« 京都で顔魂。 | トップページ | 持塚さんのアトリエ。 »

黒主山のちまき。

Dsc06568

なにごとも、重なる時は、重なるもんで。

昨日、このブログで
取り上げさせていただいた京都の品さんから、
祇園祭の記念として、黒主山の粽(ちまき)を
送っていただきました。

僕は、「なに?これ?」と、
さっぱり分からなかったのですが。
奥さんは、「あっ、ちまき!」と、
さすが両親が京都人だけに知っておりました。

ちょっと、調べてみると。

黒主山とは、祇園祭で巡行する山鉾のひとつで、
六歌仙の一人 大伴黒主が、
桜の花を仰ぎ眺める姿を写した山だそうです。

いただいた粽(ちまき)は、
その山にちなんだものらしく、
玄関内に飾ると悪事除けになるようです。

Dsc06567

せっかくですから。
さっそく、飾ってみることにしました。

これからの一年、
無事に暮らせますよう、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

|

« 京都で顔魂。 | トップページ | 持塚さんのアトリエ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都で顔魂。 | トップページ | 持塚さんのアトリエ。 »