« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

現在、本田かな。次回、窪田順。

僕はまだ、神戸のSTREET GALLERY

行ったことがないのですが。

先日、大阪のギャラリーを回っているときにDMを拝見し、

そう言えば、笹倉さんも、ここでやっていたなぁ。

と、思い出してしまいました。

Dsc03246_2 

119日(日)までは、写真を編む本田かなさん。

Dsc03245 

10日(月)~30日(日)までは、

窪田順さんの作品が展示されているようです。

僕が気になっている作家さんばかりであります。

STREET GALLERYのオーナーさんとは

まったく面識がないのですが、

なんだか近しい選択をされているようで

親近感が湧いてきました。

でも、枚方から住吉へ行くのはなかなかですねぇ。

でもでもでもでも、

よく考えたら神戸方面へは

ある老人ホームへのアートプレゼンに

来月から何度かうかがうことになっています。

そうです。そうです。

少しぐらい寄り道しても、良さそうです。

STREET GALLERY

神戸市東灘区住吉本町1-5-8

http://www.street-gallery.net/

Dsc03214 

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

3年目の綿業会館に思うこと。

昨日は、インテリア業界の内覧会が、

大阪市内の綿業会館にて開催されたため、

わがキィーズも空間をしつらえる

アート作品の販売や制作をうたい文句に行ってまいりました。

と言っても、これで出展するのは3回目であります。

それも、はじめて一人で参加することになったので、

あまり気負わず、気軽に行ってまいりました。

前回までは、ブースの前を通る方々に

強引にお声かけしたり、チラシを配ったりしていたのですが、

今回は、一人ということもあり、「なんのブースですか?」と

話しかけてきていただいた方を中心に、

対応させていただくことにしました。

すると、興味のある方々が寄ってきていただけまして。

インテリアとともにアートを提案されている方、

ハウスメーカーでアートに興味をお持ちの方、

インテリアメーカーでご自身趣味で作品を描かれている方、

などなど、思ったより、

いろんなお話をうかがうことができました。

なるほど。

このやり方が、僕の性にはあっているようです。

ここからいきなりビジネスにつながることは

少ないとは思いますが、

初回の出展で家具メーカーのショールームの

館長さんと出会い、その後、

作品を納品させていただいた施設をご紹介いただいたのも、

思い返せば、この場がきっかけでした。

そして、また新しい出会いがありました。

出会いがなければ、なにも始まらない。

この場は、その始まりを創るところなのかもしれない。

結果ばかりを追いかけてはいけないような気がしてきました。

いい出会いがあれば、

結果は、数年後についてくるもんです。

そんなことを考えながら、

これからのことを考えていました。

Dsc03239_2 

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

大阪の、いくつかのギャラリー風景。

昨日は、ギャラリーまわりには、いい天気でありました。

本日も、朝から出なければいけませんが、

ズラズラズラと、お写真okだったところを

ご紹介してまいりましょう。

Dsc03223 

まずは、ギャラリーH.O.Tで開催中の山岡敏明展。

この黒い謎の物体 グチックを見たのは、

これで3回目でありますが、

かなり巨大化しているようです。

来週からのギャラリズムとも連動しているようで楽しみです。

Dsc03225   

こちらは、ギャラリーwksで開催中の三寒四温展。

中村浩一郎さんと山田七菜子さんのペアであります。

前回見たときよりも、はじけてきたというか。

色が出てきたような気がしました。

Dsc03235 

今回、一番気になったのが

ギャラリー白で開催中の本堀雄二展。

ダンボールでできた仏像群でありました。

行かれた方は、仏像のなかまで要チェックです。

これは、面白い。

Dsc03227 

さて、ギャラリー白3で開催中の元川知子展。

こちらは、自分の内面を陶での表現を試みている、

不可思議で、エロティックにも見える作品であります。

おっぱいがいっぱいでありました。

Dsc03207 

ちょっと、写真を撮らせていただくのを忘れたのですが、

Pict galleryで開催中のMACHIKOさんのCybele展。

体のしぐさやパーツなどと、うまくタイトルを合わせて

表現されていました。

Dsc03222 

さらに、こちら。番画廊で開催中の山田孝行展。

前回にひきつづき、布か紙でできた鳥の群れを、

今回は滝をバックに描かれておりました。

写真では伝わらないかも知れませんが、

雄大な景色が広がっております。

Dsc03220 

乙画廊で開催中の中島奈津子展。

これで木版画かと思うほど、美しい色味が持ち味の

作品たちでありました。

Dsc03213 

さぁ、老松町を離れて、

ギャラリーdenで開催中の木原真男展。

以前は、絵を描かれていたそうですが、

最近は、絵画をことばで考察することを続けておられます。

こうゆう絵の描き方もあったのでありますねぇ。

Dsc03209 

最後は、不二画廊で開催中の工藤正秀展です。

木々や草花が風に揺れる動き、光と影の動きなど、

さまざまな動きの重なりを一枚の絵に封じ込めた作品たち。

洞窟好きの工藤さんのお話が聞けて、

面白い時間が過ごせました。

Dsc03218 

本日は、以上であります。

それにしても、いい天気でありました。

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

今年は15軒の、Gallerism2008。

僕自身、ギャラリズムという存在を知ってから、

お恥ずかしい話、まだ4年目であります。

それから、若干の入れ替わりはあるものの

今回は、15軒のギャラリーさんが、

おすすめの作家さんをご紹介されるようです。

Dsc03203   

このなかには、何度かお会いした作家さんも

いらっしゃいますが、

もちろんおはつの作家さんもいらっしゃる。

Dsc03202 

よく見ると、海外の作家さんもいらっしゃる。

しかし、抽象と呼べるものがまったくありません。

それも時代の流れなのでしょうか。

Dsc03204_2 

それはそうと、恒例になった小吹さんのアートナビも

開催されますね。

行ける方は、113日(月・祝)1400に集合です。

11月5日の鷲田氏と森村氏の対談も面白そうです。

Gallerism2008画廊の視点

113日~15

大阪府立現代美術センター

http://www.osaka-art.jp/

Dsc03205 

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

今日から始まる、なん展か。

今週は、立体像が気になっておりまして。

まずは、ギャラリー白で開催されている

本堀雄二展。

Dsc03201 

こちら、ダンボールでできているようです。

明日、お写真なんぞ、撮らせていただきましょう。

Dsc03200 

そして、こちら。

JR大阪セルヴィスギャラリーという

北新地駅のとなりにあるギャラリーで行われている

徳持耕一郎展。

鉄の線で人を造られているのですが、

この表情を出すのは、非常に難しそうであります。

Dsc03199 

さて、見えるでしょうか。

この地下街には、キタノザウルスという

奥さんの師匠 佐藤邦雄さんの作品が展示されています。

実は、かなり以前のこと、

渋谷のハチ公のような大阪の待ち合わせスポットをつくろう

と、電通さんをはじめとする企画委員会が立ち上がり、

大阪駅前におもしろいブロンズ像を建てようという

お話がありまして。

なんと、奥さんのプレゼンした作品が選ばれ、

大阪駅前に立つ予定でした。

話は試作制作へと進んでいたのですが、

突然、大阪駅の駅長が変わりまして。

「安定性が悪い=危ない」からと、

あえなく奥さんの作品(片足立ちの犬2匹の像)

