« 来週の、今ごろは。 | トップページ | 大詰めを迎えて。 »

今年も始まる、gallerism2009。

今年は、大阪、京都、神戸から、
12画廊が集まっての開催のようであります。

Dsc05296

恒例となった我らがコブキッチのアートナビをはじめ、
今回は、このブログでも、時々ご紹介している
筋金入りの現代美術コレクター 田中恒子さんの
対談が行われるようです。

Dsc05295

田中さんのお話は、過去にも何度かお聞きしたことがあるのですが、
本当の学校の先生だけあって、
僕のようなシロートにも、ヒジョーに分かりやすく
現代美術をもみほぐして、解説してくれます。

Dsc05294

他には、前回の人気投票一位となった
牛島光太郎さんのアンコール展示もありますね。

Dsc05293_2

出品作家のなかでは、やはり彼でしょうか。
小坂学さんの精密な段ボール作品が気になるところです。

Dsc05292_2

おっと、番画廊の高本英里さんや、松谷博子さんも、
名を連ねています。

いよいよ芸術の秋、到来。
といったところでしょうか。

そうそう、会期は11月2日(月)から14日(土)まで。
大阪府立現代美術センターにて
行われます。

それにしても、現美センターは、そろそろお引っ越しだと
お聞きしたのですが。
大阪のアート関係者の方々には申し訳ないのですが、
元来広告屋の僕には、非常に、うなずける話です。
あの一等地で、人を呼び込もうとする力が、
まったく外に見えてこない。
一般市民は、存在すら知らない人が、大多数だと思われます。
一歩離れて見ると、
このシビアな判断が正解だと気づきます。
これから、どうするのか。
変わるための次の一手を、期待しています。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日は、隠し球。→keikodollsブログ

|

« 来週の、今ごろは。 | トップページ | 大詰めを迎えて。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 来週の、今ごろは。 | トップページ | 大詰めを迎えて。 »