« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

いつもの枕で。

昨日、ブログを書いた後、
用事が徐々に重なってきて、
明日も、どうやら出かけるのが難しくなりました。

なんとか、2日には、出歩きたいものです。

Dsc06203

毎晩、こんな感じで、先にふとんに入って寝ています。
それも、奥さんの枕を使って。

「温めてくれるのはうれしいけど。犬くさ〜い。」

と、言われながら、移動させられますが、
それでも、毎晩、この枕で寝ています。

よっぽど、気に入っているようです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ビーズ、ティアラ。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

なかなか、回れませんが。

ここのところ、
なかなかギャラリー回りに出かけられず。
少し、不満が、うっ積しつつあります。

今日、明日は、
出かけられませんが、
明後日ぐらいは、なんとかなりそうな気配です。

Dsc06204

来週は、月火と東京出張です。
もちろん、こいつにも、ご同行いただきます。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ブルー、ブーケ。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

ガラスが語りかけるもの。とは。

ガラス作家の荒川尚也さんから、
ご案内をいただきました。

Photo

4/3〜10まで、豊中の巷談舎というやきもの専門店で
展示会をされるそうです。

荒川さんとは、京都ではじめてお会いしてから、
どれぐらいたったでしょうか。

全国を精力的に巡り続けるパワーは、さすがです。

いつか、工房にも、お邪魔してみたいと思っています。
いつか。
晴耕社ガラス工房

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日は、更新。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

ジャムおじさん。最終回

ごり押しで続けてきたこのシリーズも、
やっと、最終回であります。

今回、3種類ほどのジャムをつくってみたのですが。
一つ目は、南の島のりつさんからいただいた
「たんかん」をつかったものです。

Dsc06197

煮込む時に、若干、水気を飛ばし過ぎてしまい、
ジャムというよりも、ペーストっぽくなりました。
しかし、味の評価は、だんとつ。
酸味があまりないぶん、爽やかなジャムに仕上がったようです。

Dsc06196

こちらは、デコポンをつかった一回目のジャム。
色といい、艶といい、いいジャムかげんであります。
皮を入れた分、ほんのり苦味がありますが、
酸味がほどよくきき、おとな味になったようです。
これはこれで、まずまずの評価をいただいております。

Dsc06195

最後は、カラメル色になってしまった二回目のジャム。
底が焦げた分、苦味、酸味、甘味のバランスがビミョーに狂ってしまい
ましたが、愛着がある一品として、
dollづくりの助っ人さんや、アルバイトさん、
遊びに来た方たちの
お土産にしていただいています。

Dsc06200

なんだかんだと三種類。
大量に作ってしまったため、
こんど、田舎にも持って帰ることにしました。
熱いうちに密封したものは大丈夫そうなので。


それでも、まだまだあります。

食べてみたい方、ぜひ、ご連絡を。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (4)

ジャムおじさん。3

土曜日ということでもあり、
そろそろ、ジャムの続編であります。

Dsc06187

先日、お伝えした鍋いっぱいのデコポン。
そして、

Dsc06186_2

ボウル半分ほどの残りのデコポン。
一気に沸騰させた後、
コトコト、コトコト、

Dsc06185

途中、

Dsc06183

あふれんばかりになりながらも、
コトコト、コトコト、
アクを取りながら、
コトコト、コトコト、

Dsc06182

いい煮詰まり具合になってきたので、
ここで、残りのデコポンを投入。

さぁ。あと一歩。

ゆっくりかき混ぜながら、煮詰まり具合を見れば、よかったものの。
少し他に気を取られて、そのままにしてしまったため…

Dsc06181_2

やってしまいまいした。

アッ。焦げ臭い。
と、思った時には、時すでに遅し。
底が、びっちりと、焦げてしまいました。

これには、一気に、意気消沈。

なんとか、上澄み部分は、大丈夫だったものの。
全体的に、カラメル色に染まってしまいました。

Dsc06180

それでも、みなさんに食べてもらったら、
思っているほど、悪くない。
いや、むしろ、美味しい。という反応。

(気づかっていただき、ありがとうございます。)

それでは、いよいよ明日、
食べくらべショットと、まいりましょう。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

伊吹拓さんの、霞展とは。

僕と同じ枚方在住の作家 伊吹拓さんから、
ご案内をいただきました。

Dsc06193

今回は、いつものニュートロン京都での展覧会より前に、
枚方、それも星ケ丘という少し自然の多いところにある
SEWING GALLERYにて、
作品展&ライブパフォーマンスを行われるようであります。

Dsc06192_2

これは、面白そうだ。
と、思い。日付を確認すると。
4月7日(水)〜18日(日)とのこと。

Dsc06191_2

あちゃぁ。

10日に、dollを福岡に納品したあと、
天草に1週間ほど行こうかと思っていたのであります。

行けるとしても、18日、ギリギリになりそうです。
ぜひ、と言いたいところですが。
できるだけ、うかがうようにいたします。
というのが、いま言える最大限の気持ちであります。

Dsc06190_2

もちろん、京都は、ぜひに。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
お仕事も、少し。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

ここは、金沢の穴場かも。

いままで、せっかく金沢まで来ても、
展覧会を観ると、すぐに帰る。
というパターンが続いていたのですが。

キャラさんを、ペットショップで
預かってもらったのをこれ幸いと。
少し兼六園周辺を回ってみることにしました。

すると、駐車場が混んでいなさそうな場所を発見。
それが、こちら。
石川県立美術館であります。

Dsc06156

常設だけ見たのですが、加賀百万石の礎を築いた
前田家に伝わる古美術が並んでおりまして。
それは、それは、絢爛豪華な品々でありました。

Dsc06155

さて、それはそれで楽しめたのですが。
もっと、気になったのが、カフェ。

美術館にしては、お洒落過ぎないかい。
と思いながら、覗いてみると。
なんと、辻口博啓さんのパティスリー&カフェでした。
(どおりで、センスがいい。)

リーフレットを見てみると、
辻口さんの出身地である石川県七尾市には、
「辻口博啓美術館 ル ミュゼ ドゥ アッシュ」があるそうで。
飴や砂糖を使った幻想的な世界を造りだしている模様。
今回は、時間がなくなってしまいましたが、
次回は、こちらへも行ってみたくなってきました。

いずれにせよ、石川県立美術館は、
ゆっくりとした時間が流れていて、
いいところでした。
(大きなソファもあり、じっくり昼寝もできそうなぐらい。)

Dsc06153

周辺には、伝統産業工芸館なるものもあり。
兼六園にもつがなっているようで、
表通りの混み合った駐車場に止めるより、
こちらに回った方が、すぐに入れてよさげです。

金沢観光をお考えの方、ぜひ、参考に。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

オラファー・エリアソン、展を見て。

なるほど。
みなさんが、おすすめすることはある。

Dsc06164

光、色、霧、影、虹、
さまざまな要素を組み合わせて生まれた
体験したことのない空間に足を踏み入れてきました。

Dsc06160

入るなり、すべての色がなくなり、
自分の身体が、モノトーンになる空間。
霧と虹色に包まれる空間。
手の動きだけで作る人体万華鏡。

言い出せば切りがないので、これぐらいにしておきますが。
これは、金沢まで行って、正解でした。
行かなければ悔いが残っただろうと思います。

Dsc06159

写真は、20日からお目見えした
オラファー・エリアソンの恒久展示作品です。

Dsc06158

これは、これで、中へ入るまでが、けっこう楽しい。

Dsc06157_2

今回、近くのペットショップにキャラさんを
預けることが出来たので、
金沢21世紀美術館以外も、回ってみることにしました。

その様子は、また明日にでも。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

狼と桜、を見て。

強引にお届けしてきたジャムのことは、
休日も終わってしまったので、
少し置いといて。

本日は、先週うかがった
神戸 PAXREXで開催中の
「狼と桜」本田かな写真展であります。

Dsc06151

今回、ギャラリースペースを考えて、
小品中心にまとめていたのですが。
畳一畳分の作品2枚は、本領発揮。
いや、いままでの大作以上にきめ細かく、
ずいぶんと奥行きを感じるようになりました。