は却下されて、

安定感のある佐藤さんの作品に変更。

しかも「危ないからもっと人のいないところに設置しろ」と、

大阪駅より、かなり人通りの少ない場所へと

追いやられてしまいました。

後日、テレビのバラエティ番組に

取り上げられたりもしたのですが、

いまも、あまり人の待ち合わせ場所には

なっていないようです。

たった一人のテキトーな意見のおかげで、

いろんな人が被害をこうむるもんです。

そんなことを、このDMの地図で思い出してしまいました。

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

三田のそば屋、権二朗。

おはようございます。

本日は、三田の周辺を紹介したい

日曜限定!チョロキャラのお時間であります。

Dsc03130 

それにしても先週は、今日とは打って変わって

いい天気でありました。

誰か強烈な晴れ男がいたのでありましょう。

Dsc03131_2 

さて、こちらが、僕らがお邪魔した元顧問先生の

お宅でありまして。

もとの持ち主は、画家さんだったらしく。

卓球が余裕でできるぐらいというか、

100200号ぐらいのキャンバスなら軽く置けるぐらいの、

小さな体育館のようなアトリエがありまして。

こちらで、おっさん6人は寝かせていただきました。

Dsc03126   

土曜日は、三田牛のバーベキュー。

Dsc03120

翌日は、朝から庭で先生ご夫妻の手作りピザ、手作りジャム、

手作りヨーグルトなどで、優雅に朝食を済ませた後、

近くの温泉へと繰り出しまして。

その帰りは、日本の六古窯のひとつにあげられる

丹波焼の陶器市が開かれていた篠山へ向かいました。

Dsc03118 

立杭窯と田畑しかないような田舎に、

車が大挙しておりまして。

結局、駐車スペースが見つからず、

中心から少し離れたところで車を止め、

一軒のお店へ入っただけですが。

お話を聞くと、

この周辺には40ほどの窯があるそうで、

平日や休日にふらっと立ち寄っても面白そうでありました。

Dsc03116   

さてさて、その後は、

前日、たまたま前を通って気になっていた

そば屋へと行ってみました。

こちら「権二朗」という屋号でありますが、

打ちたての更科タイプのそばと

あげたてのサクサク天ぷらが

なかなかの美味でありました。

Dsc03114 

帰りに、「唐変木蕎麦之会会員店紹介」という、

なんと呼ぶのか分からない会のリーフレットをもらってきました。

南は、長崎から近所の交野、関西周辺にも会員店があり、

これは、ちょっと足を運んでみたくなってきましたねぇ。

いつかそば屋めぐりへでもまいりましょう。

「権二朗」の住所等は、こちらです。

三田市大川瀬886-2

079-568-3030

HPはないので、ナビもしくは住所で検索してくださいませ。

Dsc03191 

と、ここまで書いてきて、

チョロキャラなのにキャラさんの写真が

まったくありませんでした。すいません。

Dsc03196 

今日は、こんなおまぬけ写真でさよならです。

ごはん粒、わざとつけたんじゃありませんよぉ。

じぶんで、つけたんですよぉ。じぶんで。

なんせ食い意地がはっていますからねぇ。

ごはん粒がついたのも分からないぐらい

Dsc03197

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (2)

井上廣子さんの生命の樹は、始まりの樹になった。

行ってまいりました。

うちのNPOの代表が、枚方のとある小学校で

しかけたワークショップであります。

そうですねぇ。

子供たちが、20数名、保護者の方が5名ほど。

さらにNPOのメンバー等を加えると

ほぼ30名でのワークショップでありました。

Dsc03186 

まずは、今回のリーダーである

作家 井上廣子さんのプロフィール紹介をかねた

世界で行ってきた活動記録の写真を

スライドショーでご覧いただきまして。

Dsc03182 

その後は、いよいよワークショップのスタートです。

体育館に広げられたブルーシートの上で

何をするのかと、思いきや。

井上さんから子供たちに、

木の幹を描くように指示が出されまして。

Dsc03180 

みんな、はじめは恐る恐る木の輪郭や枝を

描いていたのですが、

Dsc03179 

木のなかを描き出すと、乗ってきたようです。

思い思いの色を塗りはじめ、

あっという間に、埋め尽くされておりました。

Dsc03171 

さぁ、ここからです。

子供たちには、葉っぱや昆虫、動物などを描くように

指示が出され、

Dsc03175 

大人は、木の絵をハサミで切り取りまして、

みんなで担いで、

壁に貼り付けたのであります。

Dsc03168 

そして、子供たちが描いた葉っぱなどを、

木の絵のまわりにペタペタペタと貼りました。

絵だけでなく貼る場所にも、

子供たちのこだわりが出るもんです。

上の枝のほうに貼りたいという子もいれば、

幹の太いところに貼りたいという子もいる。

Dsc03165 

ちなみに、僕も、刷毛を持って真っ赤な絵具を、

塗りたくってみました。おおいに気持ちよかったです。

やはり、こうゆうワークショップは、

端で見ているより、参加するほうがだんぜん面白い。

子供たちも、

参加された校長先生や保護者の方々も、

それぞれが、思い思いに愉しんでいるように見えました。

次回、発展形ができるなら、

もっと面白くなるんじゃないかと思います。

Dsc03164 

ちなみに、このワークショップ

井上さんは、「生命の樹」と題していましたが、

出来上がった作品の名前は、

子供たちに公募することになりました。

さっそく、一人の男の子が「世界の始まりの樹」と

名づけていました。

なるほど。なかなかいいセンスの持ち主であります。

Dsc03166 

最後に、作家 井上廣子さんのプロフィールや作品が

掲載されているwebサイトのURLを掲載しておきます。

ご関心を持たれた方は、ぜひ、ご覧ください。

井上廣子ブログ

http://sideinout.exblog.jp/

文化庁

http://www.bunka.go.jp/1kokusai/bunkakouryuusi_houkokukai_inoue.html

Art Yuran

http://www.art-yuran.jp/2003/02/post_194.html

たぶん、NPO芸術環境計画でも近日報告するはずです。

http://artpot.net/

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

本日は、午後から更新。

おはようございます。
もうすぐ、NPOが主催するワークショップへ
お手伝いに行かなければなりません。
はじめは乗り気ではなかったのですが、
時間が経つと、だんだん面白そうな気がしてきました。
井上廣子さんとお会いするのも、
ひさしぶりなので楽しみです。
家族総出で、行ってまいります。
ワークショップの報告は、
来週と書いてしまいましたが、
帰ってきてからしてしまおうかと
思ったりしだしました。
とりあえず、また、後で。
copy by man.

