« 残り20%を追い求めて。 | トップページ | 韓国の作家は、朝まで元気。 »

大阪で出会った2つの展覧会風景。

昨日、打ち合せの合間に
少しだけギャラリーを回ってきました。
そのなかで、対照的なおふたりが気になりました。
一人目は、
Oギャラリーeyesで開催中の山田七菜子さん。

Dsc04314

そのまま見れば、横たわった人を描かれているのですが。
実は、石であったり、木々であったり。
風景として、そこに存在するものを、有機的に見せるために
人に置き換えているそうです。
暗く、そして重い雰囲気の作品なのですが、
描かれているご本人は、いたって明るい方でして。
そのギャップが、作品以上に印象に残ってしまいました。
山田さんは、5月2日(土)まで開催しています。

Dsc04313

もう一人は、
ギャラリーDenで開催中の石川丘子さん。
こちらは、うって変わって、淡い色合いで仕上げた
静かな風景画であります。
木版画とドローイング作品を発表されているのですが、
関東を中心に活動されている作家さんです。

Dsc04308

写真にはないのですが、ファイルを見せていただくと、
韓国の作家さんに多い、黒を活かした作品もあり、
これから、どの方向へ進んでいくのか、少し楽しみになりました。
石川さんは、5月9日(土)まで開催しています。

Dsc04310

Copy by man.
奥さんこと、荒木啓子のkeiko web gallery
そして、→keikodollsブログ
荒木啓子立体作品展
「SUGAR SALT + CINNAMON」
大阪は北浜にあるギャラリーH.O.Tにて、
2009年5月25日(月)〜6月6日(土)まで開催します。

|

« 残り20%を追い求めて。 | トップページ | 韓国の作家は、朝まで元気。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 残り20%を追い求めて。 | トップページ | 韓国の作家は、朝まで元気。 »