。)

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
2.5体。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

木の質感。

Photo

いつもお世話になっている
韓国人作家 チェ・ソクホさんが、
福住画廊にて個展を開催されるそうです。

DMを見ると、建築家や木材屋が協賛しているので、
どうやら、インスタレーションも行われるようです。

お得意のワイルドな感じでしょうか。

31日(月)、オープニング覗いてみましょう。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
まだまだ続く。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

謎が深まる、認識不可能な場。

Photo

メゾン・エルメスから、
ディディエ・フィウザ・フォスティノ展のご案内をいただきました。

少し調べてみると、
日本では、横浜トリエンナーレ2008にて、
移動式映像ブースを制作されたフランスの建築家、美術家の方のようであります。

(そういえば、実物見ました。記憶に残っています。おぼろげですが…。)

展覧会のタイトル「Agnosian Fields」とは、
「認識不可能な場」と訳されているそうで、
どんなものが展示されているのか、いままで以上に興味が湧いてきました。

それと、気になるのが、この展覧会のDM。
来年放映が決まっている「ガンツ」の作者 奥浩哉さんの絵が
入っていて、なにか、映像作品にからんでいるのでしょうか…。

もうお一人、この展覧会には、
知っている方がからんでいるようなのですが、
これは、不確かなので、置いておきます。

実際、見て確かめてまいりますので。

(よかった。よかった。東京出張が、会期中で。)


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
小休止。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

黒から白へ。

Photo

16日から番画廊で開催される
松谷博子さんの展覧会のご案内であります。

彼女は、前回まで、
黒をベースにした版画作品を発表していたのですが、
どうゆう心境の変化か、心機一転、真っ白に変わりました。

先日、ご本人に、お話しをうかがう機会があり、
尋ねてみると、
以前から、白でやってみたかった。というお答え。

僕個人としては、こちらの白い作品の方が、気に入りました。

彼女に、合っているような気がします。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
リ、スタート。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

土日開催中。

Dsc06629

studio90からご案内をいただきました。

今回は、徳田卓也「遠くを眺める」というタイトルでして、
9月5日(日)までの土日。
それも、15:00〜22:00まで。
というかなり変則的な開催です。

内容は、アートの原点ともいうべき風景画。
らしいのですが、そこは、studio90さん。
フツーではない匂いを感じます。

Dsc06628

場所も、かなり大変なところにありますが、
行ってみる価値は、おおありです。

これは、必ず奥さんと行くつもりです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
明日から、再開。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

月の標本。

Dsc06647

この写真だけでは、すべてを理解することは無理であります。

泉洋平さんの作品は、色をつけた無数の糸を張り巡らしながら、
造形物を創り上げていくもので、
その労力たるや、想像するだけでも大変な作業です。

今回の作品は、まず設計図を描いてから、
糸を張りだしたそうですが、
「もっと、巨大なものが観てみたい…。」と、
お話をうかがいながら、
勝手な妄想を頭の中で広げてしまいました。

Dsc06648_2

このクオリティの高さなら、
これから、どんどん、活躍の場が多くなるはずです。

次回作が、いまから、楽しみです。

(場が増えるということは、
 ご本人、寝る間もなくなるのは確実だと思われますが…。)

neutoron kyoto
8月15日(日)まで

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
京都の引力。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

千社札の御利益、あるか。

Dsc06633

行ってまいりました。

年に一度のお楽しみ、鳥初での川床であります。

今年から、京都では旧暦に七夕祭りを行うことになり、
堀川、鴨川周辺では、いろんなイベントが開催されていました。

お店でも、笹飾りを付けるなど、
町ぐるみで盛り上げようとしていました。

さて、今回。
特に、お伝えしたいのが、こちら。

Dsc06639

舞妓さんからいただいた、千社札であります。

お話によると、
携帯に貼れば、良縁(いい話)が舞い込む。
財布に貼れば、お金が舞い込む。
と、上手く語呂合わせができておりまして。

ある方のお話によると、
ウソかほんとかは分かりませんが…。
「7年前にもらった千社札を会社の通帳ぶくろに貼ったら、
仕事が上手くいった。」とのこと。

Dsc06638

まぁ、そう上手くいくとも思いませんが、
早速、今朝、通帳ぶくろに貼ってみました。
(根が、素直なもんで…。)

来年は、もうひと企画を加えて、
川床は開催されることになりました。

千社札の御利益は、来年の今ごろ、
分かっているはずです。

(どうなってるかなぁ…。)

