« 田中恒子さんから、図録をいただく。 | トップページ | 自然との対話、とは。 »

知覚の扉を、開きたし。

先日、ギャラリーまわりの時にいただいてきた
リーフレットが、こちら。
豊田市美術館で3月28日(日)まで開催中の
「知覚の扉」展です。

1

“身体感覚を揺さぶり、目覚めさせる作品を紹介”
と、書かれていますが。
現在、注目を集める
オラファー・エリアソンやエルネスト・ネト、
カーステン・へラーといった海外勢をはじめ、
杉本博司、小谷元彦、中原浩大などなど。
光やカタチ、空間や時間を作品世界に取り込むことに長けた
旬の現代アート作家たちの名が連ねられております。

2

大好きな中西信洋さんの名前もありますのでね。
俄然、行きたくなってきております。

チャンスは、月末の東京出張の往路か。
まだ、奥さんに言っていないので、
怒られたら、ボツですが。

でも、行って、見たし。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日は、premium diamond2.→keikodollsブログ

|

« 田中恒子さんから、図録をいただく。 | トップページ | 自然との対話、とは。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 田中恒子さんから、図録をいただく。 | トップページ | 自然との対話、とは。 »