| | コメント (0)

Utsubo Art Rally 02 & Art Picnic。

いろいろお伝えしたい情報があるのですが、

本日は、すでに一部ではじまっている

うつぼ公園界隈のギャラリーが主体となった

Utsubo Art Rally 02」であります。

Dsc03158

今回から、われらがアートワークスサラさんも、

参加しておりますからね。

おおいに応援させていただかなければなりません。

ラリーだからといって、

なにかをもらえるわけではないのですが。

うつぼ公園のまわりに7スペース(他もありますが)も

アートスペースがあることは、

界隈の文化レベルの高さを指し示しておるようです。

Dsc03159 

さて、

初の試みとして、来る111日(土)。

「わたしの名前は今日」というタイトルで、

アーティストと一緒に風船で巨大ウツボをつくるという

イベントを開催されるようであります。

1時から3時まで(雨天決行)、参加費無料。

お時間のある方は、ぜひ、参加されては

いかがでありましょうか。

イベントの詳細と、

各ギャラリーのアート情報は、下記から、どうぞ。

http://mumble-mumble.com/tsukiyo/index.html

Dsc03156 

少し、話はそれますが、

明日は、うちのNPO代表が中心となり、

文化庁の使節としてオーストリア等でも活動されていた

作家の井上廣子さんが、枚方の小学校で

ワークショップを行うことになりました。

なんか言ってくるまで、ほっとこっ。

と、思っていたら、案の定、代表から電話があり、

パソコン&スライドがらみで

お手伝いするハメになってしまいました。

どんな内容なのか、さっぱりわからんまま行ってきます。

代表はともかく、井上さんがやらかすことです。

おもしろくならないわけがないでしょうね。きっと。

また、来週にでも、ご報告いたしましょう。

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

川崎の友からの贈りもの。

やはり、

鹿児島の友ばかり取り上げては、

川崎の友から怒られそうでありますね。

はい。

こちらが、川崎の友が自分の奥さんに言われて

ガラにもなく買ってきたお土産であります。

Dsc03155

どこかで、ひょいと買ってきたのでありましょう。

(しかし、意外とうまかったです。)

この川崎の友は、

学生時代から僕らのリーダーでありまして。

僕は、仕事がら大企業から中小企業まで

さまざまなリーダーに

インタビューをする機会が多いのですが。

普段はテキトーにしていながらも、

いざという時に、

彼ほどのリーダーシップを発揮できる人材は、

なかなかいないと思うほど頼りになる男であります。

もし、彼と僕が同じ道に進むことになっていたら、

おそらく、僕が先陣を切り、

彼が後ろで皆を束ね、

なかなか面白いことができたのではないかと。

まぁ、かなわぬ夢ではあります。

それに、それぞれが違う道に進んだからこそ、

昔と変わらぬ面、意外な面、新しい面が見えてきて、

いろいろと刺激しあえるのかもしれません。

川崎の友、鹿児島の友、大阪の友、

それぞれにがんばっている姿が見れて、

うれしい2泊3日でありました。

彼らに出会えたことに、感謝です。

今日は、これぐらいで終了いたしましょう。

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

鹿児島の友からの贈りもの。

本日は、大盤振る舞いの、もう一本であります。

先日、三田へ一緒に行った友のなかで、

いまは鹿児島で住む友と、

川崎に住む友が、わが家に一泊してくれたのですが。

それぞれに娘さんがおられるので、

自前で非常に申し訳なかったのですが、

奥さんの作品フレームと

お仕事で制作したカレンダーを持って帰っていただきました。

すると、昨日。

Dsc03137 

ドンと、着ました。

Dsc03135 

鹿児島の西郷どんのような風貌の友から届いたのは、

自家製の数々の野菜と新米であります。

この量の多さに僕はびっくりしましたが、

奥さんは「物々交換って、うれしい。」と、喜びをあらわにし、

一日中、テンションを高めに保っておりました。

Dsc03140 

本日、さっそくいただいた野菜と、

三田で買ってきた大粒の黒枝豆で

簡単サラダを作ってみました。

やはり、赤みが入ると、料理は映えますねぇ。

ありがとうございました。西郷どん。

また、いつか、飲み明かしましょう。

いやいや、僕が、すぐに飲みつぶれるか…。

たぶん。

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (2)

快速特急には、お気をつけください。

さて、セミナーの後の話であります。

いつものように懇親会がありまして、

いろいろな出会いの後、

お開きになったのは、夜9時半のことでした。

先日、“特急”すべてが「枚方」駅に止まるよう

ダイヤ改正されましたからね。

うれしい限りであります。

いそいそと京阪電車の“特急”に乗り込みました。

(ここからは、京阪神の方しか理解できない話であります。

ごめんなさいね。)

Dsc03153 

ところが、であります。

「京橋」駅で、ほろ酔いかげんのうつろな眼に

電光掲示板の文字が写りまして。

「中書島、丹波橋…」と表示されていることに

気づいたときには、時すでに遅く。

Dsc03141 

無情にも、「枚方」駅を通り過ぎ、

行ってしまいました。「中書島」駅へ。

なんでだろう。

と、怒りがこみ上げてくるのをグッと抑え、

我に帰って車内案内を聞いていると、

どうやら僕が乗ったのは、

“特急”ではなく“快速特急”というものらしく。

Dsc03154   

調べてみると、

平日の1721時帯、土曜・休日の2021時帯は、

「枚方」駅に停車する“特急”と、

「中書島」駅まで一気に向かう“快速特急”が

10分間隔で運転しているようであります。

なんだ、こりゃ。で、ありました。

もっと、しっかり告知しておいてよぉ。京阪さん。

“特急”と“快速特急”って、なんか、ややこしいなぁ。

当分、僕のようなやからが続出するのではないかと

思った次第であります。

そうそう結局、

家にたどり着いたのは、12時前でありました。

Dsc03144 

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (2)

相続税と、接客術と。

昨日は、いつもお世話になっている

税理士グループさんのセミナーがありまして。

いつものように、前知識なしに行ってまいりました。

すると、

のっけから事業継承にかかわる相続税の話題が

出てきたのですが。

Dsc03151   

なんと、

僕だけなのかどうかは分かりませんが、

知らない間に税制が変わっておりました。

ふむふむと聞いていくと、

明らかな増税でありまして。

Dsc03150_2 

それも、

いままでが不公平だったという理論を打ち出して、

一見正論だと思わせるような増税であります。

まぁ、税金がかかるほど遺産はないだろうと

途中で正気に返りましたが。

いろいろ財産をお持ちのみなさま、

お気をつけくださいませ。

Dsc03139 

さて、その後。

もう一本セミナーがありまして。

憧れのキャビンアテンダントさんの接客術でありました。

靴、鞄、時計のバランスで客を観察する方法など、

こちらは、なるほど!の知識大公開でありました。

接客=いかにリピーターを確保するためのサービスを行うか。

ということを航空会社は徹底的に分析されているようで、

こうゆうことは、あらゆるビジネスにも通じるノウハウだと

実感いたしました。

(僕も、もっと前からこのことを知っていれば、

数々の無益な争いはしなかったかもしれませんねぇ。

いたしかたありません。

これからに、生かしてまいりましょう。)

Dsc03147   

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

すでに始まった展覧会から、なん展か。

ご紹介しよう、ご紹介しよう、

と、思いながら、今日になってしまいましたが。

いつも短期レンタルでお世話になっている

作家 松浦生美さんの展覧会が上本町の風雅で

開催されています。

明日は、ワークショップも開かれるそうです。

どんなものになるか、楽しみです。

Rain_2

【会期】

10月20日(月)~25日(土) 12時~19時、最終日は17時まで

【ワークショップ】

23日(木) 17時~《お申し込みは下記アドレスまで》

【会場】

ギャラリー風雅

大阪市中央区上本町西 2-5-56

http://www.occn.zaq.ne.jp/fu-ga/

【在廊日】

22日(水)~24日(金) 16時頃~19時

25日(土) 16時頃~17時

但し、同時出展中の「からほりまちアート」会場に居る場合があります。

【からほりまちアート】

10月25日(土)~26日(日) 11時~17時

http://karahori-machi-art.com/

Dsc03134 

さて、秋田の中野さんの展覧会も今日からでした。

中野さんのブログも、要チェックです。

http://sekainokakera.cocolog-nifty.com/blog/

展示会場のミニチュアまで作って

シミュレーションしているなんて、すごい。

はじめて見ました。

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (2)

浅田家の前半戦総集編的写真展。

ただただ飲み疲れた三田の話は、

また日曜日にでもまとめてするとして、

本日は、いつものアートネタ復活であります。

こちらは、以前からたびたびご紹介してきた

カメラマン浅田政志さんの写真展。

今回は、「浅田家」の総集編みたいな

展覧会のようであります。

Dsc03132   

浅田家は、ただいま家族が一人増えて、

新しい家族写真撮影に取り組んでおられるようですが、

新作は、いよいよ来年、発表されるそうであります。

今回は、さしずめ前半戦の総集編というところでしょうか。

Dsc03133_2 

期間中、ポートフォリオレビューや

スライドショーイベントなど、

いくつかの関連イベントも開催されます。

いかつい風貌とは反比例する気の優しさが持ち味の、

あのお父さんも来られるのでしょうか。

僕も、時間があえばおうかがいしたいと思っております。

1028日(火)から始まる展覧会の詳細は、

ギルドギャラリーのホームページで、どうぞ。

http://guildgallery.net

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

ひたすら飲んだ二日間でした。

Dsc03128

ただいま、ようやく一息つきました。

飲みに飲み倒した二日間でありました。

お伝えしたいアート情報もありますが、

本日は、このへんで。

ごめんなさい。

また明日から、フル回転いたしますので。

| | コメント (0)

三田2

三田2
朝から、大変な手作り料理でした。こんなに、ゆっくりくつろいだのは、久しぶりです。たぶん、運転しなくていいからでしょうか。

| | コメント (0)

三田

三田
遅くなりましたが、ただいま三田です。尽きない話が続いていきます。

| | コメント (0)

開催中の展覧会を、なん展か。

本日、打合せの合間に、

いくつかのギャラリーをまわってまいりました。

ほんとうは、それぞれじっくり掲載したいのですが、

とりあえず、写真okだった展覧会だけ、

トントントンと、ご紹介してまいりましょう。

Dsc03111 

まずは、日本画出身の井上真希×丸山陽子 二人展。

それぞれ違うのに、どこかでつながっている。

そんなお二人でありました。

ギャラリーH.O.Tで明日まで開催中です。

Dsc03109 

お次は、ギャラリー白で開催中の「絵画のたのしみ」。

舘さんをはじめ、いぶし銀の作家さんたちでありますからね。

ぐっと、迫るものがありました。

Dsc03106 

こちらは、ギャラリー白3Cha saeさんの初個展

into the plants」。

白さんからDMをいただいてから気になっていたのですが、

植物が上手く印象的に描かれていると思いました。

Dsc03102 

原美術館等にもコレクションされている

パリからやってきた後藤肇さんの個展

「破片達の旅立ち」。

まずは、数の多さに圧倒されましたが。

錆ついた鉄片に色とりどりのガラス玉が

対照的な光を放つ、不可思議な立体像であります。

番画廊で開催中です。

Dsc03094 

こちらは、ギャラリーDenで開催中

高橋満衣さんの初個展「Paradise In Sun」。

作品の独創性といい、

海外の作家を想起させる色使いといい。

本日、いちばん気になった作家さんであります。

今後のご活躍が、楽しみです。

Dsc03090 

さぁ、最後は、信濃橋画廊で開催中の

栩山孝展。

昨年よりも、写真がクリアになったというか。

見る側には、分かりやすくなってきたようです。

平日だからお会いできないと思っていたのですが、

運よく再会でき、うれしかったですねぇ。

後藤さん、栩山さんは、来週いっぱい。

他の方は、明日までなので要注意です。

各ギャラリー情報に関しては、

「アートのこぶ〆」をご参照くださいませ。

http://www.artkobujime.cocolog-nifty.com/

Dsc03100 

大阪ローカルなお話で申し訳ありませんが。

19日から、京阪電鉄に中之島線という新線が

誕生します。

うれしいことに、

けっこう長かった国立国際美術館までの

歩く距離がずいぶん短くなります。

そして、特急が最寄り駅の「枚方」に

終日停車するようになります。

京都方面の方々からは、

ブーイングでありましょうが、

どうか、ご容赦くださいませね。

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

クリンもだん美術展2008。

また、この季節がやってまいりました。

ご存じない方のために

少しだけお伝えしておきますと。

このクリンもだん美術展は、

NPO法人聖公会生野センター・クリンもだん美術教室に

通う自閉症・知的障がい者24人、健常者6人による

作品展覧会なのであります。

僕も、美術教室には、

作家であり、展覧会プロデューサーでもある

大澤辰男さんに誘われて、

2度ほど行かせていただいたことがあります。

ひたすら点描で描き続ける子もいれば、

サインペンを使い独特の色彩で描く子もいる。

今回、それぞれの作品を通して、

彼らの成長が見れるのはヒジョーに楽しみです。

Dsc03088 

初日には、シンポジウムも開かれるそうです。

時間が合えば、ぜひ、この日にうかがいたい。

と、思ったりしておりますよ。

クリンもだん美術展2008

1026日(日)~118日(土)11001900

シンポジウム「知的障がい者の生きる力の可能性3

1026日(日)14001600

場所:応典院

大阪市天王寺区下寺町1-1-27

http://www.outenin.com/index.html

http://www.nskk.org/province/ikuno

Dsc03087_2 

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

ピンポイント絵本コンペ、もう10回ですか。

早いなぁ。

10年なんて、あっという間に経ってしまうもんです。

今年で、第10回を迎えることにになった

ピンポイント絵本コンペでありますが。

昨年も、このブログで取り上げさせていただいて、

非常に多くの方々にアクセスしていただきました。

ありがとうございます。

応募の詳細に関しては、

ピンポイントギャラリーさんのHPへ、どうぞ。

http://www.pinpointgallery.com

そっちの方が、早いですからね。

Dsc03086_2   

さて、応募の仕方でありますが。

不慣れな若い方々のために書いておきますと、

まずは、手書きの原画をボード又はパネル貼り、

もしくはカバーがしっかりしたファイルケースに入れて

ストーリーやキャプション等も各ページごとに

見やすく添付したほうがよろしいでしょう。

(デジタルなら出力して提出になると思いますが、

手書きの印象には負けてしまうので、

ファイリングに気を配るなど

差をつける工夫は必要でしょう。)

それと、カンプ(ダミー)化して製本したものを1部、

提出するほうがいいとは思います。

Dsc03085 

応募概要にダミー本の制作方法なども載っているので、

お手本にされるのもいいでしょう。

では、絵本デビューをめざす若き作家のみなさま、

ご健闘お祈りしております。

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

山下さんの、ワークショップ。

アウトサイダーアートにおいて、

さまざまな活動をされている山下里加さんから

メールをいただきまして。

滋賀県立美術館で開催される

『アール・ブリュットーパリ、abcdコレクションよりー』にて

鑑賞ワークショップのナビゲーターをされるそうです。

面白そうなので、もし興味のある方は、

ぜひお申し込みいただければと思い

以下、メールを転載いたします。

◆◇◆◇◆ どんなことするの? ◆◇◆◇◆

アール・ブリュット、アウトサイダー・アートと呼ばれる

ジャンルにおいて

誰がその作品をアール・ブリュットと認定したのか。」

といった議論がしばしば起こります。

スイスのアール・ブリュット美術館は、

ジャン・デュビュッフェの規範が基になっており、

今回の「abcdコレクション」もまた、

コレクター独自の視点で収集されています。

その作品群のすばらしさは、

みなさまは周知のことだと思います。

ここで今一度、

「作品そのもの」と対話する場を作りたいと思いました。

「鑑賞ワークショップ」は、

京都造形芸術大学の福のり子教授が提唱する

対話型美術鑑賞プログラムACOPに倣ったもので、

参加者の方々が作品を見ながら自由に意見交換し、

より深く、広く、作品を読み解いていきます。

ACOPには、「アートとは、作品と鑑賞者の間に起こる現象」

「作品の価値は常に変化し、未来は、私たち鑑賞者が作っていく」という、「ひと」を軸とする確固たる信念が脈うっています。

それは、ハコプロがふしぎかわいい雑貨たちで行おうとしていること『(障害の有無に関係なく)ひとは自分の未来を自分で作っていけるはず』というメッセージと通じ合っているように思います。

「鑑賞ワークショップ」は、「誰が選んだのか?」という議論をするりとぬけだし、誰のため”“何のためを目的とせずに生まれた作品を、私たち鑑賞者の手元に取り戻すひとつの手段になるかもしれません。

何よりも、作品をより楽しみたい方々へ。

どうぞ、一度参加してみてください。

◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆

鑑賞ワークショップ

「見て、聞いて、話して、もう一度見てみたら」

■ 鑑賞ワークショップ「見て、聞いて、話して、もう一度見てみたら」 要事前申込み

 

日時:11月8日

(土)、11月22日(土) いずれも午後2時から

 ナビゲーター:山下里加(アートジャーナリスト、京都造形芸術大学講師)

 定 員:各20名(定員を超えた場合は抽選) 参加費無料、要申し込み、要観覧券

 申込み締切:10月24日(金) 必着

 大人のためのワークショップ応募方法/

  往復はがきに以下の内容をかいて、締め切りまでに応募してください。

  (1)氏名(ふりがな) (2)住所 (3)電話とFAX番号(お持ちの場合)

申込先:〒520-2122 滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1

     滋賀県立近代美術館

「アール・ブリュット展鑑賞ワークショップ」係

 ◆注 意/ ・定員を超えた場合は抽選となります。

応募の詳細は当館まで。

参考HP/http://www.shiga-kinbi.jp/exhibition/exhibition_next.html

◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆

以上です。

ではでは、興味を抱かれた方は、ぜひに。

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

三田へ、行く算段。

この土日、

兵庫の三田へ行くことになりました。

と、いきなり結論から入ってしまいましたが、

数十年前に在籍していた学校の元顧問先生が

定年を迎えるとことになり、

旧友たちと先生の別宅がある三田へと

うかがうことになったのであります。

男子部6名、女子部もそれぐらいでしょうか。

そこで昨日、知らぬ間に幹事部になってしまった

大阪組の3人で、贈り物や、集合場所などを、

話し合いながら飲んでおりました。

Dsc03084 

問題になったのは、何を贈るかでありました。

以前、もうひとりの顧問先生が定年を迎える時は、

みんなで屋久島へ行きまして、

名入れした懐中時計を贈ったのであります。

今回も、安直ではありますが、

それでいいだろうとなったのですが、

こうした話し合いを持つのが遅くなってしまったため、

通常、名入れには10日ほどかかるので、

百貨店など、フツーのルートでは、

無理だろうと思ったのであります。

Dsc03083 

と、そこで出てくるのが、ぶれぶれ写真の友人。

こやつは、地元で150名ほどの従業員をかかえる

中小企業の社長でありまして、

ここら界隈では、顔も広い。

なんとかしてくれるかも知れん。

と、彼の知り合いに電話してもらったところ、

なんと、17日の金曜日には、

名入れした時計を届けてくれるということで

あっさりと、決着してしまいました。

やはり、やはり、やはり。

こやつは、僕にはない力を持っておりました。

学生時代は、泣き虫だったこやつが、

社員には言えないつらいことを背負い込みながらも

立派に社長をやっている。

そう思うと、うれしいような、頼もしいような。

人それぞれに、人生があるものだと、

感慨に耽ってしまいました。

僕も、そろそろしっかりしなくては…。

いや、もぉ、遅いか。

 

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

そばは、やはり日本酒のようで。

今日も、いい日和であります。

朝から、あれこれと片付けをしていると、

いまになってしまいました。

まぁ、こんな日は、ゆるゆるとブログ記事を書くのもいいかと、

写真を探していると、

こちらをご紹介するの忘れておりました。

Dsc02818 

そうです。この“そば”と書いただけの看板。

こちらは、福岡で連れて行っていただいた

赤間茶屋「あ三五(あさご)」というそば屋さんですが。

ちょっと、一般的なそば屋さんではありませんでして。

月見そばなどのメニューはなく、

Dsc02819 

そば会席といいますか、

二八、十割の王道そばをメインに食しながら、

そば煮凍、そば田楽、そばがき、揚げ物、そばおはぎなど、

さまざまなそばの味を楽しめるという

研究熱心な大将が、独自のそば道を貫くお店であります。

大将曰く、「うちがフツーのそば屋」だそうであります。

Dsc02817   

なかでも気に入ったのが、むちゃくちゃ辛い大根すりで

いただいた、ざるそば。

これは、記憶に深くとどまる味わいでありました。

残念ながら、クルマを運転するため、

お酒は飲めませんでしたが、

そばには、日本酒が合うのがうなずける。

そんな料理の数々でありました。

店内の写真は撮っておりませんでしたが、

そば屋では珍しいカウンターだけの店構え。

帰りには、お土産に、あまったそばつゆと辛味大根を

いただいてきまして。

Dsc02915_2

そばは市販でありますが、

さっそく、翌日からわが家でも、食してみました。

ずずっ。うまい。そして、ツンと辛い。

福岡方面の方々、

そして福岡旅行をお考えの方々、

ぜひ、一度、いかがでありましょうか。

噺家のような大将のお話も面白いお店であります。

あ三五(あさご)

福岡市中央区白金1-4-14

電話526-4582

1130分~夜9時 

休日 毎火曜日・第一月曜

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

まだまだ、阿蘇あそ。

おはようございます。

今週も阿蘇の旅写真をお届けする

日曜限定!チョロキャラのお時間であります。

写真を整理していると、

まだまだ阿蘇の旅写真が残っておりまして。

本日は、観光スポットを中心に

ご紹介することにいたしましょう。

Dsc02901 

まずは、「人のオリ」。

この謎は、こちら。

Dsc02902 

はい。場所は、カドリードミニオンという

元熊牧場だったところであります。

いまでは、テレビでおなじみになったパンくんなど

動物を主役にした舞台づくりが話題を呼び、

阿蘇の観光スポットとして

脚光を浴びているのであります。

Dsc02900 

園内には、大きな熊山みたいなところがありまして、

上からも見れるのでありますが、

下からも人が通れるようになっております。

熊が間近で見れるのはいいのですが、

窓を開けるなと書いているわりには、

ガラス窓がないために、

熊の排泄物の臭いがくさいのなんの。

キャラさんも、おおいにブルついておりました。

Dsc02899

Dsc02898 

しかし、熊のショーをはじめ、

写真NGのみやざわ劇場は、

かなりハイレベルのショーでありました。

Dsc02886

なるほど。

これなら、家族連れで来てしまいます。

Dsc02882 

さて、こちらは、見ても分かるとおり。

Dsc02883 

阿蘇の噴火口。そのものであります。

こちらは、僕の写真では、

その雄大さが伝わらないと思われます。

まだの方は、ぜひ、

一度ご覧になることをおすすめいたします。

ただし、有毒ガスが噴出中なので、

風向きが変わると、ここまで入れません。

あしからず。

Dsc02876

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (2)

13日から始まる展覧会、追加分。

みなさんからいただいたDMを整理していると、

大阪以外で開催されるものも

けっこうあることに気付きました。

本日は、先日掲載できなかった

気になるなん展かをお届けいたしましょう。

Dsc03081 

まずは、京都での個展が多い下嶋知子展。

東京 京橋にある藍画廊で行われるようです。

http://www.homepage.mac.com/mfukuda2/

今回は、深き緑が、どこまで伸びておられるでしょうか。

Dsc03080 

こちらも、東京で開催予定の箕輪亜希子「中断風景」展。

不可思議な造形物を造られる方であります。

http://www.gelleryq.info

銀座のギャラリーQで開催されるようです。

Dsc03079 

最後は、京都のニュートロンで開催される

林勇気「ちいさなひま」展。

http://www.neutron-kyoto.com

確か、デジタルで作られた映像作品だったと思います。

蟻の巣のような施設のなかを延々と歩き回るという

作品を見たことがあると思うのですが。

(間違っていたらごめんなさい。)

今回も、なにかを予感させるシンプルなDMです。

インパクトやアテンションはありませんが、

こうゆうアプローチの仕方は、

一度見た人には、そそるものがあるはずです。

Dsc03077 

それにしても昨日は、

秋にしては、あまりにも暑い一日でした。

そんななか何軒かギャラリーを回ってきたのですが、

ギャラリーZEROで開催中の高橋将貴展が気になりました。

Dsc03075

このぽっちゃり感というか、もっちゃり感が

ミョーにリアルでして。

前回見た男性像より、

今回の女性像の方が、僕は面白いと思いました。

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

ゆれる、を見て。

以前、こぶ〆で小吹さんがおすすめしていた映画、

「ゆれる」がBSで放映されることを知り、

昨日、じっくりと鑑賞してみました。

感想から言うと、

なるほど、これほど感情を揺すられたり、

台詞の一言一句が気になる作品も珍しい。

ひさしぶりに映画らしい映画というべきか。

引きずり込まれる映画を見た。

そんな感じでありました。

今度は、台詞を聞き漏らさぬよう

イヤホンやヘッドホンで視聴するのも

いいかも知れないなぁと思ったりしました。

まだの方、僕からも、おすすめいたします。

Dsc03030 

さて、昨日の夕方。

予期せぬというか。

エサのついた釣竿を

海に垂らしていたのを忘れかけていたというか。

以前、お世話になった家具メーカーさんから、

ふたたびアートがらみのお仕事が舞い込んできました。

どんなお仕事かは、まだ詳しくは分かりませんが。

上手くいきそうでしたら、ご報告いたしますので。

ひさしぶりのアートコーディネイトワークに、

ちょっと興奮しかけております。

でも、おさえて、おさえて、まいりましょう。

まだまだ、竿にあたりがあったぐらいの感触です。

Dsc02998 

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

13日からの、いくつかの展覧会。

ちかごろ、グンと

秋を肌身で感じられるようになってまいりましたが。

アート関連も、いよいよシーズン到来

ということでしょうか。

面白そうな展覧会が続いて開催されております。

特に、日曜美術館でも紹介された横浜トリエンナーレ。

前回はじめて行かせていただいたのですが、

今回は、さらにパワーアップされているようで、

なかでも、ことば出身の僕にとっては、

ミランダ・ジュライの「廊下」は

“やられた”と思ってしまいました。

ぜひ見てみたい作品であります。

東京方面の方、どなたか

お仕事をいただけませんでしょうかね。

すると、すぐに行けるのでありますが。

まぁ、そんな虫のいい話はないもんでして。

さてさて、

余談はこれぐらいにして、

来週から、大阪のギャラリーでも面白そうな展覧会が

いくつかはじまります。

Dsc03073 

ひとつめは、ギャラリー白で開催予定の

「絵画のたのしみ」。

善住芳枝さん、舘勝生さん、渡辺信明さんという

いずれも過去にVOCA展に出品され、

賞をいただいている方々であります。

一人ひとりでもすごいのに、

三人寄るとどうなるのか、楽しみであります。

Dsc03072 

さて、こちらは、信濃橋画廊で開催予定の

栩山孝さんの個展。

昨年、川の絵大賞をとられたのですが、

最近は、この臨界シリーズを深めておられるようです。

来週の話ばかりしておりますが、

今週は、まだ一軒も回れておりませんでした。

明日の朝、上手い具合に

仕事の打合せが大阪市内で入ったので、

お昼から、じっくり回ってまいりましょうか。

Dsc03067 

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

パッケージ制作、一歩前進。

本日は、もう一本記事を更新いたしましょう。

難航するかに思えた

奥さんの立体作品の展示用ケースでありますが。

難波方面に、一軒いいところを発見いたしました。

アクリル屋さんというよりも、

ショーケースなどの専門業者さんであります。

Dsc03070 

昨日、お昼からうかがいまして、

じっくりと要望を伝えながら、

お話を聞いてみました。

すると、

以前相談にいった方には無理だといわれた

円筒形ハーフカラーの展示ケースは、

できないことはないそうですが、

かなり高額になり、技術的にも難しそうでありました。

当初の発注個数も知れていますからね。

はじめから無謀なことはできないと思い直して、

シンプルな正方形タイプに方向転換。

それに一工夫、二工夫することで、

オリジナル性を高めようと考え直しました。

本日、仕様に合わせた見積もりが来るはずです。

そこから、もう一工夫してみようかと思っています。

ほかにもあたっておりますが、

そちらも、よさそうであればうかがってみようかと。

少しずつではありますが、

前進しておりますよ。

Dsc03068

北へ向かう途中に通った戎橋で、

キリンプラザ大阪が、

すでにこんな姿になっていることに気づきました。

いずれ、ここにあったことすら、

みんなから忘れ去られてしまうのでしょうか。

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

いい本の、いいパーティでした。

いつのまに、こんなにいい詩が

書けるようになったのか。

うれしいような、くやしいような。

読み進むうちに複雑な気持ちでありましたが、

じんわりとメッセージが伝わってくる。

いい本をつくったなぁと、思いました。

素直に祝福いたしましょう。

Dsc03063

愛犬まめを主役に

元同僚の村上美香さんが詩を書き、

カメラマンの西真智子さんが写真を手がけた

ポラロイド写真詩集

「ぼくらは簡単なことばで出来ている」

PARCO出版

Dsc03046 

書店等でお見かけの時は、

ぜひ、手にとってご覧ください。

いい空気が、閉じ込められています。

Dsc03059 

さて、パーティのほうも、

料理研究家のチエさんが仲間と腕を振るった

おいしい料理ばかりでありました。

Dsc03041   

会場にまめさん、そして妹のみつさん、

さらには、いろんなわんこたちも来ておりました。

一方、わがキャラさん。

Dsc03037

ほかのわんこが近づいてきたら、

ひたすら、逃げ回っておりましたが、

ご来場のみなさんが近づいてきたら、

この通りでありました。

Dsc03033 

僕らにとっても、キャラさんにとっても、

いい刺激になったパーティでありました。

Dsc03034 

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (2)

彷徨える、酔っ払い。

先日、飲んでしまいまして。

それも、すきっ腹にお酒を入れたため、

すぐに酔ってしまいました。

そして、どうやって帰ったか、

一切の記憶が消えておりました。

そして、こうゆうときの僕は、

必ずといっていいほど、

誰かを傷つけてしまいます。

(ほんとうに、すいません。)

そして、恐ろしいことに

携帯を覗くと、酩酊状態で撮った記憶にない写真が

ほぼ80枚ほど入っておりました。

自分への戒めの意味も込めて、

恥ずかしながら公開してまいります。

Dsc03006

ここは、うっすらと記憶に残っております。

あるスタジオです。

Dsc02997

このへんから、まったく、わかりません。

たぶん、天神橋筋商店街です。

Dsc02990_2

お店の写真を撮りまくっています。

Dsc02989

わけわかりません。

Dsc02988

このあたりは、まだいいほうです。

Dsc02986

このへんから、

Dsc02985 

わけわからん度が、加速度を増してきます。

Dsc02984

…。

Dsc02980

恐ろしいことに、また飲んでおります。

Dsc02977

こんなものを食った覚えがありません。

Dsc02972

やっと、家路についたようです。

Dsc02970_2

なんだか、

Dsc02969

走りながら、

Dsc02968

撮っているようです。

Dsc02964

どこかで、足が止まったようです。

Dsc02953

やっと、電車に乗るようです。

この後も、電車のなか、枚方駅に降りてから

家の明かりが見えるまで、

延々としょーもない写真が入っていましたが、

最後までお見せするのは

見る側が耐え難いだろうと判断し、

このへんで終了いたします。

翌日、起きると、鼻が痛かったのですが、

どこかで、転んで、打ち付けたようです。

天罰が当たったのでありましょう。

ご迷惑をおかけしたみなさま、

ほんとうに、すいませんでした。

この場を借りて、心からお詫び申し上げます。

(本日、夜。

友人の出版記念パーティがあります。

早めに切り上げて帰るつもりです。

長居をすると、問題を起こす男なので。

では、また明日も、これに懲りず、よろしくです。)

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (4)

漆黒なのか、閃光なのか、笹倉洋平展。

さて本日は、もういっ展

ご紹介したい展覧会があります。

それが、こちら。

中津のpantaloon で開催中の笹倉さんの個展。

http://www.pantaloon.org

Dsc03010 

このギャラリーへは、はじめてうかがったのですが、

長屋を三軒分まとめて改築したらしく、

特に中央の吹き抜け空間が演出しがいのある建物で、

ここに、長さ10mの掛け軸のようなロングサイズの

作品を掲げておられました。

Dsc03011 

笹倉さんは、白い紙に黒のサインペン等で線描を

描き続けてこられたのですが、

この作品は、どこまでも黒く埋め尽くすことを目的に

描かれたように見受けられます。

かすかに残る白が閃光のようにも見える。

白を生かすために描かれた黒なのか。

黒を生かすために描かれた白なのか。

いままでセンスの良さが際立っていた彼の作風に

執念や情念といったワードまで浮かび出した、

深みを増した作品であることは確かなようです。

Dsc03008 

Copy by man.

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.artkobujime.cocolog-nifty.com/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

ラフなタッチも面白い、吉田磨希展。

土曜日、

ぐるっとギャラリーを回ってまいりました。

まずはじめにうかがったのは、

天満橋で開催中の吉田磨希さんの個展。

http://www.14thmoon.com/blog/c/centennial.cgi

Dsc03014 

いつも、しっかりと書き込まれた作品を

見せていただいているのですが、

今回は、ラフなタッチのドローイング作品もありまして。

僕は、こちらの方に目がいってしまいました。

Dsc03013 

運よく吉田さんとお話しすることができ、

来年は、東京のHBギャラリーで個展を

開催されるそうであります。

どうせ勝負するなら、

新しいタッチのほうで攻めるほうが面白いかもしれない。

そんなことを思ってしまいました。

でも、最終判断は、吉田さん次第であります。

とにもかくにも、がんばってきてくださいね。

Dsc03012 

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

キャラさんの、初温泉。

おはようございます。

いままで二日酔いで寝ていた

日曜限定!チョロキャラのお時間であります。

本日は、先週行ってきた阿蘇の温泉 小笠原での

キャラさん初温泉シーンをお届けしてまいりましょう。

Dsc02872 

まずは、僕の後ろでビビリながら待つキャラさん。

Dsc02873 

さて、これが、わんこ用の湯船です。

Dsc02870 

さぁ、初温泉です。

Dsc02868 

こうやって見ると、犬というより、イタチやネズミのようです。

Dsc02867 

体を乾かすのも、ペットショップでよく見かける

この巨大なドライヤー。

Dsc02865 

いっきに、乾かせました。さすがの、威力です。

Dsc02864 

タオルも、備え付けてあるので大丈夫。

Dsc02847 

わんこ連れで阿蘇へ行くなら、

小笠原は、おすすめできます。

帰りに寄ったセレクトショップのバイヤーさんも

わんこ連れで行ったことがあるそうですが、

由布院のほうにも、いい宿があるそうです。

また余裕ができたら、探していってみましょうか。

Dsc02861 

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.artkobujime.cocolog-nifty.com/

| | コメント (0)

先週なら行けたのに、北城貴子展。

先日、枚方が世界に誇る作家 北城貴子さんから

メールをいただきまして。

岡山にて、個展を開かれているそうであります。

写真データを添付していただいたので、

そのまま掲載させていただきます。

いままで以上に、光の印象が強くなってきたようです。

お子さんが生まれてから、

おそらく、パワーアップされたと推察いたします。

さて、展覧会のほうは、

103日からすでに開催されております。

僕も、先週なら、福岡の帰りにふらっと寄れたのですが、

う~ん、残念です。

エスプリヌーボーギャラリー

http://www.geocities.jp/esprit_n/frame_01.html

Photo_2 

今週、残念なことが、もうひとつ。

週明けから、急な仕事が入って、

京都で開催中の福室さんの展覧会へ行けませんでした。

う~ん、今週はもひとつアート運がないなぁ。

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

パッケージ制作、いきなり壁。

朝から、

ある作家さんのところへうかがってきたのですが。

結論から言いますと、

僕らの望んでいるパッケージを造るのは

またもや、難しそうな気配であります。

しかし、難航していたフィギュア制作も

なんとか乗り越えてきましたからね。

今回も、あらゆるルートを当たってみることにしました。

これからしばらくは、なにをしていても、

パッケージのことが頭から離れそうにありません。

Dsc02470

| | コメント (0)

パッケージ制作、開始。

今日は、奥さんの立体作品の

展示用パッケージの制作打合せに、

ある作家さんの工房まで行ってきます。

本日が初打合せとなるため、

頭の中にあるアイデアをぶちまけてみて、

どこまで実現可能なのか。

どう判断されるのか。

その反応が、ヒジョーに楽しみであります。

どうやって進めていくのかも含めて、

シロートまるだして聞いてまいります。

とりあえず、行ってまいります。

Dsc02907 

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

いただいたDMから、なん展か。

九州から帰ってきたら、

郵便受けからDMあふれておりまして。

すべてをご紹介するのは難しそうなので、

気になるなん展かのDMを掲載させていただければと

思います。

Dsc02924 

まずは、イラストレーターの吉田磨希展。

いい塩梅の毒を出しながら、子供たちの世界を

描かれる方であります。

今回は、シアターのイメージでしょうか。

102日~10日まで

ギャラリーCENTENIAL

http://www14thmoon.com/

Dsc02927 

お次は、PAXREXさんからいただいたDM

モルデザ・アリアナ Decay展。

神戸在住のドイツ人写真家による社会派の

写真展のようであります。

104日~119日まで

PAXREX

http://www.paxrex.jp

Dsc02929 

さて、最後のおすすめは、

おひさしぶりの笹倉洋平展「ツタフ」。

今回は、中津にあるギャラリーのようであります。

こちらは、土曜日にぜひ、

うかがってみたいと思っておりますよ。

104日~26日まで

レセプション418002100

pantaloon

http://www.pantaloon.org

Dsc02852 

もっと、いろいろいただいているのですが、

今日は、これぐらいで、ご勘弁を。

ご紹介できなかった方々、ごめんなさい。

また、期日が近づいてきたら、ぼちぼちと。

よくよく考えると、こぶ〆は、大変な労力だったんだなぁ。

と、あらためて思ったりしております。

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

写真では分からない、加藤悦郎展。

昨日、クルマで大阪市内をまわっていたのですが、

時間に追われていたため、

ギャラリー白さんだけ行ってきました。

先日、お伝えした加藤悦郎さんと冬耳さんの

作品を見てまいりました。

Dsc02922 

写真では、壁紙のような作品の

うっすらとした色が見えるでしょうか。

おそらく、たぶん。

この写真では、加藤さんの作品の良さは伝わりづらいかも。

ですね。

Dsc02923 

老松町へ行かれることがあれば、

ぜひ、立ち寄ってみてください。

いままでとは、作風や展示スタイルが変わってきています。

Dsc02921 

冬耳さんの作品も、面白かったです。

時間があれば、お話をうかがいたかったのですが、

それだけが心残りです。

Dsc02920 

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »