« 漫画を超えた、井上雄彦 最後のマンガ展。 | トップページ | 巣ごもり、と言えば。 »

雨のCASOにて。

先日、ギャラリーを回った時に、
CASOにも、顔を出してみました。

Dsc05820

クリンもだんの子たち、壁いっぱいに
元気いっぱいでありました。
すずかけ絵画クラブの子たちの作品は、
はじめて見ましたが、おとな顔負けです。
特に、新聞をモチーフにした
平岡伸太さんの作品は、読んでみると
言葉が飛び石のようにつながっている文章で、
辛辣な新聞記者もびっくりの論調が
垣間見えてきました。

Dsc05819

奥の部屋へ入ると。
なにやら見覚えのある写真。

Dsc05818

タイ人の作家 ナックスさんの作品でした。
彼とは、作家の岩澤有徑さんを通して、
1度お会いしたことがあるのですが、
いまも京都でがんばっているようです。

プロフィールを読むと、
どうやら鈴鹿芳康さんの作品に出会ってから、
来日を決意したようです。
どうりで、作品にも、その影響が出ています。

期間を見たら、明日17日(日)まででした。
ちょっと、告知が遅れました。ごめんなさい。
詳細は、CASOのホームページで、どうぞ。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
file制作。→keikodollsブログ

|

« 漫画を超えた、井上雄彦 最後のマンガ展。 | トップページ | 巣ごもり、と言えば。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 漫画を超えた、井上雄彦 最後のマンガ展。 | トップページ | 巣ごもり、と言えば。 »