« アートプレゼンの結果。 | トップページ | 京都美術ビエンナーレ2008のDM。 »

妄想世界満開の、秦まりの展

昨日は、アートワークスサラでのパーティに

出席するべく、夕方からふたたび

大阪市内へと向かったのでありますが。

パーティ模様は、ほかのブログでも取り上げて

いただけそうなので、

僕のほうは、日曜のチョロキャラにでもお伝えするとして。

本日は、こちら。

Dsc03500 

なんとも不可思議な世界を創りあげていた

番画廊で開催中の秦まりの展をご紹介いたしましょう。

LOVE トカゲ男とその愛の話」というテーマをもとに、

“番画廊って、こんなに明るかったかなぁ。”

と思うぐらい、彼女独自の妄想世界が

空間いっぱいに繰り広げられておりました。

Dsc03501 

平面は、原色のシルクスクリーン。

立体は、キルティング作品(たぶん)。

それぞれが、妄想物語にそって上手く展示されており、

これがはじめての展覧会とは思えないほどの

見事な構成力でありました。

まだのかたは、ぜひ、どうぞ。

2回目、3回目が早く見てみたい。

そして、これからの活躍が楽しみな作家さんです。

秦まりの展

番画廊

126日(土)まで

Dsc03502 

それはそうと、昨日のパーティで、

僕と同姓の高本さんという作家さんに

お声かけいただきました。

お話を聞くと、このブログと、キャラさんのファンだそうで

ありがたくも、大変恐縮してしまいました。

なんといっても、

毎日、ただただダラダラと書いているだけですからね。

高本さん、ありがとうございます。

お言葉に感謝しながら、

これからも、ダラダラと書かせていただきます。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。高本より。

Dsc03503

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

|

« アートプレゼンの結果。 | トップページ | 京都美術ビエンナーレ2008のDM。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アートプレゼンの結果。 | トップページ | 京都美術ビエンナーレ2008のDM。 »