« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

明日は、京都を少し回れるか。

ここのところ、
一週間に一度は、京都へ行っているのですが。
明日も、奥さんのdoll作品の撮影があるため、
京都へうかがうことになっています。
早めに終了したら、
少しだけギャラリーをまわってこようかと思ったりしています。
特に、寺島みどりさんの展覧会は、はずせませんね。

Dsc04329

先日うかがったCASOでのパーティですが、
カメラマンの鈴鹿芳康さんのグループと合同で行われたようで、
鈴鹿さんたちがご用意していたオール・オーガニックの
パーティーフードをいただくことができました。

Dsc04330

シンプルなんですが、実に、おいしい。
手が込んでいました。すごい腕前です。
僕も玄米を食べていたことがあるのですが、
こんなにおいしく作れていたら続けていたかも知れません。
(いまも、野菜はできるだけオーガニックですが…。)

Dsc04327

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ
荒木啓子立体作品展
「SUGAR SALT + CINNAMON」
大阪は北浜にあるギャラリーH.O.Tにて、
2009年5月25日(月)〜6月6日(土)まで開催します。


| | コメント (0)

韓国の作家は、朝まで元気。

昨日は、午前中、
漆芸家の沈明姫さんのアトリエへうかがい、
いよいよ一月後と迫った
奥さんの展覧会用コラボ作品の打ち合せを行ってきました。
(ほぼ完成形が見えてきたので、
実際に沈さんが制作するパーツを決めてきたのであります。)
そして、その後、
作家の岩澤有徑さんたちにお誘いいただいていた
CASOで開催中の「HICA  Over the cahnnel」の
オープニングパーティーへと行ってまいりました。

Dsc04336

まずは、作品からご紹介いたしましょう。

Dsc04335

韓国デジョン市を本拠地とする6名の作家のグループ展で、
平面あり、写真あり、インスタレーションありと、
6者6様の作品が展示されておりました。

Dsc04324

どんな創作意図があるのだろうと見ていると、
すぐに岩澤さんが近づいてきてくれて、
ひとつひとつご紹介していただきました。

Dsc04338

なかでも、気になったのが、こちら。
日本で被爆しながら、韓国へ帰国して亡くなった方々の位牌(?)を
撮影した写真によりインスタレーションであります。

Dsc04339

作家の方に、いろいろお話をうかがいたかったのですが、
僕は韓国語をまったくしゃべれないため、
英語での片言、そして筆談を駆使してみました。

Dsc04328

作家さんは、韓国で報道カメラマンをされていた
全(jum)さんという方でして。
壁面の写真の天までがタテ4mあり、
一番前の門の写真までを5.5mとり、
正面から見ると、すべて門の内側に入るように
計算されているそうです。

Dsc04326

他にも、意味あり気な作品のことをお聞きしたかったのですが、
堅苦しいお話は、この辺でお開き。
この後は、飲めや語れや、歌えの
宴会に突入してまいりました。

Dsc04320

それにしても、韓国の作家さんたちは、元気でありました。
何度も「カンペーイ!」を繰り返して、杯を明けておりました。
話によると、この調子で朝まで宴会が続くそうです。
僕は、2次会でお別れしましたが、
みなさんは、宿泊先まで行って、また飲んでいたようです。
さすがです。

Dsc04319

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ
荒木啓子立体作品展
「SUGAR SALT + CINNAMON」
大阪は北浜にあるギャラリーH.O.Tにて、
2009年5月25日(月)〜6月6日(土)まで開催します。

| | コメント (0)

大阪で出会った2つの展覧会風景。

昨日、打ち合せの合間に
少しだけギャラリーを回ってきました。
そのなかで、対照的なおふたりが気になりました。
一人目は、
Oギャラリーeyesで開催中の山田七菜子さん。

Dsc04314

そのまま見れば、横たわった人を描かれているのですが。
実は、石であったり、木々であったり。
風景として、そこに存在するものを、有機的に見せるために
人に置き換えているそうです。
暗く、そして重い雰囲気の作品なのですが、
描かれているご本人は、いたって明るい方でして。
そのギャップが、作品以上に印象に残ってしまいました。
山田さんは、5月2日(土)まで開催しています。

Dsc04313

もう一人は、
ギャラリーDenで開催中の石川丘子さん。
こちらは、うって変わって、淡い色合いで仕上げた
静かな風景画であります。
木版画とドローイング作品を発表されているのですが、
関東を中心に活動されている作家さんです。

Dsc04308

写真にはないのですが、ファイルを見せていただくと、
韓国の作家さんに多い、黒を活かした作品もあり、
これから、どの方向へ進んでいくのか、少し楽しみになりました。
石川さんは、5月9日(土)まで開催しています。

Dsc04310

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ
荒木啓子立体作品展
「SUGAR SALT + CINNAMON」
大阪は北浜にあるギャラリーH.O.Tにて、
2009年5月25日(月)〜6月6日(土)まで開催します。

| | コメント (0)