Dsc06150

メガネのいらない3Dとでもいいましょうか。
いろんな風景が混ざり合いながら、
さまざまな方向へと導かれてゆく。
じっくりと見ていると、不思議な感覚に陥りました。

Dsc06147

小さな作品も、こうした小川のような風景と
合わせると、家に飾っても、いいような気がしますね。

Dsc06149

4月18日(日)まで開催中とのこと。
ぜひ。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

ジャムおじさん。2

こんなことをしている場合ではないことは、
重々、承知の上なのですが。

朽ちていくデコポンを早く何とかしなければ…。
という思いから、ジャムをつくることになり、

Dsc06179

はちみつが入っていた中瓶2本分。
他のジャムが入っていた小瓶2つ分の、
デコポンジャムが出来あがりました。

Dsc06177

見た目も、まぁまぁ。
味も、しっかりジャムテイスト。
われながら、まずまずの仕上がりでありました。

Dsc06178

しかし、
朽ちかけたデコポン。
まだまだあります。

本日も、朝から、ジャムおじさん、がんばります。

今日は、グラニュー等だけでなく、
氷砂糖を入れてみるつもりです。
その方が、さっぱりとした甘さになるんですよねぇ。

詳しくは、また明日。

(まだ、続くかぁ。)

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ヴェール。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

ジャムおじさん。1

昨日は、ひさびさに、
充実した一日を過させていただきました。

見てきた展覧会のお話を、
と、思ったのですが。

田舎から送られてきた大量の
デコポンの一部が、
そろそろ限界が近づいてきたので。

Dsc06171

急遽、朝から、ジャムを作っておりました。

Dsc06169_2

それも、この量。皮をむき、
下ごしらえをするだけでも、必死であります。

Dsc06168

わが家で、いちばん大きな寸胴鍋で、煮ること一時間。

そこそこ、いい感じに出来上がりました。

完成品の感想は、明日、パンに塗って確かめてから…。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
金沢の名店。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

金沢

金沢
いい天気です。いい展覧会です。いい一日になりそうです。

| | コメント (0)

明日は、金沢から。

急遽、行くことにしました。
「やはり、見ておきたい。」
という気持ちが高まってきたのと。
仕事が、明日一日は、
連絡待ちになったためです。

それでは、明日。金沢から。
(いつものように、日帰りですが…。)

Dsc06144

神戸の帰り、ひさしぶりに、
長谷川くん家のチャイくんに会ってきました。

こいつも、キャラさん同様、
シニアになってきたようで、
白いヒゲちらほら、出てきました。

長生きしろよぉ。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
21日から再開。たぶん。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

明日は、はよから、神戸へ。

仕事の準備に追われておりまして。
遅くなってしまいました。すいません。

明日は、終日、外出。
明後日は、ちょっと、家族で、遠出。

というわけで、
いつも以上に、テキトーな記事更新になりそうです。

Dsc06132

昨日は、過去最高の入場数だったような気がします。
さすが。喜多さんのお話も、面白かった。

じっくりお伝えできないのが、残念ですが。
本日は、もう少し仕事があるので、このへんで。

神戸から、携帯ブログできるか。どうか。の、明日です。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
21日に会いましょう。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

リッツ

リッツ
クラシカル・ゴージャス。そんな言葉が、ぴったりとくる威風堂々としたホテルです。まずは、講演、拝聴いたします。

| | コメント (0)

2会場かけもちとは。

昨日のご報告がてら、
こちらもお知らせしておこうかと。

今年9月末にインテックス大阪にて行われる
LIVING & DESIGN 2010」で、
インテリア産業協会さんのブースにアート作品を
出展させていただこうと考えているのですが。

このイベントそのもののリーダーである
プロダクトデザイナーの喜多俊之さんは、
すでに、精力的な招致活動を続けているようです。
(同日に、2会場回るとは…。さすが。)

講演会&説明会の募集告知を転載しておきますので、
ご興味のある企業の方々、ぜひ、ご検討ください。
講演を聞くだけでも、かなり面白いはずです。

------------------------------------------------------------------

『LIVING&DESIGN』
  特別講演会および出展募集説明会のご案内


すまいのリノベーションをコンセプトに今年9月に開催する
国際見本市『LIVING&DESIGN』では、
4月2日(金)に、福岡と広島において講演会と出展募集説
明会を以下のとおり開催いたします。

喜多俊之氏によるご講演会と、
見本市の魅力や開催趣旨についてご説明いたします。
東京、大阪での説明会にご参加いただけなかった方々は
ぜひご参加ください。

◆福岡会場
  会  場:ホテルクリオコート博多 4F バロックC
       福岡市博多区博多駅中央街5-3 TEL:092-472-1111
  http://www.cliocourt.co.jp/
  日  時:平成22年4月2日(金)
       午前10時30分〜午前12時00分

◆広島会場
  会  場:ホテルグランヴィア広島 3F 安芸 宮島
       広島市南区松原町1-5 TEL:082-262-1111
 http://www.hgh.co.jp/index.html
  日  時:平成22年4月2日(金)
       午後3時30分〜午後5時00分

■次 第
 第1部 特別講演会
       講 師:喜多俊之氏(プロダクトデザイナー)
       テーマ:「デザインで住まいが変わる」

 第2部 出展募集説明会


●参加ご希望の方は、下記、事務局にお問い合わせください。
   
====================================
お問合わせ
 LIVING & DESIGN 事務局
 社団法人 大阪国際見本市委員会
 〒559-0034大阪市住之江区南港北1-5-102
 TEL:06-6612-1732 FAX:06-6612-8585
====================================

------------------------------------------------------------------
Dsc05173

まだ、決定ではないのですが。
9月は、東京方面の展示会に2週連続で
dollの出展を考えていて。
(審査に通ればの話です。)
LIVING & DESIGN 展を加えると、
展示会だらけになりそうな勢いです。

まぁ、ひきこもって、考え込んでいるよりはいいでしょう。
いろんな刺激に触れてみます。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
本日、追い込み。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

17日は、リッツ・カールトンへも。

最近、まったく、
アートな仕事をご報告しておりませんでしたが。

水面下では、いくつか動いております。

ひとつは、こちら。
3月17日(水)2:00p.m.より
リッツ・カールトン大阪で開催される
「インテリア・ジョイント・フェスティバル」に、
アート作品を中心に出展してまいります。

第1部のフォーラ厶の講師には、
プロダクトデザイナーの喜多俊之さんをむかえて、
台頭するアジアのインテリア産業、ミラノからの新しい風、
等、世界のインテリア業界のいまをレクチャーいただけるそうです。

第2部のビジネスタイムには、
うちを含めて22社の出展企業のテーブルが並びます。

今回から、新たなパートナーとして、
フレーム制作を主に行っているギャラリーゴローの方々と
タッグを組むこととなりました。

まずは、新チームによる初戦。
いずれ花咲くことを夢見て、
認知力を高めることに集中してまいりましょうか。

(リーフレット配るだけですが…。)

Dsc03893


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
3体は完成か。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

金曜ぐらい神戸へ。

ここのところ、
限られたところしか、
回れていませんでしたが。

来週は、ちょっと神戸まで足を伸ばせそうです。

いくつか気になる展覧会もあるので、
ぐるっと回ってくる予定です。

逆に、大阪が回れるかどうか。
ビミョーな1週間です。

Dsc03872

去年は、こんなところまで自転車で行ったりしていました。

(よー、動いてたわぁ。)

まぁ、今年も、車での移動は、過去最長を記録する予定です。
すでに、東京、仙台。
4月は、東京、福岡、熊本、鳥取の予定です。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
助っ人さん。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

古き良き手書きのアニメ。

この数日、ある仕事の準備のために、
古いアニメ作品をDVDで見ておりまして。

ふたりして、幼き頃の体験談を交えながら、
懐かしく見入っております。

DVDだけに、本編だけでなく、特典映像なるものもあり、
それも、制作秘話が必ず収録されているわけであります。
まぁ、ふたりとも、そちらの方が興味がありまして。
じっくり見ていると、
なんと、手が込んでいたことか。

この辺が、手塚作品やジブリ作品の原点であることは
間違いないでしょう。

Dsc06128

お仕事絡みのため、
具体的に言えないのがもどかしくもありますが。
お仕事が決れば、堂々と、
いつかまた、取り上げたいと思っております。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
6体ぐらい。か。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

いきづく空間 - 面と接するとき。

毎年、ギャラリー白にて、
大舩 光洋さん、近松 素子さん、長谷川 睦さんの3人が、
あるテーマを設けて、
グループ展をされているのですが。

Dsc06127

今回も、三者三様の版画世界が、
ところ狭しと、広がっていました。

Dsc06125

特に、大舩さん。

Dsc06124_2

一見、まるでクレヨンか、オイルバーで描かれたような
赤いラインなのですが。
シルクスクリーンで、色を変えたり、版をずらしたりしながら、
制作されたそうです。

いままで、観たことがないスタイルとかすれ具合だったので、
印象に残りました。

Dsc06122

来週いっぱい開催中とのこと。

Dsc06126

もう一回ぐらい、観にまいりましょうか。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
再始動。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

老松町

老松町
行ってきました。ギャラリーをまわる犬、なかなか好評でした。

| | コメント (0)

ギャラリーを回る犬、復活。

明日は、一日、
大阪市内を回ることになりました。

ご案内をいただいている
大阪のギフトショーで気になったブースへうかがった後、
奥さんは、あっちこっち資料探しや展覧会へ行くことになりまして。

僕は、キャラさんを背負い込んで、
簡単な仕事をこなした後、ギャラリー回りへ。

ひさしぶりに、ギャラリーを回る犬、復活です。

Dsc06117_2

だから、というわけでもないのですが。
トリム、していただきました。

今回のリボン、ちょい草間風でしょうか。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
目入れの流儀。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

いまさらながら、アバターへ。

ストーリーは、どうあれ。

見るべきだろうと思いつつ、
まだ見てなかったから。

Dsc06116

それと、
天気が悪い平日なので、
そんなに映画館は混まないだろう。
と、思い立ち。

朝一の上映を見に行くことにしました。

Dsc06115

結果、
ストーリーは、置いといて。

映像は、評判通り凄かったです。
どこが、凄かったかというと、
途中、どちらが現実なのか分からなくなるぐらい。
CGの世界が、リアルでした。

Dsc06113

内容は、みなさん、それほど語るほどでも。
と、思ったので。
昨日のアカデミー賞の結果通りだったようです。

Dsc06112

昔に比べたら、3Dも進化しました。
でも、まだ物足りない人も多いのではないでしょうか。

これから、まだまだ進化していくのでしょうが。
どこまで、着いていけますやら。

Dsc06111_2

ん?
留守番のできないキャラさんは、どうしたか?
って、お聞きですか…。

そんなこと、ここでは、言えません。

その件は、いつか、お会いした時にでも。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
昼から営業中。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

Thank YOU @RTの日

先日の御堂筋同様、
まったく知らなかったのが、こちら。
Thank YOU @RTの日

今年で、10周年を迎えるそうですが。
(知りませんでした。すいません。)

3月9日を美術の記念日として、日本を中心に、
世界各地で同じ日に参加施設がサービスを行うイベント。
ということです。

サイトを覗いてみると、美術館の入場券が割引になったり、
ミュージアムグッズをもらえたり。
事前にチェックしてから、出かけると、
お得なイベントのようです。

明日、回ってみようと思われている方、
ぜひ、サイトへ、どうぞ。

Dsc05922

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
小休止。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

仙台の美味。伊達の牛タン本舗&青葉亭

ようやく、少し落ち着いて。
仙台の美味のことを、振り返ることができます。

僕らが、仙台に着いたのは、夕方のこと。
思ったより、雪も少なく、ほっとしながら、
すぐ宿にチェックイン。

早速、Tさんに連絡を取ると、パートナーさんが経営されている
市内のレストランに、予約を入れていただいているとのこと。

はらぺこの僕らは、キャラさんも連れて、タクシーで向かうことに。

さて、待合せ場所となったのは、
伊達の牛タン本舗」という牛タン専門店の本店。
その2階が、フレンチスタイルのレストランになっておりまして。
壁側に並んだテーブルのどまんなかに案内され、
(こっ、こんな高級そうなところで、キャラさん、いいのかしら。)
と、恐縮しながら。

まずは、シャンパンで乾杯。

車中、「わーい。牛タンの炙り焼きだぁ。」と、思っていたら、

なんと、オードブルからスタート。

Dsc06046

まぁ、ほんとに…。美味しい。

Dsc06043

美味しい…。

Dsc06042

見た目は、コロッケかと、思いきや。
白身魚の身で、ウニを包んでいるそうで。
なんとも、手が込んだ繊細な料理。

Dsc06041

特に、このコンソメ。
僕の数少ないフレンチ体験のなかでの判断なので、
誠に申し訳ないのですが。
見た目より、あっさりしていて、コクがある。
チーズたっぷりなのに、
これだけの後味の良さは、はじめてでした。

Dsc06040

さらに、料理は続き…。

Dsc06039

まだまだ、続き…。

Dsc06038

やっと、牛タン。

Dsc06036

ラストのデザートまで、いままで体験したことのないような
本格フレンチを堪能させていただきました。

(フツーなら、キャラさんを連れてなど、考えられないことです。)

Dsc06109

こちらの料理を担当されたシェフは、澤部善次さんと申しまして。
ジョエル・ロブションや、大阪で有名な故 小川シェフなどと、
同僚としてフランス修業をした方らしく。

Dsc06108

通常は、こちらのお店にいらっしゃるそうですが。
完全予約制の「青葉亭」本店でも、
予約を入れれば、そちらで料理を愉しめるそうです。

Dsc06107_2

う〜ん。これだけ記憶に残るフレンチ体験は、
結婚してから、はじめてです。
いや、人生で、はじめてだったかも知れません。

それぐらい、澤部さんの料理は、すごかったです。

Dsc06105_2

あらためて、貴重な体験をさせていただき、
ほんとうにありがとうございました。
Tさん。

また、いつか、お会いできる日を、楽しみにしています。

(いやいや。
また、ご馳走してね。ということじゃないですからね。
そこんところは、誤解のなきように。)

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
下塗り完了。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

狼と桜、本田かな写真展。

写真を編み続ける本田かなさんが、
神戸のギャラリー PAXREXで、個展を開催されるようです。

Dsc06100

PAXREXでは、販売が中心になると思うのですが。
あのあふれんばかりの作風を、どう収めているのか。
気になるところです。

3月13日(土)から、ひと月以上開催とのこと。
ぜひ、行って観たいと思います。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日も、制作中。→keikodollsブログ


| | コメント (0)

アート・ウインドーって、知ってました?

