« 葬送と美、シンポジウムの風景。 | トップページ | 倉持勇三×小松純、素材と身体。 »

沈 明姫、漆展。

沈(シム)さんは、

以前から気になっていた作家さんでして。

漆の器といえば、堅苦しいイメージがありますが、

今回は、普段使いに気軽に使いたくなるような

器を展示されているようであります。

今年の3月には、

京都市芸術新人賞を受賞するなど、

注目を集めておられるようであります。

そんな沈(シム)さんには先日のシンポジウムの通訳として

ご参加いただき、僕は初めてお会いしたわけです。

流暢な日本語には、びっくりいたしました。

それも、同時通訳ですからね。おそれいりました。

個展前だというのに、ほんと、ご苦労様でした。

ぜひ、展覧会には、行かせていただきますので。

沈 明姫 漆展

高島屋京都店6F美術工芸サロン

418日(水)~24日(火)まで

10:0020:00(最終日16:00まで)

Photo_36

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

|

« 葬送と美、シンポジウムの風景。 | トップページ | 倉持勇三×小松純、素材と身体。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 葬送と美、シンポジウムの風景。 | トップページ | 倉持勇三×小松純、素材と身体。 »