« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

ヒールが気になる、浅香弘能展。

浅香さんの作品、

DMでは、白い造形物。

ということぐらいしか分からなかったのですが、

うかがってみて大理石だと知らされ、

つい見入ってしまいました。

Dsc01065 

 

写真を見れば分かるとおり、

鳥の翼や獣の足などをイメージして制作されております。

Dsc01059_2 

でも、ここでは、大理石の風合いまでは、

お伝えできないでしょうねぇ。

Dsc01062 

できれば、実際に見ていただければと思います。

ちなみに、ミョーに気になったのが、

パンプスのヒールでありました。

我ながら、ヘンなところが気になるなぁ。

ひょっとすると、尖端フェチだったのかなぁ。

と、思っていたら、他の来場者にも、

けっこう質問されたそうです。

(老松町のギャラリー白で開催中です。

詳しくは、アートのこぶ〆をご参照ください。)

Dsc01060 

昨日、ギャラリズムを見た後、

車検に出していた車を引き取り、

ぐるっと、ギャラリーを回ろうと思ったら、

途中で、仕事の訂正が入ってしまいまして。

一目散に車を走らせて、帰ってしまいました。

明日ぐらい、もう一度まわってまいりますよ。

仕事の訂正が入らなければ…。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

三沢厚彦、ANIMALS+PLAS。

そうですか。

小吹さんも、この展覧会を注目されていましたか。

僕も、というより、今回は、

うちの奥さんが前々から見たがっていたというか。

以前、NHK新日曜美術館のアートシーンで

お見かけして以来、その作品にひとめぼれしておりまして。

「三沢厚彦、ANIMALS+PLAS」には、

是が非でも行かなければと、思っておるようであります。

Misawa1 

いまも、これを書いているときにチラシを見つけ、

「あっ。これ、ぜったい、行く!」

と、歯切れのいい単語を口走っておりました。

期間中は、対談やギャラリートークなどのイベントも

あるようです。

それにしても、木の質感といい、ノミ跡といい、

いい存在感であります。僕も、ぜひうかがいます。

伊丹市

立美術館

http://www.artmuseum-itami.jp

Misawa2 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

小吹隆文アートのこぶ〆について。

現在、小吹隆文アートのこぶ〆が、復旧しております。
ウィンドウズでは問題なく開くと思いますが、
マックの一部のOSではご覧いただけないかも知れません。
もし、ご覧頂けない場合は、
「最近のエントリー」にある記事タイトルを
どれかクリックしてみてください。
すると、最新の記事が読めるはずです。
(今後、こうしたトラブルを防ぐために、
ただいまスタッフ間で、ブログの移設を含めて検討中です。
また、最終的な結論が出ましたら、ご報告いたします。)
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Copy by man.
関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp
年1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/
奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

本日から、ギャラリズム2007。

小吹隆文「アートのこぶ〆」を

楽しみにご覧いただいているみなさまへ。

復旧までには、数日かかりそうです。

申し訳ありませんが、

いましばらく、お待ちくださいませ。

よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------

-------------------------------------------------

さて、小吹さんもご紹介していた「ギャラリズム2007」が、

本日から開催されます。

お世話になっているギャラリーもたくさん出展されるし、

小吹さんのギャラリートークもあるし、

なにを置いても行かなければと思っていたのですが。

ちょっと、今日出しの仕事ができてしまい、

行けるのが明日になってしまいました。残念です。

今日行けそうな方は、ぜひ、行ってみてください。

ギャラリズム2007

10.2911.10

大阪府立現代美術センター 展示室A/B

10:0018:00(土・最終日は16:00まで)日曜休館

http://www.osaka-art.jp/

2007 

それにしても、

せっかくこれだけのギャラリーや作品が集まるなら、

もっと一般客が集まるところでやってもいいんじゃないかと

思ったりします。せっかくですからね。

まぁ、外野の意見ですけどね。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

ただいま、家の中むちゃくちゃ。

まずは、小吹隆文「アートのこぶ〆」を

楽しみにご覧いただいているみなさまへ。

復旧までには、あと数日かかりそうです。

申し訳ありませんが、

いましばらく、お待ちくださいませ。

よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

さて、おはようございます。

お待たせしました

日曜限定!チョロキャラのお時間です。

今朝は、どの写真を載せようかと物色しておりますと。

うしろから奥さんが「あっ。その写真は、やめてっ!」

「あっ。それも、いや!」「これも、だめ!」

などと、急に検閲が厳しくなりまして。

“俺が撮った写真だ。どれを載せるかは、俺の勝手だ。”

と言い放ちたい気持ちをぐっと抑えて、

「わかった。わかった。」と、

なんとなく分かったような分からないような

大人な反応をしておりました。

実は、いま。奥さんは、

来年の展覧会用にお人形さんをつくっておりまして、

いろんな画材やら、資料本やら、

布やビニールの端切れやなんやらで、

家の中は戦場というか、ゴミ捨て場というか。

そのうえ、キャラさんが走り回るもんで

ほこりは立ちまくるは、

もう、むちゃくちゃでごじゃります。

そんなわけで、キャラさんの写真を撮ると、

背景に発泡スチロールの塊やらなんやらが写りこみ、

奥さんのゲシュタボのような検閲に

引っかかってしまうのであります。

Dsc01050   

(これは、まだマシなほうです。)

そんな劣悪な環境のなかでも、

お人形さんが3点ほどは仕上がってきておりまして、

来月からは、いよいよデザイナーさんやカメラマンさんと

打ち合わせしながら進めていくことになっております。

昨日の晩は、ここ数日、

僕の頭のなかであたためてきた

展覧会のコンセプトやテーマを伝えると、

「うん。いけると思う。」という好感触でありました。

そんな時は、次から次とアイデアがつながっていくもんで、

ふっ、と思いついたフレーズも、

あっさり奥さんの厳しい検閲をパスいたしました。

まぁ、こんな調子で、

年末までは突っ走っていくのでありましょう。

ときどきは、掃除もいたしますので、ね。

それに11月は、外出も多くなりそうですから、ね。

そんな時に、キャラさんの写真を撮りだめしてまいりますよ。

では、来週も、お楽しみに。

Dsc01049 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (1)

アートのこぶ〆、メンテナンス中。

小吹隆文「アートのこぶ〆」をご覧いただいている

みなさまへ。

いつも、ありがとうございます。

ただいま、サーバーの調子が悪くなり、

ブログのメンテナンスを行っています。

今回は、少し時間がかかるかも分かりません。

しばらくお待ちいただくことになるかと思いますが、

ときどぎ、復旧しているか見てみてください。

楽しみにしている方々、申し訳ありません。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

Thing matter time 2008、参加作家募集!!!!!

ギャラリーを回っているとき、

信濃橋画廊の山口さんが、にこやかに寄ってこられまして。

なんだろう。と、思っていると、

「thing matter time 2008」の告知のお願いでありました。

いつも、作家さんをご紹介いただいておりますからね。

ここは、一肌脱がなくてはなりません。

信濃橋画廊さんは、大阪の貸し画廊の中でも

老舗中の老舗ですからね。

コレクターや美術館の学芸員などなど、

アート界のさまざまなプロの方に見ていただける

いい機会になるかと思われます。

若きアーティストのみなさん、いかがでありましょうか。

では、「Thing matter time 2008」の内容です。

●開催期間〔前期〕2008128日(月)~22日(土)

〔後期〕200824日(月)~29日(土)

●開催会場:信濃橋画廊および信濃橋画廊apron

●サイズ:平面(壁面使用)

幅約60cm(高さは壁におさまる範囲)

       立体(床面使用)

        約40×40×100cm(高さには台の高さも含む)

●参加費:¥6,000

●受付期間:200711月末日頃まで

※定員になり次第、締め切らせていただきます。

詳しくは、信濃橋画廊までお問い合わせください。

550-0005

大阪市西区西本町1-3-4

陶磁器会館
TEL/FAX 06-6532-4395
日曜休廊 11:00am-7:00pm (土曜日は5:00pmまで)

地下鉄四ツ橋線

本町駅

20番出口

Dsc01022 

先日、信濃橋へうかがった時は、

京都精華大の池垣先生でありました。

おもろい方でありました。

これは、護身用にもなりそうな銅版製のバッグです。

Dsc01018 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

浅田家2007、オープニングの風景。

月曜日のギャラリーまわりの最後に、

天満橋にあるギルドギャラリーで開催中の

「浅田家2007」オープニングパーティへと

行ってまいりました。

Dsc01007 

今回は、いままでの一発ギャグ路線から

家族の絆というか、少しほのぼのとした路線へと

シフトしておりました。

メインは、地元 三重を意識したシーンが多く、

海女さんに扮したり、レーサーに扮したり。

特に目についたのが水族館でセイウチ(?)に

芸をさせているシーンでありました。

何十回と取り直したそうでありますが。

見事にさまになっておりました。

Dsc01008 

パーティでは、浅田家の生父や生母とも会え、

会場に来られた、みなさんは、

一様に「お父さんは、もっと怖い人だと思っていた。」と

おっしゃっておられましたが。

僕も、そう思っておりました。無口だろうと。

Dsc01002

ところが、浅田家で一番、しゃべる、しゃべる。

主役の政志さんより、しゃべる、しゃべる。

面白い方でありました。

Dsc01009 

さて、今回。

浅田家念願の写真集が、

東京のユトレヒトから発行されたようであります。

当日は、間に合わなかったのですが、

もうギャラリーには到着しているはずです。

ギャラリーで販売される分は、サイン入りだとか。

僕も、ぜひ買わせていただきますよ。

父母のサインも入っていると、面白いんだけどなぁ。

(ユトレヒトのHPからも購入できるそうです。)

http://guildgallery.net/

http://www.utrecht.jp/

Dsc01005 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

本日2回目は、いろいろいろと。

それでは、本日2回目の更新です。

まずは、シティギャラリーで展覧会中の松浦生美さん。

彼女には、僕が行っている短期レンタルにも

ご参加いただいているのですが、

コンスタントにレンタルされておりまして。

この中にも一部、お預かりしていた作品があります。

Dsc01040 

いつ見ても色のセンスが

よろしいんじゃないかと思うのであります。

これからも、がんばってください。松浦さん。

Dsc01036 

さて、お次は、14th MOONで展覧会中の山木俊幸さん。

Dsc01011 

日常のなにげない生活風景の写真をもとに

ペインティングされているように思われます。

(お話が聞けなかったので間違っていたらごめんなさい。)

こうした日常風景を絵画化している方は、

他にも何人かいらっしゃるのですが。

山木さんの作品は、色味がヒジョーに明るい。

あまり気負いなく見れるところに好感が持てました。

Dsc01012 

月曜日は、まだまだお写真撮らせていただいて、

一週間分は軽くあるのですが。

展覧会風景は、もう一枚で終了いたしましょう。

小吹さんもおすすめしていたギャラリー58で開催中の

中川雅文さん。

Dsc01023 

今回は、小品が多かったのですが、

いい感じに空間がまとまっていたと思います。

次回も期待していますよ。中川さん。

ではでは、やっと明日、

浅田家のオープニングパーティ風景を紹介できます。

浅田家の生父、生母にも、お会いできました。

おんもしろいご両親でありました。

(各展覧会情報は、アートのこぶ〆を、ご参照くださいませ。)

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

実は、僕もたまごフェチです。長野さん。

やっぱり、前日に見たものは、

その日か、翌日のうちにご紹介しておくべきでありました。

寝かせれば寝かせるほど、

鮮度が、落ちてしまうような気になっております。

というわけで、本日。

何度かに分けまして、ご紹介してまいります。

今日、一回目の更新記事は、

昨日のつづきからであります。

まずは、ギャラリー白で開催中の長野由美展。

Dsc01042 

壁一面にたまごの殻を貼っておられました。

脅威のたまごフェチさんであります。

作家さんとは、これで3度目の遭遇でありますが、

ついにここまで来たかと思ってしまいました。

Dsc01043 

彼女は、毎日たまごを食べるだけでは数が足りずに

ケーキ屋さんへもらいにいったりしたそうです。

それにしても、飽きずに続けているというか、

とりつかれたようなたまごへのこだわり。

そんな気持ちがなんとなく分かるのであります。

告白いたしますと、僕も以前は、

大がつくほどの、たまごフェチでありました。

幼少の頃は、朝昼晩、たまごかけご飯か、

たまご焼き、もしくは目玉焼きか、オムレツ、

たまにお茶漬け、ソーセージなどで、

生活をしておりました。

大の肉嫌い、魚嫌い、ヤサイ嫌いの、

大偏食家だったのであります。

いまでは、立派に食生活も改善して、

昔ほどたまごに偏ってはおりませんが、

冷蔵庫にたまごがないと不安になるときがあります。

長野さん。

僕以外にも、かげながら応援している

たまごフェチさんがいるはずです。

これからも、がんばって、食べ続けてください。

僕も、こっそり応援しています。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

10月22日、老松町の展覧会風景。

秋晴れでありました。

ギャラリーまわりには、絶好の日和でありました。

いろいろお写真も撮ってまいりましたので、

こつこつこつと、載せてまいりましょう。

本日は、老松町界隈であります。

まずは、ギャラリーwksで開催中の池上将暢展。

Dsc01045 

前回、鉄板に錆を浮かせた作品が面白かったのですが、

今回は、和紙を何層にも重ねるなど、

ごろっと素材や技法を変えておられました。

Dsc01047 

これは、これで、なるほど、でありました。

池上さんは、鉄でも和紙でも、素材を選ばずに、

品よく作品をまとめるチカラがおありのようであります。

Dsc01035 

さて、お次は、Oギャラリーeyesで開催中の

浅田幸路・中岡真珠美展。

Dsc01032 

浅田さんの作品は、遠近感がありそうでなさそう。

というか、意図的に距離感をなくして、

ひとつの絵として溶かしこんでおられるようであります。

不思議な感覚でありました。

Dsc01033 

そして、中岡さんの作品。

僕の目には、いつ見てもデコレーションケーキのように

写ってしまうのであります。

僕は、いまほどスウィーツがもてはやされていなかった頃、

ケーキのチェーン店の販促企画をしていたことがありまして。

その関連で、元アンリ・シャルパンティエで商品開発を

されていたフリーのシェフと知り合ったのですが。

ケーキ作りを取材に伺ったときのこと、

その方が創り出すケーキが、いままで見たこともない

独創的なデコレーションだったので

目を見張ったことがありました。

その時の思いが、中岡さんの作品を見るときには

いつもよみがえってくるのであります。

Dsc01034 

と、ここまで書いていて、また少し長くなってしまいました。

続きの展覧会は、また明日、ご紹介していきましょう。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

浅田家2007、本日、まいります。

待ちに待っておりました。

浅田家の新作が、やっと見れるのであります。

今回は、家族の作品づくりの裏側を

写し撮ったものも発表されるとのこと。

これは、ぜひ、いかなければなりません。

というか。

今週、けっこう暇をもてあましているというか、

いろいろとギャラリーやらをまわれそうな

仕事のスケジュールであります。

本日は、大阪の市内をできるかぎり回った後、

ギルドギャラリーさんの「浅田家2007」の

オープニングパーティに顔を出そうかと思っております。

いやいや、ほんとに。

ヒジョーに、楽しみであります。

(展覧会情報は、アートのこぶ〆をご参照くださいませ。)

Photo

| | コメント (0)

キャラさん、ちとふてくされる。

おはようございます。

この一週間、これといって特筆すべきこともなかった

日曜限定!チョロキャラのお時間です。

と、いっても。

キャラさん、老人ホームで行われた

アーツ・セラピーのときは、ちとご不満のようでありました。

中庭からガラス越しに大好きなおばあちゃんたちが

見えていましたらね。

「私も、入れてよ。」と思っていたのでありましょう。

ときどき、「キャ~ン!」と鳴いておりました。

それでも、犬の苦手なご老人もいますからね。

リビングに入れることはできません。

しかし、そんなキャラさんを心配して、

老人ホームのスタッフさんたちが中庭へ

様子を見に行ったりしていただきまして。

いらないお手間をかけてしまい、申し訳ありませんでした。

アーツ・セラピーが終った後は、

ロビーでおばあちゃんたちに囲まれて

しっぽを振りまくって喜んでいましたからね。

まぁ、まぁ、まぁ、まぁ。

ゆるしてくださいな。キャラさんや。

そして、老人ホームのスタッフのみなさん。

どうも、ありがとうございました。

来月も、お世話をかけるかもしれませんが、

よろしくお願いいたします。

なんせ、留守番ができないもんで。

すいませんね。

甘やかして育ててしまったもんで。

Dsc00997

「こんども鳴いてやる。」という目をしとるなぁ。

次回は、静かにしといてくれんかなぁ。お願い。

無理かなぁ。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

本日、最終日の展覧会の風景。

ひさしぶりに降った雨のなか、

一週間ぶりにギャラリーをまわってまいりました。

気になった展覧会をご紹介してまいりましょう。

いずれも、本日が最終日であります。あしからず。

まずは、クリンもだん美術展。

Dsc00996 

子どもたち、腕をあげたなぁ。

と、感心してしまいました。

やっぱり、先生がいいのかしらん。先生が…。ははっ。

Dsc00995 

そして、海江田波留美展。

なんとも自由奔放な筆さばきでありました。

Dsc00989 

動物に見えてきたり、植物や果物に見えてきたり。

海江田さんとも貴重なお話ができて、

雨の日のギャラリーまわりも悪くないかと

思ったりしてしまいましたね。

海江田さん。来年は、初日にまいりますよ。

必ず。きっと。おそらく。たぶん。ほぼ間違いなく…。

Dsc00983 

老松町で面白いと思ったのが下嶋知子展。

Dsc00984 

以前から気になっていた作家さんなのですが、

今回は、2つの視点で描かれておりまして、

さらに、作品に深みというか、独自性というか。

まだ、僕の中で消化し切れていないのですが、

いい作品に仕上がっているように思えました。

Dsc00981 

そして、最後は小幡友貴展。

Dsc00987

おっ。思わず小幡くんに、

「ひと皮、べろんと剥けたじゃないのぉ。」と

えらそうな口を叩いてしまいました。

ごめんなさいね。小幡くん。

でも、いい方向に進んでいるようでうれしい限りです。

と、まぁ。

はなはだカンタンではございますが、

なんとか最終日には間に合った展覧会ばかりでした。

来週は、もちっと早くまわりましょう。

(クリンもだん美術展は、谷九の応典院。

そのほかの展覧会は、小吹さんのアートのこぶ〆を

ご参照ください。)

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

もう少し扉が開くかも知れません。

このブログをはじめからご覧いただいている方なら

覚えているかもしれませんが、

昨年の11月にインテリア産業協会が主催する

インテリアコーディネイター向けのセミナー&内覧会に、

ある社長さんのご好意で

出展させていただいたのであります。

その時は、ぶっつけ本番でブースを設置し、

右も左も分からぬまま怒涛の名刺交換攻撃に遭遇して

正気を失い、しばらく放心状態が続いたものでありました。

さて、昨日。

また、ある社長さんからご連絡があり、

今年も同様のセミナー&内覧会が開かれるとのこと。

さっそく「はい。出展させてください。」と即答いたしました。

今年は、ですねぇ。ふっふっふっ。

ちょっと勝算が、ありますからね。

むっふっふっふっ。で、あります。

まだ、あまり詳しくは言えませんけどね。

昨年、会場へお越しの方々から、

最もお問い合わせの多かった

“作品を見れる場は、どこにあるの?”というニーズに

今年は、お応えできそうなのであります。

詳しくは、近々 “その場”が完成したときにお邪魔して、

お披露目ブログとして掲載させていただければ

と思っております。

楽しみであります。もう少し扉が開きそうであります。

ではでは、がんばってまいりましょう。

まずは、“アートな仕事をつくる”ことを第一義に

進んでまいりましょう。

Dsc00973

昨日の夕方、ごはんを作りながら、NHKを見ていたら

うちのNPOのメンバーであるカメラマンの阪田さんが

ご夫婦で登場されておりました。

長年にわたり各地の巨木を撮影してこられたのですが、

どうやら、その活動に対して取材を受けたようであります。

なかなか、いいことを、おっしゃっておられました。

なかなか、仲睦まじく、巨木を撮影されておりました。

これは、ちょっと冷やかさないと、いけないですねぇ。

今度お会いするのが楽しみですねぇ。

ご関心のある方は、下記をご覧くださいませ。

http://www.kyoboku.info/

http://www.tobe-inc.com/

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

老人ホームでアーツ・セラピー。

行ってまいりました。

義母さんが暮らす老人ホームでの

アーツ・セラピーであります。

まずは、アーツ・セラピストの方々と

老人ホームのリーダーさんが下打ち合わせをした後、

いざ、みなさんの待つ会場(リビング)へと

入ってまいりました。

ご老人方も25名ぐらいは、ご参加いただいたようであります。

1_2

アーツ・セラピストの方々と老人ホームの

スタッフがサポートしながら、

まずは、木の葉や毛糸、紐や折り紙など、

さまざまなものを画用紙に貼っていきました。

2_2

みなさん、楽しそうにならべておりました。

やはり、ただならべているように見えても、

ちゃんと、それぞれの個性が垣間見えております。

3_2

手足があまり動かせないご老人もいますからね。

観ているだけの方もいらっしゃる。

それは、それで、無理に制作しなくても、

輪の中に入っているだけでもいいわけであります。

4_2

さて、作業の早い方は、すぐに貼り終わり、

今度は、その上に紙をあて、

色をつけていく作業にかかっておりました。

5_2

これまた、人それぞれの色が出てまいりました。

面白いものであります。

6_2

今回は、お互いにはじめての

ワークショップでありましたので、

いろいろと反省点もありました。

アーツ・セラピストの方も5名来ていただき、

老人ホームのスタッフも多数参加していただいたので、

多すぎじゃないかと思っていたら、なんのなんの。

25名の方の制作をほとんどマン・ツー・マンで

手取り足取り進めていかなくてはなりませんからね。

テーブルによっては、人が足りないぐらいでありました。

僕も作業を時々お手伝いしたのですが、

写真を撮ったり、中庭に放したキャラさんが気になったり。

と、作業に集中できなかったのは少し残念でありました。

とはいえ、僕がカメラのレンズ越しに見た限りでは、

愉しんでおられる方は、

ものすごく愉しんでおられたようであります。

カメラを向けると、笑顔やピースサインを見せてくれながら

出来上がった作品を掲げてくれたご老人たちもいましたしね。

みなさんとの反省会では、

次回は、2グループぐらいに時間で分けて、

目の届く人数でやってみようということになりました。

11月は、どうなりますでしょうか。楽しみであります。

なにわともあれ、

ご参加いただいたアーツ・セラピストの方々。

そして、老人ホームのスタッフのみなさん。

どうも、ありがとうございました。

次回も、どうぞ、よろしくお願いいたします。

Dsc00966

さて、残念なことに

昨日は、義母さんは体調が優れず参加できませんでした。

次回は、回復してくれているといいのですが。

そうそう、キャラさんは、中庭でほったらかせれて

時々すねて鳴いておりました。

まぁ、これぐらいは、がまんしなさい。キャラさん。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

プレゼン、おめでとう。

今週、いつも以上にダラダラと書いておりますが、

お許しくださいね。

本日のアーツセラピーやら、なんやら、

いろいろ大事な用事や雑用が重なっておりまして、

ギャラリーまわれるのは、金土あたりであります。

そうゆうわけで、あまりアートな話がないのですが、

昨日、ちょっとうれしいことがありました。

先週、このブログでも軽く書いていたプレゼンが

通ったそうでありまして。

昨日、東京でがんばっている旧知のデザイナーから

電話がありまして、非常に好感触だったようであります。

その数時間後、今度は、プレゼンを担当した

若きコピーライターくんからも電話があり、

これまた非常に喜んでおりました。

今回のプレゼン、静岡に本社がある楽器メーカーの

リゾート施設の年間販促企画でありまして。

アイデアラッシュの時点で、

「こっちの方向でどうだ!」という感触があったので、

クライアントにそのまま受け入れられると

こちらとしても非常にうれしいもんであります。

まぁ、今回は、上手くいった例ですね。

最近は、どうか分からないのですが。

バブルがはじけてしばらくたった頃は、

ひどい時で20数社の競合プレゼンなんぞもありまして。

僕は、そうゆうわけの分からない

プレゼンは断っていたのでありますが、

やはり、人間関係で受けざるおえない時もありました。

で、そんな時はどうするかと言いますと、

スタッフと話をしてやりたいことしか提案いたしませんでした。

あまり付き合いのないクライアントの

中途半端な意向を真剣に聞いてしまうと、

中途半端な企画しか出せないもんであります。

すると、結果的に目立たない没個性な広告プランになり、

すべての労力が無になってしまうのであります。

どうせ落ちるなら、やりたいことやって落ちよう。

そんな気分でありました。

で、そんな気分の盛り上がりが企画にも出るもんで、

そのまま通ったりしたこともあったりしました。

広告の話をし出すと、長くなりそうです。

また、いつか、たっぷりいたしましょう。

では、このへんで。

Dsc00967

本日に合わせたわけではないのですが、

昨日、シャンプー&カットをしてもらい、

リボンをつけてもらったキャラさんです。

(ちょっと分かりづらい写真で、ごめんなさい。)

