« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

hyper tension with uneasiness.

大澤さんたちの展覧会を
ようやくご紹介できます。

Dsc05205

CASOでの展示は、
uneasinessのメンバー芦谷正人、岩澤有徑、大澤辰男の3人に加え、
御大 倉重光則、そして、新しく中川久、内山聡、勝又豊子、佐藤ジンといった
面々が3室に別れて作品を連ねてくれていました。

Dsc05204

いつも見慣れていたはずの
芦谷、岩澤、大澤の3氏の作品も、
それぞれに変化してきています。

Dsc05203

岩澤さんは、いままでのフィルムを離れて、
カンバスに向かいだしたし、

Dsc05202

大澤さんは、大澤さんで、
新婚の影響か、色味が明るくなったし、

Dsc05201

エッジの効いた作品が多かった芦谷さんは、
どこか、フェミニンなイメージなってきました。
みなさんの今後の活動が、楽しみです。

Dsc05200_2

今回は、信濃橋画廊、CASOと連続展だったのですが、
僕は、どちらもオープニングに行けず、残念な思いでいっぱいです。
次回は、なんとか調整してまいりますので。ね。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
バースデー・ドール、誕生。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

今日も、大阪、ぐるぐる。

少し前に、このタイトルで書いたような気もしますが。
今日も、早朝から、
フィギュアシリーズの発売に向けて、
パッケージ制作のために紙器屋さんに行ったり、
一言では言えないようなところへ行ったり、
大阪をぐるぐる回ってこなければいけません。
帰ってから、ゆっくりと、
書けそうでしたら、その時に。
無理そうでしたら、明日にでも。

Dsc05200

大澤さんたちの作品も、しっかり見てきました。
早くご紹介しないと、終わってしまいそうです。
もう終わってたら、どうしよう。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
帰ったら、更新、予定。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

脳髄が、揺さぶられる。

撮影の後、少しだけギャラリーを回ってきたのですが。
なんといっても、名和晃平さんのTranscodeは、
とんでもない飛び道具で、頭を直撃されたような衝撃でした。
最初に目に飛び込んできたモニター作品は、
小さいのですが、とてつもないスケールを秘めています。
さらに、奥の部屋へ進み入ると、目がクラクラ。
感覚を一瞬に狂わされてしまいました。
これ以上は、書きませんが、
いやはや、この方の作品には、驚かされっぱなしです。
聞けば、まだ34歳とのこと。
これから、まだまだ凄いことをやらかしそうです。

Dsc05199

関西の現代アートファン並びに関係者のみなさんは、
ぜひ、見ておくべきでしょう。
それは、断言できます。


詳しくは、
小吹さんのこぶ〆24日の記事
おかけんたさんの26日の記事をご参照ください。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日から、告知。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

営業部長、健在なり。

おはようございます。
あっという間に時間が過ぎてゆく
日曜限定!チョロキャラのお時間であります。
お伝えしたいアート情報をほったらかしていたら、
日曜になってしまいました。
といっても、別段、
これといったキャラさん情報はないのですが。

Dsc05210

それでも、撮影の合間に、
写真だけは押さえてみました。
最近、家にひたすらこもって連れ出せなかったのですが。
カメラマンの奥脇さんの奥さんには、すっかりなついてしまい。
撮影の間は、ほぼ抱っこちゃん状態で、
夢見心地の時間を過していたようです。
この日は、午前中にて撮影は終了。

Dsc05209

昼食をいただき出した頃に、奥脇さんのお嬢さんも来られ、
キャラさんを見つけるなり、
すぐに手招きして、遊んでいただけました。
まぁ、なんというか、人見知りしない犬は、トクですね。
会うなり、吠えられたりすると、引きますからね。
そうゆう訳で、わが社の営業部長は、今日も健在でありました。

Dsc05208

明日は、やっと、アート情報です。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
東京展用撮影、無事、完了。→keikodollsブログ


| | コメント (0)

