« 知覚の扉を、開きたし。 | トップページ | 明日は、少し回れそうです。 »

自然との対話、とは。

作家の山本修司さんから、
愛媛県美術館で開催される
「ミルコトカラハジマル-自然との対話-」展(1/22〜2/28)
という展覧会のご案内をいただきました。

Photo_2

愛媛と関わりの深い作家8名による出品らしく、
絵画、版画、ドローイング、立体、写真など、
さまざまな表現手段を用いる作家の作品を通して、
それぞれの角度から自然への思いが語られるようです。

どうやら山本さんは、同時期に、
愛媛県の里山房という山の中のギャラリーでも
展覧会をされるようです。
ネットで検索しましたが、よく分からなかったので
とりあえず、住所等は、書いておきますので。
愛媛県伊予郡砥部町宮内980
TEL&FAX089-962-3208
バスは伊予鉄砥部行き供養堂下車
(100m直進、山側へ左折徒歩1分)

なかなか、よさげな環境の中にありそうです。

Sato

展覧会も気になるのですが、
それよりなにより気になったのが。
山本さん、愛媛出身だったんですね。
まったく、知りませんでした。

てっきり、大阪出身だと…。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日も、premium。→keikodollsブログ

|

« 知覚の扉を、開きたし。 | トップページ | 明日は、少し回れそうです。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 知覚の扉を、開きたし。 | トップページ | 明日は、少し回れそうです。 »