« いきづく空間 - 面と接するとき。 | トップページ | 金曜ぐらい神戸へ。 »

古き良き手書きのアニメ。

この数日、ある仕事の準備のために、
古いアニメ作品をDVDで見ておりまして。

ふたりして、幼き頃の体験談を交えながら、
懐かしく見入っております。

DVDだけに、本編だけでなく、特典映像なるものもあり、
それも、制作秘話が必ず収録されているわけであります。
まぁ、ふたりとも、そちらの方が興味がありまして。
じっくり見ていると、
なんと、手が込んでいたことか。

この辺が、手塚作品やジブリ作品の原点であることは
間違いないでしょう。

Dsc06128

お仕事絡みのため、
具体的に言えないのがもどかしくもありますが。
お仕事が決れば、堂々と、
いつかまた、取り上げたいと思っております。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
6体ぐらい。か。→keikodollsブログ

|

« いきづく空間 - 面と接するとき。 | トップページ | 金曜ぐらい神戸へ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いきづく空間 - 面と接するとき。 | トップページ | 金曜ぐらい神戸へ。 »