« 変わりましたね。渋谷信之展。 | トップページ | 人は、出会いの中で生きている。 »

美術のボケ-ピンバージョン、小川の場合。

先週行われていた木内貴志さんが、

泣く子も黙らせるようなゴリゴリ押し込んでくる

ハードタイプのボケ芸術人だとすると、

今週の小川しゅんさんは、

鋭い突っ込みをひょいひょい身軽にかわしながら

小気味よくボケを返してゆくような

ソフトタイプの芸術人ではないか。

と、思ったのであります。

Dsc01191 

傑作ラブラシをはじめ、ポツリポツリと、

山椒のようなボケエッセンスが

空間のあちこちに散りばめられておりました。

Dsc01195 

種々雑多なものたちに見えるかもしれませんが、

じっくり見ていってくださいな。

必ず、ひと作品に、ひと笑いは、できるはずであります。

Dsc01188 

さて、この剣玉。

意外な仕掛けが、仕込んでありました。

このイヒョーをつくボケさかげんに、大笑いしてしまいました。

どんな仕掛けか。

もちろん、ここでは、ないしょです。

行って見なくちゃ、面白くないもんねぇ。

ギャラリーwks

http://www.sky.sannet.ne.jp/works/index.html

Dsc01192

Dsc01196

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

|

« 変わりましたね。渋谷信之展。 | トップページ | 人は、出会いの中で生きている。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 変わりましたね。渋谷信之展。 | トップページ | 人は、出会いの中で生きている。 »