残り20%を追い求めて。

ここのところ、
奥さんのサポート役にまわることが多く、
ほとんど、家のなかで雑用に追われていたのですが、
これから始めていきたいと考えている
奥さんのdoll関連のことや、
art関連の案件を推し進めるために、
連休前後は、動き回ることになりそうです。
でも、動いてみると、よく分かるもんで、
約80%ぐらいは、思いのままに動かないもんです。
ひたすら残り20%を追い求めて動いているのかも知れません。
なんだか分かったような分からないようなことを
書いてしまいましたが。
要するに、仕事として成り立つだろうと思って
動き出すのですが、いろんな壁に立ちはだかれ、
あきらめなければならないことも多々あると
書きたいだけであります。
それでも、しっかりと動き出した事柄だけは、
必ず、ご報告してまいりますので。

Dsc04306

そんな中、明日は一日、
展覧会を見て回れそうです。
うれしいなぁ。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ
荒木啓子立体作品展
「SUGAR SALT + CINNAMON」
大阪は北浜にあるギャラリーH.O.Tにて、
2009年5月25日(月)〜6月6日(土)まで開催します。

| | コメント (0)

わんこと京都へ行くなら、このお店。

おはようございます。
京都でいいお店が見つかった
日曜限定!チョロキャラのお時間であります。
月曜日のこと。
京都へ打ち合わせに行ったのですが、
午後1時からだったので、
あらかじめネットで見つけておいたドッグカフェへ
昼食をとりに向かってみました。

Dsc04276

すると。
なんともおいしい焼きさば定食をいただくことができました。
(思わず写真を撮る前に一口つけてしまいました。)
ドッグカフェというと、
なぜか、イタリアンが多いのですが、
こちらの「プリンセスファンタジー」というお店、
名前は洋風なのですが、
フツーの(でもなかなかない)家庭料理を出してくれる。
こうゆうお店が、一番ありがたいのであります。
ご近所の会社の方々が、
続々と入って来るのもうなずける。

Dsc04275

キャラさんのおやつも、一個80円という
駄菓子屋さん感覚で買えたりして。
なんだか田舎の家へ遊びに来たような
懐かしい感覚でありました。
これからも、京都へ行くときは、ぜひ、行ってみたいと思います。

Dsc04274

ただ、ひとつ。
難点を申し上げるならば、
七条近辺の方なら、すぐに行けるかも知れませんが、
それ以外からは、車で行く方がいいかも知れません。
(地図によると、最寄りはJR丹波口のようですが。)
駐車場は、お店から少し離れているので、
必ずスタッフにお尋ねすることをおすすめします。

Dsc04270

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ
荒木啓子立体作品展
「SUGAR SALT + CINNAMON」
大阪は北浜にあるギャラリーH.O.Tにて、
2009年5月25日(月)〜6月6日(土)まで開催します。
http://galleryhot.com/

| | コメント (0)

のびアニキ。まいりました。

昨日は、お約束通り、
大阪の老松町のギャラリーを回ったあと、
京都のギャラリー回りへと行ってきました。
いろいろ見たのは、見たのですが。

Dsc04302


やはり、ダントツで面白かったのが、こちら。
京都芸術センターでやっている
「明るい無常観」(出品作家:のびアニキ、淀川テクニック)
でありました。
特に、“のびアニキ”の存在を初めて知った僕は、
完全にやられてしまいました。

Dsc04304

テレビ的に言うなら、“ひとり水曜どうでしょう”というのか。
こどもの頃の妄想的発想を、大人が実現させた面白さというべきか。
Nobi-ANIKIという公式ホームページもありますが、
まずは、足を運ばれることをおすすめします。
のびアニキにパイ投げができるイベントもあるそうなので、
もう一回ぐらい行ってみたいと思ったりしています。

Dsc04303

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ
荒木啓子立体作品展
「SUGAR SALT + CINNAMON」
大阪は北浜にあるギャラリーH.O.Tにて、
2009年5月25日(月)〜6月6日(土)まで開催します。

| | コメント (0)

小袖、よかったそうです。

昨日、奥さんは、義姉さんと展覧会巡り。
僕は、来客があったので、
キャラさんとお留守番でありました。
奥さんのスケジュールは、秋までみっちりでして、
ここのところ、まともな休みも取れなかったので、
1日たっぷり、いいものに出会い、
リフレッシュしてきたようです。
特にお勧めしていたのが、
大阪市立美術館で開催中の
「小袖 江戸のオートクチュール」でした。
帰ってくるなり、「すっごく、キレイだったの」と、
いつもは口数の少ない奥さんが、
松坂屋のコレクションについて、小一時間ほど熱く語っていました。
5月31日(日) までのようなので、
気になる方は、ぜひ、どうぞ。

Dsc04300

夕食も食べてくるということだったので、
僕とキャラさんは、こっそり、でもないのですが、
焼肉屋「開心亭」の大将に呼ばれていたので、
ごちそうになりに行ってきました。

Dsc04291

なんやかんやといただいたので、
ふたりして、しっかり体重増です。
もちろん、新しいチラシをつくるための現物支給です。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ
荒木啓子立体作品展
「SUGAR SALT + CINNAMON」
大阪は北浜にあるギャラリーH.O.Tにて、
2009年5月25日(月)〜6月6日(土)まで開催します。

| | コメント (0)

CASOに、行かそう。

Dsc04284

作家の岩澤有徑さん、そして大澤辰男さんから
DMをいただいたおかげで、
ここしばらくの間、大阪港周辺のギャラリーへ
足を運んでいなかったことに気づきました。

Dsc04287

まずは、大澤さんからいただいた
「YES! KURIN MODERN.」展
クリンもだんとは、自閉症・知的障がい者と健常者が
共にアートを学ぶ場。
大澤さんたちが講師&リーダーを務めています。
子供たちの成長を見たかったのですが、
26日(日)までのようです。(今回は、ごめんなさい。)

Dsc04286

こちらは、来週から始まる
「HICA Over the channel」展
韓国 デジョン市の作家6名によるグループ展のようで。
岩澤さん、大澤さん、そして芦谷さんの3人が、
毎年、大阪で開催していた「UNEASINESS」展を
今年は、韓国で開催したため、
その交流展的に、韓国の作家さんたちの展覧会を、
大阪で行うことになったそうです。
28日(火)から5月10日(日)までのようで、
初日には、パーティーも開催されます。
(こちらには、必ず、参加しますので。許してね。)

Dsc04285

さらに、もう一展、
「鈴鹿芳康展-INTERACTION-」
のDMを、岩澤さんからいただきました。
鈴鹿さんのことは、恥ずかしながら、
まったく知らなかったのですが、
こちらも、会期は、28日(火)から5月10日(日)まで。
28日は、岩澤さん、芦谷さん、
そして、新婚の大澤さん、と、久しぶりに会えそうです。
そうそう、
大事なことを忘れていました。
3展とも、CASOで開催です。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
今日も、更新。→keikodollsブログ
荒木啓子立体作品展
「SUGAR SALT + CINNAMON」
大阪は北浜にあるギャラリーH.O.Tにて、
2009年5月25日(月)〜6月6日(土)まで開催します。

| | コメント (0)

金曜日には、回ってきます。

今週は、まだギャラリーまわりができておらず、
今日、明日も、雑用に追われることになりまして。
どうやら、金曜日あたりなら、
大阪、京都のギャラリーを一気に回れるか、という調子です。

Dsc04278

何枚か、美術館のチケットもいただいていますからね。
来週は、国立国際美術館へ行ったあとに、
サントリーミュージアムで開催中の
インシデンタル・アフェアーズへ行きたいと思っています。

Dsc04279

それとは別に、京都で広告代理店のディレクターさんに、
山本太郎展ーニッポン画物見遊山ーのチケットをいただきまして。
来月は、お楽しみがひとつ、増えました。
チラシを見てみると、面白そうな関連イベントもあるようなので、
これは、近づいてきたら、もう少し具体的にご紹介いたしましょう。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ

| | コメント (0)

仕事優先の、京都でした。

ポルタの夏キャン打ち合せについては、
もうひとつのブログで書かせていただくとして。
こちらでは、
京都の展覧会のお話を…、
と、思っていたのですが。
結局、仕事を優先してしまったため、
SHINAで開催中の
高田洋一さんの展覧会だけ観ることができました。
あいにくと作家不在のため、作品は撮影できなかったのですが、
バランス感覚と光の引き込み具合が面白い作品たちでありました。
高田さんは、世界各地を飛び回っておられるようで、
あちこちのパブリックスペースに作品が展示されているようです。

Dsc04268

ご関心をお持ちの方は、ぜひ、どうぞ。
SHINAは、一点一点、選び抜かれた上質なモノだけをそろえている
セレクトショップであります。
目の保養にも、いいのであります。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ちょっと、更新。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

どんな光に出会えるか。

本日は、これから京都の広告代理店へ
ポルタの夏キャンの打ち合せのため、
奥さんのマネージャーとして、付き添うことになっています。
いい機会なので、展覧会もまわろうと思ったら。
そうでした。
観光客の多い京都は、土日営業して、
月曜日がお休みのギャラリーが多かったのでした。

Dsc04262

それでも、こころあたりが1軒。
こちらのSHINAが、開いていました。
SHINAの方には、以前、
ガラス工芸作家の古田さんをご紹介いただいたことがあります。
ちょうど先週から、光を上手く取り入れた
高田洋一さんの展覧会が開催されているようです。
ごあいさつがてら、うかがってみることにいたしましょう。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ

| | コメント (0)

ついに、テレビを買い替える。

おはようございます。
本日は、少しキャラさん話からずれる
日曜限定!チョロキャラのお時間であります。
今年に入ってから、
10数年もっていたブラウン管テレビの調子がおかしくなり、
ひと月ほど前から、
三原色の黄色が、まったく影を潜めてしまい、
なにを映しても赤味、もしくは青味、といった色合いでありました。

Dsc04161

これは、もう限界だろうと。
知人が勤める近くの家電量販店へ行き、
テレビ&ブルーレイを買ってしまいました。
メーカーは、ブラウン管時代からお世話になっている
ソニーにしたのですが。
決め手は、慣れ親しんだ自然な色味と、
テレビとブルーレイのリンク性能がダントツだと
大学生の甥っ子にもすすめられていたので
買いに行く前から、ほぼ決心していた次第であります。

Dsc04256

昨日、さっそく設置してもらい、
あれこれと説明を聞いていると、
あら、あら、あら、あら、と、
次から次とリモコンが出てくる。
まず、テレビ用。そして、ブルーレイ用。
さらに、スピーカー台用。
おまけに、それらをリンクするおき楽リモコンなるもの。

Dsc04259


以前から使っていたケーブルテレビ用とビデオ用を合わせると、
なんと、テレビ周辺だけで、
6個のリモコンになってしまったのであります。

Dsc04260

これは、予期せぬ事態に陥ってしまいました。
通常は、おき楽リモコンと、ケーブルテレビ用の
リモコンがあれば、こと足りそうなのですが。
まず、置き場をどこにするかで、困ってしまいました。
なんといっても、大の機械音痴の奥さんが
混乱しないようにすることが先決問題であります。
(まぁ、録画したいときは、口頭で僕にコレとコレ、
と番組表を指し示すだけなのですが…。)
いまのところ、それぞれのレコーダーやチューナーの
上に置くことにしました。
ただ、これでは、キャラさんが走り回るわが家では、
ほこりを大量にかぶってしまいそうです。
なにかしら、収納ケースのようなものに
入れておく方がよさそうです。
しょうがいない。考えてみましょうか。
でも、テレビの画質は、いいですね。
うまい具合に新旧入れ替わりの時期で、思ったより安く。
昨年製のフルスペックにしたのですが、
以前に比べて、液晶も、ずいぶん進化していました。
買い替えをお考えのみなさま、そろそろじゃないでしょうか。

Dsc04254

本日は、出番のなかった、うらめしげなキャラさんでお別れです。
悲しげな写真に見えるかも知れませんが、
ご本人、このハンモックの中が、いたくお気に入りなのであります。
ほんとなんですよぉ。
誤解しないでよぉ。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ

| | コメント (0)

久しぶりの、休日気分。

昨日は、まず、
ガラス工芸家 山本佳子さんの展覧会が行われている
神戸のgallery nunokameへ行ったのですが。

Dsc04255

なんと、阪神 甲子園駅近くのホテルのなかにある
ギャラリーでして、
思わず、びっくりしてしまいました。

Dsc04253

開廊時間の11:00前にうかがったのですが、
ギャラリーの方々は親切な方達でありまして、
紅茶まで入れていただき、
しばし、山本さんをお待ちすることにしました。

Dsc04250

そして、少し遅れてやってきた山本さんと、
小一時間ほどお話した後、
三宮方面へ向かうことに。

Dsc04240

おなかが空いては、キャラさんと奥さんがぐずつくと思い、
南京町へと繰り出したのであります。
こちらは、以前にもうかがったことのある、
路地裏にテーブルを並べているお店でして。
わんこ同伴でも、気兼ねなく中華を楽しめるのであります。

Dsc04239

さて、その後は、いくつかギャラリーを回ってから、
奥さんの画材を買い出しに山手のビーズショップへ行き、
最後に、梅田周辺へ
ウインドーショッピング。というか、
日ごろ、家の中に閉じこもりがちなふたりの
頭を奮い起こすために、
ファッションや小物、ブランドショップの展示方法などを見て歩く
トレンドリサーチへ行ってまいりました。

Dsc04238

特に阪急百貨店のショーウインドーは、
大阪をリードする最先端のディスプレイでありまして。
立ち止まって、よく見ると、ところどころ遊びが隠れていて、
ぼけーっ、と、眺めているだけでも面白い。
(写真の髪形、ちょっとユニークだったので覚えていたら、
階上のファッションフロアで放映されていた
あるブランドのショームービーに出てくるモデルヘアーでした。
なかなか、心憎い演出です。)

Dsc04245

久しぶりに休日気分を満喫した一日でありました。
と、いいながらも、奥さんは、
帰ってきてから夕食を食べると、
すぐに作品づくりに入っておりました。
一日ぐらいゆっくりしてもいいのでしょうが、
いろんなものに刺激を受けて、手を動かしたくなったのでしょう。
大阪での展覧会まで、あと一月ちょっと。
僕も、しっかりバックアップしてまいりましょうか。


Dsc04244

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ

| | コメント (0)

すでに帰路

すでに帰路
何回か、携帯ブログしたのですが。失敗してしまったようです。また明日、詳しく報告しますので。

| | コメント (0)

南京町

南京町
犬連れでも、おいしい中華が食べれる。そういう店があるだけでも、ありがたい。

| | コメント (0)

明日は、神戸へ。

本日、16日(木)から20日(月)まで、
漆芸家 沈明姫さんにご紹介いただいた
ガラス工芸家 山本佳子さんが参加する二人展が
神戸のgallery nunokameで開催されます。

Dsc04234

山本さんとは、先日お会いしたのが、まったくの初対面だったので、
明日うかがって、今度は作品を見せていただこうと思っています。
なぜ、か。と、言いますと、
奥さんのドール作品とコラボレーションできる作家さんを、
日夜、探し続けているのでありますが。
山本さんの作品は、DMを見る限り、非常に繊細なイメージをお持ちです。
コラボできる可能性、大です。
ぜひ、直に見てみたいと思っています。
その後、少し神戸のギャラリーも回ってこようと
思っています。
そちらでも、なにか、面白いものを発見できるとうれしいのですが。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ

| | コメント (0)

久しぶりに、マイクを握る。

Dsc04219

先日、インテリア関係の企業の方々と、
飲みに行く機会がありまして、
行ってまいりました。

Dsc04217

みなさん、大不況下にもめげず、
おおいに盛り上がっておりました。
僕も、何年ぶりかに、マイクを握らせていただきました。
まぁ、年代が一緒ぐらいの方々なので、
フォーク全盛時代の懐かしのメロディーであります。

Dsc04224

さてさてさて、
インテリア業界の厳しい状況も、多々お聞きしましたが、
希望を持てるいい情報も入手いたしました。
9月に、面白いイベントが行われるようであります。
内容次第ではありますが、現代アートを売り込む、
いい機会になるかも知れません。
もし、出展できるようでしたら、
今度は、まわりが驚くような仕掛けが必要です。
いまから、プランを練ってまいりましょうか。

Dsc04215


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ

| | コメント (0)

-a little distance-冬耳展。

Dsc04226

昨日は、夕方に打ち合わせがあり、
それまでの間、大阪のギャラリーを回ってきました。
特に、気になったのが、こちら。
冬耳さんであります。

Dsc04229

いちだんと華やいできたというか。
もともと面白い色彩感覚をお持ちだと思っていたのですが、
さらに、磨きがかかったように思われます。

Dsc04228

大小、さまざまな作品がありましたが、
やはり、大作になるほど、冬耳さんの良さが
際立ってくるようです。

Dsc04227

4月25日(土)までは、ギャラリーDen
その後、6月3日(水)から21日(日)までは、
ニュートロン東京にて個展を開催されます。
東京に行くときは、もう
ニュートロン東京を外せませんね。

Dsc04233

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ

| | コメント (0)

華やかに結ばれた、龍門藍展。

Dsc04166

昨年、edgeさんからいただいたDMからは、
印象がずいぶん変わってきました。

Dsc04167

謎めいた部分が若干そぎ落とされたようにも見えますが、
そのかわりに、主張がはっきりと印象に残る。
そんな表現手法を身に付けられたと思われます。

Dsc04165

こちらの作品は、さらに新しい方向性を探っているようです。
これからも、どんどん変わっていきそうです。
目が離せませんね。こうゆう成長期にある作家さんは。
5月2日(土)まで、
イムラアートギャラリーにて開催中です。

Dsc04163

さて、丸太町から、三条通り周辺のギャラリーをまわり、
ラストは、東寺の近くにあるsowakaにて、
ひさしぶりに北城貴子さんの作品を見せていただきました。
写真には撮らなかったのですが、
いいドローイング作品でした。
5月15日からのペインティングも楽しみです。
もちろん、こちらも、おすすめです。
冷たいお茶も、おいしかった。

Dsc04162

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ

| | コメント (0)

偶然出会えた、岡村桂三郎展。

Dsc04177

先週の土曜日、五条で私用を済ませた後、
三条界隈の画廊を巡ろうと歩き出し、

Dsc04178

四条の八坂神社を越えたところでした。
道路脇にある「岡村桂三郎コレクション常設展」と書かれた
小さな立て看板を発見。

Dsc04176

吸い寄せられるように中へ入っていくと、
そうです。そうです。
昨年、東京のホテルニューオータニで拝見した
日経日本画大賞展で、見事、大賞に輝いた
岡村桂三郎さんではありませんか。

Dsc04174

岡村さんの作品を生で見るのは、これで二回目。
前回が、大迫力の作品だっただけに、
これぐらいの立体作品も制作しておられるのか。と、
しばし新鮮な面持ちで眺めておりました。

Dsc04173

何枚か、十字のカタチをしている作品があったので、
気になって、画廊の方にお話をうかがったのですが、
分かりませんでした。
なにかしら、意図が隠れているように思えます。
こちらの「岡村桂三郎コレクション 常設展」は、
大雅堂にて、5月末まで開催中です。
先日行われたアートフェア東京に出品された作品も
含まれているそうです。

Dsc04171

京都は、暑かったですが、
アートも熱くなっていました。
この後、時間があれば、もう1展ご紹介いたします。
なければ、また、明日にでも。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ

| | コメント (0)

プレーリー・キャラさん。

おはようございます。
ちょっと珍しい写真が撮れた
日曜限定!チョロキャラのお時間であります。
まぁ、もう。さっそく、ご覧いただきましょう。

Dsc04139

こちらです。
ダックスは、胴が長いため、二足立ちというものを
あまりしないのでありますが、
ゴミ箱に、おもちゃやおやつの袋を捨てたりすると、
匂いが残っているのでありましょう。
こうして、二足立ちして、のぞき込むのであります。

Dsc04136

見た目から言えば、プレーリー・ドッグならぬ、
プレーリー・キャラさんと申しましょうか。
今回は、かなり長く立っていたので、
右から、左から、上手く写真に収めることができました。

Dsc04137

もうワンポーズ、面白いかっこうをするときがあるので、
前々から写真に収めたいと思っているポーズがあります。
それは、大をしたあとに、すこしおしりがむずがゆいのでしょうか、
玄関マットや廊下などにおしりをこすりつけながら、
前脚だけで進むのであります。

Dsc04138

それが、毎日ではなく、少しゆるめのときに
そうするようでありまして。
こちらとしても、写真を撮るより、ぞうきんを用意するほうが先決。
ついつい撮るタイミングを逸してしまうのであります。
それに、いつもカメラを、大をしているキャラさんに
向けておかなければなりません。
それも、おかしな話です。
でも、一度、撮ってみたいなぁ。と、思ったりしています。
もし撮れましたら、もちろん、ブログに載せますので。
では、また。

