« 絵の中に絵がある、島田泰展。 | トップページ | キャラさん、お疲れさまでした。 »

京は、刺激に満ちている。

昨日は、京都で、いろんなものを見てきました。
まずは、ガラス作家 荒川尚也さんの展覧会へ。

Dsc04605

少し前からお名前だけは、お聞きしていたのですが。
作品を見るのは、これがはじめてでありました。
荒川さんは、気泡を巧みに取り入れた作品で
有名な作家さんなのですが、
さすがの作品に、夫婦して見とれてしまい、
グラスを1点買ってしまいました。
荒川さんともお話ができ、いい滑り出しであります。
(夜、このグラスでビールを飲んだのですが、
ガラスに口を付けると、いままで体験したことのない
滑らかで心地よい口触りでして、
次回は、絶対、もうワングラス買いたいと思いました。)

Dsc04604

その後、昼食をとってから、
ニュートロン、SHINA、芸術センターへと回り、
そこで、見つけてしまいました。

Dsc04608

日本パッケージデザイン大賞展のチラシであります。
これは、勉強になる。
と、即決し、すぐに成蹊大学へ向かいまして。
久しぶりに、プロのデザインワークを見させていただき、
おおいに刺激を受けたのであります。

Dsc04609

そして、もう一度、京都駅へ戻り、
sowakaへ行った後、
お待ちかねの山本太郎展へ。
正直な感想を言えば、
絵が上手い下手で論じるのではなく、
発想が面白い、着地点が面白い。
という見方をするほうがいいだろうと思いました。
ただ、少し同じようなパターンが多かったのが、
気になったと言えば気になったか。

Dsc04601

まぁ、それにしても、一日、いい刺激を受けました。
奥さんの東京展へ向けて、
いいアイデアも、いろいろ浮かんできました。
やはり、いいものを見て回ることは、
大切なことなんだと、改めて思った次第です。

Dsc04600

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

|

« 絵の中に絵がある、島田泰展。 | トップページ | キャラさん、お疲れさまでした。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絵の中に絵がある、島田泰展。 | トップページ | キャラさん、お疲れさまでした。 »