« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

水都大阪の風景を、少し。

どんよりとした空模様のなか、
土曜日は、京都へ行く前に、
大阪市内のギャラリーを回ってきたのですが。
今日は、水都大阪がらみの展示をご紹介しましょう。

Dsc05048

まずは、市役所に立つ、
ジャイアントトラやん。
ここでは、火を吹けないそうで、
図体はでかいのですが、
ちょっと、おとなしめのトラやんでありました。

Dsc04978

トラやんは、ほかにも、
京阪なにわ橋駅にある
アートエリアB1でも、
所狭しと展示されていて、
こっちの方が、ストーリーを噛みしめながら、
じっくり見ることができるので、
両方を見ることをお勧めします。

Dsc05038

こちらは、新しくなった中之島公園。
淀川テクニックをはじめ、パラモデルなど、
なにわの若手アーティストたちによる作品展示をはじめ、
さまざまなワークショップも開催されています。

Dsc05037

そして、こちら。
わがNPO法人 ART POTの丸木舟ワークショップの
進水式であります。
時間的に、無理かなぁ。と思ったのですが、
ギリギリ間に合いました。

Dsc05036

素晴らしい勇姿でした。
丸太の調達から、削り出しの準備まで、
ほぼ一人で走り回った代表をはじめ、みなさん。
おめでとうございます。
そして、お疲れさまでした。

Dsc05035

僕は、まったく関与できませんでした。
ほんとうに、すいません。しかし、
心から、祝福させていただきます。

Dsc05033

さて、時間も迫ってきたので、
NPOのみなさんにも挨拶なしで中之島を後にしたのですが、
帰り際、中央公会堂を複数の親子で
楽しそうにスケッチしている姿を見ていると、
こんなのもアリかも。と、思ってしまいました。
水都大阪には、いろんな文句をいいたかったのですが、
キリキリせずに、
もう少し、ゆっくり回ってみようかと思ったりしています。
では、またその時に。

(気になったギャラリー情報は、明日にでも。)

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
後で、更新します→keikodollsブログ

| | コメント (0)

鳥初と、伊東深水と。

おはようございます。
一人だけ、いい思いをしてきた
日曜限定!チョロキャラのお時間であります。
昨日は、いつもお世話になっている方々の集まりがあり、
京都の鳥初へと、行ってまいりました。

Dsc05027

ご存知の方も、多いと思いますが、
こちら、老舗の水だき屋さんであります。

Dsc05026

2年前に、このブログでご紹介したときは、
この場に舞妓さんがいたのですが。
今年は、顔見知りだけの
ざっくばらんな雰囲気の中、
和気あいあいと宴は進んでいきました。

Dsc05025

こちらがお勧めの鳥スープ。
何杯でも、おかわりできます。
おかげで、本日、おっさんの肌、つるつるです。

Dsc05024

もちろん、じっくり煮込んだ鳥も、絶品。

Dsc05021

〆は、鳥雑炊で、満腹。
でも、余分な油は、すべて調理中に
取り除いているため、胃がもたれることはありません。

Dsc05020

こうして、おっさんの夜は、
しっとりと更けていったのであります。

Dsc05019

さて、こちらが、問題の伊東深水の掛け軸です。
近づいて見ると、ところどころ、ヒビのようなものが
入っているのが気になりましたが、
女性の表情は生き生きとしていました。

Dsc05018

帰りにいただいたうちわにも、
この掛け軸の絵が使われていたのですが、
よく見ると、鴨川沿いに床を敷き詰めてあります。

Dsc05016

昔は、いまのように高床にせず、そのまま
川べりに床を敷いて、楽しんでいたんですね。

Dsc05015

さて、調子に乗ったみんなは、来年から、
毎年、ここに来ようということになってしまいました。
次回は、ぜひ、奥さんも連れてこなければ、
と、思った次第であります。
その時は、キャラさんは、
誰かに預かってもらうことになるはずです。
まぁ、それぐらいは、許してくださいな。
キャラさんや。


Dsc05009

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ちょっと、更新。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

いよいよ、進水式。ですね。

NPOの代表から、メールが届きました。
ついに、丸木舟の進水式のようです。
ホームページを見ても、立派な丸木舟が、
みんなの力で出来上がっていました。
以下、転載します。
お時間のある方、ぜひ、見てやってください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

取りいそぎのARTPOT通信です。

今日(29日)、丸木舟の進水式です。
これまで広告していたよりも2時間ほど早まり、
11時過ぎぐらいに進水式(水に浮かべる)をやることになりました。
午後1時ぐらいまでしか勇姿を見られないかもしれません。
10時頃から、ローズポートまで運び始めます。
お暇がある人は、運びの手伝い、あるいはうまくこぎ出せれば、
拍手喝采においでください。
丸木舟の仕上がり次第は、ARTPOTのホームページでご覧ください。

NPO法人芸術環境計画(ARTPOT)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ほんとに今回は、なにもお手伝いが出来ませんでした。
すいませんね。みなさん。
でも、ご成功、おめでとうございます。
進水式も無事に行われるよう祈っておりますので。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

これも行かないと。田中恒子コレクション展。

今年のはじめに、
御殿山の美術センターで開かれた
今村源さんのワークショップに夫婦&キャラさんで
参加させていただいたことは、
このブログでも何度もご紹介させていただきました。
その時に、参加されていた田中さんと
たまたまお話しさせていただくことができ、
(ひと月間、毎週、顔を合わせていましたからね。)
それから、お会いするたびにお声かけいただき、
奥さんの大阪展にもお越しいただき、
いろいろ刺激を与えていただくようになりました。

Photo

関西では、田中恒子さんといえば、
筋金入りのコレクターとして超有名な方なのですが、
気に入った作家には、身銭を払ってでも応援したり。
どんな山奥、僻地でも、面白いと思った展覧会や
ワークショップにはせ参じたり。
時には、ギャラリストや美術関係者に苦言を呈したり。
そして、アートにすべてを注ぎ込むその姿は、
腹の据わった肝っ玉母さん、いやいや
聖なる母にも、思えたりするのであります。
そんな田中さんが、数百点もの作品コレクションを
和歌山近代美術館に寄贈され、
そのコレクション展が、9月8日から始まります。
「毎週、土日祝日はいるから、来てね」と、
軽くおっしゃっておられました。
展覧会準備が、一段落したら、
夫婦&キャラさんで、はせ参じるつもりであります。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日も、夜に更新しよう→keikodollsブログ

| | コメント (0)

グチック、東京に出没。

今日は、ゆっくりパソコンに向かって…。
と、思っていたのですが。
誤算もあり、ふたたび京都、大阪を
駆けずり回ることになりました。
帰ってきたら、少しは、時間が作れるか。な。

Dsc04993

こちら、山岡敏明さんが創りだしたグチックの先端です。
どこまで広がっているのか、想像するだけでも面白い。
興味のある方は、gallery OPEN DOORへ、ぜひ。
銀座の交通の便が非常にいいところにありました。
おかげで、夕方の打ち合せにも、
無事、間に合いました。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
夜には、更新予定→keikodollsブログ

| | コメント (0)

今日は、京都へ。

本日は、京都、大阪を駆け巡る予定です。
明日は、ゆっくりできると思うので、
昨日の報告は、その時に。

Dsc04995

展覧会は、隙間をぬうように、
メゾン・エルメスへも行ってきました。
この場所で、こんなに人が入っているのを
始めて見ました。
名和晃平さんの作品も、さすがでしたが、
人を呼び込む吸引力も、さすがです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

すでに横浜

すでに横浜
なかなかハ-ドな一日でした。まだ、最終結論が出ていないことも多々あります。それでも、手応えを感じています。この秋冬、非常に楽しみになってきました。

| | コメント (0)

滋賀あたり

滋賀あたり
おはようございます。ちょっとアクシデントがありましたが、新幹線には、ギリギリ間に合いました。すでに一日分働いたような気分です。着くまで、寝ることにします。では。また帰りにでも。

| | コメント (0)

明日は、銀座へ行けるか。

明日は、東京出張で2社回ることになり、
それぞれにロングランの打ち合せになりそうだったので、
今回ばかりは、アート鑑賞なんぞ、
やってる余裕はなさそうだなぁ。
と、思っていたのでありますが。
ラッキーなことに、1社は午前からお昼にかけて。
もう1社は、夕方にセッティングされまして。
1社目の打ち合せが押さなければ、
どうやら、お昼過ぎに、銀座辺りなら、
少しだけ回れそうな気配です。
ちょっと、楽しみもできました。
山岡さんはもちろん、
名和さんのメゾン・エルメスも、回ってみましょうか。

Dsc04973

中野修一さんのブログを見ていたら、
この季節の雲って、表情豊かなんだなぁ。
と、思ってしまい、
少し上を向いてみることにしました。
けっこう、気持ちのいいもんですね。
中野さん。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (2)

アートフェア、盛り上がっていると。

おはようございます。
開場は、行列から始まった。
日曜限定!チョロキャラのお時間であります。

Dsc04971

行ってまいりました。ART OSAKA。
開場前から、行列が出来ていたので、
これは、大変な一日になりそうだ。
と、思ったら。
けっこう、ゆっくり見れました。
やはり、早めに行って、正解でした。
今日行かれる方は、ぜひ、お早めに、どうぞ。
総体の感想としては、
有名作家というよりも、
見慣れない若手作家を扱うギャラリーが目に付きました。
僕にとっては、ありがたいことです。
ピックアップしたい作家・作品もあったのですが、
今日は、チョロキャラのため、また次回。
機会がありましたら、ご紹介いたしましょう。

Dsc04968

さて、こちら。
惰眠をむさぼる、キャラさんです。
まだ、確定ではないので、詳しくは言えないのですが、
ひょっとすると、
奥さんが造った立体キャラさんをかたどり、
少し大きめの造形物ができるかも知れません。
この件は、もうひとつのブログで、
もう少しお話してみます。

Dsc04967

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
こちらが、もうひとつのブログ→keikodollsブログ

| | コメント (0)

サントリーミュージアム休館、とは。

今日は、違うアートネタをお届けしようと
思っていたら、新聞を見て、びっくり。
サントリーミュージアム天保山が、
2010年12月をもって、休館することが決まったそうです。

Dsc04969

アートを運営するというか、
特に、大阪という地に芸術文化を根付かせることの難しさを
改めて、実感した次第です。
さぁ、今日は、
大盛況のART OSAKAへ行き、
滅入った気分を晴らしてきましょうか。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

GUTIC STUDY16++と、17。

ついこの前、
ギャラリーまわりの途中でばったり出会った
山岡敏明さんから、
展覧会のご案内をいただきました。

Dsc04965

シャイな方なので、
その時は、なんにもおっしゃっていなかったのですが、
東京で個展を開き、大阪で公募展に参加されるようです。
東京展のDMは、女性のボディのようにも見えますね。
どんなグチックワールドなのか、
見たい気持ちが高まってきました。
日付を見ると、なんと、来週。
僕らも、25日に、東京へ仕事の打ち合せに行くのであります。
しかし今回、2社ほど回らなければいけなくなり、
東京展へうかがえるか、どうか、ビミョーな感じです。
一時間ぐらいは、なんとかなるか、な。うーん。

Dsc04964

大阪展は、間違いなく、うかがえそうです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

館勝生さんの画集が、届く。

買おうと思っていた
館勝生さんの画集をギャラリー白さんから
送っていただきました。

Dsc04960

一覧しただけでも、
すごい熱気をおびた作品たちです。
展覧会は、来週、月曜日からですね。
うかがいます。

Dsc04959

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

滋賀の風景が見える、福村真美個展。

もう何年前になるでしょうか。
滋賀のギャラリーを回ったときに出会った
福村真美さんから、
個展のお知らせが届きました。
独特の描写力をお持ちだったのを覚えています。

Photo

それも、今回は、大阪です。
画廊 編さんは、
ちょっとご無沙汰しているので、
ぜひ、うかがいたいと思っています。
それにしても、
滋賀の作家さんは、風景画が多い。
あの大自然の中で育ったからでしょうか。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ


| | コメント (0)

今年も凄そう、ART OSAKA2009。

いよいよ、大阪が誇る真夏のアートの祭典、
ART OSAKA2009がはじまります。
今年は、水都大阪に合わせて、
この時期に開催が決まったそうですが、
「水都大阪ナイト・ウォーク」や、
ヤノベケンジ氏によるレクチャーなど、
水都関連のイベントも開催されるようです。

Dsc04951

それにしても、人が多そうだし。
奥さんも、展覧会準備で行けそうにないし。
今年は、やめておこうかと、
思っていたのですが。
そうゆうときに、思いがけない
いいことが起こるもんで、
数件のギャラリーの方々からチケットを
複数枚いただきました。
これだけもらっといて、
行かないのはまずいだろうと考え直し、
知り合いを誘って、
足早に回ってこようかと、思っております。

Dsc04950

写真、撮れそうだったら、
またご報告いたしますので。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ


| | コメント (0)

福岡アジア美術トリエンナーレ2009。

先日、奥さんが美術館へ行ったときに、
このフライヤーを見つけてきてくれました。

Dsc04947

面白そうなので、少しご紹介しておきましょう。

Dsc04946

なんでも、
会場となる福岡アジア美術館では、
1999年の開館以来3年ごとにアジア21カ国・地域の
現代美術の最新動向を、さまざまな切り口で紹介する
「福岡アジア美術トリエンナーレ」を開催。
第4回目となる今回は〈共再生ー明日をつくるために〉
をテーマに、新進の美術作家を厳選して紹介しながら、
開館10周年を記念して、近年、国際舞台で活躍する
作家も紹介します。
また、美術館の立地を活かして、隣接する商店街や
学校、公園などでも制作や発表を行う予定です。

Dsc04945

最近、あちこちで、こうして
街ぐるみでアートを“祭り”化するところが増えてきて、
アートファンにとっては、
非常に、うれしいことだと思ったりしています。
それに、この時期。
奥さんの東京展と同時進行で、
福岡でも、ある企画を進行中でありまして。
秋から冬にかけて、2〜3度、福岡までうかがう予定です。
というわけで、美術館へも行き、しっかり見てきたい。
と、思っている次第です。
見てきたら、必ず、ご報告いたしますので。

Dsc04944

詳しくは、福岡アジア美術館

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ひさしぶりに、更新!→keikodollsブログ

| | コメント (0)

ラブラブ、キャラさん。

おはようございます。
ひさしぶりにキャラさんネタでお送りしたい
日曜限定!チョロキャラのお時間であります。
この5月に行われた奥さんの展覧会に、
キャラさんの初代ボーイフレンド、
マックスくんが遊びに来てくれたのですが。
その時のラブラブショットを、
マックスママから送っていただきました。

Dsc04930

キャラさん、普段、おとなしいわりに、
ここぞという時は、なかなか大胆でありまして。
人間はもちろん、わんこでも、気になったら、
いきなり口を近づけるところがあります。
逆に、マックスくんは、それがいやなようで、
すぐに顔をそむけてしまったのですが。
一瞬の出来事を、上手く収めていただけました。
いつかまた、大阪で展覧会を行うことがあれば、
来ていただけると思うのですが。
それまで、ぜひ、元気にしていてくださいませ。
それと、

Dsc04934

チョロじいの命日だったので、
約束どおり、大好物だったバウムクーヘンを
お供えしてまいりました。
もちろん、義父さんの分もあります。
田舎だと、果物や野菜など、
あふれんばかりにお供えするのですが、
スペースも限られているため、
気持ちだけはあふれんばかり。
ということで、ご了承くださいませ。
さぁ、今日で、お盆休みも終了です。
明日からは、両ブログとも、
がんばって書いていきますので。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日まで、お休み→keikodollsブログ

| | コメント (0)

新しいマウスを、使ってみる。

今日も、うだうだ、なにを書こうかと、
ネタを探していたら。
ありました。
新しいマウスを買ったのであります。
というよりも、
office:mac2008のファミリー&アカデミックパックを
買ったら、マイクロソフトのマウスがついてきた。
という感じであります。

Dsc04940

こちらのマウス。
カタチは、ウチワエビのような変な姿でありますが、
いま流行りのブルートゥースでつながる
ワイヤレスマウスでして。
ありがたいことに、mac&ウインドウズ両方で使え、
触ってみると、なるほど、感度がよろしい。

Dsc04942

折り畳むと、スイッチオフ。
ということで、いちいち席を立つときは、
折り畳んでおります。
でも、慣れてくると、便利に感じてくるもんで。
席に戻り、パカッと開くと同時に、スリープ解除になる。
なかなか手放せなくなりそうです。
特に、ノートパソコンを持ち歩くときには良さそうです。

Dsc04943

アートネタも、いくつか、たまってきました。
あさってからは、たっぷりお届けしてまいりますので。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日は、お休み→keikodollsブログ

| | コメント (0)

ただいま、お盆休み中。

と、言いたいところでありますが。
本日も、雑用に追われております。
面白そうなアート情報も、
いくつかいただいているのですが。
来週からの告知でも充分なものばかりなので、
今週は、頭だけでもお休みをいただき、
怠惰に、うだうだと綴ってしまおうかと、
思っております。

Dsc04933

去年ほどでもないのですが、
毎日、暑い暑いと思っていたら、
ここ数日、日が沈むのが早くなり、
日の光が、部屋に入り込むようにもなった
ことに気がつきました。
通常なら、これからが台風シーズンです。
ただ、これ以上は、ご免蒙りたいところです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
こっちは、稼働中→keikodollsブログ

| | コメント (0)

8月13日、といえば。

お盆、
はじまりました。
帰省ラッシュ、
ご苦労様です。
そして、
8月13日といえば、
わが家では、チョロじいの命日であります。
もう、二年になりますか。
早いもんです。
あの日も、暑かったけど、
今日も、あっつい、あっつい。

Dsc04932

とりあえず、大好きだった
バウムクーヘンでも、お供えしておきましょう。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日は、更新するよん→keikodollsブログ

| | コメント (0)

これは、行くべきです。堂島リバービエンナーレ。

詳しい内容は、
公式ホームページこぶ〆
見ていただくとして。

Dsc04919

僕は、いたって私的な感想です。
僕が観に行ったのは、8月10日のこと。
映像作品が多いせいか、
暗がりのなか、ひとつひとつの作品が、
実に丁寧に展示されていました。
過去、横浜に2度、神戸や近江八幡など、
街ぐるみでおこなっているトリエンナーレやビエンナーレにも
行ったことがあるのですが。

Dsc04916

そのいずれにもひけをとらない、
完成度の高い作品を見ることができました。
いや、印象に残る作品が一番多かったかも知れません。
というのは、周知が徹底されていないので、
来場者が少ない分、
ひとつひとつの作品を、じっくりと見て回ることができ、
それだけ、作品が訴えかけてくるメッセージを
だれにも邪魔されることなく、
ダイレクトに受けとめることができるのであります。
それぞれの映像作品は、多くが個室感覚で見ることができますが、
僕なんぞは、すべの作品をほぼ独占状態で見ておりました。

Dsc04918

ちなみに、僕は、
リー・キーボン「バチュラー 二重の理論」の泳ぐ本に驚き、
アクタン・アブディカリコフのほほ笑ましくも
痛烈な映像作品に田舎を思いだし、
チャーリー・ニジンソン「漂流する人々」で眼を見開き、
会田誠「日本に潜伏中のビン・ラディンと名乗る男からのビデオ」で
爆笑した3時間でありました。

Dsc04920


帰り際、お世話になっているギャラリースタッフさんと遭遇。
このビエンナーレのスタッフとしても働いていたのですが、
人の入りがまだまだとのこと。
やはり、広報プランに問題ありのようです。
22・23日には、同じ堂島を冠するホテルで行われる
アートフェアに人があふれかえるはずです。
みなさん。
むせかえるようなフェアを足早に回った後、
ぜひ、こちらまで足を運んでみてください。
ゆっくりと、上質な作品たちが見れますよ。
大阪では、この夏、一番のおすすめです。

Dsc04921

これから、口コミで人が多くなることに
期待です。
じゃないと、もったいない。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

昨日の報告は、帰ってから。

ほとんどのギャラリーがお盆休みの中、
堂島方面へ、行ってきました。
予想以上に、面白かったです。
詳しくは、帰ってからご報告いたしますので。
では、奥さんの付添、行ってきます。

Dsc04925

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

沖縄の風、琉球稲嶺ガラス。

京都へ行ったときに、
SHINAで行われている琉球ガラス展へ
うかがってみました。
ガラスに関しては、まったくの初心者。
奥さんのドールの台座にガラスを使おうとしたり
しているのですが、聞けば聞くほど、
奥が深い世界であります。

Ina

この琉球ガラスの作者は、稲嶺盛吉さんという
世界的にも有名な方らしいのですが。
なんせ、僕は、初心者。
ただただ見た感想だけを書くとするならば、
一言、1点1点に迫力がありました。
色も多彩なら、泥を使ったものや再生泡ガラスなど、
技法も独特。フォルムも、自由奔放。
海外でも数々の賞に輝いているのも、なるほどです。
台座をお願いしている古田さんの作品も
はじめて見たとき、凄いと思いましたが、
稲嶺ガラスにも沖縄ならではのダイナミズムを
感じてしまいました。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日も、少し更新→keikodollsブログ

| | コメント (0)

天草野菜シリーズ、その後。

おはようございます。
昨日は、どこもかしこも渋滞していた
日曜限定!チョロキャラのお時間であります。
京都へ行っても、
八幡へ向かっても、
枚方へ戻ってきても、
渋滞、渋滞、渋滞でありました。
この分だと、高速道路はえらいことになっていたはずです。

Dsc04912

さて、そんなことはさておき、
本日のテーマは、先日からお伝えしている
大好評企画!天草野菜シリーズです。
こちらの葉っぱ。
いま天草では、ガン予防にいいという噂が広まり、
島全体に流行っている葉っぱです。
名前までは、僕も知らないのですが、
軽く茹でてみると、モロヘイヤやオクラのような
ネバネバ成分が出てきました。
おそらく、このネバネバ成分が、身体にいいのだろうと
想像できます。

Dsc04911

さて、こちら。
先日、手のひらの倍ほどある巨大ゴーヤをお届けしたと
思ったら、今度は、一転。
なんとも、可愛らしいサイズのベビー・ゴーヤです。
それも、箱いっぱい送ってきてくれました。
そこで、昨日。
ちょうど、京都の作家さんたちのアトリエへ
うかがったので、ついでに配り回ることができました。
(助かりました。)
残念なのが、料理写真を撮り忘れたこと。
来週に向け、今度、しっかり撮っておきますので。

Dsc04860

最近、キャラさんをおざなりにしておりますが、
家の中も、
車の中も、
どこでも、いつでも、
一緒であることには変わりがありません。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日は、ちょっと更新→keikodollsブログ

| | コメント (0)

京都、回ってきます。

と、言っても。
ギャラリー回りではなく、
奥さんのドールがらみで、作家さん回りであります。
でも、1軒行きたいギャラリーがあります。
ちょっと、寄ってみましょうか。

Dsc04898

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日は、更新無理そう→keikodollsブログ

| | コメント (0)

「ダルマのカルマ」と「導音」が出会う。

人と人は、「出会う」ことで刺激を受け、
相対し続けることで、自分自身の存在も認識できる。
さて、今回。
あるふたつの「出会い」から、
新しいひとつの「出会い」が生まれたようです。
今日ご紹介する池田孝友さんと、
伊吹拓さんとは、僕がギャラリーを回っているときに
べつべつに出会い、作品が気になったので、
いろいろお話をさせていただいた、おふたりでした。
そのおふたりが、ニュートロン東京にて、
展覧会を開催されるようです。
それも、まったく同期間に、それぞれの個展を。です。

Ikeda

まずは、池田孝友「ダルマのカルマ」展。
以前見たときは、ボールペン等でブロック状に線を描き重ねて、
ひとつの風景などを描かれていました。
人物の線画も、なかなかお洒落だったのが印象に残っています。

Ibuki

そして、伊吹拓「導音」展。
伊吹さんは、まだお若いのですが、抽象画を描き続けている
本格派の作家さんです。
複数の色が交じり合いながらも、独特の淡い色あいに仕上げてくる。
はじめて見たときから、センスの良さを感じていました。
と、
まったく違う作品を制作するおふたりが、
ニュートロンで出会う。
これは、面白いことだと思っていたら。
期間は、8月26日(金)〜9月13日(日)までとのこと。
なんと、9月前半に、奥さんの仕事で
東京出張が入りそうでして。
僕も、この出会いに、遭遇できそうな気配です。
「出会い」が「出会い」を呼ぶとは、こうゆうことなのでしょう。
(ちなみに、
伊吹さんは1・2F、池田さんは3Fで展示です。)

Dsc04835

伊吹さんには、
先日、行われた奥さんの大阪展にもお越しいただけ、
いろんな方向からドールについてお話をうかがえ、
まさか来ていただけるとは思ってもいなかったので、
大変、感謝しておりました。
この場で、お礼申し上げます。
ありがとうございました。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日も、更新しなきゃ→keikodollsブログ

| | コメント (0)

広島と、枚方と。

朝、8時15分。
テレビでは、広島の模様を映しながら、
黙とうを捧げていたのですが。
ここ枚方の地でも、裏の丘にある小学校で
サイレンが鳴り、黙とうを捧げる校内放送が、
わが家にも聞こえてきました。
僕が住む枚方の禁野地区、それも、家の裏の丘には
戦時中、巨大な火薬庫があったそうで、
理由は忘れましたが、大爆発が起こり、
周囲に甚大な被害をあたえてしまったそうです。
その経験からか、枚方には、
広島など戦争に関連する事象に
関心を持っておられる方が、まだまだ多くいます。

Dsc04895

「平和」という言葉は、口にすると、
照れくさいものですが。
思い続けることは、大切なことだと感じた
朝、8時15分でした。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ


| | コメント (0)

画集「館勝生」出版記念新作展。

8月の24日からなので、
まだ少し先の展覧会情報なのですが。
今年1月に永眠された館さんの
画集が出版されるそうで、それだけは、
少しでも早く告知しておこうと、思ったわけです。

Dsc04892

僕が、館さんと出会ったのは、
大阪のギャラリーを回りだして、すぐでした。
展覧会で、作品を撮影されていたり、
ギャラリストや作家たちと会話をされていても、
僕と目が合うと、必ず、
にこやかに会釈をしていただいたのが印象に残っています。
ひさしぶりに、また、あの熱がほとばしるような作品たちに出会えます。
愉しみです。
ギャラリー白
8月24日〜9月5日まで

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
奈良、行ってきました→keikodollsブログ

| | コメント (0)

堂島リバービエンナーレ2009の新情報。

堂島リバービエンナーレの関係者の方から、
新しい情報を送っていただきましたので、
そのまま転載させていただきたいと思います。
------------------------------------------------------------------------
「堂島リバービエンナーレ2009
《リフレクション:アートに見る世界の今》」

今週土曜日(8日)にオープンします。
初日には出品作家、キュレーターによる
シンポジウム、松蔭浩之(出品作家)の
パフォーマンスもあります。
明日(5日)の夕方ABC朝日放送「NEWSゆう+」で
展示作業風景や展示の様子を
オープンに先がけご紹介いたします。
関西ではじめて紹介される海外アーティストがほとんどです。
いずれの作品も
メッセージ性の強いかなり興味深いです。
ぜひご高覧ください。
------------------------------------------------------------------------
ということです。
僕も、必ず、行きます。
(今度は、ほんと、ほんと。)
みなさんも、ぜひ。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (2)

気になる展覧会を、ふたつほど。

昨日は、夕方に来客があったため、
足早にギャラリーを回ってきました。
気になった展覧会。
まずは、番画廊で開催中の
僕と同姓 高本英里さんの作品です。

Dsc04880

今回は、echoをテーマに、
響き合うような滲みを多用されていて、
木版画とは思えない質感に仕上がっています。

Dsc04877

前回より、ぐっと深みが出ているように
思いました。

Dsc04875

さて、もうおひとかたは、
ギャラリー白で開催中の
山内 亮さんの展覧会。

Dsc04870

こちらは、動物を擬人化しつづけているのですが、
前回、急に目が優しくなったなぁ。
と、思っていたら。

Dsc04869

今回は、いろんな視線の奥にある意志や、物語を
感じさせてくれるようなタイトルが付いていて、
独特の世界観が広がったような気がしました。

Dsc04873

立体も、初めて見ました。
こっちを、どんどん造ってみるのも、いいかもです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日ぐらい、更新→keikodollsブログ

| | コメント (0)

朝から、打ち合わせへ。

おはようございます。
朝から打ち合せが立て込んでおりまして、
大阪市内へ行ってきますが、
夕方には、来客があるため、
さっさと帰ってこなくてはなりません。
ギャラリーを回れるか、どうか。
ビミョーですが、回ってこれたら、
明日、ご報告いたします。
本日は、手短で、すみませんが、この辺で。

Dsc04862

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

シロッコファンと、格闘する。

おはようございます。
思った以上に大変だった
日曜限定!チョロキャラのお時間であります。
枚方へ来て、はや4年。
換気扇の掃除は、外側だけして、
中は見て見ぬふりをして過してきたのでありますが。

Dsc04854

いよいよ、聞きなれない変な回転音が聞こえるようになり、
意を決して、分解掃除をすることにしました。
まずは、ネジを外して、
各部品を重曹液に浸け、
その間に、最終目標である
シロッコファンを取り外すことになりました。

Dsc04846

ところが、外れない。
たぶん、油汚れがこびりつき、取っ手が軸に
くっついていたのでありましょう。
それでも、なんとか、雑巾などを使って外してみると、
やはり、ファンの間に、ぎっしりとコールタールのように
油汚れが詰まっている。
こんどは、重曹&クエン酸液に浸けて
他の部品を掃除しながら、しばらく待つことに。

Dsc04848

さて、ここからが、大変でありました。
4年という月日は、伊達ではありませんでした。
なんども、なんども、ブラシやはけ、テッシュ棒で
取れども、剥がせども、汚れが残っている。
汗をかきながら、手を切りながら、
ようやく、95%ほどの汚れを落とすのに、
3〜4時間ほど、かかってしまいました。

Dsc04843

思い返せば、4年前。
モップをお願いしているダスキンさんが家を見に来られ、
換気扇用の防汚ネットをお勧めいただいたのを無視して、
使い続けてきたのでありますが。
あのとき、ケチらずに、お願いしておけばよかった。
と、後悔しても始まらず、
これを機会に、着けてみようかと思ったりしています。

Dsc04845

まだ、シロッコファンの掃除をされたことのない方、
ぜひ、「シロッコファン 掃除」で検索してから、
行動を起こすことをおすすめします。
僕は、後から調べてみたのですが、
同様に、重曹を使う方が多かったですね。
ただ、問題なのは、3ヶ月に1回をメドに…。
という点。
せめて、半年か、一年に1回は、しないといけないようです。
4年は、ちょっと、置き過ぎました。

Dsc04855

今日も、また。
キャラさんを無視してしまいました。
すみませんね。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
本日も、ちょっと更新→keikodollsブログ

| | コメント (0)

情報が増えた、京都アートマップ2009。

先日、京都のギャラリーから、
新しい京都アートマップ2009が届きました。

Dsc04853

このマップは、京都市内のギャラリーの所在地を網羅した
京都の画廊巡りには欠かせないマップでありまして。
折り畳むと、ほら、こんなに小さくなる。
ということは、持ち運びに便利なマップであります。
僕も、京都を巡るときは、必ず持ち歩いているのですが、
以前のものより、格段に見やすく、情報量も増えています。

Dsc04852

裏面を見ると、各ギャラリーの詳細情報をはじめ、

Dsc04851

協賛企業の名前が列記されていて、

Dsc04850

その下には、個人協賛の方々の名も列なっております。

Dsc04849

いろんな職業の方々がいて、
この辺にも、市民の地域文化への協力具合が見えてきて、
京都の地力を感じた次第であります。
みなさん、
京都へ行かれたときは、手に取ってみてください。
ギャラリー回りだけでなく、観光にも、
町歩きには、非常に便利なツールです。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »