« TRANCS PAPER SHOW 山本正大展。 | トップページ | 犬は喜び庭かけまわらん。 »

アートがもたらすプラセボ効果2008。

毎年、ギャラリーH.O.Tさんが企画している

アートがもたらすプラセボ効果でありますが、

今年は、「気吹く(いぶく)アート」、

「気」がテーマでありました。

入口を入ると、

Dsc01601 

まずは、中田さんの雲海が広がっておりました。

(ここで、まず「気」を浄化させるそうであります。)

Dsc01608 

そして、鍵井さんたちの色味の明るい作品たちに、

「気」を高めていただきまして。

Dsc01609 

最後の方に出てまいりました。

山岡さんのグチックであります。

ボタンをまわしたり、押したりすると、

グチックが飛び回っておりました。

これは、ぜひ動かしてみてください。

「気」が、「喜」になること、うけあいであります。

Dsc01606 

今回、それほど点数はないのですが、

自分の「気」を意識しながら作品を見ていると、

それぞれの作品に触れることで

自分の「心」が変化しているのが分かりました。

なるほど、おもしろい。

みなさんも、ぜひ自分の「気」を揺らしてみてください。

アートがもたらすプラセボ効果

ギャラリーH.O.T

http://galleryhot.com/index.html

Dsc01607

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

|

« TRANCS PAPER SHOW 山本正大展。 | トップページ | 犬は喜び庭かけまわらん。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TRANCS PAPER SHOW 山本正大展。 | トップページ | 犬は喜び庭かけまわらん。 »