昨日は、1回パス。

昨日は、午前中に撮影を終えたものの。
午後から、大急ぎで、展覧会巡りをやっておりまして。
帰ってきたら、仕事のメールの嵐。
その対応に追われていたら、
1日が、あっという間に過ぎ去ってしまいました。

Dsc05215

いい展覧会も観れたので、
本日は、昨日の分も、記事を書こうと張りきっておりましたが、
雑用に追われてしまいました。

明日から、昨日の報告も含めて、しっかり更新いたしますので。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
明日には、更新します。すいません。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

登録有形文化財 新井邸とは。

半年ほど前に、
陶芸家の原田千恵子さんが個展をされている時に
ご紹介いただいた漆芸家 田村一博さんから、
達筆なお手紙とご案内をいただきました。

Dsc05198

作品も、おそらくすごいとは思うのですが、
会場が面白そうであります。
場所は、泉佐野市にある新井邸というところ。
1932年に迎賓館をかねて建てられた建築物で
有形文化財にも登録されているようです。

Dsc05197

時間が合えば、和歌山で田中恒子さんの
コレクション展を見た後、
ふらりと寄ってみるのもいいかも知れません。
えい、やっ、で、行ってみましょうか。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
明日は、2回目の撮影。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

ある風景の中に。

この2週間ほど、
いつも回っている大阪のギャラリーへ行けず、
なおさら、京都へも行けず、
もんもんと仕事に、家事に精を出しております。
あさってには、奥さんのdoll作品の2回目の撮影があり、
これさえ乗り切れば、少しは気持ちに余裕が生まれるのでは
ないかと思っているのであります。

さて、そんな中、
以前、京都を回った折に集めてきたチラシを見ていると。
これは、なかなか面白そうな展覧会だと思い、
ご紹介させていただくことにしました。
タイトルは、
「ある風景の中に In a Landscape」
Photo

最近、京都芸術センターでは、
「音」を主役にした展覧会が続いているのですが、
今回も、日常の中に溶け込んでいる音を抽出したり、
オリジナルの楽器を使ったパフォーマンスを行ったり、
風景と音の関係に迫った展示になっているようです。
来週ぐらいなら、
なんとか、行けそうでしょうか。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
金、銀、パール。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

浅田家流!記念写真を撮ってみよう

「浅田家」を発端にいろんな活動に
手を染めつつある浅田政志さんが、
京都精華大学でトーク+ワークショップを
行うようであります。

Photo

秋の京都を舞台に浅田家流の記念写真を
自分たちで撮る。というものらしく、
ということは、コスプレするのか?
でありますね。
家族だけに限らず、友人、カップル、
職場の仲間、ご近所さんなど、
オリジナルの記念写真を自ら撮る。
ということらしいです。
ご興味を持たれた方々は、ぜひ、どうぞ。
それにしても、
プロフィールを見ると、この数年で、
目まぐるしく活動の幅が広がっているようです。
浅田家を世に送りだした
ギルドギャラリーが閉まってしまったので、
なかなか気軽に見る機会がなくなってしまいましたが。
いつかまた、お目にかかれれば、うれしい限りです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
3色団子→keikodollsブログ

| | コメント (0)

Transcode、名和晃平展。

つい先月、銀座のメゾン・エルメスで、
作品を見させていただいてから、
まだ間もないというのに、
今回は、映像作品にも手を染めているとのこと。


1
名和さんの作品は、
大作を見れば見るほど、吸い寄せられます。
これは、是が非でもうかがおうと思っていたので、
19日のオープニングに駆けつけたかったのですが。
用事が立て込んでおりました。

それでも、25日あたりなら、
撮影が終わり次第、帰りに寄ってみようと思っています。

ギャラリーノマルにて、
10月17日(土)まで開催中です。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ガラスの台座。→keikodollsブログ

| | コメント (1)

水炊きを、試みる。

おはようございます。
用事を済ませていたら、すっかり昼過ぎになっていた
日曜限定!チョロキャラのお時間であります。
20日、といえば、
NPO ARTPOTが、子どもフォーラムを開催しているはずです。
僕も、行ってお手伝いをしたかったのですが。
いかんせん。
奥さんがらみで、いろんなことを仕掛けてしまった張本人。
本日も、プレスリリースづくりなど、
雑多な作業に追われていて、うかがうことができませんでした。
上手くことが運んでいることを、祈るばかりであります。

