« オラファー・エリアソン、展を見て。 | トップページ | 伊吹拓さんの、霞展とは。 »

ここは、金沢の穴場かも。

いままで、せっかく金沢まで来ても、
展覧会を観ると、すぐに帰る。
というパターンが続いていたのですが。

キャラさんを、ペットショップで
預かってもらったのをこれ幸いと。
少し兼六園周辺を回ってみることにしました。

すると、駐車場が混んでいなさそうな場所を発見。
それが、こちら。
石川県立美術館であります。

Dsc06156

常設だけ見たのですが、加賀百万石の礎を築いた
前田家に伝わる古美術が並んでおりまして。
それは、それは、絢爛豪華な品々でありました。

Dsc06155

さて、それはそれで楽しめたのですが。
もっと、気になったのが、カフェ。

美術館にしては、お洒落過ぎないかい。
と思いながら、覗いてみると。
なんと、辻口博啓さんのパティスリー&カフェでした。
(どおりで、センスがいい。)

リーフレットを見てみると、
辻口さんの出身地である石川県七尾市には、
「辻口博啓美術館 ル ミュゼ ドゥ アッシュ」があるそうで。
飴や砂糖を使った幻想的な世界を造りだしている模様。
今回は、時間がなくなってしまいましたが、
次回は、こちらへも行ってみたくなってきました。

いずれにせよ、石川県立美術館は、
ゆっくりとした時間が流れていて、
いいところでした。
(大きなソファもあり、じっくり昼寝もできそうなぐらい。)

Dsc06153

周辺には、伝統産業工芸館なるものもあり。
兼六園にもつがなっているようで、
表通りの混み合った駐車場に止めるより、
こちらに回った方が、すぐに入れてよさげです。

金沢観光をお考えの方、ぜひ、参考に。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

|

« オラファー・エリアソン、展を見て。 | トップページ | 伊吹拓さんの、霞展とは。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オラファー・エリアソン、展を見て。 | トップページ | 伊吹拓さんの、霞展とは。 »