« 臨床するアート、学会誌が届く。 | トップページ | 東京でワンコと泊まるなら。 »

森の鼓動、安井須磨子展。

桜の季節になると、安井さんの作品に会える。
そう思うだけで、心がほころんでくる。

Dsc04132

ちょっと、叙情的に入ってしまいましたが、
安井さんの作品は、色合いといい、
そのはかなげな線の細さといい、
この季節が一番合っているのでしょうね。

Dsc04131

今年の3月まで、朝日新聞のコラム記事の挿絵を
3年に渡って担当されていたそうで、
僕がうかがったときにも、その新聞を持って来られていた方や、
「お会いできて、念願が叶いました」といって、
サインをもらって帰る方など、
作家冥利に尽きると思われるようなファンの方々が来られていました。

Dsc04130

淡い花の色合いだけではなく、
薄い黒の配色が深みを与えている。
ところどころに、隠し絵的に人物が潜んでいるのも面白い。
安井さんの遊び心も、垣間見えました。

Dsc04129

大阪は、来週ぐらいが、桜の満開のようです。
花見がてら、いかがでありましょうか。
ギャルリプチボアにて、14日まで開催中です。


Dsc04127

Copy by man.
奥さんの、Araki Keiko Web Gallery

そして、keikodollsブログ

|

« 臨床するアート、学会誌が届く。 | トップページ | 東京でワンコと泊まるなら。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 臨床するアート、学会誌が届く。 | トップページ | 東京でワンコと泊まるなら。 »