« 気泡のような木版画、松谷博子展。 | トップページ | 奥脇孝一展、初日の風景。 »

新鮮な少年少女がパリから来た、イシイアツコ展。

昨日は、お昼から、
カメラマンの奥脇さんの個展におうかがいするため、
神戸へと向かったのでありますが。

Dsc04017

その前に、小吹さんが、こぶ〆でおすすめしていた
ギャラリーヴィーで開催中のイシイアツコ展へ
行ってみました。
海岸ビルヂングは、思った以上にレトロなビルで趣もあり、
長い階段を最上階まで上がるとギャラリーがありまして。


Dsc04021

中へ入ると、無数の版画作品が貼られていたので、
すぐに近づいて見たくなってしまいました。


Dsc04024

そして、ゆっくりと、じっくりと、見つめていると、
第一印象に残ったのは、少年少女の顔。
どの子も無表情なのでありますが、
目鼻立ちがくっきりとしているためか、
何かを思い、何かを追いかけているようにも見える。
ヘアースタイルの描き方も、エッチング技法を上手く活かしている。

Dsc04025

そして、ところどころに、日常にある具体的なモノを、
異質な感覚でちりばめている。
アンバランスなバランス感覚が、いい意味で新鮮に映りました。


Dsc04023

お話をおうかがいすると、14年前にパリに行き、
そのまま暮らしだして、版画をはじめたそうです。
思い立ったら吉日的な経歴も気になりましたが、
いまの日本にはない感覚の持ち主であることは
間違いありません。

Dsc04026

海外は大の苦手の僕ですが、
パリには、ちょっと、行ってみたくなってしまいました。
来年、またお会いしましょう。
と言って、お別れしましたが、
来週ぐらい、奥さんも連れて行きましょうか。
時間がとれると、いいのですが…。

Dsc04019

Copy by man.
奥さんの、Araki Keiko Web Gallery

そして、keikodollsブログ

|

« 気泡のような木版画、松谷博子展。 | トップページ | 奥脇孝一展、初日の風景。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気泡のような木版画、松谷博子展。 | トップページ | 奥脇孝一展、初日の風景。 »