« アーツセラピー、まずは10月から。 | トップページ | 雷で、パ~。 »

陰陽、西村のんき展。

去年も見させていただいた。というよりも、

体験させていただいた。といったほうが、

正しいかもしれませんね。

西村のんきさんの、光と視力の限界に挑戦するような

展覧会であります。

ぎゃらり かのこの和室へ入ると、

うっすらと光はさしているものの、

ほとんど真っ暗闇に近い状態でありました。

そこまでは、昨年と同じ。

大変だったのが、しかけ部屋への通路が狭い。

真っ暗だったのでよつんばいになって進み、

奥の座布団が敷いてあるスペースまで、

やっとのことでたどり着きました。

しばし、眼を暗闇に慣れさせること数分。

徐々に目の前に現れてまいりました。

「あっ。巨大な魚の頭ですねっ。」

「いえ。龍をイメージしてまして…。」

「なっ、なるほど。そうとも見える…(かも)。」

などと、とりとめのない会話をしながら、

他の小部屋も体験させていただいた後、

和蝋燭に火を入れていただきました。

Dsc00784 

ゆらゆらゆらゆらと、いい明かりでありました。

他の蝋燭では、無理なんでしょうねぇ。

この趣は、出せないんでしょうねぇ。

陰陽・西村のんき展

98日(土)まで

12001930

ぎゃらり かのこ

http://www.ami-kanoko.com

Dsc00783 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

|

« アーツセラピー、まずは10月から。 | トップページ | 雷で、パ~。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アーツセラピー、まずは10月から。 | トップページ | 雷で、パ~。 »