Dsc06635

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

38度。

Dsc06609

先日、ギャラリーを回った時に、
アートワークスサラさんへ
たまたまお邪魔したのですが。

韓国の若き作家 ジン・エさんという方が、
飛び込み営業と申しますか、
押しかけ展覧会を開催していました。

ことの発端は、
大学院卒業に合わせて、
なんとしてでも日本で個展を開催したかったそうで、
申し込みがあったのは、なんと、2週間前とのこと。

(韓国では、日本で開催すると経歴に箔がつくようです。ふ〜ん。)

そこから、強引に話が進み、ほとんど告知もせず、
開催にこぎつけたそうです。
(なんと無茶な…。)

Dsc06608

作品は、北朝鮮との緊張が続く38度線に張り巡らされた
有刺鉄線の張り替え時に、
古いものをもらいうけ、
いくつかの巨大なオブジェを制作。
その後、それらの作品で38度線にある博物館にて展覧会を開催。
そして今回、その作品の一部を日本に持ち込んだそうです。

Dsc06604_2

南北分断の犠牲となった方々のインタビューを投影させるなど、
作品のコンセプトがしっかりしていただけに、
正直に言えば、もっと、
準備期間を持って開催すべきだったと思いますが。
その思い込みと実行力には、驚かされます。

(韓国の作家さんに共通する部分ですね。これは。)

おそらく、いつか、きっと。
しっかりと企画を立て直して、また開催されるだろうと思います。
その時に、もう少し詳しくご紹介することにしましょう。

Dsc06599

急ごしらえのパーティー、
急に呼ばれた知人たちでしたが、
久しぶりに合う顔もあり、
それは、それで、楽しいひとときではありました。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
型、完成。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

明日、ゆっくりと。

Dsc06598_2

なんど、このタイトルを出したか分かりませんが。
本日は、朝から、来客などもある予定で、
掃除に、仕事に、バタついておりまして。

お伝えしたいアート情報もあるのですが、
明日にでも、ゆっくりと、記事にしたいと思います。

あっ、それと。
明日は、一年ぶりの「床」です。
奥さんと、キャラさんには申し訳ありませんが…。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

新しい、なにか。

Dsc06603

ギャラリーzeroで行われている高橋有さんの個展にお邪魔してきました。

画面いっぱいに描かれていた以前までと比べ、
間の取り方が上手くなられたような気がします。

Dsc06602

点数は、それほど多くありませんが、
新しい方向性が見えてきたようです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
三日目。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

西風のグラフィックス。

Dsc06611

番画廊で開催中の「西風のグラフィックス」です。

大小、さまざまな版画作品を中心に、
マット紙をフレームに見立てて展示していて、
なるほど、これなら白場が多くなり、
一見バラバラに見える各作家の作品が、
非常にまとまって見えていました。

Dsc06610

プライスも、数千円のリーズナブルなものから、
そこそこのものまで揃っていましたが、
そろそろ日本の一般家庭でも、
こうゆう作品たちを、
気軽にわが家で楽しんで欲しいもんです。

Dsc06612_2

う〜ん。
僕も、買いたい。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
お昼からでも更新。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

川城さんと丸山さん。

Dsc06617

今年のはじめに東京でお会いしてから、
ほぼ半年。

川城夏未さんの作品は、
点数こそ少なかったものの、
今回も、しっかりと、赤く染まっていました。

相変らず、キレイな作品です。

Dsc06616

初日ということもあり、
期待通り、川城さんともお会いすることができました。
(キャラさんが行けなかったのが残念ですが…。)

そして、

Dsc06613

一緒に展示されている丸山宏さんも、
東京から来られたそうです。

はじめてお会いしたので、
過去のファイルを見させていただくと、
それぞれにストーリがあるようでした。
その塗り重ねられた作品は、
彼から生まれる物語のワンシーンのようです。

Dsc06615_2

対照的な作品構成で、それぞれに持ち味が違うため、
比較しながら観るのも面白かったです。

今週いっぱい、Oギャラリーeyesにて、開催しています。

それでは、川城さん。
また、お会いしましょう。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ネコさん、ふたたび。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

ここから

ここから
朝は京都でしたが、すでに大阪。それも、すでにほろ酔い。詳しくは、また明日から。

| | コメント (0)

明日は、明日とて。

Dsc06592

最近、こもり作業ばかりでしたが、
明日は、一日、フリーの日を作れそうです。

京都、大阪を、少しぐるりと回ってまいります。

京都は、ギャラリーが月曜日お休みのところが多いので、
どちらかというとお寺回りになるかも。

それでは、なにか見つけたら、お知らせしますので。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
動物シリーズ5。→keikodollsブログ


| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »