« 「花とアリス」を見て。 | トップページ | TRANCS PAPER SHOW 山本正大展。 »

「金融取引のリスク管理」を聞いて。

昨日、アートとはあまり関係のない

「金融取引のリスク管理」という

セミナーに出席してきたのですが。

結論から言いますと、目からウロコでありました。

年初より、相場は下落が続いており、

倒産件数も急増している昨今。

いかに、企業の自己防衛を行うかということを

元銀行マンの方から、

さわりだけを教えていただいたのであります。

「平成の徳政令」と言われる

「サービサー法」なるものをご存知でありましょうか。

僕は、恥ずかしながら初めて知った次第であります。

この法律。

多くの債権を持つ経営者に(個人でもいいそうです)

大きな希望を与えてくれる法律のようであります。

同席された社長さんたちも、

「勇気が湧いてきたなぁ。」とおっしゃっておられました。

仕組みを簡単に言うと、債権を融資銀行から

回収会社に売り、債券価値を下げて

買い上げるというようなものでありますが。

これが、相談する相手などを間違えると、

えらいことになるようでありまして。

シロートとしては、いい相談相手を

見つけることが先決のようであります。

アートをビジネスにすることを考えるのであれば、

まずは、金融のことを、

もっといろいろ知っておく必要がありそうです。

Dsc01600 

それにしても、銀行というところは、

「お金」を徹底して「商品」として見ているのですね。

当たり前のことなのですが、

そこには、情も、なさけも、ありませんからね。

できれば、お世話にならないのが一番のようですが、

そうなったときのことも、考えておかないとね。

Dsc01599 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

|

« 「花とアリス」を見て。 | トップページ | TRANCS PAPER SHOW 山本正大展。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「花とアリス」を見て。 | トップページ | TRANCS PAPER SHOW 山本正大展。 »