う〜ん。
いまのいままで、こんなことをやっていたとは、
まったくもって、知りませんでした。

Dsc06084

昨年、暮れ。
御堂筋でイルミネーションをやっていたのですが。
それに合わせて、周辺で、さまざまなアートイベントが
開催されていたようです。
(ほんとに、知りませんでした。お恥ずかしい。)

Dsc06099

そのほとんどが、昨年末までに終了していたのですが。
まだ、続いているのもありました。
それが、こちら。
御堂筋・アート・ウィンドー」というもの。
御堂筋沿いのビルに、大阪府所蔵の美術作品を展示しているそうで。
3月22日まで、自由に観ることができるようです。
(興味の在る方は、上記のリンクをクリックしてみてください。)

僕も、ギャラリー回りの道すがら、寄ってみることにします。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
wedding doll制作開始。→keikodollsブログ

| | コメント (2)

いくつかの気になる展を、少し。

昨日は、打ち合せの合間に、
老松町を中心に回ってきました。

Dsc06080

まず、気になったのは、YODギャラリーで開催中の、
"セルフトート・アート"の作家たち 
-アウトサイダー・アートの核心へ-」。
それぞれに色彩の感覚が素晴らしく、
特に、野中さんの作品は、弱視とは思えないほど
表情豊かな作品でした。
(写真は、塔元シスコさんの大作ですが。)

Dsc06072

そして、こちら。
番画廊で開催中の秦まりの展。
今回は、昨年4月にエジプト旅行中に触発された
イシスの物語をベースに、
新たな創作世界を展開されていました。
かんなり、パワー炸裂。想像以上でした。

Dsc06070

最後は、キリコさんによる「旦那isニート」
恋愛から、結婚、そして離婚に至るまでを写真で追いかけ、
10分のムービーとして見せていただきました。
僕も、ひとつ×を持つ身としては、
ヒジョーに身につまされましたが。
おふたりの未来に明るい陽が差しますことを祈っております。

ではでは、またまた。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
メンズ館の様子を、少し。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

明日も早よから。

Dsc06065

朝から、あっちこっち、行ったのはいいのですが。
なんやかんやと、仕事が重なってしまい、
予定が、すっかり狂ってしまいました。

明日も、早くから、打ち合せに行くことになってしまいまして。

本日のアート情報は、また明日。
帰ってきてから、お届けいたします。

よって、予告していた
仙台の美味シリーズも、
後日、じっくりお伝えいたしますので。

では、支離滅裂ですが。また、明日の夜にでも。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
メンズ館、行きました。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

仙台の美味。其の一

写真を探していたら、
仙台で撮った料理の写真を、
まだご紹介していなかったことに気づきました。

そこで、こちら。

Dsc06019

Tさんに、連れていっていただいた
おそば屋さん「康生庵」さんであります。

僕は、田舎そばをいただいたのですが。
なかなかの力強い食感。
しっかりとしたそばの味でありました。
(この時、車の中で留守番させていたキャラさんが気になり、
写真を撮り忘れました。すいません。)

でも、こちら。

Dsc06017

食後にいただいたデザート、
そばがきのおしるこ。
これは、初めての味。
もっちりとしたそばがきと、
なめらかなこしあんが、
いい具合でありました。

Dsc06015

今度また、仙台へうかがうことがあれば、
ぜひ、もう一度、寄ってみたいと。
思った次第です。

明日は、もう一軒。
時間が作れそうでしたら、ご紹介いたしますので。
(無理そうなら、後日、ゆっくりと。)

Dsc06020

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
伊丹ジュエリーカレッジ。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

さぼりの、つづき。

というわけでもないのですが。
本日から、doll制作再始動のため、
ちょっと、朝からバタバタで、手と頭が放せません。

アート関連は、3日に大阪市内へ行くので、
その時、ぐるっと見てくる予定です。
特に、阪急百貨店メンズ館は、
どうなっているのか。楽しみです。

それでは、本日も、手短で、失礼。

Dsc06049

先週、仙台へ行く途中、
伊豆周辺を通過する時、早めの桜を見たと思ったら、
東北道で残雪を見ました。
日本って、狭そうで広そうです。

それと、昨日の津波、日本海側の一部では大変そうでしたが。
けが人がいなくて、ひと安心です。

チリは、とんでもないことになっていそうですが…。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
本日、出します。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »