« GENOME、PROJECT629♯7。 | トップページ | ベ・サンスン展、後半が始まる。 »

なんとも、ぽわわんな、高橋将貴展。

京町堀にあるギャラリーZEROさんへ

はじめて行ってまいりました。

先週、別のギャラリーで偶然、ZEROのオーナーさんと

お会いしてDMをいただき、ぜひ、

行ってみようと思ったしだいです。

なぜ、行ってみたくなったかというと。

はい。下のお写真です。

Img_3233

面白いフォルムをした人物像だったからです。

いままで高橋さんは、いろんなユニフォームの人物の

平面作品や立体作品を中心に創ってこられたそうですが、

フォルムがなんとも、ぽわんとしてる。

というか、つかみどころのない柔らかみを持っている。

今回、ベースボールやアメフト、サッカー、

チアリーダー、審判員など、

さまざまなスポーツに関連する人々を平面作品として描き、

立体作品は2点ほどだったのですが。

その存在感が、なんともやんわりじんわり伝わってくる。

スポーツなのに、躍動感なんてみじんも感じないし。

そこが、僕には新鮮に映ったのかもしれません。

なごやかな空気が漂っておりました。

高橋将貴展

714日(土)まで

12001900(土1700まで・日休)

ギャラリーZERO

http://www.ne.jp/asahi/galleryzero/index.html

Img_3234 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

|

« GENOME、PROJECT629♯7。 | トップページ | ベ・サンスン展、後半が始まる。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GENOME、PROJECT629♯7。 | トップページ | ベ・サンスン展、後半が始まる。 »