« No Man’s Land へ、行く。 | トップページ | 向き合い続ける、岡部貴子展。 »

雪に、びびる。

東京からの帰りのことでした。

名古屋を越え、三重に入った頃、
急に視界に白いものが見えてきたかと思ったら、
どんどん、どんどん、降り積もり出しました。

Dsc05906

内心、チェーン買っといて、よかった。
とは、思ったものの。
一体、どのタイミングで装着すべきなのか…。

実は、僕。
正直に言いますと、
まだ、雪道を、チェーンを巻いて走ったことがありません。

関西に住んでいると、
積もったと思っても、次の日には、
溶けていることが多く。
特に、車に関しては、遠出はすれども、
いままで“危うきに近寄らず”の精神で走り続けてきたので、
まったくチェーン装着というものを経験したことが
なかったのであります。

この時も、対向車線では除雪車が走っていました。
いよいよ、その時がきた。
と、降りしきる雪にビビりながら、
ガチガチにハンドルを握り、運転していたのですが…。

ありがたいことに、50〜60kmも走ったところで、
雪も、落ち着きだし、路面もしっかり見えてきて、ひと安心。

しかし、
しかし、であります。
実は、今月20日に、仙台へうかがうことになりました。
あちら方面の雪事情、
まったくのはじめてなので、不安たっぷりです。

もちろん、
この土日で、チェーン装着のシミュレーションは
しておくつもりです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
なぜ、仙台へ行くのか。です。→keikodollsブログ

|

« No Man’s Land へ、行く。 | トップページ | 向き合い続ける、岡部貴子展。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

了解しました。

ぜったい、慌てないようにします。
コメント、プリントアウトして持っていきます。

ありがとうございます。

man.

投稿: man | 2010-02-11 11時32分

追伸

もしワダチにハマったら...
慌てず騒がず、そっと静かに減速して、そのままゆっくり線路を走る電車のように走り続けましょう。
下手に脱出しようとハンドルを切るととんでもない方向にに飛び出したりします。

クドくてすいません。

投稿: 中野 | 2010-02-11 11時17分

うわーつ。うれしい助言。ありがとうございます。
しっかり、天気予報をチェックしておきます。
ワダチ?ですか。
もし遭遇したら、気をつけます。
それでも、はまったりして…。
そうゆう性格なんですよぉ。むかしから。
いやだなぁ、そうなったら。

とにかく、気をつけて行ってまいります。

ありがとうございました。

man.

投稿: man | 2010-02-11 09時00分

仙台ですか?

太平洋側の大都市ではよっぽどの豪雪の後でもない限り、ほとんど雪は残ってないと思いますよ。

「名古屋から仙台までカーフェリー」何て言うのもあるんですが、のんびりしすぎですかね。「きそ」なんかおすすめですよ。

太平洋側は比較的雪も少ないし、高速に関して言えば、除雪も素早いです。
ただ、春先は天気も気まぐれで、「太平洋側のみ大雪」なんて事もあるので、天気予報は要チェックです。

一見、凍っていないようで実はカチカチという「ブラックアイスバーン」も怖いですが、もっと怖いのはワダチ。一度ハマると抜け出せず、抜けようともがくと、ハンドルが取られる。何度もひやりとさせられました。

どちらにしても路面温度がマイナスになったら充分気をつけて下さい。

道中、事故のない事をお祈りしております。

投稿: 中野 | 2010-02-11 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« No Man’s Land へ、行く。 | トップページ | 向き合い続ける、岡部貴子展。 »