« 今日は、少し開放日。 | トップページ | 来週の、今ごろは。 »

のぞきからくりは、必見です。

ギャラリーに入ると。
なにやら怪しげな光に照らされて、
半円形の舞台が設えてありました。

Dsc05285

そして、懐かしいイメージの絵がずらり。
ふむふむと眺めていると、
のぞきからくりの口上のはじまり、はじまり。

Dsc05289

この日の出し物は、「地獄極楽」。
なんでも、作家の赤嶺圭吾さんが新潟県の巻町歴史資料館にいき、
のぞきからくりを見て、虜になってしまったらしく。
それから、舞台やら装置やらを自ら作り、
もちろん絵を描き、物語も自分流に脚色したりと、
それはそれは手の込んだ、見事な日本エンターティメントに
仕上がっていました。

Dsc05288

子どもの頃、
田舎に帰り、夏祭りに行くと、
必ず、こうした趣向のものがありまして。
怖いもの見たさで、ついつい足を踏み入れてしまった。
という記憶が、頭の片隅に残っていましたが。
こうして、あらためてみると、
なんとも懐かしくも、あたたかい。
そして、ゲーム慣れした、いまの子供たちが見れば、
かなり新鮮で、衝撃的な光景に写るような気がします。
小学校とかを巡回するのも面白いかも知れません。
小屋を建てて、見せても、
充分、お金が取れそうです。
来週も、寄ってみようかなぁ。
ギャラリーwksにて開催中。

Dsc05287

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
あと、2カ月分ですね。→keikodollsブログ

|

« 今日は、少し開放日。 | トップページ | 来週の、今ごろは。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は、少し開放日。 | トップページ | 来週の、今ごろは。 »