« 濱谷明夫展、FIBER AND SPACE。 | トップページ | Wayne Crothers 展、Human Mannequin Icon? 。 »

関しずよ展、Right Place,Wrong Time。

美術館やギャラリーを回ると、

簡単には説明しきれないような不可思議なものに、

出会うことがありますよね。

関しずよさんも、そんな不可思議なものを追い続けている

作家のひとりではないかと思うのです。

まずは、ご覧ください。

Img_3169 

いかがですか。

真っ暗な空間の中に、真っ黒な風船の山。

そして、うっすらと光るライトに照らし出された風景や恐竜。

以前、信濃橋画廊で見せていただいたときは、

真っ黒な風船を無数に浮かべていただけだったのですが、

今回は、ブラックライトだけに反応するインクで印刷を行い、

壁面にさまざまな風景等を展示されておりました。

ふと足元を見ると、小さな箱がいくつかありまして。

ギャラリーの方から手渡されたブラックライトを当てると、

これまた、いろんな風景が浮かび上がってまいりました。

これがはじめての試みらしいのですが、

面白いことを発見されたものです。

ここから、どう発展していくのか、興味がつきませんねぇ。

関しずよ展

62日(土)まで

12001900(日休、最終日1700まで)

http://galleryhot.com

Img_3167 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

|

« 濱谷明夫展、FIBER AND SPACE。 | トップページ | Wayne Crothers 展、Human Mannequin Icon? 。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 濱谷明夫展、FIBER AND SPACE。 | トップページ | Wayne Crothers 展、Human Mannequin Icon? 。 »