« 小吹隆文アートのこぶ〆について。 | トップページ | ヒールが気になる、浅香弘能展。 »

三沢厚彦、ANIMALS+PLAS。

そうですか。

小吹さんも、この展覧会を注目されていましたか。

僕も、というより、今回は、

うちの奥さんが前々から見たがっていたというか。

以前、NHK新日曜美術館のアートシーンで

お見かけして以来、その作品にひとめぼれしておりまして。

「三沢厚彦、ANIMALS+PLAS」には、

是が非でも行かなければと、思っておるようであります。

Misawa1 

いまも、これを書いているときにチラシを見つけ、

「あっ。これ、ぜったい、行く!」

と、歯切れのいい単語を口走っておりました。

期間中は、対談やギャラリートークなどのイベントも

あるようです。

それにしても、木の質感といい、ノミ跡といい、

いい存在感であります。僕も、ぜひうかがいます。

伊丹市

立美術館

http://www.artmuseum-itami.jp

Misawa2 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

|

« 小吹隆文アートのこぶ〆について。 | トップページ | ヒールが気になる、浅香弘能展。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小吹隆文アートのこぶ〆について。 | トップページ | ヒールが気になる、浅香弘能展。 »