« 向き合い続ける、岡部貴子展。 | トップページ | 秦まりの、ふたたび。 »

奇妙な立体、本田征爾展。

最近、ハマっている画廊のひとつに
乙画廊さんがあります。

通常は、際どくマニアックな作家、作品を
扱っておられるのですが。

ときどき、僕好みの展覧会があります。

今回は、こちらの展が、どストライクでありました。

Dsc05928

作家の本田征爾さんは、北海道在住で、
半年間、まぐろ調査船に乗船した後、
透明水彩や水溶性色鉛筆を用いて描いた作品を
発表されたそうです。

しかし、すいません。
僕が、ハマったのは、こちらの立体作品たちです。

Dsc05926

見た目もさることながら、
ひっくり返すと…

Dsc05925

ほらっ。もうひとつの姿が現れる。
おまけに、価格も数千円代と、お求めやすいプライス。

一点、欲しかったのですが。
この後、飲み会があったため、
懐具合を考えて、持ち越すことにしました。

次回、お会いした時には、必ず。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
アクセス数、急上昇。→keikodollsブログ

|

« 向き合い続ける、岡部貴子展。 | トップページ | 秦まりの、ふたたび。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 向き合い続ける、岡部貴子展。 | トップページ | 秦まりの、ふたたび。 »