« 河瀬直美氏と、森村泰昌氏と。 | トップページ | どこどこ、どこだ。 »

インテリアに合うアート。

ある若い作家さんから、

Keyisの短期レンタルで出ている

作品の傾向を教えてください。

というメールをいただきまして。

僕が行っている短期レンタルでは、

あくまでもCMや販促カタログの

演出ツールとしてアート作品が使用されるため、

カラフルなものより、モノトーンタイプのほうが

よく出ています。と、答えてしまいました。

でも、お預かりしている作品のなかには、

岩澤有徑さんをはじめ、カラフルなものもあり、

モノトーンタイプほどではないにしろ、

これらもコンスタントにレンタルされています。

たとえば来週から展覧会がはじまる森反伸一郎さんの作品。

昨年、お預かりした作品は、

納品時に、すぐ買っていただくこともできました。

Mori 

(展覧会情報は、アートのこぶ〆をご覧あれ。)

モノトーンであれ、カラフルであれ、

総体的に言えることは、インテリアにフィットする

デザイン性や、作品としての完成度、

そして何より作品の“色気”や“品”みたいなものが

要求されているようです。

とはいえ、若い作家さんの荒削りな作品も、

時々出たりしていますしね。

(こうゆうチャレンジが当たると面白い。)

ところが「これは、いける。」と思った作品が、

なかなか出なかったりするときもあります。

そういう時は、作家さんに申し訳ないし、

僕自身、しっかりとした傾向を掴んでいる

わけじゃないんだなぁ。と、思ったりしています。

それでも、流通経路は、ひとつではない。

と、確信していますからね。

「これは、いい。」と、思った作品は、

ほかの流通経路が見つかったときに、

また、どんどん押していこうかと思っています。

作家の皆さん、まだまだ、広げていきますよぉ。

がんばりますよぉ。

よろしくですよぉ。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

|

« 河瀬直美氏と、森村泰昌氏と。 | トップページ | どこどこ、どこだ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 河瀬直美氏と、森村泰昌氏と。 | トップページ | どこどこ、どこだ。 »