« なんとも熱いセミナーでした。 | トップページ | 本日、午後から更新します。 »

木に人を描く、坂本真澄展。

最近、あっつい、あっつい。と、

いう言葉しか発していないような気がしていますが、

昨日も、いくつかの打ち合わせの合間に

猛暑の中、美術館やギャラリーを回ってまいりました。

まずは、国立国際美術館で行われている

藤本由紀夫展。

Dsc00681 

圧巻だったのがボーズのCDプレーヤーを

壁一面に設置していた部屋。

さまざまなビートルズナンバーを流していたのですが、

遠くから聞くと、ゴーッと、巨大な空調の音のように聞こえ、

近くで聞くと、音楽が聞こえるという仕掛け。

はじめてだったので、びっくりいたしました。

その後、ギャラリーをひとまわりしたのですが、

ギャラリーDENの羽部ちひろさんと、

番画廊の坂本真澄さんが、面白かったですねぇ。

羽部さんは、DMと展示作品とのギャップが面白く、

効果的なDMの使い方をされておりました。

作品も、もちろんよかったというか、

こうゆう平面作品は、はじめてでありました。

そして、坂本さんの作品。

Dsc00674 

木版画出身らしいのですが、

木の素材感を生かして、人物像を描いていまして。

若さあふれる作風で好感が持てました。

Dsc00677 

うまいこと、木のフシをほくろにみたてたりして、

なかなか茶目っ気も、お忘れではない。

Dsc00676 

これは、東京の清澄系のギャラリーでも

いけるんじゃないかと、思ったしだいです。

今回、お休みのギャラリーが多いので、

まわる数は少なかったのですが、

ヒジョーに印象深い作品ばかりでした。

よかった、よかった。

でも、あつかった。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

|

« なんとも熱いセミナーでした。 | トップページ | 本日、午後から更新します。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なんとも熱いセミナーでした。 | トップページ | 本日、午後から更新します。 »