« 狼と桜、本田かな写真展。 | トップページ | Thank YOU @RTの日 »

仙台の美味。伊達の牛タン本舗&青葉亭

ようやく、少し落ち着いて。
仙台の美味のことを、振り返ることができます。

僕らが、仙台に着いたのは、夕方のこと。
思ったより、雪も少なく、ほっとしながら、
すぐ宿にチェックイン。

早速、Tさんに連絡を取ると、パートナーさんが経営されている
市内のレストランに、予約を入れていただいているとのこと。

はらぺこの僕らは、キャラさんも連れて、タクシーで向かうことに。

さて、待合せ場所となったのは、
伊達の牛タン本舗」という牛タン専門店の本店。
その2階が、フレンチスタイルのレストランになっておりまして。
壁側に並んだテーブルのどまんなかに案内され、
(こっ、こんな高級そうなところで、キャラさん、いいのかしら。)
と、恐縮しながら。

まずは、シャンパンで乾杯。

車中、「わーい。牛タンの炙り焼きだぁ。」と、思っていたら、

なんと、オードブルからスタート。

Dsc06046

まぁ、ほんとに…。美味しい。

Dsc06043

美味しい…。

Dsc06042

見た目は、コロッケかと、思いきや。
白身魚の身で、ウニを包んでいるそうで。
なんとも、手が込んだ繊細な料理。

Dsc06041

特に、このコンソメ。
僕の数少ないフレンチ体験のなかでの判断なので、
誠に申し訳ないのですが。
見た目より、あっさりしていて、コクがある。
チーズたっぷりなのに、
これだけの後味の良さは、はじめてでした。

Dsc06040

さらに、料理は続き…。

Dsc06039

まだまだ、続き…。

Dsc06038

やっと、牛タン。

Dsc06036

ラストのデザートまで、いままで体験したことのないような
本格フレンチを堪能させていただきました。

(フツーなら、キャラさんを連れてなど、考えられないことです。)

Dsc06109

こちらの料理を担当されたシェフは、澤部善次さんと申しまして。
ジョエル・ロブションや、大阪で有名な故 小川シェフなどと、
同僚としてフランス修業をした方らしく。

Dsc06108

通常は、こちらのお店にいらっしゃるそうですが。
完全予約制の「青葉亭」本店でも、
予約を入れれば、そちらで料理を愉しめるそうです。

Dsc06107_2

う〜ん。これだけ記憶に残るフレンチ体験は、
結婚してから、はじめてです。
いや、人生で、はじめてだったかも知れません。

それぐらい、澤部さんの料理は、すごかったです。

Dsc06105_2

あらためて、貴重な体験をさせていただき、
ほんとうにありがとうございました。
Tさん。

また、いつか、お会いできる日を、楽しみにしています。

(いやいや。
また、ご馳走してね。ということじゃないですからね。
そこんところは、誤解のなきように。)

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
下塗り完了。→keikodollsブログ

|

« 狼と桜、本田かな写真展。 | トップページ | Thank YOU @RTの日 »

旅の先から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 狼と桜、本田かな写真展。 | トップページ | Thank YOU @RTの日 »