Dsc04169

それはそうと、京都の桜は、今日ぐらいまででしょう。
昨日は、一気に散り出していました。
春を通り越して、夏の暑さでありました。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
展覧会情報、更新しました。→keikodollsブログ


| | コメント (2)

今日こそ、京都へ。

えーっ。
またまたまた、わたくし、大うそをついてしまいました。
昨日、京都へ行こうと思ったら、
急用が入ってしまい、
そのまま出かけるタイミングを逃してしまったため、
本日予定していた庭仕事をしていました。
でも、これから、行ってきます。
こんどは、本当です。
なぜか、五条あたりから、回り出します。
では、また。

Dsc04149

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ


| | コメント (0)

桜、桜、桜。

今週は、大阪も快晴に恵まれています。
先日、画廊を回りながら、
桜ばかり撮ってみました。
すでに散りはじめた木々もありましたが、
まだまだ見ごろのスポットも多いようです。
では、

Dsc04159

まずは、枚方の堤防に咲く桜から。

Dsc04158

ここは、北浜…。

Dsc04157

こちらは、靱公園。
(アップすぎて、場所までは、分からないとは思いますが。)

Dsc04150

最後は、大川沿いの桜並木。

Dsc04148

今日は、京都へ行くつもりなので、
また、撮ってみましょうか。
もう、だいぶ、散ってるかも知れませんが。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、keikodollsブログ

| | コメント (0)

立体が平面になった、鷲津民子展。

僕にとって、これで3回目となる
鷲津さんの展覧会でありますが。

Dsc04153

いままでのような立体作品がなかったので、
(なにか心境に変化があったかな…。)と、思っていると。
「もう体力的に無理があって…。」と、
こちらの思いを見抜いてしゃべりだしていただきました。
信濃橋画廊は、まず地下の画廊フロアへ降りてから、
エレベータで4階まであがり、
その上の5階の画廊フロアまでは階段を上ることになり、
重い立体作品を運ぶのは、
男性でも骨の折れる作業なのであります。

Dsc04152

さてさて。
今回の作品の話に戻しましょう。
縦長のキャンバスが並んでいますが、屏風から発想を得たそうで、
鷲津さんの頭の中では、どんどん横に広がっているようです。
将来的には、もっと広いスペースでの展示を考えているようです。
そうですね。
もっと広いスペースで見てみたい作品です。


Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ちょっと、更新。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

残像の楽園、塩賀史子展。

滋賀の大自然に囲まれながら暮らす
塩賀さんからDMをいただきました。
今回は、僕が先日、はじめてうかがった
ニュートロン東京での展覧会のようです。

Dsc04143

塩賀さんの森が、あの空間に、どんな風に展示されるのか。
非常に興味をそそられています。
上手い具合に関東方面の仕事が入るとうれしいのですが、
そう都合よく、ものごとは運ばないもんでして。
今回ばかりは、無理そうです。
でも、関西でやられるときは、ぜひ、行きますので。
塩賀さん。
もちろん、関東方面の方々、おすすめです。
「残像の楽園」塩賀史子展
ニュートロン東京
2009年4月15日(水)〜5月10日(日)
初日に、オープニングパーティがあるようです。

Dsc04145

それにしても、昨日は、あっちこっちで、
桜が満開でした。
車を運転していたので、写真には撮れませんでしたが…。

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
ちょっと、更新。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

本日は、京都方面へ。

と、いっても。
展覧会巡りではなく、
奥さんの付添で沈明姫さんとの打ち合せに行き、
その後、以前お世話になった方にごあいさつ、
という道順であります。
沈明姫さんとの打ち合わせ内容は、
また明日、もう一つのブログでご報告いたします。
では、行ってまいります。

Dsc04118

いじめてるんじゃないんですよぉ。
ハンモックのカバーから、
自分で顔を出そうとしたら、
狭くてはさまっただけなんですよぉ。

Copy by man.
奥さんの、Araki Keiko Web Gallery

そして、keikodollsブログ


| | コメント (0)

気になるいくつかの展覧会を。

本日は、いい天気です。
こんな日は、花見にでも出かけたい。
ところでありますが、
午後から来客の予定がありまして、
一日雑用と向き合おうかと思っております。

Dsc04135

さぁ、今日は、いただいたDMの中から、
なん展かご紹介させていただきましょう。
まず、一つ目は、
Transmutation April 4-25.2009
第五回造形芸術家展
こちらは、山岡敏明さんや中西信洋さんをはじめ、
5人の注目作家による展覧会のようです。
僕も、先週なら行けたのでありますが、残念です。
しかし、関東方面の方々にはおすすめです。

Rl

京都では、北城貴子さんが個展を開いています。
前期がドローイング、後期がペインティングと、
2部構成で行われているようです。
オープニングに駆けつけたかったのですが、無理でした。
なんとか、会期中には、うかがいますので。
北城貴子展 HOJO TAKAKO
"Resonating light"
part 1  Drawings
2009年4月3日(金)-5月10日(日) 毎週 金・土・日のみ
part  2  Paintings
2009年5月15日(金)-6月14日(日) 毎週 金・土・日のみ
sowaka

Dsc04133

最後のおすすめは、冬耳さんです。
先日、仕事で作品をお借りした。
から、というわけでもないのですが。
最近の冬耳さんは、どんどん進化しているように見えます。
あの空間を、どう仕立てるのか、楽しみです。
冬耳展
-a little distance-
4月13日(月)〜25日(土)
ギャラリーDen

Dsc04134

Copy by man.
奥さんの、Araki Keiko Web Gallery

そして、keikodollsブログ

| | コメント (0)

東京でワンコと泊まるなら。

おはようございます。
本日は、東京での宿泊先をご紹介したい
日曜限定!チョロキャラのお時間であります。

Dsc04064


わが家族の旅行は、そのほとんどが、
キャラさんが同行するため、
どうしてもペット可の宿泊先を探すことになります。
先日、東京へ仕事で行ったときも、
定宿としている「旅籠屋」が春休みでいっぱいだったので、

インターネットで宿泊先候補を、いくつか探してみることに。
すると、
楽天ブログや、Hatenaの回答など、新しい情報源を発見。


その中から、撮影スタジオが近い新宿界隈で
価格を比較してみると、
JR大久保駅の近くにある「シティホテル甲隆閣」という

ビジネスホテルを見つけたのであります。
お値段は、じゃらんを通すと、
なんとツインルーム2名、犬(小型犬)無料で、8,000円という
破格値でありました。
これは、ちょっと、行ってみなくてはと思い、
早速申し込んだのであります。
写真では、かなり古そうなホテルであることは伺い知れたので、
あまり期待はしていなかったのでありますが。
びっくりしたのが、駅からの近さ。そして、駅近なのに静か。
設備そのものは、かなり古びていましたが、
まぁ、もっとひどい宿で、もっと高いところに泊まったことも
あることを考え合わせると、
素泊まりなら充分、許容範囲であります。
東京へワンコ連れで行かれようと考えている方々、
僕の意見は、あくまでもご参考までに。
目的地や設備(人形町には、大浴場があるところも…)で選べば、
まだまだたくさんありますからね。
何泊かされるのでしたら、
いろいろ回ってみることをおすすめいたします。

Dsc04116


ちなみに、展覧会で定宿にさせていただいている
「旅籠屋」さんは、駐車スペースが広い、
さらに、設備もキレイ、ベッド&お風呂が広い、
しかも、朝食付。
という感じです。
九州旅行の時も、壇ノ浦で一泊しましたが、
よく眠れるベッドなのですよ。これが。


Copy by man.
奥さんの、Araki Keiko Web Gallery

そして、keikodollsブログ

| | コメント (0)

森の鼓動、安井須磨子展。

桜の季節になると、安井さんの作品に会える。
そう思うだけで、心がほころんでくる。

Dsc04132

ちょっと、叙情的に入ってしまいましたが、
安井さんの作品は、色合いといい、
そのはかなげな線の細さといい、
この季節が一番合っているのでしょうね。

Dsc04131

今年の3月まで、朝日新聞のコラム記事の挿絵を
3年に渡って担当されていたそうで、
僕がうかがったときにも、その新聞を持って来られていた方や、
「お会いできて、念願が叶いました」といって、
サインをもらって帰る方など、
作家冥利に尽きると思われるようなファンの方々が来られていました。

Dsc04130

淡い花の色合いだけではなく、
薄い黒の配色が深みを与えている。
ところどころに、隠し絵的に人物が潜んでいるのも面白い。
安井さんの遊び心も、垣間見えました。

Dsc04129

大阪は、来週ぐらいが、桜の満開のようです。
花見がてら、いかがでありましょうか。
ギャルリプチボアにて、14日まで開催中です。


Dsc04127

Copy by man.
奥さんの、Araki Keiko Web Gallery

そして、keikodollsブログ

| | コメント (0)

臨床するアート、学会誌が届く。

東京から帰ってきたら、
アートミーツケア学会から冊子が送られてきていて、
封を開いてみると。
そうでした。学会誌が出版されたのでありました。

Dsc04124

僕の義母さんが暮らす老人ホームのスタッフの方々と、
アーツセラピストの方々の仲を取り持たせていただき、
早や1年半ほどが過ぎたのでありますが。

Dsc04123

昨年、学会誌が刊行されることになり、
活動報告などの論文を募集していたので、
セラピストの方々にお知らせしたところ、
みなさん、がんばっていただき、投稿されたのであります。
結果、見事に掲載が決まり、
全8ページに渡って、老人ホームでの活動状況が
紹介されております。

Dsc04122

僕が撮ってお渡しした写真も使っていただけました。
少しは役立ったようで、大変うれしく思っておりますよぉ。
みなさん。

Dsc04121

もともとは、うちのNPOの代表が学会員になり、
なにができるかわけもわからず、
誘われるまま僕も会員になってしまったのであります。
先日、ひさしぶりに代表と会ったとき、
「あ、僕、学会員辞めたから…」と、告げられた時は、
「えーっ。おっさん。なに言うとんねん」と、
思いもよらない発言に、
声を荒げて突っ込んでしまいましたが。
こうして、学会誌に目を落とすと、
僕だけでも辞めなくて良かったような気もしてきました。
しかし、日々雑用に追われだしてしまい、
ここ数回、アーツセラピーに参加できておりません。
これから、どう向き合っていくべきか、
しっかりと考えるべき時期なのでありましょう。

Dsc04120

まずは、アーツセラピストのみなさん、
おめでとうございます。
そして、これからも、よろしくお願いいたします。


Copy by man.
奥さんの、Araki Keiko Web Gallery

そして、keikodollsブログ

| | コメント (0)

LIGHT-LIGHT、グエナエル・ニコラ。

たまたま、インターネットでやっていることを知り、
たまたま、ルイ・ヴィトン表参道店の前を通り、
「あっ。ここでやっていたのか…。」という具合に
吸い込まれるように入っていってしまいました。

Dsc04039

撮影許可をいただいたので、
撮ってはみたのですが…。

Dsc04042

白いボールが浮いたり、沈んだり、
光ったり、影になったり、さまざまな変化をするのですが。
この写真じゃぁ、分かるわけないですね。

Dsc04041

すいません。
資料でもらったエスクァイアによると、
「LIGHT-LIGHT」という作品は、
80コの小さなボールを下からLEDライトで照らし、
風を吹き上げながら、風力を調整することで
光の玉はウェーブ運動などの美しい動きを見せる…。
と、あります。

Dsc04038

作家は、建築からプロダクトまで手がけられているようで、
誌面のレクサスのショーイベント写真も、
先日見かけたことがあります。

Dsc04114_2

どちらにせよ、これは、あの空間へ行き、
見なければ分からないだろうと思います。

Dsc04112

もし行かれたら、このイベント用に生まれた「LIGHT FOOD」なる
軽くて丸いお菓子も食べてみてください。
味はともかく、よくここまで創ったもんだと
感心すること間違いなしです。
とにかく、味はともかく、
アンリ・シャルパンティエ提供ということです。
4月5日(日)までのようです。

Dsc04113

Copy by man.
奥さんの、Araki Keiko Web Gallery

そして、keikodollsブログ

| | コメント (0)

見えていた風景「空」、寺島みどり展。

すいません。
雑用に追われて、4本立ては無理でした。
本日は、残り2本、しっかりと、お送りいたします。

Dsc04052

さて、持塚さんの後に向かったのは、
東京メトロ外苑前駅から5〜7分ほどの場所にある
ニュートロン東京で開催中の寺島みどり展であります。

Dsc04048

ニュートロン京都には、
京都の画廊回りの時は必ずと言っていいほど
お邪魔していたので、先日オープンした東京は
どんな雰囲気になっているのか
内心、非常に楽しみにしながら行ってみました。

Dsc04046

スタッフの方にお話をうかがうと、
もともと3階建ての民家だったらしく、
ソファ等も置かれていて、家でアートを楽しむなら
こうして飾ったらどうだろうと思わせてくれる
なんとも親近感の湧く展示スタイルでありました。

Dsc04045

本題の寺島さんの作品でありますが、
先日、ギャラリーDenで見せていただいたものを
情熱的なストロークとするならば。
こちらでは、花のようにも見える、
美しくまとまったストロークでありました。

Dsc04047

抽象なのに、具象のようにも見える。
写真では、分かりづらいとは思いますが、
ソファ上に展示された光沢のある3点が、
夫婦して気に入ってしまいました。

Dsc04044

大阪、東京、京都の三都市を巡る展覧会も、
4月28日からのニュートロン京都で終了ですね。
完全制覇とまいりましょうか。


Copy by man.
奥さんの、Araki Keiko Web Gallery

そして、keikodollsブログ

| | コメント (0)

彼の中にある世界、持塚三樹「キ」。

ではでは、いっ展、いっ展、
お届けしてまいりましょう。
まず、最初にご紹介するのは、
JR大塚駅北口から商店街を抜けた場所にある
MISAKO & ROSENで開催中の持塚三樹「キ」であります。

Dsc04059

持塚さんは、僕が昨年までART MEDIA keyisとして
アート作品をインターネットで販売していたときに、
何点か作品をお預かりさせていただいたことがありました。
(持塚さんの作品は、完売しました。)

Dsc04057

というわけで、
メールや電話でのやりとりはあったのですが、
直接、持塚さんとはお会いしたことがありません。
それでも、個人的に、魅かれるものがありまして。
今回、アートワークスサラの安田さんにお知らせいただき、
仕事の帰りに、うかがってみたのであります。

Dsc04056

平面作品は、以前の面影を残しながらも、
体内で響き続ける鼓動が聞こえてくるような
彼独自の世界が広がっていました。


Dsc04054


さて、僕が一番気になったのは、
はじめて見せていただく、立体作品。
写真は、1点だけですが、木やガラスなどの
素材感を上手く活かした作品たちは、
深い森を連想させる。
これまた、彼らしい世界観が現れていました。
(すいません。もう少し、写真撮っておくべきでした。)

Dsc04058


持塚さん、また関西でも、ぜひ、作品を発表していただきたい。
そして、いつか、ぜひ、お会いいたしましょう。

Dsc04061


Copy by man.
奥さんの、Araki Keiko Web Gallery

こちらは、夜にでも更新。→keikodollsブログ

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »