« 大阪で出会った2つの展覧会風景。 | トップページ | 明日は、京都を少し回れるか。 »

韓国の作家は、朝まで元気。

昨日は、午前中、
漆芸家の沈明姫さんのアトリエへうかがい、
いよいよ一月後と迫った
奥さんの展覧会用コラボ作品の打ち合せを行ってきました。
(ほぼ完成形が見えてきたので、
実際に沈さんが制作するパーツを決めてきたのであります。)
そして、その後、
作家の岩澤有徑さんたちにお誘いいただいていた
CASOで開催中の「HICA  Over the cahnnel」の
オープニングパーティーへと行ってまいりました。

Dsc04336

まずは、作品からご紹介いたしましょう。

Dsc04335

韓国デジョン市を本拠地とする6名の作家のグループ展で、
平面あり、写真あり、インスタレーションありと、
6者6様の作品が展示されておりました。

Dsc04324

どんな創作意図があるのだろうと見ていると、
すぐに岩澤さんが近づいてきてくれて、
ひとつひとつご紹介していただきました。

Dsc04338

なかでも、気になったのが、こちら。
日本で被爆しながら、韓国へ帰国して亡くなった方々の位牌(?)を
撮影した写真によりインスタレーションであります。

Dsc04339

作家の方に、いろいろお話をうかがいたかったのですが、
僕は韓国語をまったくしゃべれないため、
英語での片言、そして筆談を駆使してみました。

Dsc04328

作家さんは、韓国で報道カメラマンをされていた
全(jum)さんという方でして。
壁面の写真の天までがタテ4mあり、
一番前の門の写真までを5.5mとり、
正面から見ると、すべて門の内側に入るように
計算されているそうです。

Dsc04326

他にも、意味あり気な作品のことをお聞きしたかったのですが、
堅苦しいお話は、この辺でお開き。
この後は、飲めや語れや、歌えの
宴会に突入してまいりました。

Dsc04320

それにしても、韓国の作家さんたちは、元気でありました。
何度も「カンペーイ!」を繰り返して、杯を明けておりました。
話によると、この調子で朝まで宴会が続くそうです。
僕は、2次会でお別れしましたが、
みなさんは、宿泊先まで行って、また飲んでいたようです。
さすがです。

Dsc04319

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ
荒木啓子立体作品展
「SUGAR SALT + CINNAMON」
大阪は北浜にあるギャラリーH.O.Tにて、
2009年5月25日(月)〜6月6日(土)まで開催します。

|

« 大阪で出会った2つの展覧会風景。 | トップページ | 明日は、京都を少し回れるか。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪で出会った2つの展覧会風景。 | トップページ | 明日は、京都を少し回れるか。 »