Dsc05058

さて、そんな気ぜわしい毎日のなか、
こんなのどかな話題でいいのだろうかと、
思いながらも、ほかに見当たらなかったので、
ご紹介してまいりましょう。
8月下旬、京都の鳥初で食した水炊きが忘れられず、
奥さんたちにも、食べさせてあげようと思いつき、
先日、チャレンジしてみました。

Dsc05057

まず、買ってきた骨付きの鶏肉を
1時間ほど、アクを取りながら、じっくり煮込み。
その後、しばらく、冷ましてから、
水炊き用のスープに入れて、キャベツ、人参、春菊などを
入れれば完成です。
鶏肉の仕込み以外は、いたって簡単。

Dsc05056

どれどれと、食べてみましたが、
しっかり煮込んだおかげで、
身が骨から、ほろりと離れて、しかも柔らかい。
臭みもなく、スープもうまい。
鳥初とまでは、いかないまでも、
見事、奥さんの口にも合ったようで、
ウチの定番メニューに加えることになりました。
(雑炊も、いい感じでした。)

Dsc05060

こちらは、キャラさん用に作った
わんこ用水炊きであります。
人間用と違うところは、かぼちゃやさつまいも、
ごはんを混ぜ込んでいる。というところ。

Dsc05059

今回は、豚足の骨も入れて煮込んだので、
人間用より、出汁が出ているかも知れません。
ラストは、豚足の骨まで食べて完食。

キャラさんも、大満足だったようであります。

Dsc05053

ちなみに、犬を飼っている方は、
知っていると思うのですが。
わんこに鳥の骨は禁物なので、ご注意ください。
骨が鋭角に割れるので、ノドや胃壁に刺さるのであります。
写真が誤解を招くといけないので、一言、書かせていただきました。
では、また。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

リビング&デザイン展を終えて。

昨日、大阪市内で用事を済ませた後、
インテックス大阪で開催していた
リビング&デザイン展に出品していた作品の搬出に、
アートワークスサラの安田さんと行ってきました。

Dsc05172

住宅関連のプロを中心に集まっているからか。
やはり、快適住宅フェアとは、
まったく異なる人々が訪れておりました。

Dsc05184

産業協会のみなさんも、
いい手応えを感じていたようです。
この様子では、
来年からは、こっちだけになるかも知れません。

Dsc05183

となると、アートの面白さを伝えるために、
どんな作品を出展するべきなのか。
少し検討する必要がありそうです。
まぁ、しかし。
なにわともあれ、無事終了。
サラの平木さん、安田さん、
出品していただいた作家のみなさま、
そして産業協会のみなさま、
本当にありがとうございました。

Dsc05177_2

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (5)

連休は、少し回りたし。

いろんなことに追われ続けていますが。
連休、それも一日ぐらいは、
アート三昧の日を設けようと、
いまから思案中であります。
今日明日で、自分の仕事、
東京展のツールコピー、プレスリリースなどを
仕上げてしまおうと思っています。
(他にも、やらなければいけない仕事もあるのですが、
今月中に仕上げることにします。)
悔しいけれど、
年々、処理速度が遅くなっていますねぇ。
昔なら、一日で、パパッと出来ていたことが、
何日かかっても、仕上がりが見えてこなかったり。
あせっても仕方がないので、
年相応の動かし方を、身につけるべきなのでしょう。

Dsc05054

さぁ、本日も、いくつかの案件をこなしに、
出かけてまいります。
そう、昨日、NHKのニュース取り上げられていた
リビング&デザイン展の搬出にも行きますよ。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
5日は、町田へ。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

151PEOPLE+1GALLERY

gallery SORAさんで、151名によるサムホールサイズの作品展が
開催されているようです。

Dsc05167

若い作家さんが多いようですが。
chiroさんなど、知っている名前もちらりほらり。
のんびりと、見に行きたい気分にさせてくれるような
展覧会であります。

Dsc05166

でも、今週は、無理そうです。
いつも回っている画廊さえ、まだ行けていません。
大澤さんたちがやっている信濃橋画廊だけは、
なんとか行かなければ…。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ


| | コメント (0)

突然ですが。リビング&デザイン展。

住まいに関わる、家具や照明、
住設備など、さまざまなコンテンツが集う
国際見本市、リビング&デザイン展が、
本日から、インテックス大阪にて開催されます。

Dsc05162

現代アートを広めたいと思うなら、
本来は、ブースで出展するべきなのですが。
いかんせん、個人商店。
さらには、あっちこっちにクビをつっこんでいるため、
他の案件で手いっぱいでありまして。
今回は、いつもお助けいただいている
アートワークスサラさんの全面的なバックアップをいただき、
インテリア産業協会のブースにアート作品を展示させていただきました。

Dsc05160

プロダクトデザイナーの喜多俊之氏、
言わずと知れた安藤忠雄氏、間宮吉彦氏などなど。
これだけの面々がそろったイベントは、
大阪では唯一だとも思われます。
インテリアに興味をお持ちの方、18日までです。
ぜひ、いかがでありましょうか。
僕も、最終日のお昼過ぎぐらいには
うかがおうかと思っています。

Dsc05159

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
昨日の報告→keikodollsブログ


| | コメント (0)

無事、本日、終了。

昨日の夜から、
本日夕方の撮影終了まで、
あわただしい時間が過ぎていきました。
今晩は、ゆっくり眠れそうです。

Dsc05062

ちょっと休んで、またがんばります。
では、ちょっくら、寝床へと。

copy by man.

| | コメント (0)

赤い赤い赤い、ドミニク・ルトランジェ展。

こちらは、
ギャルリ・プチボワで開催中の
ドミニク・ルトランジェ展であります。

Dsc05117

イタリアン・レストランに合いそうな
洒落た作品たちでありました。
特に、赤味の効かせ方が、この方、特有。
いい味を出されていると思いました。

Dsc05116

今回、遠巻きの写真ばかりでありますが、
もっと、間近で見たい方、
ぜひ、足を運ばれてはいかがでありましょうか。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
えい、やっ、で、更新→keikodollsブログ

| | コメント (0)

今日も、くっつきキャラさん。

おはようございます。
と言いながら、午後2時になっている
日曜限定!チョロキャラのお時間であります。
ここ数日、撮影のためのdoll制作作業が続いているため、
ほとんど、キャラさんの相手をしてあげられないのですが。

Dsc05148

ご本人、くっついていさえすれば、
文句ひとついいませんのでね。
まぁ、これでいいかと思ったりしています。
こちらも、楽なのは、楽なので。
さて、そんななか、
夕食も作るのが面倒くさくなったので、
焼肉屋の大将のところへ家族で行ってみました。

Dsc05146

びっくりするかも知れませんが、
これで一人前です。
それも、焼肉定食なので、
ライス、1品、みそ汁がついて800円です。
と言っても、これは、
チラシやメニューを作っている僕ら向けなので、
通常は、これの半分ぐらいだと思ってくださいね。
(それでも、多いのですが。)

Dsc05145

キャラさんには、豚足と、生レバーを焼いたもの。
ピーマン、キャベツなどを焼いてトッピングしてあげています。
いつもはおとなしいキャラさんも、
この焼肉屋へ来るときだけは、一目散。
リードを放すと、飼い主を放ったらかして、
走っていってしまいそうな勢いです。
食べ物には、勝てませんね。犬は。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
更新しとこっと→keikodollsブログ

| | コメント (0)

親子で参加したい。子どもフォーラム。

僕が名ばかりの参加をしている
NPO[ART POT]が主催する子どもフォーラムが、
9月20日(日)昼12:30〜中之島の中央公会堂で開催されるそうです。
橋爪紳也さんの公演では、映像を見ながら、水都のいま・むかしを
語り合ったり、水都の未来について絵にしたり。
親子で参加すると、非常に愉しそうな内容のようです。
ご興味のある方々、当日参加、大歓迎だと思われますので、
水都大阪の見物ついでに、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

Dsc05137

さて、話は変わりますが、
ここのところ、
奥さん絡みの仕事の手配や、個展準備、
さらには、家事、そして、自分の仕事が重なり、
心の余裕が、まったくなくなってきております。
先日も、仕事のついでに久しぶりにギャラリーを回れると思い、
まずは、アートコートギャラリーまで行くと、

Dsc05136

搬入日で、中へ入れませんでした。
うっかり、チェックするのを忘れていたのでありますね。
奥さんの個展が終われば、なんとか、持ち直せるかな。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日も、更新だけは…→keikodollsブログ

| | コメント (0)

女3人寄れば、クロフネワールド。

ほぼ、半年ぶりに、
アメリカ村にあるパライソへ行くと、
そこは、なにやら愉しげなクロフネワールドが
所狭しと、広がっていました。

Dsc05124

一見、インスタレーション?
それとも、いま流行りのエコグッズ?

Dsc05125

いろんなことを思いながら、
1点1点に見入ってみるのと。

Dsc05120

そこ、ここに、彼女たちの
人を楽しませようとする仕掛けが見えてきて、
ついつい、触りながら、愉しみながら、
引き込まれていってしまいました。

Dsc05119

女性3人グループによる
一言で言えば、手作り雑貨展なのですが。
お茶菓子にまで、

Dsc05126

彼女たちのセンスが行き届いていて、
なんだか、ほほ笑ましく思えてきました。

Dsc05122

珍しい雑貨好きの方々、ぜひ、どうぞ。
19日まで、やっているそうです。

Dsc05118_2

あっ。僕は、東ティモールの国旗をモチーフにした
ティッシュケースを買わせていただきました。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
できれば、この後、更新→keikodollsブログ

| | コメント (0)

どこか明るくなった、福村真美展。

滋賀で出会ったときよりも、
ずいぶん、明るい印象になったなぁ。

Dsc05135

と、思ったら、
先日、ご結婚されたそうで、
それが原因か、どうかまでは分かりませんが。
少し雰囲気が変わってきたように思われます。

Dsc05131

画廊のオーナーさんとも、
ひさしぶりにお茶を飲みながら
ゆっくりお話しできたのですが、
じっくりと見る風景は、格別でした。

Dsc05132

アートフェア的な流通開拓は、絶対に必要なのですが。
画廊で、しばしまどろむ、こうした時間も絶対に必要だと、
実感させていただいたひとときでした。

Dsc05133

福村さん、またいつか、お会いいたしましょう。
ギャラリー編にて、12日まで開催中です。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ひさしぶりに、更新!→keikodollsブログ


| | コメント (0)

フライヤーの山。

ギャラリーを回り始めて、けっこう月日が経ち、
いつの間にやら、皆さんからフライヤーやDMを
いただくようになりました。

Dsc05111

中には、大量に送られてくるときがありまして。
そんな時は、ギャラリー回りのついでに、
置いて回るというしくみであります。
こちらは、兵庫県立美術館で恒例となった百花繚乱展。
関西を代表する現代美術家たちが、力を集結させています。
日付を見ると、すでにはじまっていました。
すいません。
本日、配ってまいりますので。

Dsc05110

こちらは、先日もお伝えした田中恒子コレクション展。
想像以上に紙厚の立派なフライヤーが完成していました。
こちらも、複数部、入っておりました。

Dsc05109

はい。分かりました。先生。
本日、配ってまいりますので。

(和歌山、いつ行けるかなぁ。)

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

岩澤さんたち、がんばっています。

またぞろ、
気持ちに余裕がなくなってまいりました。
そんな中、岩澤さんから、
展覧会のご案内をいただきました。
まずは、来週、恒例となった
uneasinenssが信濃橋画廊で開催されます。

1

岩澤有徑さん、大澤辰男さん、芦谷正人さんに、
今年は、西村郁子さんを加えての展覧会のようです。
初日に行けそうなら、行きたいところでありますね。
でも、この調子だと、どうなるか…。

2

さて、その翌週には、CASOにて、
倉重光則さんを招いて、面白い試みをされるようです。
こちらも、走っていって、タッチして帰る。
そんな勢いでありますが、
ぜひ、うかがってみたい展覧会であります。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

クリスマスに追われて。

本日、奥さんのクリスマスマネキン企画書制作のお手伝いや、
スケジュール調整などで、終日、追われそうでして。
いろいろアート情報も、いただいているのですが。
明日以降に、ゆっくりと。
お届けしたいと思っております。

Dsc05063

これは、海老名SAのキハチアイスです。
高速のSAには、いろんな新名物が出来てきました。
僕も先日はじめて知ったのですが、
新名神のハイウェイオアシスに出来た
デラックストイレって、知ってます?
夜10時で閉まってしまうトイレだったので、
中までは見れなかったのですが、
想像が膨らんでしまいました。
次回、入ってみたいもんです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

新宿は、わんこ天国。

おはようございます。
今回は、新宿に宿を取ってみた
日曜限定!チョロキャラのお時間であります。

Dsc05090

新宿、というと、
ちょっと危ないイメージが幼き頃からあったのですが。
今回の出張は、撮影スタジオからも、
地下鉄で数駅という新宿御苑前駅からもほど近い、
ホテルに泊まってみることにしました。

Dsc05089

でも、本日は、宿よりも、周辺環境であります。
インターネットで調べてみると、わんこokのお店の多いこと。
これは、行ってみなければと、何軒かはしごしてみることに。
まずは、アームウッドコテージというお店。
こちら、手作り感漂う名前の通りウッディな造りの店内。
上手い具合にペットokの席が空いていたので、
ビールとピザを頼むことにしました。
おいしい。のは、おいしかったのですが。
お店がむき出しの鉄骨の柱の上に立っているためか、
ビミョーに揺れるのであります。
はじめは、車酔いかなぁ。とも思ったのですが、
2人とも、ふらふらするので、建物のせいだろうと判断。
もう少し長居をしたかったのですが、
気分が悪くなり、外へ出ることにしました。

Dsc05087

さて、その次に向かったのが、
ラバーズロックカフェという繁華街のど真ん中にあるお店。
ところが、ない。というか、
看板はあれども、その場所に、ない。
要するに、閉店してしまったようでした。

Dsc05086

まぁ、仕方がない。と、
他の店を目指そうとしていると、
呼び込みのお姉さんに声をかけられまして。
「犬がいるから。無理でしょ」的な話をすると、
なんと、
わんこokの居酒屋があるとのこと。
親切にも、そのお店まで案内してくれたのでありました。

Dsc05084

名前は、確か「tamariba」だったような気がします。
内装は、若者向けにギンギンに派手だったのですが、
メニューは、冷ややっこや枝豆、串焼きなど、
典型的な居酒屋メニュー。
早速、焼酎と梅酒、つぶ貝の串焼きなどを頼んでみました。
わんこokの店は、やたらとイタリアンが多く、
食傷気味だったおっちゃんたちには、ありがたいお店であります。
次回、新宿に寄ることがあれば、
ぜひ、またうかがってみたいと思います。

ちなみに、いつも参考にさせていただいたいるのは、
こちらの「@ドッグカフェ」
東京へ犬連れで行かれる方、必見です。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

やはり、人物が上手い。池田孝友さん。

ニュートロン東京の3階へ上ると、一転。
池田孝友さんの線描によるパラレルワールドが、
広がっていました。

Dsc05077

もう少しアップの写真を撮るべきでした。
細かい描写がお伝えできていないのが残念。

Dsc05075

しかし、僕がお勧めしたいのは、
彼の人物画であります。

Dsc05071

イラストとして、人物の表情を、上手く捉えています。
センスの良さが、すみずみからうかがえます。

Dsc05074

失礼な話ですが、イラストレーター系のHBギャラリーあたりで、
個展ができれば、出版関係から仕事が発生すると思われます。
僕も現役バリバリの頃なら、クライアントにプッシュしたはずです。

Dsc05073

関東方面の広告、出版関係の方々、
ぜひ、観てあげてください。
プロデュース次第で、必ず出てくる作家だと思います。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

爽やかな空気だった。伊吹拓さん。

国立新美術館以上に楽しみにしていたのが、こちら。
伊吹拓さんと、池田孝友さんの展覧会が行われている
ニュートロン東京であります。

Dsc05064

まずは、伊吹さんの作品。
空間のせいなのか。それとも、色味のせいなのか。
いままでよりも、観ていてすがすがしく感じたというか。
爽やかな印象でありました。

Dsc05078

全体に白い画面構成が多く、空間を意識した展示も、
いい感じでした。

Dsc05066

ところどころ、具象のようにも見える作品もあり。
抽象嫌いの奥さんも、伊吹さんの作品は、気に入ったようです。

Dsc05070

毎週、土日は、大阪から東京へ行き、
在廊されているそうです。
ということは、本日は、行っているはず。
関東方面の方々、1度、ご覧いただければと思います。

Dsc05065

(池田孝友さんの分は、この後、すぐ。)

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

ルネ・ラリックは、テレビの方が。

行ってまいりました。
一泊二日の東京出張であります。
仕事の話は、もうひとつのブログでするとして、
こちらは、見てきたアート情報であります。

Dsc05081

まず向かったのは、
ルネ・ラリック展を開催中の国立新美術館
もともと、そんなにジュエリーに興味があったわけではなく、
奥さんの立体作品演出の参考になるかと思い、
行ってみたわけであります。

Dsc05108

館内は、平日でも、多くの人で賑わっておりました。
そして、代表作のケシの花や、鶏頭のコレクションなど、
なるほど、世界の女性を魅了しているのも分かる
繊細にして、発想が大胆な作品たちでありました。
ただし、僕にとっては、作品そのものよりも、
作品を照らす照明、そして台座の方が気になってしまい。
『ライトを四方からつけると、四つの影ができるのか…』とか、
『女神像のライティングは、肉眼で見るより、
テレビ画像のほうが透明感あったなぁ…』とか。
演出方法にばかり、心が向いておりました。

Dsc05080

それにしても、約400点もの宝石やガラス細工を
食い入るように見入る
女性たちの目は、輝いておりました。
唯一無二の煌めきは、永遠でありますね。やはり。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
この後、更新するよ→keikodollsブログ

| | コメント (0)

国立新美術館

国立新美術館
朝からの打ち合わせも、無事に終了。いくつか展覧会回って帰る予定です。

| | コメント (0)

御在所

御在所
おはようございます。キャラさんとの二人旅、始まりました。今のところ、大人しくしています。お腹が空いて催促しだす、夕方までには着けると思うのですが。

| | コメント (0)

気になる展覧会の風景を、いくつか。

先週の土曜日、足早に回った
ギャラリーの写真を、なん展がご紹介します。

Dsc05046

これは、大阪のギャラリー白で開催中の館勝生展で
展示されている、館さんの絶筆となった作品です。
これまで、あまり使われなかった、どす黒い赤が非常に印象的な作品。
写真では、立体感が出ませんでしたが、
間近で見ると、その迫力に圧倒されます。

Dsc05042

2階は、大作。3階は、小さな作品でまとまっていました。

Dsc05030

こちらは、京都のギャラリーマロニエで開催中の
福田十糸子展ー素足音ー。
和紙を素材に、ひとのかたちを張り子で
つくられていました。
どうぞ、と言われて、持たせていただいたのですが、
ひょいと持ち上がり、
その軽さにびっくりいたしました。

Dsc05031

軽いのに、存在感がある。
ただそこに在るだけなのに、不思議な空間になっていました。

Dsc05023

さてさて、
明日あさっては、予定通り東京出張です。
ART man daysでは、
キャラさんとの2人旅の道中やアート情報を、
もうひとつのブログでは、撮影風景などを、
携帯でブログ配信する予定です。
ではでは、行ってきます。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日も、更新→keikodollsブログ

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »