« 今日も、時間取れず。 | トップページ | 龍野西 »

揺れ動く物性、冨井大裕×中西信洋展。

明日から、福岡へ行くため、
時間はない、といえば、ない。
のですが。
強引に、書いてしまいましょう。
ご紹介したいのは、
東京出張の折、
品川へ着くなり、直行させていただいた
馬喰町のギャラリーαM。

Dsc04629

こちらでは、いま。
中西信洋さんと、冨井大裕さんの展覧会が開催されていますが。
特に、中西さんの壁画というべきか、
壁面に描かれたストライプドローイングは、
圧巻でありました。

Dsc04631

この写真では、まったく分からないと思いますが。
ギャラリースタッフにお話を聞くと、
2週間前から会場入りした中西さんは、
下書きもなく、壁面に鉛筆でドローイングしていったそうです。

Dsc04632

その光景を見守っていたギャラリースタッフは、
ただただ驚いた。そうです。
僕も、彼の壁面へのドローイングははじめて見たのですが、
その凄さに圧倒されてしまいました。

Dsc04625

さて、レイヤードローイングの新作も展示されていましたが。
これ、なんに、見えます?
塔のようにも見えますよね。
実は、これ。蚊取り線香が燃え尽きるまでを
写真で撮影し続けた作品です。

Dsc04626

空間、そして時間を、自在に取り込んでいく
中西さんの作品を、これだけたっぷりと見れるとは、
うれしい限りでありました。
関東方面の方々、
東京では、初お目見えのウォールドローイングは必見です。
ギャラリーαM←詳細は、こちらをクリック。
7月18日(土)まで

Dsc04628

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして→keikodollsブログ

|

« 今日も、時間取れず。 | トップページ | 龍野西 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日も、時間取れず。 | トップページ | 龍野西 »