この姿で、アーツセラピーにまいりましょうか。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

いよいよ明日、アーツセラピー。

そうなのであります。

義母さんが暮らす老人ホームの方々のご好意により、

さらには、アーツセラピストの方々の強烈な熱意により、

いよいよ明日、第一回目のアーツセラピーが

お昼過ぎから行われることになっております。

明日は、僕と奥さんもまいります。

もちろん、キャラさんも連れて行きますが、

アーツセラピーの間は

おばあちゃんたちの気が散らないよう

中庭に待機させておくつもりであります。

(じっとしとるわけがないか…。)

Dsc00964

どうなるかは、僕も初体験だけに

やってみなければ分かりませんけどね。

セラピストの方々のサポートが

上手くできればいいんですけどね。

おばあちゃんたちに愉しんでもらえれば、

それでいいんですけどね。

とりあえずは。

Dsc00965 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

NPOの例会に出て。

先週の土曜日にNPOの例会に出てまいりました。

わがNPOは、活発です。

と、言いたいところでありますが。

正直に言いますと、他のNPOと同様、

だいたい例会に出席するメンバーは決まってきております。

出席する人は、なにをおいても出席する。

欠席する人は、なにか理由をつけて欠席する。

それは、それで、NPOの魅力にも関わることであり、

現状、あまり魅力を感じられない。と、思われても

活動状況からして、いたしかたないことでありましょう。

さて、NPOの立ち上げから参加してきた

僕としては、集まるメンバーは少数でいい。

と、勝手に思っております。

それも、口だけ出して、手は出さない。という方々は、

もう参加しなくてもいいじゃない。と、独断で思っております。

議論百出するのはいいことなのですが、

言いっぱなしという人が多くなると始末が悪い。

動きたい人も、動き出せなくなる。

それよりも、やりたいことがある人が少数でも集まって、

やりたいようにやっていくのが一番だと思うのであります。

動き出さないと、何も見えて来ないんだから。みなさん、さん。

という勝手な観点で、例会で発言してまいりました。

すると、くすぶっていたいくつかの思いが現れてきて、

面白いことが動き出しそうな気配になってまいりました。

いかがなりますでしょうか。

動き出したら、また、ご報告いたします。

お楽しみに。

Dsc00960 

この方も、寝たり、舐めたり、

好きなように過ごしております。

Dsc00959_2

   

ときどき、ストレスもあるでしょうけど…。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

金沢散歩、余談の余談。

おはようございます。

金沢で撮った写真がまだまだあった

日曜限定!チョロキャラのお時間です。

それは、金沢へ着いたときに行った

ショッピングモール内にあるドッグカフェであります。

キャラさんには、ちょーグルトなるものを頼んでみました。

Dsc00932 

店員さんによると、

おなかにいい(?)ヨーグルトらしいです。

Dsc00931 

Withというペット用品を販売しているショップに

併設されているドッグカフェだったのですが、

3匹ほど、お店の看板犬が広い店内を

自由に走り回っておりました。

いずれの子もおとなしかったのですが、

なかには、食事中に寄ってくる子もいまして。

たぶん。誰かが餌付けしてしまったのでありましょう。

けっこう、奥さんの足元で待っておりました。

Dsc00930 

キャラさんも、早々と、ちょーグルトを飲干して

おんなじように待っておりました。

Dsc00929 

キャラさんも、最近、食事中に

ちょくちょくあげるようになってしまったもんで、

催促するようになっております。

ちと悪いクセをつけてしまったようであります。

吠えたりはしないんですけどね。

なんか、見つめられるとあげちゃうんですよね。

以前は、あげなかったんですけどね。

なんか、チョロのことがあってから、

夫婦して愛情過多になっているようであります。

できるだけ無視しないといけませんねぇ。

でも、あげちゃうのかなぁ。

いずれ困ったことになるかもなぁ。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

残念、無念。でも、楽しみもある。

先日、僕が参加しているNPOの代表から

連絡がありまして。

以前、このブログでも触れた、ある企業に助成金を

申請していたアートと民俗学のコラボレーション企画が、

ダメ出しされたようであります。

僕個人は、「いける!」と、思っていただけに

はなはだ残念でありました。

しかし、ね。

うちのNPOの代表は、しっかり、他の企業の

助成金申請にも申し込んでおりましてね。

まだまだ、あきらめてはいないようであります。

あきらめなきかぎり、続けられるということであります。

さて、話は、いつものように

ごろっと変わりますが。

僕がNPOとは関係なく個人的にお話を進めてきた

「アーツセラピー」が、義母さんが暮らす老人ホームで

来週の水曜日に開かれます。

話が進むうちに、なんとアーツセラピストの方々が、

5人もいらっしゃることになり、

ちょっと、びびってしまいましたが…。

まぁ。一度やってみるしか、ありませんなぁ。

そこから、また考えてまいりましょう。

高橋さん。そして、老人ホームのスタッフのみなさん。

ご迷惑をおかけするかも知れませんが、

よろしくお願いいたします。

そして、田中さん、福井さん。

やさしいご老人ばかりなので、

いい時間がつくれるはずだと確信しております。

よろしくお願いいたします。

当日は、写真などで記録も取る予定です。

また、このブログでも、ご報告いたしますよぉ。

Dsc00961 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

森ひろ子作品展、AFRICARNIVAL。

ぐるっと、大阪のギャラリーをまわり、

最後は、福島のLADS、そして

今回ご紹介するa Terreさんへ行ってまいりました。

以前から、ときどき雑貨を買いに来たり、

お茶を飲みに来たりしていたのですが…。

Fにギャラリーがあるとは、まったく知りませんでした。

イラストレーターの森ひろ子さんが個展をしなければ、

たぶん知らないままだったでしょう。きっと。

では、お写真にまいりましょう。

Dsc00957 

スペースは他の階ほど広くはないのですが、

雑貨も扱っているだけにイスを置いたり、

なかなか小じゃれた空間になっております。

彼女の作品も、引き立っておるようでありましたが、

ピクチャーレールのワイヤーは

少し目につくかも知れませんね。

Dsc00954

肝心の彼女の作品。

僕は、学生時代に描いたという人物画が

気に入ってしまいました。

Dsc00947

なんというか、生き生きしておりました。

ご本人も、好きなものを好きなように描いていたとのこと。

そうゆう無邪気さが、彼女の良さなのかも知れませんねぇ。

森ひろ子作品展、AFRICARNIVAL.

1011日~1023

11:0020:00(最終日19:00

a Terre

http://aterre.jp/

Dsc00948

なんで、この近辺にちょくちょく来ているのか。

と、いいますと。

ナナメ向かいに、いつもお世話になっている

デザイン事務所さんがありまして。

打ち合わせで、よくうかがっておるのであります。

本日も、まいりますよ。林さん。

来週のプレゼン、うまくいくよう

がんばってまいりましょう。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

保田弥生展~フランチェスカの夢。

以前、知り合いの方にご紹介いただいた

はたのファインアーツさんからDMをいただきまして。

はじめは、なんとはなしにDMを見ていたのですが、

保田弥生なる作家さんは、昨年11月に32歳の若さで

急逝されたようであります。

彼女の作品は、近日公開予定の短編映画

「わたしが沈黙するとき」のなかにも使用されるようで、

今回は、初期の油彩画を中心とした遺作展になるそうです。

Hatano_3 

それにしても、DMを見ていると、

32歳かぁ。もっと、描きたかっただろうなぁ。」とか。

「この絵は、どんな思いで描いていたんだろう。」とか。

もう語りえない作家の気持ちを聞きたくなったり

してしまいました。

作品とは、遺作になってしまった瞬間に、

新たな不思議な価値が生まれるようであります。

作家がいなくなってからも、

そこに存在し続けるわけですからね。

とりあえず、作家 保田弥生さんの視線にでも

触れてまいりましょうか。

保田弥生展~フランチェスカの夢

1015日(月)~112日(金)

11:0018:00(土曜17:00まで)日休み

大阪市中央区伏見町441

日生伏見町ビル本館6F

はたのファインアーツ

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

中田弘司展と、吉田磨希展と。

こまめにギャラリーを回りだして、約2年になりますかね。

(毎週、回っているのは大阪だけですけどね。)

さまざまな作家さんからDMをいただけるようになりまして、

それはそれで、ヒジョーにありがたいことであります。

ただ、A型の割には、日々の整理整頓が苦手でしてね。

“うっかり”観そびれてしまった。ということが、

最近、徐々に増えてきております。

もう少ししっかりDM整理をやらんと、いかんです。はい。

それは、それとして。

今日は、気になるイラスト展のご紹介であります。

ひとりめは、中田弘司さん。

雑誌「大阪人」で掲載しているイラストの原画を

展示されるようであります。

以前は、飲みに行ったりしていたのですが、

最近、ご無沙汰しております。

お変わりなくご活躍のようで、うれしい限りです。

必ず、うかがいますよぉ。

中田弘司「大阪巡り」

1011日~20日(土日は休み)

12:0019:00(最終日は17:00まで)

The 14th . MOON

http://www.14thmoon.com

Photo 

そして、もうおひとりは、吉田磨希さん。

うちのサイトにも作品を掲載させていただいておりますが、

独特の世界観は、僕も大好きであります。

今回は、ミナミのオソブランコでの開催のようであります。

こちらも、ぜひ、うかがいますよぉ。

(って、もう始まっておりますが…。)

吉田磨希のイラストレーション展

105日~30日(水曜は休み)

12:0020:00(日祝は19:00まで)

オソブランコ

http://www.osoblanco.jp/

Yosida 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

クリンもだんと、ボーダレスと。

西に東に飛び回っている

作家 大澤辰男さんがリーダーを務める

「クリンもだん美術展2007」が今年も始まる…。と、

ご紹介しようと日付を見直すと。

ありゃ、まぁ。もう、始まっておりました。すいません。

ご存じない方に、ご紹介しておきますと。

「クリンもだん美術展」とは、知的しょうがい者や

自閉症の人たち、健常者も通っている

「クリンもだん美術教室」の作品発表の場であります。

うっかり7日のシンポジウムには

行きそびれてしまいましたが、

毎年、面白い作品が必ず出品されているので、

今年も行かなければいけません。

クリンもだん美術展2007

1020まで(11:0019:00・最終日17:00まで)

場所:応典院

http://www.nskk.org/province/ikuno

Dsc00946 

そして、もうひとつ。

滋賀のボーダレス・アートミュージアムNO-MA

開催されている

OUTSIDER ART PHOTOGRAPH EXHIBITION

東と西の写真家がとらえたアウトサイダー・アート写真展。

たまたま、ギャラリーまわりのときにチラシを

見つけたのですが、かなり訴えかけてくる写真でして、

なかなかのカメラマンさんのようであります。

なんとか期間中に、行ってみたいと思っておりますよ。

Dsc00945 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

広場画報、創刊。

おとついのこと。

CASO周辺からミナミ方面へ、

少しだけギャラリーをまわってまいりました。

アメ村にあるパライソさんへは、

ひさしぶりにうかがいまして。

ギャラリーの大将 原田さんと

だらだらと世間話をしていたとき。

「これ、出したんやけど。」

と、おもむろにこのフリーペーパーを手渡されました。

Dsc00943 

「へぇー。チチ松村さんのインタビューも

あるじゃないですか。」

「けっこー。がんばったやろ。」

「けっこー。がんばったじゃないですかぁ。」

Dsc00942 

パラパラ読んでいくと、

ご近所のカフェやらバーやらレコードショップやらと

協力して、商店情報やおすすめ音楽、本、映画、

人形浄瑠璃裏話、福田利之のアホマンガなど、

いろんなアメ村周辺ディープ情報が満載されております。

Dsc00940

聞くと、季刊で出していくそうなので、

もし、アメ村へ行くことがあれば、

ギャラリー パライソで、パラパラ見てみてください。

もちろん、無料です。

次号のインタビューは、大西ユカリらしいです。

http://www.paraiso-tv.com/event/index.html

Dsc00944

話はごろっと変わりますが、

昨日の夜、焼肉屋の大将が新メニューの

卓上POPを作ったお礼に、お肉をどっさり持ってきてくれました。

ずっしり重かったので、量ってみると、2.5kgありました。

また、当分。お肉類は、買わなくてすみそうです。

まぁ。大将つながりということで。はい。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

キャラさんと、金沢散歩。

おはようございます。

キャラさんも金沢の街を走り回った

日曜限定!チョロキャラのお時間であります。

さて、美術館前で奥さんとバトンタッチした後、

キャラさんと一緒に金沢の街を

ぶらんぶらんしてまいりました。

そこで、参考になったのが、美術館にあった

「アートdeまちあるき」というリーフレットであります。

Dsc00935

美術館と街の商店街が提携していて、

さまざまなお店でお得なサービスが受けられるのですが、

このへんも、金沢21世紀美術館が

人を引き寄せる工夫をしているなぁ。と、

感心してしまったところであります。

Dsc00934

ではでは、とんとんとんと、お写真まいりましょう。

Dsc00925

美術館裏の、柿下畠あたりからスタート。

Dsc00926

こじんまりとした公園に、大きなモニュメント。

Dsc00923_2

こうゆう建物も、いたるところにある、ある。

Dsc00922

古びた商店街も、味がある、ある。

Dsc00921

キャラさんも、足早に歩く、歩く。

Dsc00918

木倉町という、街らしい。

Dsc00919

ここにも、モニュメント。

Dsc00917

金沢へ、おいでまっし。

Dsc00915

おしゃれな竪町で、しばし、休憩。

Dsc00914

京都の高瀬川っぽいところもある、ある。

武家屋敷跡っぽいところもある、ある。

ここで、奥さんから電話が入り、

あわてて美術館へ戻る、戻る。

以上、はなはだ足早ではありましたが、

キャラさんと巡る金沢散歩でありました。

途中、竪町でジーンズの後ろポケットから

まちあるきのリーフレットが落ちたのですが、

すぐに高校生さんや大学生さんに声をかけられ

拾っていただきました。

ありがとうございました。

待ちも、人もあったかいなぁ。と、思った次第です。

またいつか、

機会をつくって、金沢を旅したいもんです。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

金沢21世紀美術館を、ゆく。3

さてさてさて、みたび昨日の続きであります。

今回、金沢21世紀美術館へ行ったのは、

やはり、この「日比野克彦アートプロジェクト

ホーム→アンド←アウェー方式」を

観ることが一番の目的だったようであります。

目玉は、912地域で育てられた苗、2,000株が、

美術館そのものを覆うという壮大なプロジェクトでありまして。

2003年、新潟で始まった「明後日朝顔プロジェクト」が

きっかけになり、今回の展覧会に発展したようであります。

ここで収穫される朝顔の種は、およそ300万粒になるそうで、

これまた地域別に分類して、

日本中で育てられるようであります。

Dsc00927 

さて、美術館の外観にも圧倒されましたが、

問題は、館内の展示物であります。

日比野克彦が全国で育てられた朝顔の種を描いた

ダンボールアートも、迫力満点でありましたが。

なんといっても、目立っていたのが、

ランドマーク的に制作されたノアの箱舟的な3艘の船。

Fune 

かなり大きな作品でして、

そのなかの一艘は、乗船可能でありました。

初老のスタッフさんに声をかけてみると、

「いいですよ。どうぞ、どうぞ。」

そう言われて、乗り込んでみると、

たぶん、全国でこのプロジェクトに

参加した人たちなんでしょう。

いろんな方々の写真が、ところ狭しと飾ってありましたね。

ふと足元を見ると、この「明後日新聞」なるものも

あったので、乗船記念にいただいてまいりました。

Tirasi2 

船を下りて、先ほどの初老のスタッフさんに、

「この船、どうするんでしょうねぇ。」

と聞いてみると、小声で

「まだ分からないんですけどね。

たぶん。この美術館が買い取るんじゃないでしょうか。」

「それはいいですねぇ。これは、もったいないですよ。」

と二言三言会話をした後、

奥さんとバトンタッチするため、

美術館の入り口へと向かったのでありました。

朝顔の小さな種なんですけどね。

そこにアートが関わると、

いろんな人や地域の思いを巻き込んで

これだけスケールの大きなものにできるんですね。

いやはや、感服いたしました。

Tirasi_2 

この展覧会の詳しい情報に関しては、

美術館のホームページをご覧ください。

少し遠出をしても見ておく価値はあると思います。

http://www.kanazawa21.jp

Dsc00910 

そうそう、帰りがけに、巨大な壁画を見つけました。

どこにあるんだろうと、思っていたら、

美術館の裏のほうにありました。

またいつか、来ようと、思っておりますよ。

さて明日は、金沢特集ブログの最終回。

キャラさんと足早に巡った金沢散歩です。

お楽しみに。

Itiwa_2 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

金沢21世紀美術館を、ゆく。2

さてさて、ふたたび昨日の続きであります。

ひとりで美術館の奥へと向かい、まずは

「パッション・コンプレックス

オルブライト=ノックス美術館コレクションより」

を観ることにしました。

ここで最も気になったのが、

チラシやチケットにもなっている

ジリアン・ウェアリングの作品。

Oru2 

「なにが、気になったの?」と、言われそうでありますが。

実は、よく観ると、顔に特殊メイクで使われるマスクを

被っておるのでありますよ。

それも、展示作品では、両親、姉、弟、

叔父さんにまで扮して、マスクを被っておりました。

事前にあまり調べてこなかったぶん、

これには、かなり、やられてしまいました。

他にも13日間ある人物を尾行して写真を撮り続けた

ユニークな作品など、さまざまにあったのですが、

ローリー・シモンズの時計や本に扮した

バレリストやバレリーナのムービー作品と

モナ・ハトゥムの電動仕掛けの作品が記憶に残りましたねぇ。

いやいやいや、面白かったです。

Oru1 

その後は、

美術館の「コレクション展Ⅱ」へと向かいまして。

森村泰昌や舟越桂の作品を

目に焼き付けながらまわっていると、

数十個の牛乳パックが壁にならべて設置してある

木村太陽という作家の部屋にたどり着きました。

Kore1 

若いカップルが先に牛乳パックの中を覗いていたので、

反対側から覗こうとすると、

「あっ、こっちから覗いたほうが、いいですよ。」

と、年配の女性スタッフにアドバイスされまして。

「なんか、仕掛けがあるんですね。」

と、問いかけると、

(ニンマリ)と、微笑を返していただいたので、

カップルの後に続いて、牛乳パックのなかを

覗いてみることにしました。

すると、なるほど(ニンマリ)された意味が、よく分かりました。

「これは、面白い。」

そう女性スタッフの方に声をかけると、

これまた(ニンマリ)と会釈をしていただきまして。

僕も、(ニンマリ)と会釈をして、その部屋を後にしました。

どんなものが牛乳パックのなかに隠されていたかは、

言わないでおきましょう。

(たぶん、ここで書いちゃうと観るときの感動が

半減しちゃうと思うのでありますよ。)

と、まぁ。ここまで書いて、ニヤニヤ思い出し笑いしながら、

書いている自分に気づいてしまいました。

明日は、いよいよ、

「日比野克彦アートプロジェクト」をご紹介いたしますよ。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

金沢21世紀美術館を、ゆく。1

さて、昨日の続きからであります。

お昼の1:00ごろ、金沢21世紀美術館に着くと、

まずは、地下駐車場に車を止め、美術館の入り口へ。

いつものことながら、

ここからキャラさんが問題になってまいります。

とはいえ、行けるところまで行ってしまうのが、僕らのやり方。

とりあえず、地下入り口から、

キャラさん入りのリュックを担ぎ、館内探索をはじめました。

階段を上がると、建物の壁面は、すべてガラス張り。

ちょっと枯れかかっているものの、朝顔もいっぱい。

なんとも明るくて、開放感のある空間でありました。

どうやら美術館の裏口から入ったようで、人もまばら。

よかった、よかったと思いながら、

市民ギャラリーを通り抜けると、ありました。

「タレルの部屋」で、あります。

運よく、天気もよく。

天井から、雲もいいカタチに見えておりました。

Dsc00913 

(「タレルの部屋」を、外から見たところ。)

しばし、ゆっくりと、まどろんでいたかったのですが、

静かに読書をしている方や、

仲の良さそうなカップルさんがいらっしゃいましたからね。

邪魔はできない。ものの数分で部屋を出て、

キャラさんがリュックから出てこないことを願いながら、

ぐるっと館内を半周して正面入り口へと向かいました。

さぁて、正面まで来るとさすがに人が多い。

いままでの経験からすると、

おそらく、このまま入ろうとしても、

「お荷物(キャラさん入りリュック)は、

ロッカーにお預けください。」と

スタッフさんに声を掛けられるはずであります。

いたしかたない。

こちらから、スタッフさんに事情を説明しましたが、

やはり、ワンコの入館は無理でありました。

(当たり前であります。

強引にここまで連れてきたこちらが悪いのであります。)

というわけで、ここで奥さんとキャラさんとは、

しばし、お別れ。

まずは、僕ひとりで、会場へと

足を踏み入れたのでありました。

さぁ、ここから、やっと展覧会の報告でありますが。

ここまで、けっこう書いちゃいましたからね。

明日、ゆっくり、ご紹介いたしましょう。

すいませんね。いつもながら、余談が多くて…。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

金沢を、ゆく。

旅には、いい陽気でありました。

朝、6:00AMには、絶対に家を出発するぞっ。

と、意気込んで眠りについたのですが、

起きたのは、すでに出発予定時刻を過ぎた

7:00AMでありました。

すぐさま、夫婦で飛び起きて、なんとか8時過ぎに出発。

車で第二京阪から京滋バイパス、

名神高速を通り、北陸道へとスムーズに乗り継ぎ、

途中、奥さんとナビの扱い方で

ちょっとしたバトルはあったものの、

無事に12時前には金沢へ着いておりました。

夫婦だけなら、いきなり美術館へ行くのでありますが。

キャラさんを連れて居ますからね。

まずは、下調べしておいたドッグカフェへ行き、

食事を済ませてから金沢21世紀美術館へ

向かったのであります。

さて、すらすらすららと、書き進んでしまいましたが。

滞在時間、わずか4時間半ほどの

小京都での小旅行だったのですが、

美術館のことや金沢の街、やさしい人たちとの

触れ合いも書きたいぞっ。

と、思ってしまいました。

というわけで、今週の後半は、

金沢特集ブログを決行いたします。

まずは、明日。

金沢21世紀美術館を大解剖!

とまではいかないまでも、小解剖ぐらいはしてみましょう。

では、また明日を、お楽しみに。

Dsc00916   

昨日、もう少し、携帯ブログをしようと思っていたのですが、

キャラさんとの街歩き&観察に集中してしまい

ちょっと、タイミングを逃してしまいました。

明日から、バンバン、写真や資料を載せてまいりますよぉ。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

金沢

金沢
21世紀美術館です。見応えたっぷりです。

| | コメント (0)

本日の、大阪のギャラリーの風景。

いい季節になってまいりました。

ギャラリーまわりには、ぜっこうの曇天でありました。

偶然にも、のっけから、元気はつらつで

自転車で疾走する小吹さんとも出会えたし。

いい気分でギャラリーをまわり始められました。

さて本日は、少し気になった展覧会だけを

取り上げさせていただきましょう。

まずは、Oギャラリーeyesの岸本幸三展。

運よく岸本さんと出会えて、

写真の掲載許可をいただけました。

Dsc00909 

携帯の写真では認識できないかもしれませんが、

岸本さんは「山の痕跡」というか、折り重なる「山の影」を

取り上げて描いていました。

Dsc00905 

岸本さんには失礼ではありますが、

僕は、以前、渓流釣りに足しげく通っていた時期が

ありまして、

その山間の影(=陰)から真っ青な上空を

眺めている自分の姿を、この作品たちを見ていて

想いだしてしまいました。

Dsc00908 

そして、ギャラリーH.O.Tの四塚裕子展。

ありがたいことに、四塚さんとお話ができ、

都会という荒野のなかに浮かぶ自分の悩みや思いを

描かれているとお聞きしたのですが。

Dsc00902 

これまた、作品のなかに自分が入りこみ、

海水の温度が高くなり、魚が獲れなくなりつつある

両親が住む天草の海を想い描いてしまいました。

Dsc00897_2

こういう見方がいいことなのか、そうじゃないのか。

僕には、分からないのですが、このふたつの展覧会には、

僕自身の経験が投影されたことは事実です。

Dsc00898

作家の方々、すいませんね。

勝手な解釈しちゃいまして。

でも、見に行ってよかったです。

ありがとうございました。

(展覧会情報は、アートのこぶ〆を、ご参照くださいませ。)

さて、お約束どおり、

明日は、少し遠出をしてまいります。

お昼前後から、携帯でブログりますので。

お楽しみに。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (1)

うっかり、してました。

先日、東京で活躍してはる

イラストレーターのクンタさんから、

大阪のグループ展に参加することになったと、

DMをメールしていただきました。

それが、これであります。

Photo 

実は、うちの奥さんもお誘いいただいていたのですが、

この夏は、チョロじいのことやら、なんやらがありまして、

思い出して申込書を見直したときには、

とっくに締切りが過ぎておりました。

京田クリエイションのみなさま、ごめんなさいね。

本人も、次回がありましたら、ぜひにと、申しておりますので。

おゆるしくださいね。

さて、この展覧会。関西出身のイラストレーター100人に

よるグループ展のようです。

それも、この「ホック」なるギャラリーの杮落とし展と

なるようであります。

南堀江へお越しの際は、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

http://www.kyoda.co.jp

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »