« 大阪の、いくつかのギャラリー風景。 | トップページ | 現在、本田かな。次回、窪田順。 »

3年目の綿業会館に思うこと。

昨日は、インテリア業界の内覧会が、

大阪市内の綿業会館にて開催されたため、

わがキィーズも空間をしつらえる

アート作品の販売や制作をうたい文句に行ってまいりました。

と言っても、これで出展するのは3回目であります。

それも、はじめて一人で参加することになったので、

あまり気負わず、気軽に行ってまいりました。

前回までは、ブースの前を通る方々に

強引にお声かけしたり、チラシを配ったりしていたのですが、

今回は、一人ということもあり、「なんのブースですか?」と

話しかけてきていただいた方を中心に、

対応させていただくことにしました。

すると、興味のある方々が寄ってきていただけまして。

インテリアとともにアートを提案されている方、

ハウスメーカーでアートに興味をお持ちの方、

インテリアメーカーでご自身趣味で作品を描かれている方、

などなど、思ったより、

いろんなお話をうかがうことができました。

なるほど。

このやり方が、僕の性にはあっているようです。

ここからいきなりビジネスにつながることは

少ないとは思いますが、

初回の出展で家具メーカーのショールームの

館長さんと出会い、その後、

作品を納品させていただいた施設をご紹介いただいたのも、

思い返せば、この場がきっかけでした。

そして、また新しい出会いがありました。

出会いがなければ、なにも始まらない。

この場は、その始まりを創るところなのかもしれない。

結果ばかりを追いかけてはいけないような気がしてきました。

いい出会いがあれば、

結果は、数年後についてくるもんです。

そんなことを考えながら、

これからのことを考えていました。

Dsc03239_2 

Copy by man.

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

|

« 大阪の、いくつかのギャラリー風景。 | トップページ | 現在、本田かな。次回、窪田順。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪の、いくつかのギャラリー風景。 | トップページ | 現在、本田かな。次回、窪田順。 »