« 「金融取引のリスク管理」を聞いて。 | トップページ | アートがもたらすプラセボ効果2008。 »

TRANCS PAPER SHOW 山本正大展。

片面が、人間。

片面が、乗物。

という、合体ロボ、変身ロボ世代には

キュンとくるTRANCS PAPER SHOWであります。

Dsc01612   

このパワーシャベルなんぞ、

かなりの複雑さであります。

Dsc01611_2   

見た目は、シンプルかつ、ユニークな

ペーパークラフトなのでありますが、

気になったのは、どちらからカタチを考え出したかでした。

作家さんへ素直に質問すると、

「乗物からです。」とのお答え。

僕も見た感じからそう思っていたので、やっぱりなぁ。

と、ほくそ笑んでしまいました。

Dsc01614 

Dsc01613

最後に、ポートフォリオを見せていただくと、

彼がいままで制作してきた絵画やオブジェなど、

すべてが“いま”につながっておりました。

“なぜ”ここへ行き着いたのかが、

よく分かりました。

聞けば、まだ学生さんだとのこと。

あと数年もしたら、

もっと面白い世界で生きていそうな気がします。

TRANCS PAPER SHOW 山本正大展

ギャラリーwks

たぶん、来週いっぱい開催中です。

詳細は、下記でお確かめください。

http://www.sky.sannet.ne.jp/works/index.html

Dsc01610

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

|

« 「金融取引のリスク管理」を聞いて。 | トップページ | アートがもたらすプラセボ効果2008。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「金融取引のリスク管理」を聞いて。 | トップページ | アートがもたらすプラセボ効果2008。 »