« 巣ごもり、と言えば。 | トップページ | 知覚の扉を、開きたし。 »

田中恒子さんから、図録をいただく。

去年、たまたま御殿山のワークショップで出会い。
それから、奥さんの大阪展にもお越しいただいたり、
和歌山の美術館へ行かせていただいたり。
まだ、それほど深いお付き合いではないのですが。
そうですね。
顔見知りというぐらいでしょうか。

そんな僕らにでも、田中恒子さんから、
和歌山県立近代美術館で開催された
「自宅から美術館へ 田中恒子コレクション展」の
貴重な図録を送っていただきました。
ありがたいことです。

Dsc05834

5年ほど前までは、
まったく知らなかった現代アートの世界も、
この図録を見ていると、
見たことのある作家さんたちが
けっこういまして。
たった5年なのですが、
けっこう見てきたような気になってしまいました。

Dsc05835

田中さんの後ろ姿を見ていると、
現代アートファンなら、
やはり、作品を買わなければ、
作家を本当に応援していることにはならない。
と、思ってしまうのであります。
(いろんな応援のしかたがあるのですが、
最終的には、そこにいきついてしまうんですよ。)

わが家は、いまはまだ、奥さんのdollに投資するだけで
いっぱいいっぱいですが。
いつか、その投資が返ってきたら、
今度は、現代アートのコレクターになろうと。
僕は、去年、ひとつ先の目標を掲げることにしました。
それは、田中さんという人を知ってしまったからかもしれません。

さぁ、がんばって、奥さんのdollを売らないと…。

(えらいこと言うてしもたやろかぁ。まぁ、ええけど。)

Dsc05842

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
Premium Birthday→keikodollsブログ

|

« 巣ごもり、と言えば。 | トップページ | 知覚の扉を、開きたし。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 巣ごもり、と言えば。 | トップページ | 知覚の扉を、開きたし。 »