« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

雷で、パ~。

ここ数日、雷がすごいですよね。

ここ枚方でも、今週2度ほど、雷で停電になりました。

こうゆうときに、パソコンを扱っていると、

やっかいなことに巻き込まれるもんであります。

昨日のお昼前のこと、ハードディスクのデータを

新しいハードディスクに入替えていたのですが、

雷が鳴り出しまして。

「あっ。やばっ。」と、思ったんだけれども、

途中でやめるわけにもいかず、

そのまま作業をしていたわけです。

そして、その時が、やってまいりました。

大きく雷が鳴り響いた瞬間、

パッと、すべての電気が消えてしまいました。

「あ~ぁ。」いままでの作業がパ~であります。

朝いちからはじめた作業が一瞬でパ~であります。

いたしかたなく、電気が戻ってから、

作業を再開し、終了したのは本日朝3時ごろでありました。

(パソコンまかせにしていただけですけどね。)

それでも、なんです。

昔に比べて、電気が戻るのが早くなりました。

ありがたいことです。

僕の知らないところで、技術が進歩しているんでしょうねぇ。

さて今日も、雷が鳴り出しています。

本日は、ブログ更新したら、

終日、パソコンは触りませんよぉ。

Dsc00764

雨空を撮ってもしかたがないので、

ストック写真の中から見つけてきました。

京の夕景なんぞを、どうぞ。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

陰陽、西村のんき展。

去年も見させていただいた。というよりも、

体験させていただいた。といったほうが、

正しいかもしれませんね。

西村のんきさんの、光と視力の限界に挑戦するような

展覧会であります。

ぎゃらり かのこの和室へ入ると、

うっすらと光はさしているものの、

ほとんど真っ暗闇に近い状態でありました。

そこまでは、昨年と同じ。

大変だったのが、しかけ部屋への通路が狭い。

真っ暗だったのでよつんばいになって進み、

奥の座布団が敷いてあるスペースまで、

やっとのことでたどり着きました。

しばし、眼を暗闇に慣れさせること数分。

徐々に目の前に現れてまいりました。

「あっ。巨大な魚の頭ですねっ。」

「いえ。龍をイメージしてまして…。」

「なっ、なるほど。そうとも見える…(かも)。」

などと、とりとめのない会話をしながら、

他の小部屋も体験させていただいた後、

和蝋燭に火を入れていただきました。

Dsc00784 

ゆらゆらゆらゆらと、いい明かりでありました。

他の蝋燭では、無理なんでしょうねぇ。

この趣は、出せないんでしょうねぇ。

陰陽・西村のんき展

98日(土)まで

12001930

ぎゃらり かのこ

http://www.ami-kanoko.com

Dsc00783 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

アーツセラピー、まずは10月から。

昨日、義母さんが暮らす老人ホームへ、

アーツセラピストの方々と行ってまいりました。

ホームリーダーの方との顔合わせや下見も

無事に終わり、打ち合わせの結果、

10月から月一ペースで試行錯誤していくことになりました。

なにわともあれ、やってみなければ分かりませんからね。

僕もできるかぎり、お手伝いさせていただきますよ。

いかがあいなりますでしょうか。

ヒジョーに楽しみであります。

さて本日は、打ち合わせの合間をぬって、

ミナミを中心に、少しだけギャラリーをまわってまいります。

最近、暑さに負けてミナミ方面をまわっていなかったので、

オーナーさんたちに会うのは、ひさかたぶりであります。

(みなさん、怒らないでねぇ。お願いねぇ。許してねぇ。)

ではでは、行ってまいりましょう。

Dsc00779

昨日、奥さん、無事に帰ってまいりました。

留守の間、キャラさんとべったりの生活でありました。

朝起きてから、夜寝るまで、べったりでありました。

なんかここまで一緒にいると、

自分のわがままな部分だけが飛び出してきた

分身のような気がしてきますねぇ。

分かります?このヘンな感覚。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

本日、アーツセラピー、初打ち合わせ。

実は、奥さん。

昨日から、東京での撮影のため、出張しております。

いつもなら、僕も荷物持ちで同行し、

携帯でブログ配信しているはずだったのですが、

今回は、前後にいろいろ用事が入ってしまい、

ひとりで行ってもらうことにしました。

まぁ、東京へは、いつでも行けるので、

秋から冬にかけてギャラリーの下見をかねて

行ってこようかと思っております。

さて、話は変わりますが。

本日、色彩心理カウンセラーの田中素子さんや

アーツセラピストの方と一緒に

義母さんが暮らす老人ホームへ行ってまいります。

2年ほど前に、アーツセラピーの存在を知ってから、

高齢者向けのアーツセラピーを企画してみたかったの

ですが、今回、みなさんのご好意で、

なんとか実現できそうであります。

今日は、顔合わせと下見&打ち合わせになるでしょうが、

それだけでも楽しみであります。

おじいちゃん、おばあちゃんの表情、

少しでも、いいほうに変わるとうれしいんですけどね。

ではでは、また、ご報告いたしますよ。

Dsc00778

奥さんが留守なので、キャラさんも連れてまいります。

打ち合わせに参加されるみなさん、ごめんなさいね。

邪魔しないように、おとなしくさせておきますからね。

どうやらキャラさん、チョロじいがいなくなってから、

また留守番ができなくなってきたようなんですよねぇ。

チョロじいの存在、やっぱ大きかったなぁ。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

神戸ビエンナーレ2007

ひと月ほど、岩澤有徑さんの作品を

カリモク家具のショールームへ展示しておりましたが、

昨日、搬出に行ってまいりました。

館長さんに聞くと、今回、タイミングが合わず、

広告販促物に展示会の掲載ができなかったため、

お客さんの反応は以前より少なかったようであります。

でも、岩澤さんや館長さんには

喜んでいただいたので、やってよかったのでありましょう。

課題は、課題として、

次回に生かしていきたいと思っておりますよ。

さて、岩澤さんから、この秋、出品される

神戸メリケンパークで開かれる「神戸ビエンナーレ2007」の

招待状をいただきました。

岩澤さんは、コンテナに映像作品を中心に

展示されるそうです。

先日は、山形の水族館までクラゲを撮影しに行き、

4時間半ほど、水槽の前にへばりついていたようです。

お話では、その水槽には、大小合わせて

1,000匹ほどのクラゲが浮遊していたそうであります。

クラゲの生態など、話を聞いているだけでも、

面白そうでありました。

これは、ぜひ行かなければなりませんねぇ。

Dsc00776 

神戸ビエンナーレ2007

106(土)~1125(日)

10002000

神戸メリケンパーク(メイン会場)

http://www.kobe-biennale.jp

(詳しいことが分かったら、もう少しご紹介いたします。)

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

舞妓HAAAAAAAA~N!

おはようございます。

頭が、いたたたたたたたっ、の

日曜限定!チョロキャラのお時間です。

はい。完璧な二日酔いです。

Dsc00770 

昨日、以前からお世話になっている方々から

お誘いがありまして。

Dsc00773_2   

京都の納涼床へ、鳥の水炊きを食べに

行ってまいりました。

Dsc00772 

調子こいて、飲みすぎました。

Dsc00771_2 

舞妓はんも、来られて、ますます

調子こきまくって、飲みすぎてしまいました。

Dsc00767 

というわけで、ただいま思考力ゼロです。

本当は、これで終わりにしたいところでありますが、

わんこネタを楽しみにされている方々もいらっしゃる。

というわけで、写真のストックを見てみると、

こんなのがありました。

Dsc00745 

キャラさん、ここ一週間ほど、

あるものを探し続けております。

Dsc00748 

イスの裏だろうと、なんだろうと。

それは、それは、ものすごい勢いであります。

Dsc00747 

まぁ、以前から見ていただいている方々は、

想像がつくだろうと思われます。

謎解きは、また来週。

あっ、うっ。いたたたたたたたっ。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

ここに、あったか。

ひさしぶりに、梅田界隈へ行ってまいりました。

まずは、移転したての茶屋町画廊へ行き、

大阪造形センターへ向かったのでありますが。

う~ん。よくわからない。

珍しく、迷ってしまったのであります。

地図では、確か、このあたりなのに…。

と、3度ほど、いきつ、もどりつ。

「あっ。ここかぁ。」と、小さな案内表示を見つけ、

階上へ上がってまいりました。

なるほど。ヨッチャンの部屋、でありました。

それほど広くない会場なのですが、

一点一点の作品は、小作ながら、

いい表情をした作品ばかりでありました。

トークイベントに参加できなかったのは残念でしたが、

作品だけでも見れて、よかった。というか、

たどりつけて、よかったです。

Dsc00749 

加藤義夫芸術計画室10周年記念

ヨッチャンの部屋vol.3

8 31(金)まで 午後1時~7時(日曜休)

大阪造形センター(OZC

http://www.ozczokei.com/

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

奥さんの展覧会、やっと日程が決まりました。

やっと、ご本人。

その気になってまいりました。

わが奥さん、ゆるゆるとした性格ですからね。

一歩を踏み出すまで悩む、悩む。

先日、仕事の打ち合わせに東京へ行ったついでに

日程を決めてくるかと思ったら、

ギャラリーのオーナーさんにお話を聞くだけで

帰ってまいりまして。

いたしかたないので、

以前、そのギャラリーで展覧会を開催していた

諸先輩方に電話でお話を聞いたり、

口添えしていただいたり。

まぁ、念には念を入れるのはいいのですが、

よく言えば、石橋をたたいて渡る慎重派。

悪く言えば、ただの優柔不断。

このまま放っておくと、いつまでたっても決まらんなぁ。

と思い、「自分の展覧会なんだから、

肝心なところは、もっと、しっかり決めていけっ。」

と、叱咤激励ならぬ、叱咤叱咤してしまいました。

(人に、あまりえらそうなことは言えないのですが、

こうゆう時だけは、奥さんに対する日ごろのうっぷんを

心おきなくぶつけられるわけです。はい。)

そして、やっと、決まりました。

時は、来年526日~61日。

場所は、表参道ヒルズ1Fのギャラリー80であります。

その前後には、以前勤めていた会社のOB展が

大阪、東京で開かれることが決まっております。

ではでは、デザイナーさん、カメラマンさん、印刷屋さん、

フレーム屋さん、その他の方々、

いろいろと巻き込んでまいりますよぉ。

よろしくお願いしますよぉ。

Dsc00744

ご本人、いよいよお尻に火がついてまいりました。

奥さん、こうなると別人になってまいります。

作品制作に、集中してまいります。

面白い人です。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

ヨッチャンの部屋vol.3。

Dsc00634_2

このチラシは、NPOの事務所へ行ったときに

もらってきたものです。

作家の大久保英治さんが持ってきてくれた

らしいのですが、

インディペンデント・キュレーターとして活躍する

加藤義夫さんの独立10周年を記念して

企画されたもののようです。

加藤さんには、NPOが春に開催した「葬送と美」展の

シンポジウムにもご参加いただきました。

たまたま懇親会の席で向かい合うことになり、

いろんなお話を聞かせていただきました。

元気な方でありました。

さて今回、出品されている作家の名前は、

さすがという方ばかり。

これは、見に行かなくてはと、思っているのであります。

おすすめは、明日の午後700800まで

行われるトークイベント。

でも僕は、夕方から打ち合わせが入ってしまいました。

間に合いそうにありません。残念。

お昼ごろにでも、行ってまいりましょうか。

加藤義夫芸術計画室10周年記念

ヨッチャンの部屋vol.3

インディペンデント・キュレーターの個展

「現代美術芸術家列伝」展

831(金)まで 午後1時~7時(日曜休)

大阪造形センター(OZC

http://www.ozczokei.com/

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

そらと、ひびと。

なんにでも見えてくる。

Img_3416

森であったり、霧であったり、

稲光であったり、激しい雨であったり、

海の底であったり、空の向こうであったり。

Img_3418 

廣瀬紀明さんの「宙(そら)」展。

小さなスペースなのですが、

それも小作ばかりだったのですが、

ひとつひとつの作品には、

それぞれに違う世界観がありました。

それぞれに違う宙が広がっていました。

Img_3419 

そして、もうひとかた気になったのが、

内藤伸彦展-ひびはひび-。

Img_3420 

土が自然にひび割れ、「乾いた大地」が

壁に、床に広がっていました。

Img_3423 

自然がつくり出す造形は、こうして見ると美しくもあり、

それでいて、脅威にも見えてしまう。

見る人の立場によって、

いかようにも見えてしまうものですね。

自然が持つチカラに、強い印象を受けてしまいました。

(どちらも信濃橋画廊で来週いっぱい展示中です。

展覧会情報は、小吹さんのブログをご参照ください。)

Img_3425 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

世の中、見えているものは知れている。

GUTIC STUDY13」に、飛び込んでまいりました。

まずは、ギャラリーH.O.Tさん。

黒い物体が、街のあちこちにへばりついておりました。

Img_3407_2   

見ると、壁に黒い平面作品が貼られている。

Img_3406_3 

と思ったら、違いました。

横から見ると、なんと黒い物体が壁から盛り上がっている。

というか、壁をすり抜けて出てきているように見える。

Img_3402_2 

なんでも、これが「グチック」というものだそうです。

Img_3404_2

僕らが日常見ているものは、限られている。

その向こうには、僕らが見ることのできない世界が、

広がっている。

そこに「グチック」なる物体が、存在しているようであります。

Img_3412_2 

こちらが、ギャラリーwksさんの現場。

写真では、ヒジョーに分かりづらいかもしれませんが、

壁一面に、「グチック」が侵食してきておりました。

Img_3413_2

なんでも、この「グチック」、ここ北浜から六本木にまで

つながって横たわっておるそうであります。

あぁ、おそろしや。

Img_3414_2

来週も、両ギャラリーには「グチック」が居座り続けるらしい

ので、興味を持たれた方は、ぜひ、お出かけください。

(展覧会情報は、小吹さんのブログをご参照ください。)

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

GUTIC STUDY13。

本日、いくつかの打ち合わせの合間をぬって、

ギャラリーやら、なんやらを、まわってまいりますよ。

良くも悪くも、本日から、フル回転であります。

楽しみなのは、ギャラリーwksとギャラリーH.O.T共催の

GUTIC STUDY13(グチック考13)」なるもの。

オーナーの福岡さん曰く、「何が飛び出してくるか、

分からない。」そうであります。

こうゆう展覧会は、あれこれ考えずに、

ポンと、こちらから飛び込んだほうが面白そうであります。

ではでは、いってまいりましょう。

(展覧会情報は、小吹さんのブログをご参照ください。)

Photo 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

桃のネット案、却下される。

おはようございます。

タイトルを変えようか迷っている

日曜限定!チョロキャラのお時間です。

いきなり変えるのもチョロじいに悪いので、

もうしばらくこのままのタイトルで

行こうかと思っておるのであります。

変えたくなったら、変えてみますので、

それまで、ご容赦くださいませ。

それでは、本日から、こいつしかいなくなりました。

はい。キャラさんです。

Dsc00666 

桃の保護ネットをかぶせてみました。

虐待では、ないですよぉ。

誤解しないで、くださいよぉ。

Dsc00647 

キャラさん。耳が長いというか、垂れ下がっているため、

食事をしていると、耳に水やらなんやらがくっついて

カピカピに固まってしまうのであります。

これを放っておくとブラシが通らなくなったりするわけです。

そこで、頭巾というか、帽子のようなものをかぶせて

食事をさせていたのであります。

しかし、奥さんに「かわいそう。」だと、反対され、

あえなく桃の保護ネット案は、却下されました。

いいと、思ったんだけどなぁ。

(最近は、かぶせるのも面倒くさくてやっていませんけどね。)

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

淀屋橋は、39℃でした。

昨日から、僕の仕事も始まりました。

打ち合わせの前に、いくつかのギャラリーを

まわってきました。

やはり、なかなかの秀作が揃っていたのが、

アートコートギャラリーのP&Eでした。

後期も、楽しみです。

(展覧会情報は、小吹さんのブログをご参照ください。)

さて、その後、打ち合わせへ行き、

帰りの電車に乗るために淀屋橋までいったら、

温度計に39℃と表示されていました。

大阪の都心部は、うだるような暑さでした。

というわけで、ちょっとでも涼しげな風景をと思い、

川の写真なんぞ撮ってまいりました。

Dsc00743 

う~ん。いまいち、涼しくないですね。

ごめんなさい。

それはそうと、奥さん、本日は、朝一から東京出張です。

「行きたくない。」と、駄々をこねておりましたが、

「必要としている人がいるんだから、笑顔で行って来い。」

と、尻をたたいて送り出しました。

東京は、猛暑が明け、29℃の予報が出ています。

チョロじいが、粋なはからいをしてくれたかな。

まぁ、そんなことはないか。

では、また明日。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

チョロじいの、不思議な話。

すいません。

また、うそをついてしまいました。

今日も、チョロじいネタです。

ほんと、うそつきで、すいません。

昨日、他の用事で、老人ホームへ電話したのですが、

ホームリーダーの方からチョロじいにまつわる

不思議なお話をうかがいました。

普段の義母さんは、写真などを見せないかぎり、

自分からチョロという名前を、口に出すことはありません。

それが、チョロじいが逝った朝、

義母さんが「チョロがどこかへ行った。」と、

名前を言いながら、ホーム内を探していたそうです。

それも、複数のスタッフが耳にしたそうです。

チョロが、別れのあいさつに、行ったのかもしれませんね。

義父さん、義母さん、そしてチョロは、

深い絆で結ばれていたんだなぁ。と、思った次第です。

だとすると、やっぱりチョロは、

いまごろ義父さんと一緒に散歩しているはずです。

義父さん、チョロのこと、後はおまかせしますよ。

ちゃんと、ご飯作ってやってくださいよ。

自分で作れなかったら、誰かに頼めばいいですから。

お得意でしょ。そうゆうの。

ほんと、頼みますよ。義父さん。チョロのこと…。

Dsc00741

「おい、こら!バカ娘、なにすんねん。」

昨日の朝は、僕のこの怒鳴り声から、はじまりました。

おい、キャラさんや。

ちったぁ、チョロじいを見習えよぉ。

玄関マットは、おまえのトイレとちゃうやろぉ。

毎度毎度、洗わなあかん人の身にも、なってくれよぉ。

(まだまだ手のかかるやつが、一匹います。

こいつとの関係は、まだまだ続くはずです。)

| | コメント (0)

チョロじいの一生。4

わが家にチョロが来た後、義母さんには、

わが家の近くにある老人ホームへ

入ってもらうことができました。

いまでは、すっかりホームの生活にも慣れたようです。

そして、チョロじい。

はじめの数日は、環境が変わったせいか、

しょんぼりしていましたが、朝晩の散歩は、

しっかり歩くし、奥さんの手作りごはんも完食するし、

下痢もなくなり、みるみる回復していきました。

いまでも、枚方の高台までの急坂をぐいぐいと

僕を引っ張っていく姿が、脳裏に浮かびます。

奥さんと話をしていて、

ふたりともいろいろ後悔をしました。

あの時、強引に実家をリフォームしていたら。

あの時、もっと早く引き取っていたら。

あの時、預けなかったら。

もう少し、暑さ対策をしてあげていたら。

おとついから、ずっと話をしてきていますが、

気持ちの波を静めるには

もう少し時間がかかりそうです。

やっと今日ぐらいから、その時その時で

ベストの選択をしてきたはずだと、

少しだけ思えるようになってきています。

昨日は、老人ホームにあるお仏壇に

チョロじいの遺影と体毛を置いてきました。

義父さんの遺影のそばに置いてきました。

Dsc00722

わが家には、お仏壇がないので、

寄せ集めですが、お線香をあげられるようにしました。

Dsc00717

夜は、チョロじいの夜サンコースを、

奥さんと、散歩ぎらいのキャラさんと巡ってみました。

Dsc00714 

チョロじいと暮らした11ヵ月は、

いままでの僕の人生のなかで、

もっとも楽しい日々だったことは

間違いありません。

チョロじいが来なければ、出会えなかった喜びが

山のように頭の中にあります。

もっともっと、書き出したい気持ちがあります。

それでも、もうそろそろ、チョロじいのことを

このブログで書くのは、止めておこうかと思います。

ただ、このブログを通して、

みなさんから、たくさんの励ましのメールを

いただくことができ、二人して心から感謝しています。

ほんとうに、ありがとうございました。

そして、このブログで書かせてもらったことで、

僕自身は、少し気持ちが楽になったようです。

(このブログをはじめて、ほんとよかったです。)

明日から、徐々に現場復帰していきます。

また、ときどき、覗いてください。

ほんとうに、ありがとうございました。

Dsc00139

最後に、元気だった頃のチョロじいです。

雨の日も、雪の日も、力強くぐいぐい引っ張ってくれました。

Dsc00052

ほんと、犬らしい犬でした。

もう、こんな犬を飼うことはないでしょう。

おそらく、たぶん。きっと。

よっぽどのことがないかぎり。

もうないでしょ。もう。

Dsc00659

| | コメント (0)

チョロじいの一生。3

義父さんが発症してからは、

入退院を繰り返し、めっきり体力が弱ったため、

あまり散歩もできなくなっていました。

義姉さんや奥さん、僕が介護に行ったときは、

散歩をせがんで、跳ね回って喜んでいました。

後から聞いた話では、ときどき、義母さんが門扉を開け、

チョロを放し飼いにしていたそうです。

それでも、12時間ぐらい自由行動をしたら、

門の前まで帰ってきて「入れてくれ!」と

吠えていたそうです。

(なかなか、頭のいい、おっちゃんです。)

しかし、義母さんがつくるごはんは、

症状の進行とともに段々ひどくなっていきました。

僕が知っているかぎりでは、納豆だけだったり、

おやつだけだったりでした。

見かねた奥さんが、チョロ用のごはんを作ったり、

ヘルパーさんにお願いしたりしていたのですが。

この頃、チョロを散歩に連れて行くと、

下痢ばかりしていました。それも、かなりひどいものでした。

そして、昨年の81日。

義父さんが、肺炎による心不全で、他界しました。

その時、すでに義母さんの一人暮らしは、

無理だと判断していました。

そして、いろんな老人ホームを当たっているときでした。

チョロの足に大きなしこりがあるのを奥さんが発見し、

病院に連れて行くと癌だと分かり、

緊急手術になったのです。

手術を終えたチョロを、そのまま引き取ろうかと

思ったのですが、義母さんが寂しがるかも知れないと思い、

そのまま実家に置いて帰りました。

でも、心配になったので、翌日行って見ると、

チョロがつけていたエリザベスカラーが

ぼろぼろになっていたのです。

義母さんが、チョロを可哀想に思い、ハサミや包丁で

そうしたのでしょう。

この時、僕らは、チョロを引き取って帰る決心をしました。

カラーを病院で付け替えてもらい、

そのまま車に乗せて、帰ってきました。

そして、僕と奥さん、キャラさん、チョロじいの

11ヵ月がはじまったのでした。

| | コメント (0)

チョロじいの一生。2

18

キャラさんの秘蔵写真が、出てきました。

一時期、奥さんが育犬ノイローゼにかかり、

心配した義父さんが、キャラさんを見に

来てくれたときの写真です。

奥さんの育犬ノイローゼについては、

語りだすと長くなるため、ここでは割愛します。

(思い出すのも、恐ろしい。ううっ。)

それでも、犬飼い初心者の僕は、

キャラさんを通して徐々に犬について知るようになり、

こちらから心を開いていけば、

犬は、どんどん応えてくれることに気づいたのでした。

チョロとの関係も、少しずつ改善し、

おやつを手渡しであげられるような進展を見せ始めました。

そして、もうひとつの転機が4年前にやってきました。

義母さんが、入院をきっかけに

認知症の症状が出だしたのです。

義姉さんや奥さんは、介護ヘルパーさんたちの協力を得て、

実家での介護生活が始まりました。

その頃は、まだ義父さんがしっかりしていたので、

チョロの食事や散歩は、さしたる問題はありませんでした。

僕たちは、実家をリフォームして、

一緒に住むことを提案しましたが、義父さん、義母さんに、

いまのままの暮らしを続けたいと、かたくなに拒否され、

断念することにしました。

以前住んでいた場所から車や電車で通う介護は、

両親の状態を考えると不安がありました。

そこで、約2年半ほど前に、実家にも自転車で行ける近さの

場所に新しく住まいをかまえたのでした。

それからは、頻繁に実家へ帰り、

徐々に慣れてきたチョロを散歩に

連れ出したりできるようにもなってきました。

さて、そんな関係がしばらく続いた後、

今度は、義父さんに認知症の症状が出てきました。

はじめは、チョロの散歩中に転倒して頭を打ったのが

きっかけでした。

脳内に出血したためだろうと、

後から脳神経科の先生に言われましたが、

脳内出血が原因の認知症は、

進行速度が想像以上に速いものでした。

すでに老犬になっていたチョロにも、

過酷な生活が待っていました。

| | コメント (0)

チョロじいの一生。1

おそらく、チョロじいの生い立ちを

まだ、書いたことがありませんでした。

少しだけ書かせてください。

うちの奥さんの実家は、チョロで11代目となる

犬ばかりを飼ってきた家でした。

15年ほど前のある日、

義父さんが一匹のメス野良犬を連れて帰ってきたそうです。

その後、すぐに、そのメス犬と近所のボス犬との間に、

3匹の子犬が産まれたのですが、

2匹は死産し、1匹だけが生き残ったそうです。

そして当時、交際中だった奥さんに名前を相談され、

「どんな犬なの?」

「そうねぇ。チョロチョロしてる。とにかく元気なの。」

「じゃぁ、チョロにしたらええやん。」

僕が後悔するとしたら、なにより、この瞬間です。

なんとも、あんちょくな名前を付けてしまいました。

実をいうと、僕は、小さなときに犬に

追いかけられて以来、犬が大嫌いだったんです。

可愛いと思ったこともないし、触るなんてとんでもなかった。

だから、テキトーに考えてしまったんです。

(ごめんなさい。チョロじい。)

さて話を戻すと、

いよいよ奥さんの実家へあいさつにうかがう時が来ました。

門扉を開くと、いきなり「ウー、ワンワンワンワンッ。」

血気盛んなチョロの威嚇を受けて、ビビッてしまいました。

やはり、僕は、犬が苦手だ。そう思いました。

ほどなく、チョロの母犬は亡くなり。

老夫婦は、チョロを、大事なわが子のように

育てていました。なんでも、あげていました。

肉まん、カレー、ラーメン、うどん、カステラ、なんでも。

いまでは、犬にあげてはいけないランキングトップ10

入るものばかりです。

結婚してからも、当然、実家にうかがうわけで。

その度に、チョロの「ウー、ワンワンワンワンッ。」という

威嚇を受け、奥さんがチョロを押さえつけている間に、

僕は、ビビリながら家の中に入っていったものです。

さて、そんな関係が、微妙に変わりだしたのは、

結婚以来、奥さんが持ち続けていた

「犬を飼いたい」という強い願望に押されて、

つい犬を飼いだしてしまってからでしょう。

そう5年前に、キャラさんが、わが家にやってきたのでした。

| | コメント (0)

チョロじいと歩いた道。

はじめはいやいやだったチョロじいとの散歩は、

いつのまにか僕の楽しみにもなっていた。

Dsc00705_2 

朝は、わが家を出ると、まず右へと向かう。

Dsc00704_2 

角を曲がると、義母さんが暮らす老人ホームの横を通り、

Dsc00703_2 

川沿いの道を歩く。

Dsc00702_2 

そして、この電柱で、用を足す。

Dsc00694_2

朝のお気に入りは、この遊歩道。

ここを通り抜けて御殿山方面を一周したり、

Dsc00701_2 

住宅街を通り抜けて、公園へと出たり。

Dsc00700_2 

元気だった頃は、高台まで上ることもしばしばだった。

たぶん、チョロじいが居なければ、

僕は知らなかった道ばかりだ。

道には、いろんな道がある。

近道しちゃぁ、つまらない。

寄り道したり、遠回りした方が、

見れなかった風景まで見えてくる。

出会えなかった人や犬、猫たちと会える。

そんなことを、チョロじいは、

ぐいぐい先頭を切って歩いて

教えてくれたような気がする。

Dsc00041

| | コメント (0)

チョロじいの、昨日、今日。

チョロじいを、見送ってきました。

少し気持ちも落ち着いてきました。

すでに、弔文メールもいただきました。

ほんとうに、ありがとうございます。

この場を借りて、みなさんに

昨日の様子から少し報告しようかと思います。

昨日は、

昨年81日に亡くなった義父さんの初盆で、

簡単なお供えをしに老人ホームの

義母さんのもとへみんなで行ったのでした。

チョロじいは、ぐっすり寝ていたので、

クーラーをかけっぱなしにして行って来ました。

僕らが帰ってくると、いつもは、

必ず出迎えてくれるのに、起きてくる気配がない。

ここ数日、晩ごはんも残すようになったので、

奥さんは野菜やごはんをミキサーにかけたり、

鳥のササミを割いてあげたりしていたのですが、

昨日の晩は、特にひどく、

ほとんど、ごはんを受け付けない。

散歩も、家の前で小をしただけで、

すぐに家のなかに入ろうとする。

それでも、鳥のササミだけは、食べてくれたので、

夜が明けたら、朝一に動物病院へ

連れていくつもりでした。

寝苦しい夜でした。

寝汗をかいて目覚めてしまった僕は、

3時ごろ、トイレへ行ったついでに

チョロじいの様子を見に行くと。

その時は、すやすやと眠っていたので、

ひと安心していました。

でも、その後も、なかなか寝つけないでいました。

そして、7時過ぎ。

奥さんが起きだして、チョロじいを見に行くと、

走って帰ってきて。

「ねぇ、ねぇ、チョロが動かないっ!」と、

今にも泣きそうな顔で言い出し、

僕もあわてて、チョロじいの寝床へ行き、

呼びかけたり、揺すったりしたのですが、ビクともしない。

体はまだ少し温かいものの、

すでに死後硬直がはじまっていました。

わが家へ来て、11ヵ月。

いずれはこの時が来るとは思っていたものの、

まだまだ先のことだろうと思っていたのに。

少し、早すぎる。少し、残念です。

ほんとうに、ウチへ連れて来て良かったんだろうか。

チョロじいを、慣れないところに預けなければ

肺炎にもならかったろうに。

体力が戻ったら、もっと、

いろんなところへ連れて行きたかったのに。

いまこうして書いているときも、

いろんな後悔や想いが噴き出してしまいそうです。

すいません。

でも、きっと、義父さんが迎えに来てくれたんだろうと。

チョロじいを見送った後の車の中で、

思うようになりました。

だって、義父さんは、

肺炎による心不全で亡くなったからです。

そう、チョロじいも、同じ病気だったんです。

(死因は素人に特定できませんが。

たぶん、そうだろうと思うんです。)

そして、同じ8月に天国へ逝った。

それも、義父さんの初盆でみんなが集まった後に。

やっと、元の飼い主のところへ行けたんです。

たぶん、いまごろ。

義父さんが、大好きだったカステラボールを

チョロじいにあげているはずです。

Dsc00706

昨日の晩、このスロープでおしっこをしました。

どんなにしんどくても、家の中ではしなかった。

かっこいい、じいさんでした。

最後まで、かっこいい、じいさんでした。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

チョロじいと、もう散歩に行けなくなりました。

今朝、僕たちが目覚めると、

チョロじいが冷たくなっていました。

これから、見送りに行ってきます。

帰ってきて、気持ちを整理して、

もう少し詳しく書きます。

たかもと まちお

Dsc00692

| | コメント (0)

お盆ウィーク、なので。

くっそーっ。

うらやましいなぁ。

小吹さん、金沢行っちゃったんですね。

僕も、行きたいなぁ。

くっそーっ。

と、グチっぽく始めてしまいましたが。

今週は、お盆ウィークということで、

ほとんどのギャラリーがお休みでして、

さしたるアートネタもございません。

どこか美術館でも、行ってみようかなぁ。

と、思ったりもしております。

本日は、だらんだらんなブログで申し訳ありませんね。

明日は、もう少し内容のあることを

書けるかもしれませんので、

ご容赦くださいませ。

それにしても、朝から、くっそー、暑いぞっ。

Dsc00691

知っている人は知っている、

チョロじいのごはん皿が変わりました。

以前、鉄人のお皿を使っていたのですが、

チョロじいが床に落として割ってしまいまして。

実家の戸棚を物色して、よさげなのを見つけてきました。

これは、食べやすそうです。

(夏バテで、ちょっと、残すようになってしまいましたが。)

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

犬も、暑さにバテバテ模様。

こんにちは。

急用で更新が遅くなってすいません

日曜限定!チョロキャラのお時間であります。

人間でもバテバテの、この尋常じゃない暑さ。

わが家のわんこどもにも、こたえているようであります。

特にチョロじい。

朝から晩まで、ハァハァ、ハァハァ、いっておりまして。

少々、夏バテ気味で、食も少し細くなり、

散歩も元気がなくなってきているようです。

実家にいるころは、庭飼いだったので、

暑さには強いかと思っていたのですが、

感染症にかかってから、

めっきり体力が落ちたのでありましょう。

なんとか少しの間でも涼んでもらおうと、

ここ数週間ほど、お昼はクーラーをかけておりまして、

ぐっすり眠ってくれるようになりました。

Dsc00690 

はい。仲良くぐっすり眠っております。

なんとか早く、涼しくなってほしいもんです。

でも、まだまだ暑さは、続くんだろうなぁ。

Dsc00685

余談ですが。

首のマッサージなんぞも、

平気でやらせてくれるようになりました。

ウチに来た頃は、振り向いてカプッと、

来てたのにねぇ。

なんだかんだといいながらも、

なれてきておるようです。

後は、体力がもどるのを願うばかりです。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

本日、午後から更新します。

急用が入って、いまから出かけます。

チョロキャラを楽しみにしている方、すいません。

夕方には、記事をアップしていると思いますので、

そのころ覗いてみてください。

では、また。夕方に。

| | コメント (0)

木に人を描く、坂本真澄展。

最近、あっつい、あっつい。と、

いう言葉しか発していないような気がしていますが、

昨日も、いくつかの打ち合わせの合間に

猛暑の中、美術館やギャラリーを回ってまいりました。

まずは、国立国際美術館で行われている

藤本由紀夫展。

Dsc00681 

圧巻だったのがボーズのCDプレーヤーを

壁一面に設置していた部屋。

さまざまなビートルズナンバーを流していたのですが、

遠くから聞くと、ゴーッと、巨大な空調の音のように聞こえ、

近くで聞くと、音楽が聞こえるという仕掛け。

はじめてだったので、びっくりいたしました。

その後、ギャラリーをひとまわりしたのですが、

ギャラリーDENの羽部ちひろさんと、

番画廊の坂本真澄さんが、面白かったですねぇ。

羽部さんは、DMと展示作品とのギャップが面白く、

効果的なDMの使い方をされておりました。

作品も、もちろんよかったというか、

こうゆう平面作品は、はじめてでありました。

そして、坂本さんの作品。

Dsc00674 

木版画出身らしいのですが、

木の素材感を生かして、人物像を描いていまして。

若さあふれる作風で好感が持てました。

Dsc00677 

うまいこと、木のフシをほくろにみたてたりして、

なかなか茶目っ気も、お忘れではない。

Dsc00676 

これは、東京の清澄系のギャラリーでも

いけるんじゃないかと、思ったしだいです。

今回、お休みのギャラリーが多いので、

まわる数は少なかったのですが、

ヒジョーに印象深い作品ばかりでした。

よかった、よかった。

でも、あつかった。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

なんとも熱いセミナーでした。

いやぁ。あせりました。

いきなり、立派すぎるプロジェクターと

パソコンの接続方法が分からず、

四苦八苦いたしました。

でも、施設の方々にお手伝いいただき、

なんとか接続できて、ほっといたしました。

さて、昨日の第16回ウィンセミナー「色彩健美」、

結果から申しますと、大好評でありました。

平木さんの司会進行で、

まずはギャラリーH.O.Tの福岡さんの、

なんとも熱い語りで始まりまして。

Img_3379 

予定時間10分の前ふりが、20分になり、

このままスライドに入らないんじゃないかと思うぐらい、

語っていただきました。

スライドに入ってからは、すんなり進みまして。

これまた、ほっ。

少々時間をおして、

色彩心理カウンセラーの田中さんにバトンタッチ。

田中さん、さすがであります。

場なれされております。

みなさんに、伸びをさせたり、深呼吸させたり。

気分を変えて、自分のペースに引き込んでおりました。

スライドが終った頃には、予定時間ジャスト。

無事に、終了することができました。

Img_3384 

後の懇親会でも、福岡さん、田中さん、平木さんを

中心にみなさんが集まってきてくれまして、

アートや未病の話、色の話など、

個別カウンセリングを受けておったようです。

Img_3388

特に福岡さん、またまた熱く語っておりまして。

どう見ても、お皿の料理が減っていない。

たぶん、食べるのも忘れて、話をされていたようです。

Img_3387 

それにしても、熱いセミナーでした。

みなさんの反応も上々。

平木さん、福岡さん、田中さん。

おつかれさまでした。

そして、ほんとうにありがとうございました。

さてさて、次を計画してまいりますよ。

また、よろしくお願いいたしますよ。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

本日、色彩健美、やってきます。

ついに、本日。

以前から仕掛けていたセミナー「色彩健美」を

おこなってまいりますよ。

昨日、主催者の方から電話がありまして、

当初予定していた40名を越える方々が

来てくれそうであります。

いやいやいやいや、うれしいかぎりであります。

人が集まらなかったら、どうしよう。

と、思っておりましたからね。

その後、これを超える、うれしいお電話もありまして。

このセミナーの発展形となるものを、

提案できそうなところをご紹介いただけそうであります。

これまた、うれしいお話でありました。

少しずつですが、いままで動いてきたことが

小さな実を結び、

ひとまわり大きくつながってきております。

他にも、うれしいお話があったのですが、

これは、具体的になるまで秘密であります。

というわけで、本日は、すこぶる気分良く、

セミナーを行ってまいりますよ。

そうそう。で、あります。

まだまだ、お席はありますので、

本日、飛び込み参加、大歓迎であります。

たまたまお時間の空いている方、

うっかり申し込むのを忘れていた方、

興味はないけど、ひやかしに来たい方などなど。

ぜひぜひ、お越しくださいませ。

お待ちしておりますよ。

「色彩健美(しきさいけんび)」

アートを色から見つめると、

ココロとカラダが見えてくる。

89日(木)1800受付開始1815~セミナー

いきいきエイジングセンター第一研修室

大阪市北区菅原町10-25

06-6311-3255

参加費:1,000

懇親会費:3,000

Dsc00482

さてさて、本日も、いいお酒が飲めますように。

がんばってまいりましょう。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

和のかたち、TIS銀座展。

去年、たまたま通りがかりに見せていただいた

TIS(東京イラストレーターズソサエティ)の

展覧会告知を、昨日いただきまして。

今年も、銀座のクリエイションギャラリーG8で、

開かれるそうであります。

テーマは、和のかたち、らしく。

メンバー160人が日本を描くようであります。

2

有名どころが名を連ねておりますが、

こうして見ると、徐々に若返っておるようですねぇ。

いいことじゃないかと思います。

硬直してしまった組織って、

どんな世界でも、あまり魅力がありませんからね。

どんどん、新しい血を入れてほしいものです。

なにわともあれ、

8月20日から921日までやってます。

東京へ行ったら、ぜひ、見に行かせていただきます。

1

わが友 長谷川兄も出品しているようです。

今年は、ちゃんと売れそうなやつを、

描いとるんやろか、あいつ。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

NPOも、そろそろ動かないと。

そうなんですよね。

4月に行われた「葬送と美」展以降、

あまり表立った活動をしていなかった

わがNPOであります。

それでも水面下では、

代表が面白いプランを立てつつあります。

それも、時間のかかりそうなものばかりでして、

具体的には、まだ言えるものはないのですが、

代表の頭のなかでは、着実に進行しているはずです。

今週か、来週の土曜日に、定例会の予定です。

僕の方は、大阪のミナミを拠点に活動している

NPOと接点ができまして、

いまコラボレート企画を考えながら、

重要なキーマンに接触を図っているところであります。 

こちらも、今週後半、やっとお会いできることになりました。

それに合わせて、一部、わがサイトをバージョンアップ

させようと考えています。 

ここのところ、作家・作品の更新が滞っておりますが、

とりあえず、こちらは少しずつ更新してまいりますからね。

なにとぞ、ご勘弁いただきたい。

なんとか、ぼちぼちとですが、進行させてまいりますよ。

Dsc00656

先日、炎天下にギャラリーをまわったとき、

たまらず缶ビールを飲ませていただきました。

夕暮れ時だったので、

誰もベンチに座っていないと思ったら、

やぶ蚊の大群に襲われ、

あっというまに10ヵ所ほど咬まれてしまいました。

あっつい、あっつい。かゆい、かゆい。

奥さんに隠れて飲んだバチが当たってしまいました。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

アーツセラピストの、これから。

昨日は、朝からカリモク家具さんへ行き、

岩澤有徑さんの作品展示の様子を見た後、

芦屋で開かれていた

「アーツセラピーのこれからを考える」シンポジウムへ

行ってまいりました。

アメリカの進んだ現状や、

日本の遅れている現状などをお聞かせいただき、

興味はあったものの、あまり知らなかったことばかりで、

個人的には、ヒジョーに面白く参加しておりました。

まだまだ未知数の分野ではありますが、

心の病を持つ人が増えていたり、

高齢化が加速度を増していることを考えると、

これから必要になる職能だと思うのであります。

思えば、デザイナーやコピーライターなどの

外来種の仕事も、ここ数十年で、

やっと職能を認められた職業であります。

アーツセラピストという職業も、いまが創世記であり、

十分な臨床とデータ分析等を行っていけば、

必ず道は開けるはずだと思うのであります。

それにしても、恐れ入ったのがパネリストの女性陣、

英語がしゃべれなくてもアメリカ行ったり、

ドイツ行ったり、ロンドン行ったり。

思い立ったら吉日的な、ためらいのない行動力には、

頭が下がるばかりでありました。

前途多難ではありますが、

ぜひ、しがみついてがんばってほしいものであります。

僕も、非力ではありますが、なにかしらのカタチで、

ご協力させていただければと思っておりますよ。

Dsc00673

ひさしぶりに、芦屋へ行きました。

以前、何度かお仕事で、通っていました。

あんまり変わらないですねぇ。

ここらへんは。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

キャラさんの意外な困りごと。

おはようございます。

昨日、ブログを書いているときに

奥さんの「きゃー!」という叫び声が聞こえてきた

日曜限定!チョロキャラのお時間です。

すぐに、奥さんのもとに駆けつけると、

「もぅ。踏んでしもたぁ。」と、

足をトイレットペーパーで拭きながら、

むちゃくちゃ怒っておりました。

キャラさん、フツーは、ちゃんと

ペットシーツに用を足すのですが、

大を一回したペットシーツには、二度としないようで、

ときどき、僕らが処理を忘れていると

意外なところに大をしてしまうのであります。

それが今回、和室のカーペットの上で用を足したようで。

それを、奥さんが踏んづけてしまったようで。

それも、「二回も踏んでしもたぁ。」ようで。

怒り心頭でありました。

そういえば、去年のこと。 

僕も和室に入ったときに、同じ体験をいたしました。

その時は、まだ和室には、

カーペットを敷いていなかったので、

もろ畳の上で、キャラさんの大を踏んづけてしまいました。

もろ畳の上ですからね。

網目の隙間に入りこんじゃって。

雑巾やトイレットペーパーだけでは、取れません。

爪楊枝を持ってきて、掻き出したり。

石鹸や消臭剤を持ってきて、染み抜きしたり。

えらい時間をかけて、清掃いたしました。

まぁ、人間が早めに気づいて処理をすれば

問題はないのですがね。

怒りたくなる気持ちもよくわかる。

キャラさん、もちっと考えてくれんかなぁ。

Dsc00671 

昨日、チョロじいを病院へ連れて行く途中で、

カーペットをクリーニングに出しました。

それを見つめるキャラさんです。

反省している風に見えるかも知れませんが、

ただ、奥さんを待っているだけであります。

Dsc00672 

その点、チョロじいは、外でしか用を足しません。

楽といえば、楽です。

朝晩の散歩は、慣れてしまえば、

そんなに問題はありません。

しいて言えば、雨風が強いときは、ちとつらい。

ぐらいかなぁ。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

ゆるゆるとしたギャラリーまわり。

午後から会社案内のプレゼンがありまして、

その前後にギャラリーをまわってまいりました。

あっちこっちのギャラリーがお休みですからね。

ほんと、のんびりとまわれました。

少し気になったのが、番画廊で行っていた

高本英里さんの木版画であります。

まだお若いのに、品のいい作品に

仕上がっておりました。

数少ない同じ姓でもありますからね。

おおいに今後を期待したいものであります。

Takamoto

さぁて、来週は、チケットをいただいた

国立国際美術館の藤本由紀夫さんの展覧会へ

行こうかと思っております。

藤本さんは、ヴェネチアビエンナーレにも出品され、

行ってこられた方によると、

海外の方々にも好評だったようであります。

どんなものなのか。

僕は、作品を見せていただくのは

初めてなので、いまからワクワクしておりますよ。

Photo_2

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

代官山のアートフロントから来たお知らせ。

そろそろ、東京耐久ツアーの季節なのでありますが、

今年は、夫婦バラバラに行くことになりそうであります。

なぜかと言うと、まだワクチンを打てていない

チョロじいを預けるところがないことと、

今回は、奥さんだけでも作品を持っていけそうだな。と、

判断したためであります。

そんななか、代官山にあるアートフロントギャラリーから

お知らせが舞い込んでまいりまして。

いままでのアートフロントギャラリーは、一旦閉廊し、

新しく小山登美夫ギャラリー/代官山がオープンする

そうであります。

代官山といえば、以前展覧会でお世話になった

ブライス人形をプロデュースしているCWCギャラリーが

ありまして、ときどきうかがっておったのですが。

これは、ひとつ楽しみが増えました。

ぜひ一度、うかがってみたいと思っておりますよ。

その時は、また携帯でライブ配信いたしましょうか。

Dsc00662

今回の奥さんの作品撮影、お人形さん単体で勝負です。

背景や小道具は、ほとんどありません。

クライアントさんも、思い切ったもんです。

すでに、気の抜けない日々が、始まっております。

しばらくは、家のなかの空気、かなりのピリピリ模様が

予想されます。

(きっつーぅ。)

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (1)

5日、9日は、セミナーへ。

「脳内メーカー」やってみましたか。

やってみた方は、ぜひ教えてくださいね。

秘密にしておきますから。

(名前入れたら、すぐ分かるけど。)

さぁて、セミナーが近づいてまいりました。

まず5日は、色彩心理カウンセラーの田中素子さんの

グループが行う「アーツセラピーのこれからを考える」

ワークショップやシンポジウム。

僕も、なんとかシンポジウムには、

うかがいたいと土日のスケジュール調整中であります。

台風に負けないで、行ってまいりましょう。

アーツセラピーのこれからを考える

8月5日(日)10:30~16:30

芦屋市民センター301室

芦屋市業平町8-24

参加費:3,500円 懇親会:2,500円

〔お申し込み方法〕

お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス、

ワークショップ・懇親会への参加の有無を

ご記入の上、e-メールまたはFAXでご連絡を。

メール:artstherapynet@yahoo.co.jp

FAX:078-411-3923(森)

http://blogs.yahoo.co.jp/artstherapynet

当日参加も、OKらしいです。

そして、9日は、「色彩健美(しきさいけんび)」。

こちらは、アートを色から体感していただきながら、

自分の身体やココロを見てまいりますよ。

こちらには、わがサイトにご協力いただいている

作家さんたちも、

参加していただけそうです。

大変ありがとうございます。感謝いたします。

(アート関係の方々をご紹介いたしますからね。

ぜひ、作品ファイルをご持参くださいね。)

「色彩健美」

アートを色から見つめると、

ココロとカラダが見えてくる。

8月9日(木)18:00受付開始18:15~セミナー

いきいきエイジングセンター第一研修室

大阪市北区菅原町10-25

℡06-6311-3255

参加費:1,000円

懇親会費:3,000円

〔お申し込みは〕

ウィン合同会計事務所

メール:win@tkcnt.or.jp 

へ、名前、住所、電話番号、懇親会の参加の有無を

明記して、お申し込みください。

http://www.tkcnf.com/win/pc/

まだまだ受付中であります。

どちらも、まだまだ席が空いているようであります。

ぜひ、お越しいただければ、

ありがたいのであります。

よろしくお願いいたします。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

脳内メーカーって、ご存知ですか。

本日、ココログさんのメンテナンスのため、

更新が遅くなってしまいましたが、

ではでは、まいりましょう。

いよいよ来週の9日、アートを色から見ることで、

自分の体とココロが見えてくる「色彩健美」という

セミナーを開きます。

昨日は、主催の担当者と打ち合わせをしたあと、

ギャラリストの福岡さん、

色彩心理カウンセラーの田中さん、

そして、アートコーディネイターの平木さんと

NPOの事務所で最終打ち合わせをしてまいりました。

話をしている間も、みなさん、

ヒジョーに愉しんでおられるようでして、

あーしたい、こーしたいと、話は建設的に進み、

なんとも心強いかぎりでありました。

みなさん、乗ってきておりますからね。

これは、面白いセミナーになるのではないかと

思っている次第であります。

さて、その後、作家さんが来たり、

NPOのメンバーが来たり、

事務所は、なかなかにぎやかになっておりました。

やっと、NPOも人が集まり、活気が出つつあるなぁ。

と、うれしく思っておりました。

そんななか、NPOのメンバーから、

「脳内メーカー」というサイトの話を聞きまして。

なんでも、名前を入力するだけで、

自分の脳の中がわかるというサイトらしく。

さっそく、アクセスしてみたのですが、

テレビで紹介されてからアクセス数が急増し、

つながりませんでした。

そこで、本日。朝早くにアクセスすると、

すぐにつながり、自分の名前で脳内を見てみると。

ほほぉー。

恥ずかしながら、ほとんど「遊」ばっかりでありました。

これには、思わず奥さんと大爆笑してしまいました。

少なからず当たっておるようであります。

仕事を遊びにしているのか、遊びを仕事にしているのか。

分からないような人生ですからねぇ。

ついでに奥さんの脳内も見てみると、

旧姓では、「悩」ばかりでありましたが、

結婚してからの姓では、「休」が大量発生しておりました。

奥さんに「あんたのせいや。」と言われてしまいましたが、

確かに、思い当たるふしが多々あるのであります。

はははははっ。

まだご存じない方は、ぜひ、

自分の脳内をリサーチしてみてください。

(「脳内メーカー」で検索すれば、すぐでてきます。

でも、ヒジョーに混んでいるので、

時間は早朝がおすすめです。)

見たら、教えてね。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »